オーストラリア
オーストラリア
日本の約22倍の広大な土地に広がる大自然

オーストラリア初のバブルテントでグランピング「バブルテント・オーストラリア」

2018年4月12日更新

3,209view

お気に入り

みなさんは「バブルテント」ってご存知ですか?フレームの無い透明なツルッとしたバブル(泡)のような丸いテントのことで、元々はヨーロッパを中心に広まっているグランピング施設の1つだそうです。そのバブルテントが2017年10月、いよいよここオーストラリアに上陸しました。今回はまだオープンして間も無いバブルテントをいち早く体験して来たので、みなさんにその魅力をご紹介したいと思います。

泡のように丸くて透明なバブルテント

オーストラリア初のバブルテント!

バブルテント・オーストラリアはシドニー在住の俳優カップルがオープンさせたグランピング施設。2人が旅行で訪れたニュージランドのテカポ湖やオーストラリアのクナバラブランで見た星空の美しさに大感激したものの、いざ宿泊施設に戻ると屋根が邪魔で肝心の星は100%堪能できなかったそうです。

夜でも寒さを感じずベッドに寝っ転がりながらゆっくり星空を眺められたら最高なのに…と思った2人は、その後インターネットでバブルテントを見付け、ライト・ポリューション(光の公害)の少ないこの場所を選び、遂にはバブルテント・オーストラリアをオープンさせてしまいました。

シドニーから車で3時間半

ロケーションはシドニーの北西部、ブルー・マウンテンより更に1.5時間ほど北西に行ったLITHGOW(リスゴー)とMUDGEE(マッジー)の間、CAPERTEE VALLEY(カペティ・バレー)にあります。

テントの周辺はしっかりとプライバシーが守られているので詳しい場所は内緒ですが、予約をした際に全ての情報が「ウェルカムパック」として送られて来るので安心です。シドニーからは200km、車で大体3時間半ほどです。

世界第2位の大峡谷

舗装されていない山道を、カンガルーや羊の群れを横目に車でテントに向かいます。

カペティ・バレーは世界で2番目に大きい峡谷だそうです。車に乗っているとあまり感じませんが、やはり高低差が大きいようで時々耳がキーンとなります。砂岩の崖を見ながらいくつか丘を越えていくと、いよいよバブルテントが見えて来ます!

大自然の中に建つ透明のビニールテントの様子がとてもシュールで、まるで近未来の住宅、いや宇宙船のよう。何だかドキドキしますね。

因みに車は四駆がベストですが、車高が高めの車をオススメします。かなり道がガタガタしているので、決してスポーツ・カーなど車高の低い車で行っちゃダメですよ。

ラグジュアリーなグランピング体験

ホテルのような快適な空間

「グランピング」とは「GLAMOROUS」と「CAMPING」を合わせた造語で、贅沢で豪華なキャンプのこと。東京育ちで昔からキャンプなどは苦手な筆者ですが、グランピングなら大丈夫かも…ということで今回バブルテントを訪れました。

エントランスの玄関スペースで靴を脱いで、いよいよベッドルームに入ります。

丸い透明な室内は開放感があり、光がサンサンと入ってとても暖か。フワフワのベッドに、テーブルや座椅子まで揃っています。

バスルームには洗面カウンターとトイレがあります。トイレはもちろん水洗ではなく、コンポストトイレと呼ばれる木屑を撒くもので、木の良い香りが漂っていて全然臭いません。

ベッドの下の引き出しにはコーヒーやカップなどの食器、カトラリーや予備のブランケットなど必要なものが揃っています。天体観測用のアプリが入ったiPadや望遠鏡もあって、室内での天体観測にはもってこいですね。

室内で自然環境を満喫

バブルテントの室内に入って一番びっくりしたのは、透明な室内に居ながらにして視界には峡谷の絶景が広がっているということ。視界を遮るものが全くないので、星空はもちろん、日が沈んで翌朝また日が昇るという時間の移り変わりをテントの中で体験できます。

キャンプ・グッズをわざわざ揃えなくても快適なベッドが用意してあり、バスルームも完備。自然環境を感じながらホテル並みの快適な空間にステイできるという安心感がありますね。(シャワーは今後準備予定だそう)

テラスにはファイヤー・ピットやデイ・ベッドも

キャンプと言えばキャンプ・ファイヤーですが、ちゃんと外のデッキ・テラスにはファイヤー・ピット(焚火台)もあります。

食べ物は自分達で用意していく必要があるので、お気に入りのワイン、ハムやチーズなどをクーラーボックスに用意しましょう。火に当たりながら沈む夕日を眺めてのんびりするのは最高です。

特に日が暮れていくにつれて変わっていく空の色が本当に素敵。因みに筆者の旦那さんは焚き火に木を焚べることにはまってしまい、ずっと火の前から離れませんでした。

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月21日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

【シドニー】の秋・冬に渡豪するべき5つの理由

日本とは季節がほぼ反対のオーストラリア。3月〜5月が秋、6月〜8月が冬の季節にあたります。オペラハウスの白い屋根に太陽が反射して、眩しい!なんていう夏のオースト...

【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...

「世界一幸せな動物」クアッカに逢いにオーストラリア・ロットネスト島に行こう♡

みなさん、「世界一幸せな動物」の愛称で人気のクアッカワラビーをご存知ですか?クアッカはオーストラリアのロットネスト島に多く生息し、とても人懐っこく、観光客の自撮...

【保存版】行きたい!メルボルンのおすすめビーチ

メルボルンは歴史とアート、そしてコーヒーの街として知られていますが、他の都市のようにビーチのイメージはさほどありません。しかし、実は素敵なビーチがたくさんあるこ...

【オーストラリア】ぜ~んぶ無料のメルボルン観光スポット10

物価の高いオーストラリア。ツアーや旅行中の食事でもう既に予算がない!なんてことも。そんなときに助かる無料で楽しめるスポットがたくさんあるんです。これを見れば貧乏...



この記事を書いたトラベルライター

シドニー在住。インテリアデザイナー&フォトグラファー、時々ライター。
東京生まれ、メキシコ~イギリス経由、東京育ち、現在はオーストラリア・シドニー在住のMayumiです。 初めてシドニーに訪れた際の街の雰囲気、人、空気感が忘れられず、遂には夫婦で移住してしまいました。
旅行が大好きで、訪れた国はアメリカ大陸やヨーロッパ、アジアなど合わせて25ヶ国以上にも渡ります。
シティとビーチなどの自然が隣接し、様々な国籍の人々が暮らすマルチカルチュラルな街・シドニー。在住者だからこそお伝えできる、ライフスタイル、美味しいものや素敵なお店、専門のインテリア・建築・アートなどデザインインスピレーションを刺激するものやフォトジェニックな風景などシドニーの愛すべきものについてご紹介していきます。
http://sydneytales.com/

オーストラリア発のオーガニックスーパー「ABOUT LIFE」でショッピング!

オーストラリアはオーガニック意識が高く、普通のスーパーでもオーガニックの野菜やお肉、食材などを比較的簡単に購入することができます。今回はそんなオーガニック先進国...

女性が喜ぶ♪ABOUT LIFEで買うヘルシーなオーストラリア土産

オーガニック先進国のオーストラリアではオーガニックフードはもちろん、生活用品から化粧品まで地球や人にやさしい商品をマーケットやスーパーで簡単に手に入れることがで...

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産10選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...

シドニーの週末恒例行事!行っておくべきオススメのマーケット5選

シドニーでの週末恒例行事と言えば、青空の元のんびりとお買い物ができるマーケット。毎週末、公園や広場、学校の校庭などを使って行われており、マーケットによってそれぞ...

シドニー1番人気!行列のできるジェラート屋さん・メッシーナ

移民大国のオーストラリア。その中でもイタリア系の移民はとても多く、オーストラリアでお馴染みのカフェ文化は、彼らがエスプレッソを広めたのが始まりだと言われています...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?