【ケアンズ】森林浴しながらエクササイズ!レッドアローへ行こう

162

view
 Leo  2017年5月10日更新

ケアンズでトレッキングと言えば、真っ先に挙げられる山歩きスポット、「レッドアロー」。マウント・ウィットフィールド保護公園内にある、ウォーキングトラックです。コースは歩きやすいように整備されているので、トレッキング初心者でも大丈夫。ただし階段が多いので、スニーカーなどの歩きやすい靴を履いて行くほうが良いでしょう。階段を登り切った後に待っている、見晴台からの眺めは最高です。

ローカルに人気のエクササイズ・スポット

マウント・ウィットフィールド保護公園は、ケアンズ市内中心部から車で10分ほどの、エッジヒルという住宅街にあり、ケアンズ植物園の裏手になります。ケアンズボタニックガーデン・ビジターセンターの隣にある、カフェ・ワイルドビーンの横の道を登った所が、レッドアローの入り口です。

ここにはレッドアローの他にも、ブルーアローとグリーンアローという、合計で3つのウォーキングトラックがありますが、レッドアローは、その中でも一番短いコースです。コースの長さは1.2kmで、20~30分で1周することができます。

レッドアローはサーキットになっているので、右回りでも、左回りでも、同じ場所に戻ってくることができます。毎日のようにエクササイズに来るローカルの人達は、この分岐地点に水分補給用の水筒を置いておき、続けて何周も走ったりしています。

ほんの1.2kmのコースでも、アップダウンが激しいので、かなりの運動量です。どこまでも続くように思われる階段攻めの場所もありますが、所々にベンチが設置してあるので、疲れたら休みながら、頂上を目指して頑張りましょう。

野生動物にも出会えます

レッドアローでの、ワイルドターキー遭遇率は99%以上です。枯れ葉が擦れる、ガサガサという音が聞こえたら、犯人は、ほぼ彼等の仲間だと思われます。近くを人が通っても、慌てて逃げる様子もなく、足で落ち葉を掻き分けて、土の中にいる餌をついばんでいます。

森の中には、ワラビーやゴアナ(大トカゲ)も住んでいますが、見かけるのは稀なので、もし出会うことができたらラッキーです。小動物の他にも、野鳥や蝶などの生物が、数多く生息しているので、木の上なども注意して見てみましょう。

頑張ったご褒美は、頂上からの絶景

頂上の見晴台からの眺めは、ケアンズ国際空港ビューです。屋根付きのベンチがあるので、ひと休みすることができます。ここまで来たら、あとは下りなので楽々。登りは辛くても、帰り道には、もう1周歩けるかなと思えるのです。

頂上付近では、木々の間からグレートバリアリーフの青い海や、ケアンズの街並みをも一望することができます。

本格派トレッカーなら、ブルーまたはグリーンもあり

見晴台の手前にある分かれ道は、ブルーアローへの入り口です。青い矢印が指している道が、ブルーアローです。間違えてブルーアローに入らないように、赤い矢印の方向へ進みましょう。

ブルーアローのコースは、約5.4kmです。1周するのに3時間以上はかかるので、ブルーアローにチャレンジするなら、飲料水を忘れずに持参しましょう。

またブルーアローの途中に、グリーンアローへ行く分かれ道がありますが、グリーンアローは、サーキット状になっていないので、同じ場所には帰って来ません。グリーンアローを往復してスタート地点まで戻って来ると、約10kmの道のりです。もしグリーンアローも制覇するなら、それなりの装備が必要です。

おわりに

熱帯雨林の中は蚊が多いので、虫よけスプレーをして行くことをお勧めします。特に雨の日の後は必須です。

レッドアロー

オーストラリア / 自然・景勝地

 

住所:46-62 Collins Ave, Whitfield QLD 4870

Web:http://www.cairns.qld.gov.au/facilities-sport-leis...

マウント・ウィットフィールド保護公園

オーストラリア / 公園・動植物園

 

住所:46-62 Collins Ave, Whitfield QLD 4870

Web:https://www.npsr.qld.gov.au/parks/mount-whitfield/...

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年4月24日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!