オーストラリア
オーストラリア観光
日本の約22倍の広大な土地に広がる大自然

【オーストラリア】海辺の美術展!! Sculpture by the sea

取材・写真・文:

トラベルライター

2018年4月24日更新

402view

お気に入り

写真:トラベルライター

オーストラリアの野外美術イベント「Sculpture by the sea(スカルプチャーバイザシー)」をご存知でしょうか?オーストラリア東海岸のシドニーと西海岸のパースの海辺で毎年開催されている無料のアートイベントです。今回は冬を終えて暖かくなり、海辺が最高に気持ちの良い時期に開催されるシドニーの様子をご紹介します。同じ作品が違う時期にパースでも見られるので、滞在の時期と合えば是非訪れてみてください。

この記事の目次表示

オーストラリアのおすすめツアー
●グループにおすすめ!4名1室利用!●オーストラリアで人気&王道3都市周遊プラン♪シドニー×ゴールドコースト×ケアンズ周遊9日間●|ホテルは各都市安心の3つ星指定≪便利な羽田発着≫
164,800円~431,800円
●グループにおすすめ!4名1室利用!●オーストラリアで人気&王道3都市周遊プラン♪シドニー×ゴールドコースト×ケアンズ周遊9日間●|ホテルは各都市安心の3つ星指定≪便利な羽田発着≫
164,800円~431,800円
4名1室利用限定!●リーズナブルに楽しむ人気2都市滞在7日間●シドニー2泊×メルボルン2泊|ホテルはどちらも3つ星『マントラ2ボンドストリート』×『マントラ100エキシビション』にご宿泊≪羽田発着≫
117,800円~318,800円

Sculpture by the seaとは???

  • 写真:トラベルライター

1996年にシドニーのボンダイビーチで始まったこのアートイベントは、ユニークで遊び心がある作品が多く、また海辺に設置されることもあり、写真を撮りに訪れる人でいつもいっぱいになります。

シドニーでは、観光名所のボンダイビーチからタマラマビーチにかけての海沿いのウォーキングコースで毎年10月から11月にかけての約1ヶ月間開催されており、今年2017年で21回目を数えます。

姉妹イベントとしてオーストラリア西海岸のパースでも、毎年3月にコテスロービーチで同じく無料にて開かれます。地元の人々から「コット」と呼ばれ親しまれるこの人気のビーチには、パース中心部から車、バスまたは電車で簡単にアクセスができます。

シドニーの会場のようにウォーキングコースではなく広場に作品が設置されていることもあり、一度に色々なアートを楽しむことができます。シドニー、パースどちらでも同じ作品を見ることができ、現地の方にも観光の方にも大人気の野外イベントです。

  • コテスロービーチ

アートといっても特別な知識やセンスなんて必要はなく、見ているだけで楽しめる作品が多いのがこのイベントの特徴。地元オーストラリアならではといった作品ははもちろん、毎年たくさんの日本人アーティストも参加しています。

Sculpture by the seaの楽しみ方(シドニー開催編)

展示はボンダイビーチからタマラマビーチまで続いていて、順路はないのでどちらから始めても構いませんが、タマラマビーチ行きのバスはとても少ないのでボンダイビーチからスタートすることをおすすめします。

ボンダイビーチまでは、最寄駅ボンダイジャンクションまでは電車で、そこからは駅直結のバスターミナルから公営バスが出ています。

  • 写真:トラベルライター

ウォーキングコースの始まる崖から見るビーチの景色は美しく、爽やかな風も感じることができて春〜初夏の時期はとても気持ちが良いです^^

  • 写真:トラベルライター天気の良い日はたくさんの人で賑わいます

アート展示が始まる地点には簡単な案内板や、展示作品を本にした作品集の販売などがされています。無料の屋外イベントなので、入場ゲートなどありません。

また、開館時間や閉館時間もなく、開催地となるコスタルウォーキングコースはイベント期間外も普段から地元の方の定番の散歩&エクササイズスポットなので、期間中様々な人が好きなタイミングで訪れています。

  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター海のゴミを集め、売店のように展示されたこちらも作品。環境問題について考えさせられますね。
  • 写真:トラベルライターこちらもゴミをベンダーマシーンに入れた作品。消費社会の問題を表現しています
  • 写真:トラベルライターラムダムに突然現れる作品もたくさんで少しびっくりします

このイベントでは、作品が海辺に置かれるということもあり、自然や環境を意識した作品が多く見られます。自然に囲まれた中で、環境問題や消費社会について問いかけられるとより身近に考えられますね。

コース中盤の広場がメイン会場

  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライターコーヒーやスムージーなどで休憩ができる仮設カフェ
  • 写真:トラベルライター

ウォーキングコースの中間地点あたりまで来ると、広場になっており、ここがアートイベントのメイン会場です。ここにもたくさんのアート作品が展示されていて、中にはほかの場所に展示されているアートよりも近づいて見られる作品も多いです。

またひと休みできる仮設のカフェや、野外展示以外の作品がプレハブ会場で展示されています。

  • 写真:トラベルライターウォーターボトルを持参していればここで補給できます
  • 写真:トラベルライターお水の無料ドリンクサーバー

このイベントのスポンサーのひとつにもなっているシドニー水道局は、毎年無料のウォーターステーションを出しています。暑くなってきたこの時期、日差しの中を歩いて見て回っているので水分補給は必須!水はその場で紙コップで配っている他、持参したウォーターボトルに入れていくこともできるので活用しましょう!

さいごに

天気の良い日は水着を用意しておいてそのまま海水浴をするのもいいですね!ビーチ周辺は賑やかなスポットなので、周りにはたくさんのカフェやレストランもあります。ユニークなアート作品とオーストラリアの大きな海のコラボレーションを眺めながら、のんびりと贅沢な時間を過ごしてはいかがでしょうか?

シドニーでは通常夏の始まりの10月半ばから11月の1週目まで開催され(2017年は終了)、パースでは夏の終わり頃の3月(2018年は3月2日〜19日)に開催されます。アート好きな方もそうでない方も楽しめること間違いなしなので、ご旅行の時期が合えば、シドニーまたはパースに足を運んでみてください^^

ボンダイビーチ
シドニー / ビーチ
住所:Bondi Beach, NSW 2006 Australia地図で見る
タマラマビーチ
シドニー / ビーチ
住所:Tamarama Beach,NSW 2006 Australia地図で見る
スカルプチャーバイザシー・ボンダイ
シドニー / イベント・祭り
住所:Bondi Beach, NSW 2006 Australia地図で見る
Web:http://sculpturebythesea.com/
スカルプチャーバイザシー・パース
オーストラリア / イベント・祭り
住所:Forrest St, Cottesloe WA 6011 オーストラリア地図で見る
Web:http://sculpturebythesea.com/

オーストラリアの旅行予約はこちら

オーストラリアのパッケージツアーを探す

オーストラリアのホテルを探す

オーストラリアの航空券を探す

オーストラリアの現地アクティビティを探す

オーストラリアのWi-Fiレンタルを探す

オーストラリアのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年11月22日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

シドニーに行ったら外せない!オススメの美術館と併設カフェ3選

シドニーには大小さまざまな美術館や博物館がありますが、それぞれコンセプトが異なるので、展示物や展示手法などに違った趣があります。またそれぞれに併設されているカフ...

見たい!行きたい!世界のグラフィティ・アートスポット7選

グラフィティ・アートをご存知ですか?路地裏や建物などの外壁にスプレーやペンキで書かれているストリートアートです。落書き、イタズラのように受け取られがちですが、お...


雨の日でも楽しめるシドニーのオススメ・スポット5選

前々から計画して楽しみにしていた旅行でも、天気ばかりはどうにもなりません。今回は、せっかくのシドニー旅行なのに雨が降ってしまったという場合でもシドニーを満喫でき...

【オーストラリア】ぜ~んぶ無料のメルボルン観光スポット10

物価の高いオーストラリア。ツアーや旅行中の食事でもう既に予算がない!なんてことも。そんなときに助かる無料で楽しめるスポットがたくさんあるんです。これを見れば貧乏...


【オーストラリア】年中楽しめる街!メルボルンで人気イベント13選

年々日本人に人気の出てきているオーストラリアのメルボルン。旅行に行くにはいつがいいの?そんな疑問を持つ人も多いはず。実はメルボルンはイベントが多い街でもあります...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?