カナダ
カナダ観光
スケールの大きい自然や美しい自然を感じられる国

カナダでフランス料理?! 最高級のケベックフレンチを堪能!

取材・写真・文:

トラベルライター

2017年9月28日更新

1,856view

お気に入り

写真:トラベルライター

カナダの中でケベック州はフランス語が公用語であるように、フランスとカナダの文化が程よくブレンドされています。特に州都ケベックシティーには、たくさんのカナディアンフレンチグルメを楽しめるレストランがあります。その中から是非お勧めしたい2店をご紹介!

この記事の目次表示

【Légende by La Tanière】

2014年にオープンして以来、毎晩満席の超人気ビストロ。この店のこだわりは、料理の原材料をすべて地元でとれたものだけを使用していることです。そして旬の素材を活かした、季節ごとに変わるオリジナリティー溢れる品々も人気の理由のひとつです。

  • 写真:トラベルライターCéviche de pétoncle de la Baie de Fundy (フィンデイ湾の帆立のセビチェ)/CAD$20 (約1,800円)
  • 写真:トラベルライターHomard des Maritimes (ロブスターと大麦のリゾット)/CAD$26(約2,400円)

左の写真のセビチェは、Sainte-Élie (ケベック州の村)で収穫されたサフランやラズベリービネガーと一緒にマリネされたセビチェが、ライラックの花で綺麗に飾られた一品。新鮮で甘い帆立が、酸味とサフランの味と程よくマッチしていて、もう一皿追加注文したくなるほどです。

カナダの沿海州で取れたロブスターとズッキーニやトマトで煮込んだ大麦のリゾットは(写真右)、新鮮でプリプリのロブスターと野菜がうまく絡んで、ペロッと平らげてしまう品です。

  • 写真:トラベルライター手前:Pâtes maison farcies de grillon (コウロギの手打ちパスタ)CAD$18(約1,650円)後方:Cerf rouge des Appalaches(アパラチアン赤鹿のグリル)CAD$21(約 1,900円)

コオロギ?!とメニューに書いてあるが。。。これは?とウェイターに尋ねると、昆虫のコオロギのパスタだよっとサラっと答えてくれました。一口食べてみると。。。「美味!」の一言。しっかり”コオロギ”(ピーナッツバターのような)味もあって、ケールやエリンギなどと一緒に、Au Jus (肉汁ソース)でよくブレンドされています。

後方に見えるのはアパラチアン赤鹿のグリル。シイタケや手作りキムチなどの野菜と一緒にグリルした鹿肉を、チミチュリソースが丁度いい味に仕上げてあります。

  • 写真:トラベルライターPerfair glace à la framboise (フローズン ラスベリーパフェ)CAD$12(約1,100円)
  • 写真:トラベルライターCrémeux à l'argousier (シーバックソーン プリン)CAD$12(約1,100円)

フローズン ラスベリーパフェ(左写真)。ローズゼリーとラズベリーのアイス、クランブルが、なんとも言えない食感。甘酸っぱいラスベリーとも絶妙にマッチしています。

右の写真はシーバックソーン プリン。シーバックソーン(Sea buckthorn)とは、栄養価が高いためによく健康食品のサプリメントとして使用されるオレンジ色果実。マドレーヌとバターミルクアイスと一緒に添えられていて、さっぱりシトラス系の後味がいいデザートです。

訪れるたびに驚きの連続の創作料理の数々を楽しむことができるこのビストロは、一度行くとあの味が忘れられず、また行きたくなるレストランです。

Légende by La Tanière
カナダ / 洋食・西洋料理
住所:255 Rue Saint Paul, Québec City, QC G1K 3W5, Canada地図で見る
Web:http://restaurantlegende.com/home/

【Le Saint Amour】

次にご紹介する店は、ケベックシティーではロマンチックなレストランとして有名な高級レストラン 「Le Saint Amour」。1978年に開店した老舗レストランで、屋根がガラス張りで多くの観葉植物が天井から吊り下げてあるガーデンルームが人気。予約の際は必ずリクエストしましょう。

  • 写真:トラベルライター日中は、天井からの光が差し込み明るいガーデンルーム
  • 写真:トラベルライター日没後、食事しながら夜空も楽しめるガーデンルーム

今回オーダーしたメニューは「Discovery」というコースメニューCAD$125(約11,400円)です。

  • 写真:トラベルライターAmuse-bouche (突き出し)のアスパラガスと卵のムース
  • 写真:トラベルライターCrémeuse maraîchère (野菜のクリームスープ)

まず最初に、突き出しのアスパラガスと卵のムース(写真左)は、ふわふわな2層のムースとトッピングされているクリスピーオニオンが一体化して、なんとも言えない食感と繊細な味。次のコースメニューは、野菜のクリームスープ(写真右)。数種類の野菜と生ハムをブレンドして、バルサミコ酢とパルメザンチーズのエスプーマ(泡)で仕上げた上品な優しい味のスープです。

  • 写真:トラベルライターTartare de cerf du domaine Boileau (赤鹿のタタキとタルタル)

赤鹿のタタキとタルタル。クランベリーとヘーゼルナッツソースとパースニップのピューレと綺麗な食用花で飾られた皿は、2種の赤鹿が楽しめます。

  • 写真:トラベルライターFoie gras de canard - L'Expérience(フォアグラ経験)

5種のフォアグラが味わえる「経験」という名のついたフォアグラずきにはたまらない一品。伝統的な純粋パテから、革新的なムース、テリーヌやスモークのフォアグラなど、とても贅沢な皿!

  • 写真:トラベルライターFlétan du St-Laurent (セントローレンス川のひらめ)
  • 写真:トラベルライターPétoncles des Îles de la Madeleine et flanc de porc de la Ferme Turlo(マドレーヌ島のロースト帆立とポークベリー)

左写真のセントローレンス川のヒラメ料理は、レンズ豆や茎野菜をトッピングし、チョリソーとビーツピューレで仕上げてあり、いい加減で調理された魚と、ブレンドされたソースがうまく絡んで色んな味が楽しめます。

メインコースのマドレーヌ島のロースト帆立とポークベリー(写真右)。とても甘みのある地元で採れたロースト帆立と、外はカリッ中はジューシー豚ばら肉。このちょっと変わったコンビネーションが程よくマッチして、色々な風味が口中広がり得した気分になります。

  • 写真:トラベルライターThe Sphere (パッションフルーツ&ココナッツアイスとピスタチオケーキ)

デザートは、パッションフルーツ&ココナッツアイスとピスタチオケーキ。ココナッツボールを割ると、中からパッションフルーツソースとアイスが流れ出す。見た目も味も一流の芸術品。さすがにデザートまで安定して楽しませてくれます。

ケベックシティーに訪れた際、一夜はおしゃれをして、最もロマンチックな名店で本格派をご賞味してみてはいかがでしょうか?

Le Saint Amour
カナダ / 洋食・西洋料理
住所:48 Rue Sainte-Ursule, Ville de Québec, QC G1R 4E2, Canada地図で見る
Web:http://saint-amour.com/en/

おわりに

ケベックシティーにはたくさんのワールドクラスのQuébécois Cuisineが楽しめることができるレストランがたくさんあります。その中でも今回紹介したこの2店は、何度訪れてもとても満足感のあるレストランです。ケベックシティーへのお出かけの際には、ぜひトライしてみてください。

カナダの旅行予約はこちら

カナダのパッケージツアーを探す

カナダのホテルを探す

カナダの航空券を探す

カナダの現地アクティビティを探す

カナダのWi-Fiレンタルを探す

カナダのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年9月27日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?