オーストラリア
オーストラリア
日本の約22倍の広大な土地に広がる大自然

一度は行きたいグレート・バリア・リーフ最南端の穴場レディ・マスグレイブ島

2018年2月16日更新

269view

お気に入り

世界自然遺産にも登録されている、世界最大の珊瑚礁地帯「グレート・バリア・リーフ」はあまりにも有名ですが、そのグレート・バリア・リーフを訪れる際はケアンズから出発するというのが今や定番です。今回はそのケアンズから更に南に1,300kmも離れた、どちらかと言うとブリスベンに近いSeventeen Seventy(セブンティーン・セブンティ)という小さな街から出発し、グレート・バリア・リーフ最南端の穴場「レディ・マスグレイブ島」を目指すツアーをご紹介します。

Seventeen Seventy(セブンティーン・セブンティ)とは?

Seventeen Seventy(セブンティーン・セブンティ / 通称1770)は、ブリスベンから車で約5時間ほど北上した場所にある小さな海辺のリゾート地です。その不思議な名前の由来は、1770年5月、珊瑚礁の浅瀬に船が座礁してしまったイギリス人のキャプテン・クックと乗組員が、クイーンズランド州に初めて上陸をしたことから名付けられたそう。

1度目の上陸はシドニーのボタニー・ベイなので、1度目ではなく2度目の上陸にあやかって名前をつけてしまうという少し緩い感じが、何ともオーストラリアっぽいです。

この街は元々Round Hill(ラウンド・ヒル)という名前でしたが、1970年キャプテン・クック訪問の200周年を記念して、現在の「セブンティーン・セブンティ / 1770」に改名。道路の看板などにも「1770」と数字だけ書いてあるのが不思議な感じがします。表示名を簡略化してしまうのも、またオーストラリアらしいですね。

1770(セブンティーン・セブンティ)
オーストラリア / 町・ストリート
住所:Seventeen Seventy

グレート・バリア・リーフの最南端

今回はその1770の街から、船でグレート・バリア・リーフの最南端に位置するレディ・マスグレイブ島について紹介します。

筆者は以前ケアンズを訪れた際にグレート・バリア・リーフでダイビングをしたことがありますが、まさかここまで珊瑚礁が伸びているとは知りませんでした。グレート・バリア・リーフは2,600kmを超える長さで広がっているので、まさにその名の通り、大珊瑚礁地帯です!

  • 今回参加したのはGreat Barrier ReefのFull day tour($195 / ¥17,160)です

今回筆者たちは「1770 Reef」というエコ・ツアー会社のボートに乗って、港を8:00過ぎに出発しました。高速ボートがビュンビュン風を切って進んで行くので、船酔いすることもなくとても気持ちいいです。2時間ほどボートに揺られていると、水平線の向こうに徐々に島が見えて来ます。それがレディ・マスグレイブ島です。

レディ・マスグレイブ島は、周りを約8kmの珊瑚礁に囲まれています。グレート・バリア・リーフの中で、珊瑚礁が広がるラグーン内にまで船で入ることができる、唯一の島です。

1770リーフ(グレート・バリア・リーフ・エコツアー)
オーストラリア / 体験・アクティビティ
住所:1770Reef, 1770 Marina 535 Captain Cook Dr Town of 1770, Qld 4677
電話:07 49 727 222
Web:http://www.1770reef.com.au/

Lady Musgrave Island(レディ・マスグレイブ島)

ラグーン内に入ったところで先ず船は停泊。その後グラスボトムボートという底がガラスになったボートに乗り換えて、レディ・マスグレイブ島に向かいます。

  • カラフルな珊瑚礁や魚を見ながら島に向かいます

ベテランの操縦士さんが慣れた手つきで右に舵を切ったり左に迂回したり、エンジンを止めたりしながら珊瑚礁を避けて島へと進んでいきます。

  • 大切な珊瑚礁を擦ってしまうんじゃないかとヒヤヒヤ

グラスボートは船の底がシースルーなので、下の珊瑚礁や魚が丸見え。あまりにギリギリだと船底を擦らないかとヒヤヒヤしてしまいますが、この底が浅いボートだからこそ、島に上陸することができます。

いよいよレディ・マスグレイブ島に着くと、ガイドさんによるアイランド・ウォーク・ツアーがスタートします。ガイドさんと島内部を歩きながら島の歴史などを説明してもらいますが、その最中に群れ飛ぶ鳥の多さにはビックリしてしまいます。

  • ものすごい速さで鳥が飛び抜けていきます
  • よく見ると木の枝に鳥がびっしりと・・・

ガイドさんの説明中も、人の間をすごいスピードで飛び抜けていきます。木という木にビッシリと鳥の巣があって、そこまで動物が苦手ではない筆者でも鳥肌が。じっくりと説明してくれるのですが、動物が苦手な方はご注意ください。

いよいよ鳥の住む森を抜けて、島の反対側のビーチに到着。そこに広がる海の青さや空の美しさには溜息が出ます。全方向どこを切り取っても美しくて、言葉では言い表せない程。時間に制限が無ければじっくりと時間をかけて撮影したいくらいです。

因みに11月〜1月の時期は亀が産卵のために上陸するそうで、筆者が訪れた12月にも所々に穴が掘られていました。ただ珊瑚礁でできた島なので普通の砂よりかなり固く、裸足で歩くのも痛いくらいなので、穴を掘るのはかなり大変なのだそうです。

レディ・マスグレイブ島
オーストラリア / その他スポット
住所:Lady Musgrave Island

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年12月23日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

冬の海外旅行におすすめの国15選

冬に海外を旅行するならどの国がいいんだろう?寒〜い日本の冬を脱出して真夏の南半球を訪れるのもいいし、ベストシーズンを迎える国に行ってみるのもいいですね。また冬だ...

【オーストラリア】人気ビーチリゾート地ヌーサと世界遺産フレーザー島

ヌーサはオーストラリアの東海岸ブリスベンから車で90分で行ける、サンシャインコーストの北側に位置するビーチリゾートです。日本人にはまだあまり馴染みがありませんが...

【シドニー】セレブな街モスマンのバルモラルビーチとグルメスポット

シドニーのビーチといえばボンダイビーチやマンリービーチが有名ですが、素敵なビーチはその二つだけではありません。高級住宅地モスマンにあるバルモラルビーチは観光客に...

大自然・買い物・アクティビティ・アートを満喫!ケアンズへGO!

世界遺産のグレートバリアリーフや熱帯雨林など、自然豊かなケアンズは自然の中でのアクティビティが豊富です。日本人の居住者も多く、とても過ごしやすい人気の観光都市で...

【オーストラリア】世界で1番美しい街・ パース!在住者イチオシの 4泊5日モデルプラン

世界で最も美しい街と言われるパース。透けるような青い空に大自然、可愛い動物たちにロットネス島、そしてワイナリーと見所満載のパースですが、オーストラリアのガイドブ...



この記事を書いたトラベルライター

シドニー在住。インテリアデザイナー&フォトグラファー、時々ライター。
東京生まれ、メキシコ~イギリス経由、東京育ち、現在はオーストラリア・シドニー在住のMayumiです。 初めてシドニーに訪れた際の街の雰囲気、人、空気感が忘れられず、遂には夫婦で移住してしまいました。
旅行が大好きで、訪れた国はアメリカ大陸やヨーロッパ、アジアなど合わせて25ヶ国以上にも渡ります。
シティとビーチなどの自然が隣接し、様々な国籍の人々が暮らすマルチカルチュラルな街・シドニー。在住者だからこそお伝えできる、ライフスタイル、美味しいものや素敵なお店、専門のインテリア・建築・アートなどデザインインスピレーションを刺激するものやフォトジェニックな風景などシドニーの愛すべきものについてご紹介していきます。
http://sydneytales.com/

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産10選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...

オーストラリア発のオーガニックスーパー「ABOUT LIFE」でショッピング!

オーストラリアはオーガニック意識が高く、普通のスーパーでもオーガニックの野菜やお肉、食材などを比較的簡単に購入することができます。今回はそんなオーガニック先進国...

オーストラリア初のバブルテントでグランピング「バブルテント・オーストラリア」

みなさんは「バブルテント」ってご存知ですか?フレームの無い透明なツルッとしたバブル(泡)のような丸いテントのことで、元々はヨーロッパを中心に広まっているグランピ...

女性が喜ぶ♪ABOUT LIFEで買うヘルシーなオーストラリア土産

オーガニック先進国のオーストラリアではオーガニックフードはもちろん、生活用品から化粧品まで地球や人にやさしい商品をマーケットやスーパーで簡単に手に入れることがで...

シドニーの週末恒例行事!行っておくべきオススメのマーケット5選

シドニーでの週末恒例行事と言えば、青空の元のんびりとお買い物ができるマーケット。毎週末、公園や広場、学校の校庭などを使って行われており、マーケットによってそれぞ...



トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?