淡路島
淡路島観光
四季折々の花に豊富な温泉、そして島グルメ!

【淡路島・ニジゲンノモリ】家族みんなで本格アスレチックに挑戦!戦国時代にタイムスリップ!?

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:44都道府県

2019年1月4日更新

1,245view

お気に入り

写真:いちまろ夫婦

淡路島には「ニジゲンノモリ」というテーマパークがあります。ここは、兵庫県立淡路島公園の中にあり、公園自体は東京ドーム28個分の大きさに値するほどの広さです。この記事では、ニジゲンノモリのメインアトラクション「アッパレ!戦国大冒険!」について、説明致します。

この記事の目次表示

ニジゲンノモリとは?

  • 写真:いちまろ夫婦

兵庫県立淡路島公園の中には、「ニジゲンノモリ」と呼ばれる、テーマパークがあります。ここでは、漫画『クレヨンしんちゃん』とコラボしたアスレチックや、ジップラインが楽しめたり、夜は森の中でナイトウォークができたりと、家族で楽しむことのできる施設がたくさん揃っています。

  • 写真:いちまろ夫婦

淡路島公園は、東京ドーム28個分ほどの敷地面積があり、全部歩いてまわるとなると40分ほどかかる広い公園です。自然豊かなこの公園の中にある、テーマパーク・ニジゲンノモリ。そのメインアトラクションの一つが、本格的なアスレチックを楽しめる「アッパレ!戦国大冒険!」です。

本格アスレチックを楽しめる「アッパレ!戦国大冒険!」

  • 写真:いちまろ夫婦

ニジゲンノモリの中には、「アッパレ!戦国大冒険!」という、クレヨンしんちゃんの人気映画『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』をモチーフにした、戦国時代の砦を思わすような巨大アスレチックがあります。

まるで映画の中・戦国時代にいるようなアトラクションで、ニジゲンノモリに来たらぜひ体験してほしいアトラクションの一つです!

コースは全部で4種類!

  • 写真:いちまろ夫婦

「アスレチックって小さい子どもでもできるのかな?」、もしくは「大人にはちょっと退屈なんじゃないかな?」と思う方もいるかもしれませんが、ご安心ください。

このアスレチックは全部で4種類あり、一番簡単なコースは、小学生以下を対象とした地上1mの高さの「童コース」、本格的に挑戦したい方は地上8mの高さの「侍大将コース」など、自分に合ったコースを選ぶことができるのです!

  • 写真:いちまろ夫婦

やぐらを見てみると、コースが立体的になっているのが分かるかと思います。これが高さごとにコースが変わるという仕組みです。

まずはチケットを購入!

  • 写真:いちまろ夫婦

まずはチケットを購入します。クレジットカードを使う場合は、この券売機は使えないので隣接しているショップでチケットを買いましょう。

値段は

  • 【童コース】800円
  • 【アッパレ!コース】1,800円
  • 【足軽コース】2,500円
  • 【侍大将コース】3,300円

となっています。

バンドを付けて入場!

  • 写真:いちまろ夫婦

アスレチックの入り口に行くと、このようなリストバンドを付けてもらえます。このリストバンドが参加者のしるしとなります。

  • 写真:いちまろ夫婦

また、リストバンドを付けた後は、スタッフの方に手荷物は全てロッカーに入れるよう指示されるので、財布や携帯も含めてロッカーに預けましょう。その後、安全装置を装着していざアスレチックスタートです。

侍大将コースに挑戦!

  • 写真:いちまろ夫婦

筆者夫婦は、一番難易度の高い「侍大将コース」に挑戦しました!地上8mの高さは、想像以上に高く、思わず足がすくみます。コースも、足場の悪いリングの上を歩いたり、動く板に飛び乗ったりと、多彩なので楽しいです。

所要時間はだいたい30分ほどで、クリアすることができました。

  • 写真:いちまろ夫婦

「女性も侍大将コースで大丈夫かな?」と思う方もいるかもしれませんが、私たちは、筆者妻の方が、このアスレチックの進み具合が速かったくらいでした(笑)なので、女性の方も十分に楽しむことができますよ。

また、アスレチックにチャレンジしている際は、スタッフの方も一緒に同行してくれるので、万が一失敗しても助けてくれたり、進む方法のアドバイスをくれたりするので、とても安心です。

写真撮影サービスも!

  • 写真:いちまろ夫婦アスレチックスタート前の写真撮影例

アスレチック中は危ないので、携帯電話・カメラを使えません。しかし、アスレチックのスタート前とゴール前に、撮影ポイントがあり、上のような写真を撮ることができます。撮り直しも自由なので、気に入るまで、いろんなポーズで写真を撮ることができますよ。

  • 写真:いちまろ夫婦
  • 写真:いちまろ夫婦

アスレチックが終わった後に、専用のカードをもらい、写真左のようなブースに案内されるので、そちらで撮影した写真を確認することができます。

料金は、データ・1カットが500円です。プリントをすると1枚800円になります。アスレチック中は自分たちで写真が取れないので、1枚買っておくと思い出に残りますよ♪

県立淡路島公園アニメパークニジゲンノモリ
淡路島 / テーマパーク・レジャー
住所:兵庫県淡路市楠本2425番2号地図で見る
電話:0799-64-7061(ニジゲンノモリ運営事務局)
Web:https://nijigennomori.com/

淡路島の旅行予約はこちら

淡路島のパッケージツアーを探す

淡路島のホテルを探す

淡路島の航空券を探す

淡路島の現地アクティビティを探す

淡路島のレンタカーを探す

淡路島の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月3日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

夫婦で旅する月1バックパッカー!
夫婦共働きながら月1回の旅を楽しむ月1バックパッカー🏖


「会社を辞めなくても、会社生活を楽しみながらでも、旅はいける!旅は両立できる!!」
こんな思いで、日々旅を楽しみ、そしてそんなライフスタイルを発信中。
夫婦で楽しめる場所を国内国外問わずガンガンお届け致します。

□カメラ:夫)iPhone7+📱、妻)iPhoneⅩ📱

「一眼ではなくスマホで撮影。誰もが真似できる、だけども綺麗で見ててワクワク」
そんな写真が撮れるよう日々練習中。

Instagramでは、旅先の夫婦写真を専門にあげています。
ぜひそちらも遊びに来てみてください^^

■2018年の月1バックパックリスト
1月-6月:名古屋・大分・横浜・湘南・兵庫(竹田城)・大阪・ドバイ・ギリシャ
7月:東京・横浜
8月:奈良・京都
9月:長野
10月:釜山
11月:淡路島
12月:大阪和泉市・東京

□2019年の月1バックパックリスト
1月:熊本
2・3月:ハノイ
4月:大阪
5月:長野・京都・姫路
6月:舞洲

■いちまろ夫婦運営メディア
http://www.ichimaro.com/

【釜山】南浦洞でサムギョプサル!安くて人気の店「ワンソグムグイ」がお勧め!

韓国に来たら食べたい料理の一つはやはり「サムギョプサル」。この記事では、釜山の南浦洞にある「マッチャンドル・ワンソグムグイ」という、サムギョプサル専門店の魅力を...

ギリシャ・アテネで絶対買いたい!お土産7選!

古代遺跡で有名なギリシャ・アテネ。パルテノン神殿がある丘のふもとには、「プラカ」と呼ばれるレストランやお土産屋が立ち並ぶエリアがあります。そこで購入できるギリシ...


モンセラットはバルセロナで必見の人気観光スポット!

スペイン・バルセロナに行ったらぜひ訪ねてほしいのが「モンセラット」です。標高1,241mのモンセラットの山には、円筒型の岩がいくつも寄り集まっており、その姿は一...

【閲覧注意】USJホラーナイト・「ストリートゾンビ」全種類コンプリートガイド!

USJのハロウィーンでは、18:00以降ゾンビがパーク内を歩き回る「ストリート・ゾンビ」が有名です。2018年からは、エリアごとに出てくるゾンビの種類も変わり、...


釜山・金海空港の免税店で買える!韓国定番お土産8選!

現地のお土産を買う最後のチャンスと言えば、空港です。この記事では、釜山・金海空港の免税店で買える、定番の韓国土産8選をご紹介します。免税店というと、高いブランド...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?