オーストラリア
オーストラリア観光
日本の約22倍の広大な土地に広がる大自然

【オーストラリア】死ぬまでに見たい!世界一有名な一枚岩~アボリジニの聖地・ウルル~

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:13ヶ国

2017年10月15日更新

3,983view

お気に入り

写真:cobhcmayu

オーストラリアにある世界遺産の中でも、ひと際有名なウルル=カタ・ジュタ国立公園。「地球のおへそ」とも呼ばれるウルル(エアーズロック)ですが、みなさん一度は見たり聞いたりしたことがあると思います。1日を通し様々に表情を変える雄大なその一枚岩は、1日中見ていても飽きることがありません。どんな時も寄り添ってくれているような、そんな大地の偉大さを感じることは、人生観を考えるいい機会にもなるはずです。ぜひ自分の目でみて、色々考えてみてほしいスポットです。

この記事の目次表示

ウルルについて

「オーストラリア」と聞いて思い浮かぶものは皆さんそれぞれ違うでしょうが、ウルルについては少なからず知識があるかと思います。今回は、さらに少し知識を深めてみていただけたらと思います。

  • 写真:cobhcmayu

本当に大きくて有名なウルル、日本では映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の舞台の一つとして使われ、一躍有名に。映画を観て大泣きした方も多いのでは。

ですが、実はウルルは世界で二番目に大きい一枚岩なんです。そう、一番目じゃないんです。世界最大級!とよく見ると書かれていたり、オーストラリア人でも二番目と知らない人は知らないですし、世界一と本当に書かれていたりもしますよ。

  • 写真:cobhcmayuこちらがウルル
  • こちらが世界一のマウントオーガスタス

世界一の一枚岩は同じオーストラリアにある、マウント・オーガスタス(比高885m)で、エアーズロック(比高333m)の約2.5倍もあります。なのになぜウルルの方が有名なんでしょうか?それには、あとで紹介する歴史的背景や、中心シティからの行きやすさが関係しているといわれています。

ウルル?エアーズロック?

「地球のへそ」だったり、「エアーズロック」だったり、様々な呼び名がありますが、「エアーズロック」という呼び名の認識が強い方もいるのではないでしょうか。実際ウルルのことをそう呼んでいた時期があります。

同じものを指していても、名前が2つあるの?と困惑している方がいらっしゃるかも知れません。それには歴史的背景が関係しています。

  • 写真:cobhcmayu

オーストラリア大陸は何十万年も前からあり、まだ世界が陸続きだった頃に移動してきた人類が住んでいました。孤立した大陸では特有の文化が生まれ、発展していきました。そこへ1770年、イギリスからの入植者が入ってきます。

植民地化していく中で、もともとその土地に住んでいた人たち(アボリジニ)への、暴力・迫害が起こります。彼らは何万年もの間その土地を守り、愛してきたのにも関わらず、土地の権利をも奪われてしまいます。ウルルも例外ではなく1873年、発見した探検家により「エアーズロック」と名づけられます。

そこから約100年以上も経った1985年、ウルルと国立公園の所有権がアボリジニのアナング族へ返還されます。その後政府とのリース契約を経て、1987年にユネスコ世界遺産にアボリジニの聖地として彼らが呼んでいた「ウルル」の名前で登録されました。

  • 写真:cobhcmayu自然に出来たので表面は滑らかです
  • 写真:cobhcmayu雨が降ったあと、滝になるようです

アボリジニの聖地

今ではオーストラリアの一大観光スポットのウルルですが、アボリジニにとっては大切な聖地です。彼らの中でも祭司しかウルルに登ることは赦されておらず、今でも行事が行われています。

神聖な場所として観光客をいれず、守りたいと思う反面、彼らにとっての貴重な収入源として観光客の立入を禁止はできないのです。そこに私たちがなにも敬意を払わず登るのは、なにか考えさせられませんか。筆者がツアーでいった時も、1,2組が登っていただけでした。

  • 写真:cobhcmayu

ウルルに登るも登らないも自己責任です。ちなみに天候によって登山禁止になることがあります。雨だったり、風が強かったり、晴れすぎていてもダメです。運がよければ、せっかくですので登山するのもいいとは思いますが、アボリジニ、そして大地に敬意を払いましょう。

色を変える魔法の岩

何万年もの間、人々を守り育んできた広い大地、そこに突如として表れるウルル。アボリジニは水に、木々に、生物の中に神をみます。その全てに感謝して、ウルルで祈るのです。この記事で紹介しているのは、ただの大きい岩です。しかしそんな事を考えながら眺めるウルルは、また一層美しくみえることでしょう。

  • 写真:cobhcmayu

浸食によりできた岩石のウルルは砂岩からなり、その砂岩に含まれる鉄が酸化して、赤みを帯びています。朝一の明るいオレンジから夕方のピンクまで、刻一刻色味を変えながら佇むウルルを写真でまとめます。写真では伝えきれない感動があります。ぜひ、自分の目で見て欲しい世界遺産の一つです。

  • 写真:cobhcmayu
  • 写真:cobhcmayu
  • 写真:cobhcmayu
  • 写真:cobhcmayu
  • 写真:cobhcmayu
  • 写真:cobhcmayu

おススメ渡航時期

ウルル一帯は、砂漠地帯特有の、昼夜・夏冬の気温差が激しいのが特徴です。夏期(12~5月)は、日中40度近くまで温度が上がりますが、夜は肌寒くなることもあります。冬期(5~11月)は日中は過ごしやすいのですが、朝晩には零下になることがあります。

エアーズロック(ウルル)へ行く際には、ウィンドブレーカーやジャケットを持参しましょう。そのうえで考えると10月、11月がベストです。最も日中と夜の寒暖差が少なく、また日中の気温も夏場ほどあがることはありません。

おススメのイベント

筆者もまだ実際にみることができていませんが、ウルルではField of Lightというイベントが行われています。芸術家ブルース・マンローによる光の芸術イベントで、2016年から延長が決定し2018年3月31日までです。

5万以上のライトで彩られる大地とウルルとのショットは、疑う余地はなく最高でしょう。下記リンクより雰囲気を360度で楽しめます。

ウルル周辺のイベント・アクティビティ情報
エアーズロック公式HP
FB Page

最後に

いかがでしたでしょうか。もしウルルに行く機会があった場合、ただ眺めるだけよりも少し色々考えながら眺めて欲しいです。これを読めばツアーに参加しても、個人でも楽しめること間違いなしです。

  • 写真:cobhcmayuツアーでの晩ごはん、ビール片手に極上でした
ウルル=カタ・ジュタ国立公園
オーストラリア / 自然・景勝地
住所:Lasseter Highway, Uluru NT, Australia地図で見る
エアーズロック(ウルル)
オーストラリア / 自然・景勝地
住所:Uluru地図で見る

オーストラリアの旅行予約はこちら

オーストラリアのパッケージツアーを探す

オーストラリアのホテルを探す

オーストラリアの航空券を探す

オーストラリアの現地アクティビティを探す

オーストラリアのWi-Fiレンタルを探す

オーストラリアのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月13日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


笑顔がキュートなクアッカワラビーに会える!オーストラリア・ロットネスト島

「世界一幸せな動物」の愛称で知られる、観光客の自撮りに笑顔で写ってくれるキュートなクアッカワラビーと、野生のクアッカワラビーに会えるオーストラリアのロットネスト...


【オーストラリア】世界で1番美しい街・ パース!在住者イチオシの4泊5日モデルプラン

世界で最も美しい街と言われるパース。透けるような青い空に大自然、可愛い動物たちにロットネス島、そしてワイナリーと見所満載のパースですが、オーストラリアのガイドブ...

【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...

【オーストラリア】実はウルルよりも大きい!世界最大の一枚岩 マウントオーガスタス

オーストラリアの一枚岩と言ったら、ウルル(エアーズロック)が有名ですが、あまり知られていませんが、世界一大きな一枚岩は、実は西オーストラリア州の内陸部にある「マ...

シドニーの人気観光スポットTOP25!旅行好きが行っている観光地ランキング

オペラハウスやハーバーブリッジなどをはじめとするシドニーの観光スポットの中で、トリップノートの4万5千人の旅行好きトラベラー会員(2019年9月現在)が実際に行...

この記事を書いたトラベルライター

ビールと甘いものが大好き!社会人トラベルライター
神奈川県の山奥出身、社会人メタラートラベルライターです。
私のお気に入りスポットが皆さんのお気に入りになるようにと、国内外問わず拙いながらも投稿させていただきますので、よろしくお願いします。

学生の時の留学でオーストラリアに恋をし、その後2年間ワーキングホリデービザで滞在していました。根っからのオーストラリア愛好家です。ベジマイトを美味しく頂くために日々研究しています。

訪問したことのある国:ハワイ、ニュージーランド、オーストラリア、イタリア、バチカン市国、イギリス、フィリピン、インドネシア、マレーシア、タイ、韓国、アメリカ(カリフォルニア)、メキシコ、カナダ
現在カナダにワーキングホリデービザで滞在中。

【シドニー】の秋・冬に渡豪するべき5つの理由

日本とは季節がほぼ反対のオーストラリア。3月〜5月が秋、6月〜8月が冬の季節にあたります。オペラハウスの白い屋根に太陽が反射して、眩しい!なんていう夏のオースト...


【長野・豊丘村】ジブリファン必見!福島てっぺん公園で空飛ぶ魔女になる?!

魔女のようにほうきで空を飛んでみたい!と、子供の頃に一度は夢に思ったことはありませんか?長野県豊丘村には、あのジブリ映画の有名なシーンのように、空飛ぶ魔女になれ...


【シドニー】ナイトアウト時の基礎知識と、初心者でも行きやすいおすすめスポット!

海外へ旅行へ行ったなら少しくらい夜遊び(ナイトアウト)を楽しみたい、と思っている方も少なくないと思います。筆者は居酒屋の多い日本ではなかなか味わえない、パブ文化...

【ニュージーランド】絶対行きたい!話題のホビトン、徹底攻略!

ニュージーランドを訪れる人は、大自然に魅了され、空の青さに惹かれ、美味しいお料理を食べたいなど様々な理由があると思います。中でもマタマタにある映画『ロード・オブ...

【ロンドン】インスタ映えを狙い打ち、トランジット内で巡る必勝ルート!

海外旅行に必ずと言っていいほどついて回るトランジット(乗継)。どのように過ごすのがいいのか、悩んでしまいますよね。まして、初めての土地とあれば土地勘もないでしょ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?