カナダ
カナダ観光
スケールの大きい自然や美しい自然を感じられる国

【モントリオール】地元で人気の旧市街カフェTommyでブランチ

取材・写真・文:

カナダ在住
訪問エリア:20ヶ国

2019年1月17日更新

302view

お気に入り

写真:jihen2

北米のパリと言われるモントリオールで、地元民や留学生に大人気なのが「Tommy」。ザ・観光スポットのど真ん中で、オシャレかつ現地感を味わえる素敵なお店です。旅のひととき、旧市街でブランチはいかが?

この記事の目次表示

「Tommy」は2店舗あります

お店は観光エリアである旧市街にあります。実はすぐ近くの距離に2店舗あり、カフェメニュー中心の「Tommy」、食事メニューが豊富な「Tommy St.Paul」と分かれています。

「Tommy」はメトロのPlace d’Armes駅から徒歩5分ほど、「Tommy St.Paul」はそこからさらに5分ほどの場所にあり、迷ったりどちらかが満席で入れなかったりしてもすぐに移動できます。

  • 写真:jihen2Tommy の外観
  • 写真:jihen2Tommy St.Paul の外観

どちらも地元で人気のお店ということで、より現地の日常的な魅力に浸ることができます。それぞれに違った魅力があるので、下記を参考に、好みや目的に合わせてチョイスしてみて下さい。

Tommy

  • 写真:jihen2

こちらはカフェメニューがメインの「Tommy」。観光スポットとして有名なノートルダム大聖堂のすぐ近くにあります。窓からの風景も旧市街らしい古い街並みが広がり、タイムスリップしたような気分になります。

  • 写真:jihen2

中は吹き抜けのフロアが印象的な内装。段差を使ったユニークな座席が海外らしくスタイリッシュで、どこの席でもこの素敵な空間に浸ることができます。お手頃価格なカフェということもあり、客層は午前も午後も若い人が多いです。

  • 写真:jihen2アボカドトースト9ドル+サニーサイドアップ1.5ドル(合計約860円)
  • 写真:jihen2サーモンとクリームチーズのベーグル9ドル(約737円)

ラテなどのカフェメニューのほか、クロワッサンやサンドイッチなどもあります。おすすめは写真左のアボカドトースト!アボカドをベースに、生ハムやサニーサイドアップ、トマトなどお好みでトッピングできるものです。トーストといっても日本の朝食にイメージされるものとは違い、またビジュアルもとってもかわいいですよね。

観光の合間に、地元の若者流にブランチやカフェタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

トミー
カナダ / カフェ・喫茶店
住所:200, rue Notre Dame O地図で見る
Web:https://www.tommymontreal.com/notre-dame/?lang=en

Tommy St.Paul

  • 写真:jihen2

こちらは広々として落ち着いた店内で、カフェレストランという雰囲気。こちらも内装が凝っていてとってもオシャレ!東向きの明るい空間を満喫するなら早めの時間がおすすめです。

  • 写真:jihen2

特に週末にはブランチを楽しむ人で大賑わい。カナダでは、若い女性もダンディなおじさまも子供連れも、幅広い層の人がオシャレカフェでブランチを楽しんでいます。ちなみにモントリオールはケベック州なので、周りの会話はほとんどがフランス語です。

  • 写真:jihen2Popye (12ドル/約983円)

写真はPopyeというほうれん草とチーズのオムレツ。カフェのほうと違ってプレートスタイルでとってもオシャレ!オムレツやサラダボウルなど「Tommy」にはないしっかり食事メニューがたくさんあります。だいたい14ドル(約1,146円)前後、外食代が高めなカナダでは一般的な価格帯です。

  • 写真:jihen2Green Bageldictine (9ドル/約737円)

日本でも人気のエッグベネディクト。ベーグルが有名なモントリオールでは、エッグベネディクトもイングリッシュマフィンではなくベーグルでつくられます。なのでシンプルだけど食べ応え抜群!

旧市街というあまり庶民派ではないエリアにありながら、地元民に混じって気軽に楽しめるオシャレなブランチ(もちろんランチも!)スポットというのはわりと貴重だと思います。ぜひお試しあれ♪

トミー St.Paul
カナダ / カフェ・喫茶店
住所:151, rue St-Paul O地図で見る
Web:https://www.tommymontreal.com/saint-paul/

まとめ

朝からガッツリ動き回るのも良いけれど、こんな場所でスロースタートな日も旅の中にあってもいいのではないでしょうか。あるいは、朝8時から入れるノートルダム大聖堂がすぐそばにあるので、混雑しない朝の観光後に訪れるプランもありだと思います。

ザ・観光スポットである旧市街のど真ん中で、素敵なブランチをゆったり満喫できるのがこのお店のおすすめポイント。モントリオールに来たならぜひトライしてみてください。

※値段はすべて記事執筆時点のレート(1カナダドル=81.9円)で計算しています

カナダの旅行予約はこちら

カナダのパッケージツアーを探す

カナダのホテルを探す

カナダの航空券を探す

カナダの現地アクティビティを探す

カナダのWi-Fiレンタルを探す

カナダのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月17日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

ウサギ料理にトライ!カナダ・ケベックの有名店Le Lapin Sauté

大自然の国カナダの東部にあるケベックシティでは、ケベック州の伝統料理が食べられるお店がたくさんあります。中でもおすすめしたいのがウサギ料理!旧市街にあるかわいく...

【カナダ】モントリオールの二大美術館「モントリオール美術館」と「モントリオール現代美術館」を楽しむ完全ガイド

フランス文化が根付くモントリオールは、アートも盛んなので訪問先としておすすめです。モントリオールに来たら外せない二大美術館「モントリオール美術館」と「モントリオ...


カナダでフランス料理?! 最高級のケベックフレンチを堪能!

カナダの中でケベック州はフランス語が公用語であるように、フランスとカナダの文化が程よくブレンドされています。特に州都ケベックシティーには、たくさんのカナディアン...

【カナダ】心ときめくチョコレートホリックなカフェ3選

モントリオールやトロントなど、カナダ東部の都市の多くは、冬になると気温が−30℃まで下がる雪国エリア。そんな寒い地域だからこそエンジョイできるのが、チョコレート...


カナダ第二の都市モントリオールのカワイイ&おいしいカフェ8選

カナダといえば西部〜中央部の大自然が有名ですが、東部は都市としての魅力がたくさん!特にフランス文化の残るモントリオールには、カフェ好きにはたまらないオシャレなお...

この記事を書いたトラベルライター

プランナー 兼 現場監督 兼 トラベラー
内装やイベントブース設営の仕事をしながら、世界各地へ旅に出ています。旅のキーワードはアートとデザイン、雑貨、世界遺産。
いろいろな国の文化や芸術が好きすぎて世界遺産検定1級とりました。
現在はモントリオールで英語とフランス語を習得中。

素敵な旅づくりのきっかけになるような情報と魅力を紹介していきたいと思います。
最近はinstagramでの発信に力を入れているのでぜひチェックして下さい。

かわいくて喜ばれる、ハズさない栃木みやげ5選

栃木といえばいちご、宇都宮餃子、日光東照宮、などなど。観光地らしい定番のおみやげももちろん良いですが、ときには「おっ!」「かわいい!」と言われるような、ちょっと...

東京で感性を磨こう②!気軽に行けるデザインギャラリー5選

流行発信地・東京には、感性を磨けるようなアカデミックで魅力あるスポットがたくさんあります。「東京で感性を磨こう①!アカデミックなお出かけスポット5選」の記事に引...


東京で感性を磨こう①!アカデミックなお出かけスポット5選

流行発信地・東京で、私たちの暮らしをいろどる文化や奥深い歴史を感じることができ、楽しく教えてくれるスポットの数々。感性を磨けるような、アカデミックで魅力ある東京...

都心を離れて一息。東京郊外の癒されカフェ&ショップ4選

東京都心にはオシャレでおいしいカフェやショップが充実していますが、郊外エリアも負けてない!都心を離れて一息つけるような、心癒される落ち着いた空間のお店がたくさん...


カワイイ雑貨天国!「東京蚤の市」へ行こう

海外、特にヨーロッパではメジャーで、街中で定期的に開かれることの多い「蚤の市」。アンティーク雑貨や日用品など、カワイイものが所狭しと並ぶマーケットには、旅行好き...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?