ブルネイ
ブルネイ観光
ボルネオ島の小さな国は世界有数の裕福な国

【保存版】魅惑のイスラム教国 ブルネイ・ダルサラームの見どころ&グルメ

取材・写真・文:

埼玉在住
訪問エリア:23ヶ国

2018年5月1日更新

5,830view

お気に入り

写真:ある通訳案内士

ブルネイ・ダルサラームという国をご存知でしょうか? マレーシアに囲まれたボルネオ半島の一部を国土としており、面積は5,765 km²で、三重県とほぼ同じ大きさの国です。日本人には馴染みのない国ですが、私がオススメする東南アジアの国の一つです。小さな国ながらも、オイルマネーで潤い、街は綺麗に整備され、壮麗なモスクや、世界で2つしかない7つ星ホテル、昔ながらの水上集落など、見どころ盛り沢山の国です。2日間もあれば十分楽しめる、そんなブルネイ・ダルサラームの魅力を、以下4つの点からお伝えします!

この記事の目次表示

【1】壮麗なモスク

イスラム教の国で、しかもオイルマネーで潤っているなら、必ずモスクは豪華絢爛! イスラム教徒の信心深さの現れです。ブルネイも例外ではなく、美しいモスクが至る所にありますが、特に有名なものを2つご紹介します。

ジャメ・アスル・ハッサナル・ボルキア・モスク

  • 写真:ある通訳案内士ジャメ・アスル・ハッサナル・ボルキア・モスク

青と白を基調とし、ドームが金ピカ。青・白・金の組み合わせは鉄板の美しさです。

  • 写真:ある通訳案内士ジャメ・アスル・ハッサナル・ボルキア・モスク内部

大勢の人を収容できるように、内部は広く、豪華な造りとなっています。

ジャメ・アスル・ハッサナル・ボルキア・モスク
ブルネイ / 社寺・教会
住所:Sultan Hassanal Bolkiah Highway | or Jalan Jame Asr, Bandar Seri Begawan, Brunei Darussalam地図で見る

スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク

  • 写真:ある通訳案内士スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク

こちらは、白と金を基調としていて、「ジャメ・アスル・ハッサナル・ボルキア・モスク」よりはシンプルな外観です。

  • 写真:ある通訳案内士スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスクは水上に

水の上にあるように見えるのが、珍しくていいですね。

スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク
ブルネイ / 社寺・教会
住所:Jalan McArthur, Bandar Seri Begawan BS8711, Brunei地図で見る

【2】7つ星ホテル「ザ・エンパイア」

「ブルネイといえば、ザ・エンパイア」と言っても過言ではないほど、ブルネイのシンボルとなっている、超高級ホテルです。ドバイの「ブルジュ・アル・アラブ・ジュメイラ」と並び、世界で2つだけの7つ星ホテルと言われています。

  • 写真:ある通訳案内士豪華なザ・エンパイヤの内装

そんなお金ない? 大丈夫です! 宿泊客じゃなくても、自由に出入りできます。特に荷物検査などはなく、日本の感覚で簡単に出入りできるのも、ブルネイの治安の良さを表れですね。

  • 写真:ある通訳案内士スルタンとスルタン妃

特にオススメなのは夕暮れ時。

  • 写真:ある通訳案内士夕暮れ時のザ・エンパイヤ

海沿いから夕陽を眺めたり、夕陽とザ・エンパイアの美しい建物と野外プールのコラボレーションを楽しんだりと、とても贅沢な時間を過ごせます。

  • 写真:ある通訳案内士美しい夕陽

宿泊も思うほど高くなく、その日のレートにもよりますが、2万円代で1泊できる部屋もあります。たまにはちょっと贅沢して、宿泊してみては??

ザ・エンパイア
ブルネイ / ホテル
住所:Kg Jerudong, Muara - Tutong Hwy, Brunei BG3122, Brunei地図で見る
Web:http://www.theempirehotel.com/

【3】昔ながらの水上集落「カンポン・アヤール」

オイルマネーで豊かになり、国全体が近代化されているんだろう、と思いがちですが、伝統的な部分がちゃんと残っているのもブルネイの良いところ。

  • 写真:ある通訳案内士昔ながらのカンポン・アヤール

その一つが、「カンポン・アヤール」という、水上集落です。ボートに乗って、集落の様子を見ることができます。ビジターセンターもあり、「カンポン・アヤール」について学ぶことができるので、オススメです!ボルネオ島のジャングルに囲まれた国ならではですね。

Kampong Ayer Cultural & Tourism Gallery
ブルネイ / 観光案内所・ビジターセンター
住所:ブルネイ Bandar Seri Begawan, south bank, Kampong Ayer地図で見る
カンポン・アヤール
ブルネイ / 町・ストリート
住所:Kampong Ayer地図で見る

【4】ブルネイグルメ〜伝統料理からローカルフードまで〜

ブルネイのご飯は、日本人の口に合うので、いろいろ試してみましょう!ブルネイらしさを味わいたいのであれば、オススメは、「アンブヤ」。

  • 写真:ある通訳案内士ブルネイ伝統料理「アンブヤ」

伝統的なブルネイの料理で、写真中央のねっとりした物体を、箸のようなもので巻き取り、たれをお好みでつけて食べます。野菜や魚がおかずで出てくるので、不思議なアンブヤの食感をブルネイの幸とともに味わえます。

また、他の東南アジアの国と同じように、ブルネイにもナイトマーケットがあり、様々な食べ物を売っています。

  • 写真:ある通訳案内士マレーシアでもお馴染みの「サテー」

マレーシア料理が多いので、定番のサテーを味わったり、たくさん種類のあるスウィーツに挑戦したりと、ワクワクしながら楽しめます。

  • 写真:ある通訳案内士ブルネイスウィーツ

値段も高くなく、500円もあれば、お腹いっぱいになれるでしょう!

ガドン・ナイト・マーケット
ブルネイ / 市場・朝市
住所:Simpang 37, Bandar Seri Begawan, Brunei地図で見る

終わりに

以上のように、ブルネイ・ダルサラームには、日本であまり知られていないながらも、多くの魅力があります。ドバイやアブダビと同じようにオイルマネーで潤っていますが、近代的な高層ビルが立ち並ぶわけでもなく、のんびりした東南アジアの雰囲気に浸れます。

またシンガポールのように、街中は綺麗で、治安もかなりいいです。日本からは、フィリピンのマニラや、マレーシアのクアラルンプール、タイのバンコクを経由すれば行けるので、そこまで遠くはありません。

今回ご紹介した場所は、2日間で私が実際に巡ったところであり、このコンパクトさも魅力ですね。次のお休みはブルネイで過ごしてみてはいかがでしょうか?? この記事があなたのブルネイ探訪のきっかけとなれば嬉しいです!

ブルネイの旅行予約はこちら

ブルネイのパッケージツアーを探す

ブルネイのホテルを探す

ブルネイの航空券を探す

ブルネイの現地アクティビティを探す

ブルネイのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年4月24日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

インドでIT企業に勤めていたバックパッカー
南インド・チェンナイ駐在してました/通訳案内士(英語)/生まれも育ちも日本/インドのIT企業勤務/合気道弍段/アロマテラピー検定1級/タイ・チュラロンコン大学留学/ASEAN全10カ国制覇/インドで海外に疲れてしまったので、しばらくは平和な日本を謳歌します^^
http://zipanger777.com

観光地ではない【真の中華街】池袋北口を1時間で手軽に散策!

日本の中華街(チャイナタウン)と言えば、日本三大中華街の、①横浜中華街、②神戸南京町、③長崎新地中華街、が有名ですよね? こちら、もちろんれっきとした中華街なの...

【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来ると...


行かなきゃ損!上海ディズニーランドをオススメする5つの理由

ディズニー大好きなあなた! もちろん、東京ディズニーリゾートに何度も行くのもアリだけど、外国のディズニーランドにも興味はありませんか?? 興味がある、そんなあな...

【スリランカ】本格アーユルヴェーダを体験できる宿泊施設「ヘリタンス・アーユルヴェーダ・マハ・ゲダラ」

スリランカやインドで観光客にも人気のアーユルヴェーダ。泊まり込みでアーユルヴェーダにみっちり取り組む施設「ヘリタンス・アーユルヴェーダ・マハ・ゲダラ」が、スリラ...


真の理想郷??南インド・オーロヴィルで人生観が変わるかも

「理想郷」と聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか? 「理想郷」での暮らしは喜びに満ち溢れ、毎日幸せな日々を送ることができそうですね。そんな「理想郷」と呼ば...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?