アゼルバイジャン
アゼルバイジャン観光
首都バクーは”世界一バブルな都市”

カスピ海の風が颯爽と吹き抜ける ~アゼルバイジャンの首都、新旧融合の都市バクー~

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:183ヶ国

2019年5月23日更新

1,419view

お気に入り

写真:toshel

カスピ海は、5つの国に面した世界一大きな湖です。コーカサス地方に属するアゼルバイジャンはそのうちの一国であり、中でも首都バクーはカスピ海に面する最大都市。遥か紀元前より石油の湧いたバクーは近年の発展目覚ましく、高層ビルが次々と建設され、第二のドバイとも称されるほど進化を続けています。今回は、2016年に初めてFormura1(F1)も開催され、ますます勢いに乗るアゼルバイジャンの首都バクーをご紹介いたします。

この記事の目次表示

カスピ海に面する港湾都市バクー

世界一大きい湖

  • 写真:toshel

カスピ海の面積は374,000㎢。日本の面積は378,000㎢ですので、日本がすっぽり!とはいかないものの、非常に大きいということが分かりますよね!名称こそとついておりますが、現在のところ世界一大きなとされています。

天然資源の豊富なカスピ海は、その定義がかによって世界情勢を大きく変えた時期もありました。もしカスピ海がだった場合、国際海洋法条約によって沿岸各国に領海が設定されますが、の場合は共同管理となるからです。現在に至っては、各国の領海を定める格好で落ち着いているようです。

カスピ海に面する首都バクーの過去と今

  • 写真:toshelBaku Rail Station

カスピ海に面する沿岸国は5つあります。ロシア、カザフスタン、トルクメニスタン、イラン、そしてアゼルバイジャンです。その中でもカスピ海沿岸に位置する最大都市はアゼルバイジャンの首都バクーであり、古くから港町として栄えていました。

周辺のバクー油田は紀元前から石油が溢れており、大規模な油田の見つかった19世紀後半には世界中から注目されました。このため周辺のイランやロシアをはじめ、EU諸国も交えての激しい争奪戦が繰り広げられるなど、悲しい経験をしています。

しかし、独立した今となっては、その豊富な資源を生かして都市の建設は飛躍的に進み、目覚ましい発展を遂げています。

  • 写真:toshelカスピ海に面し建築中の建物群

世界遺産バクー旧市街を散策

カスピ海から吹く風の心地よいバクーの旧市街

新市街が発展する一方で、バクーの西側に位置する旧市街は世界遺産に指定され、今もなお古き良き当時の城壁や建築物を遺しています。

地元の方々のバクーの発音は「バキ」、あるいは「バキュ」で、ペルシャ語の「風に強く打たれる」に由来するといわれています。その名のとおり、カスピ海からは断続的に強い風が吹き、時折、旧市街にも心地良いそよ風をもたらします。

  • 写真:toshel

静かな旧市街の佇み

シルクロードの中継地でもあったバクーは、12世紀~14世紀にかけては頻繁に隊商(キャラバン)が行き来する重要な要衝でした。その当時の様子を遺す旧市街は城壁に囲まれ、街並みにもその風情が感じられます。

  • 写真:toshel

旧市街を取り囲む城壁にはいくつかの門があります。メインゲートであるシェマハ門は少し高さがあり、主に城主や訪問者が馬車などで通るために使われていました。シェマハ門には、旅路の長い当時の隊商に対し、無事を祈る言葉が綴られています。

こちらも城塞に作られている門の一つで、城内に住んでいた一般の人々に使われており、荷車などが通る大きさです。

  • 写真:toshel

それではこちらの門をくぐって旧市街を散策してみます。

  • 写真:toshel

旧市街の内壁伝いには、当時の投石器が遺っています。

  • 写真:toshel

シルクロード馴染みの可愛いらしいショップも軒を連ねます。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

ツリーアートがあちこちにあります。

  • 写真:toshel

古い街並みにも芸術性を感じさせます。

  • 写真:toshel

こちらは当時のマンホールです。趣がありますね。

  • 写真:toshel

旧市街のあちこちから新市街の近代的な建物が垣間見え、まさに新旧融合の都市を感じさせます。

  • 写真:toshel

向こうに見える特徴のある建物は、フレームタワーと呼ばれる炎をモチーフにしたタワーです。

  • 写真:toshelBaku Flame towers

住居、ホテル、ショッピングモールおよびオフィスがこの三棟に収められ、バクーの象徴的な建物となっています。

  • 写真:toshel
シェマハ門
アゼルバイジャン / 建造物
住所:Aziz Aliyev Street, Baku, Azerbaijan地図で見る
バクーフレイムタワーズ
アゼルバイジャン / 観光名所 / 建造物
住所:Flame Towers,Baku地図で見る

モスクとタワーと宮殿と(世界遺産)

バクー旧市街は街並み自体が世界遺産ですが、中にも世界遺産に指定された建物がいくつかあります。まずはムハンマドモスク。11世紀に創建された城壁内最古のモスクです。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

こちらは乙女の搭。紀元前5世紀に教寺院として建てられ、12世紀には要塞として再建されました。名前の由来は、その昔こちらのタワーより女性が身を投じたという言い伝えからのようです。

  • 写真:toshel

こちらはシルヴァンシャー宮殿です。15世紀に建造され、王宮として使用されていました。

  • 写真:toshel

イスラムの香りが漂いますね!

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel
城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔
アゼルバイジャン / 観光名所 / 遺跡・史跡 / 建造物
住所:the Shirvanshah's Palace,Baku地図で見る

ワインの発祥地コーカサス

ワイン発祥の地については諸説あり、コーカサス地方は紀元前8000年のワイン醸造痕跡が発掘されたことから、発祥の地として有力視されています。

  • 写真:toshel

アゼルバイジャンのワインは濃厚で甘いものが多く、カスピ海で獲れる新鮮な魚類ともよく合います。

  • 写真:toshel

カラッとした気候のもと、外で飲むワインは最高です。

  • 写真:toshel

2016年より市街にてFormura1(F1)開催!

  • 写真:toshel

何といっても、2016年のアゼルバイジャンの大きなニュースといえば初めて自国で開催されたF1です。

  • 写真:toshel

サーキットコースではなく、バクー旧市街を含む市街地コースとあって、開催直前の街はどこもかしこもF1一色!街を歩いているだけで住人の興奮が伝わってきます。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel
  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

初めてのF1、しかも市街地コースということもあり、終わってみると縁石の問題などもありましたが、このたび、めでたく2017年も開催されることになりました。

しかも、2016年の「ヨーロッパGP」名義ではなく「アゼルバイジャンGP」と名称も国名に変わります。F1開催日に合わせて観光スケジュールを立てられるのも良いかもしれませんね!ビューポイントのおすすめはこちらのフォーシーズンズホテルです。

  • 写真:toshel

市街地コースの角地に二面しており、カーブを有したブレーキングポイント!観戦には絶好のポジションかと思われます。また、カスピ海側の部屋はバクー市街も一望できる絶景で、旧市街にも近いため観光にも便利です。ご参考までに。

  • 写真:toshel
フォーシーズン ホテル バクー
アゼルバイジャン / ホテル
住所:Neftchilar Avenue 77/79، Baku 1095地図で見る
Web:http://www.fourseasons.com/baku/

アゼルバイジャンへの行き方

空路

2016年12月現在、日本からアゼルバイジャンへの直行便はありませんので、周辺国を経由して行きます。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

ビザは無料!

2016年2月より、バクーの「ヘイダル・アリエフ国際空港」からの入国のみ、日本国籍者は一般ビザ(30日間)を空港で取得できるようになりました。ビザ料金も無料です。イミグレーションブースに向かって左右端にあるビザ発給ブースにて、ビザを申請できます。

  • 写真:toshel

おわりに

アゼルバイジャンは、あまり日本には馴染みのない国ですが、首都バクーは親切で素朴な人々に溢れ、ワインも美味しく、カスピ海から吹く風も心地よい素敵な街です。

またそして目覚ましい発展を遂げるバクーでは、2018年、ドバイのブルジュ・ハリファを大きく抜いて世界一の高さを誇るアゼルバイジャンタワーが完成予定。このタワー以外にもバクー新市街は壮大なプロジェクトが進行中で、この先もどんどん変化を遂げていく新旧融合の都市です。

  • 写真:toshel
バクー旧市街
アゼルバイジャン / 町・ストリート
住所:Baku, Azerbaijan地図で見る

アゼルバイジャンの旅行予約はこちら

アゼルバイジャンのパッケージツアーを探す

アゼルバイジャンのホテルを探す

アゼルバイジャンの航空券を探す

アゼルバイジャンの現地アクティビティを探す

アゼルバイジャンのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年12月28日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

World navigator
行ったことのない国を中心に、毎月ひとり旅しています。これまで訪ねた183ヵ国およそ400都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景、出会う人々との会話など、真の地元を皆様とシェアできればと思います。皆様もご一緒にそこへ旅したように感じてもらえると嬉しいです。

あと一年余りで、世界のすべての国を網羅できそうです。

レバノン観光と言えばここ!ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころと国の背景

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...


未承認国家ってどんな国?日本も承認していないコーカサス山奥の独立国アルツァフ共和国

世界には、国際政治的な諸事情で国家として承認されていない地域がいくつか存在します。「未承認国家」といわれるこれらの国は、国家としての機能(政府や外交能力)を満た...


カリブの島はどこがいい?陽気レゲエでちょっぴり危険な「バルバドス」どこまでも静かな「アンティグア」

カリブ海には、大小様々な島がおよそ700あります。そのほとんどは欧米各国の領土で、独立国はわずか13カ国のみ。今回は、その中より対極にある2つの小さな島国をご紹...

モンテネグロの世界遺産~小さな港町コトルの旧市街と裏山からの絶景~

イタリア半島とバルカン半島に挟まれたアドリア海は、非常に美しい地中海の内海です。そのアドリア海に面したモンテネグロには、数多くの港やビーチが点在し、中でもコトル...

輝くばかりの絶美国~ベールに包まれた水と森の国ベラルーシの首都ミンスク~

日本人にとってベラルーシは、距離も遠く情報も少ない「よく分からない国」ではないでしょうか。ロシアのニュースを目にすることはあっても、ベラルーシのニュースを耳にす...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?