オーストラリア
オーストラリア観光
日本の約22倍の広大な土地に広がる大自然

【オーストラリア・タスマニア】野生のウォンバット天国!クレイドルマウンテン国立公園

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:16ヶ国

2022年4月13日更新

190view

お気に入り

写真:bemnty

オーストラリアの固有種動物「ウォンバット」をご存知ですか?コアラやカンガルーと同じく、有袋類の動物です。ずんぐりむっくりした丸っこい姿に平たいお顔で、ブサイクだけど愛らしさがある「ぶすかわのウォンバット」は、次の動物ブームを引き起こすポテンシャルもありそう。そんな野生のウォンバットに、たくさん逢えるタスマニアの秘密のスポットをご紹介します。

この記事の目次表示

ウォンバットとは

  • 写真:bemnty

ウォンバットは、オーストラリアの東南部とタスマニア島に生息する、オーストラリアの固有種である動物。メスのお腹には育児嚢という袋がある有袋類で、生態こそ違いますが、コアラに近い動物と言われています。ずんぐりむっくりの身体はとても筋肉質で、大きいものは30kg以上にもなります。

野生のウォンバットは、トンネル状の巣穴を作ります。穴を掘るのが得意で、1日に90センチもの穴を掘りますが、その際にはお腹の袋の中の赤ちゃんに土がかからないように、育児嚢の袋の入り口は後ろ向きになっています。夜行性で昼間は巣穴にいることが多いですが、夕方になると草や樹皮、植物の根などを食べに巣穴から出てきます。

ウォンバット天国!クレイドルマウンテン国立公園内ロニークリーク(Ronny Creek)

オーストラリア東南に位置するタスマニア島。その中で、世界自然遺産にも指定されている「クレイドルマウンテン国立公園」内の「ロニークリーク」でたくさんのウォンバットが見られます。

  • 写真:bemnty

上の地図上で、ピンクの○で囲った場所がロニークリーク。ロニークリークは、クレイドルマウンテン国立公園内にある長距離トレイルの出発地点となっているため、トレッカーのためのデッキウォークが施されていますが、その周囲はウォンバットの巣穴だらけで、野生のウォンバットが多く生息しています。

  • 写真:bemnty

こちらがウォンバットの巣穴です。長いトンネル状の巣穴で、ロニークリーク内にはこのような巣穴が数多く見られます。

ウォンバットが巣穴から出てくる夕方の時間帯がおすすめ

  • 写真:bemnty

ウォンバットが多く生息するロニークリークでは、昼間もウォンバットを見かける時もあるようですが、確実に多くのウォンバットが巣穴から出て行動し始めるのは夕方からの時間です。

通常クレイドルマウンテン国立公園内は、日中はシャトルバスがを循環していて、一般車両は通行禁止になっています。最終のビジターセンターに戻るバスが17:30になってしまうため、それだと巣穴から出て行動するウォンバットをゆっくり見る事はできません。

しかしシャトルバスが完全に運行し終わる18:30からは、一般の車両も通行可能に。18:30を待って車でロニークリークの駐車場に向かうと、時間を気にせず思う存分可愛いウォンバットを観察する事ができます。

※上記は夏季の場合。ウォンバットは日が暮れる頃に行動が活発になりますので、季節の日没の時間を考慮して下さい。

シャトルバス時間外に、プライベートでウォンバットに会いに行こう!

それでは、ウォンバット探しのおすすめルートを紹介します。ショートトレイルも楽しめる、ロニークリークからウォルドハイム(Waldheim)までのコースで、所要時間は片道20分ほど。初級コースです。

  • 写真:bemnty

こちらはシャトルバスの2つ目のバス停の、レンジャーステーション付近にある国立公園入り口です。通行止めのバーはシャトルバスの運行時間外は、センサーで上がるようになっています。先述の通り8:00〜18:30まではシャトルバスの運行時間のため、一般車両は基本的に通行する事ができません。

国立公園内ではキャンプが禁止されているため、シャトルバスの運行時間外でも、キャンピングカーやキャラバンなどの牽引車は通行禁止になっていますのでお気をつけ下さい。

ロニークリーク駐車場に駐車

  • 写真:bemnty

ロニークリークの駐車場で車を駐車して、ロニークリークでウォンバット探しをしますが、駐車場で既にウォンバットの姿を見られることも。

  • 写真:bemnty

野生のウォンバットでも人間への警戒心が薄く、人間が近寄っても逃げたりしないウォンバットも多いようですが、一定の距離を保ってウォンバットを怖がらせないようにしましょう。

ロニークリークからウォルドハイムへ

  • 写真:bemnty

ロニークリークではボードウォークに座って、ゆっくりウォンバット観察している人もちらほら。

  • 写真:bemnty

中には近寄ってくるウォンバットもいたりします。ムシャムシャと懸命に草を食べているウォンバットを、遠目に見るのも楽しいですが、のそのそと歩いて近寄ってくる仕草も近くで見るお顔も愛らしく、時間を経つのを忘れて見惚れてしまいます。

  • 写真:bemnty

ボードウォークの下が好きらしく、日中でもボードウォークの下で休んでいることもあるとか。大きなお鼻とつぶらな瞳が、コアラに似ているような…。そして小さなお耳も愛らしい!

  • 写真:bemnty

広いロニークリークでは、遠くの場所にいてもその大きさを確認できるほどの、身体の大きなウォンバットも現れたりします。クレイドルマウンテン国立公園内の山々をバックに、マイペースな野生のウォンバット達が、自由にのびのびと過ごしている姿は癒されますし、ありのままの自然が保たれていることに感謝したくなります。

  • 写真:bemnty

ロニークリークからウォルドハイムのトレイルは、往復ゆっくり歩いても1時間程度ですので、ウォンバットを探しながらウォーキングを楽しんでも良し、ロニークリークトレイルに入った辺りでもウォンバットを見かけられますから、そこでのんびりとウォンバットウォッチングをしても良し。多い時は20数匹のウォンバットを見られます。ウォンバット天国を楽しみましょう!

クレイドルマウンテン国立公園
オーストラリア / 自然・景勝地 / 世界遺産
住所:Cradle Mountain - Lake St Clair National Park地図で見る
Web:https://parks.tas.gov.au/explore-our-parks/cradle-...

この記事を書いたトラベルライターから一言

  • 写真:bemnty

タスマニア、クレイドルマウンテン国立公園内のロニークリークのウォンバット天国、いかがでしたか?ロニークリークは、気候や立地条件がウォンバットの生態に適した場所のようで、のびのびと暮らすウォンバットがとても幸せそうに見えました。

ウォンバットは知名度がそれほど高くないオーストラリアの動物ではありますが、コアラやカンガルーなどのオーストラリアを代表する動物に負けないくらい愛らしく、ウォンバットブームが来るのも時間の問題ではないかと思えるくらいの、ポテンシャルの高さです。そんなずんぐりむっくり、ブサイクだけど愛らしい野生のウォンバットに会いにぜひタスマニアへいらしてくださいね!!(bemnty)

オーストラリアの旅行予約はこちら

オーストラリアのパッケージツアーを探す

オーストラリアのホテルを探す

オーストラリアの航空券を探す

オーストラリアの現地アクティビティを探す

オーストラリアのWi-Fiレンタルを探す

オーストラリアのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


シドニーの人気No.1ビーチ、憧れのボンダイビーチの楽しみ方!

シドニーといえばオペラハウスやハーバーブリッジが有名ですが、数多くの美しいビーチも存在します。今回は、その中でも観光客が必ずと言っていいほど訪れる人気No.1の...


年末年始の海外旅行におすすめの国・都市16選!お正月は海外で年越ししよう

お正月休みに海外旅行へ出かけたいという方に、冬にベストシーズンを迎える国や、年越しのカウントダウンイベントが魅力の旅行先など、年末年始の海外旅行におすすめの国・...

一度は行ってみたいシドニーの素敵すぎる図書館6選

シドニーを訪れたら定番の美術館や博物館もいいですが、図書館巡りをしてみるのはいかがでしょうか。歴史を感じさせる荘厳なものから有名建築家の設計によるモダンなもの、...

笑顔がキュートなクアッカワラビーに会える!オーストラリア・ロットネスト島

「世界一幸せな動物」の愛称で知られる、観光客の自撮りに笑顔で写ってくれるキュートなクアッカワラビーと、野生のクアッカワラビーに会えるオーストラリアのロットネスト...

【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...

この記事を書いたトラベルライター

アクティブ系の旅行好きです。
オーストラリア パース在住歴二十数年。
3人の子供達から手が離れ、人生第2章を満喫中です。
海、山、ジャングルと自然系やイベント系も好きです。
https://bemnty.net

【オーストラリア】世界で1番美しい街・ パース!在住者イチオシの4泊5日モデルプラン

世界で最も美しい街と言われるパース。透けるような青い空に大自然、可愛い動物たちにロットネス島、そしてワイナリーと見所満載のパースですが、オーストラリアのガイドブ...


【マレーシア】世界遺産の街マラッカが、楽しい!可愛い!美味しい!

マレーシアの首都クアラルンプールから、南へバスで2時間半ほどの世界遺産にも登録されている古都「マラッカ」。16世紀のオランダ、17世紀のポルトガル、18世紀のイ...


【シンガポール】リッツ・カールトン クラブフロアに宿泊してゴージャスな女子旅を

シンガポールには素敵ホテルは沢山ありますが、マリーナベイの夜景を見渡しながらのシャンパンは女子の憧れ。そんな夢を叶えてくれる素敵ホテル、リッツ・カールトンのクラ...

【長野】早朝の上高地を独り占め!上高地キャンプのススメ

世界の上高地と言われるくらい、世界レベルの美しさを誇る上高地。日帰り旅行が定番の為、日中は観光客で溢れかえっていますが、観光客が入る前の上高地の朝の風景を独り占...

【オーストラリア】実はウルルよりも大きい!世界最大の一枚岩 マウントオーガスタス

オーストラリアの一枚岩と言ったら、ウルル(エアーズロック)が有名ですが、あまり知られていませんが、世界一大きな一枚岩は、実は西オーストラリア州の内陸部にある「マ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります