チェンマイ
チェンマイ観光
”北方のバラ”と称される美しい古都

【タイ】極上のマウンテンリゾート「フォーシーズンズリゾート・チェンマイ」

取材・写真・文:

タイ在住
訪問エリア:9ヶ国

2021年10月22日更新

188view

お気に入り

写真:瀬奈

2021年ワールドベストアワード「東南アジアのホテルリゾート」トップ10に選ばれた「フォーシーズンズリゾート・チェンマイ」。タイの田園風景が再現された広大な庭園を眺めながら、ゆったりとした時間の流れを感じ、スーッと心が癒されます。世界中の旅行者を惹きつけている極上のリゾートをご紹介します。

この記事の目次表示

マウンテンリゾートの先駆けとなったホテル

  • 写真:瀬奈

「フォーシーズンズリゾート・チェンマイ」は、チェンマイ市内から車で30分ほど北に向かった郊外にある高級ホテルです。

  • 写真:瀬奈

このホテルが出来た頃、リゾートホテルといえば、東南アジアの海沿いにあるビーチリゾートがほとんどでした。「フォーシーズンズリゾート・チェンマイ」(当時はリージェントチェンマイ)は、山の中のリゾートとして世界中の旅行者を驚かせ、人気のホテルとなりました。

「フォーシーズンズリゾート・チェンマイ」の客室について

  • 写真:瀬奈ガーデンビュー・パビリオン

「フォーシーズンズリゾート・チェンマイ」は、広大な敷地にタイの田園風景が再現されていて、庭園の中に客室が点在しています。客室は、一つの棟が2階建4室になっています。

  • 写真:瀬奈ライステラスビュー・パビリオン

客室のカテゴリーは、「ガーデンビュー・パビリオン」、「アッパーガーデン・パビリオン」、「ライステラス・パビリオン」、「アッパーライステラス・パビリオン」、「プールヴィラ」に分かれています。「アッパー」が付くと2階の部屋になります。

「ライステラス・パビリオン」に宿泊

  • 写真:瀬奈

東南アジアらしい、開放感のあるロビーでチェックインをします。

部屋にはホテルの情報が書かれたディレクトリーはなく、チェックイン時にLINE登録をして、必要な情報を受け取ります。レストラン、スパの予約などの要望も、LINEからメッセージを送ればOKです。

チェックインを済ませたら、カートで部屋まで送っていただきます。

  • 写真:瀬奈

筆者が宿泊したのは「ライステラス・パビリオン」で、写真の建物の1階部分になります。庭の通路から少し小道を下りた所に扉があり、入り口には南国らしい植物が丁寧に植えられています。

  • 写真:瀬奈

部屋は私たちが入る前にはよく冷やされていて、ふわっとジャスミンのいい香りがします。外の日差しと熱気で疲れていた体が一気に軽くなります。

  • 写真:瀬奈

記念日の宿泊とお伝えしていたので、ベッドに花びらのお祝いをいただきました。

  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈

テーブルの上には、ウェルカムフルーツとドリンク、スイーツ、結婚記念日のお祝いのカップケーキが添えられています。また、ホテルのマネージャーからの手書きのメッセージも。

  • 写真:瀬奈

部屋にはソファーはなく、こちらのチェアーのみですが、右側の扉を開けると「サーラー」と呼ばれる外のテラスに出ることができます。

  • 写真:瀬奈

「サーラー」には、とてもくつろげるソファーがあり、筆者はほぼこのソファーで過ごしました。

  • 写真:瀬奈

「サーラー」からは、この田園風景を望むことができます。すぐそばの大きな木には沢山の鳥がやってきて、とても綺麗な鳴き声が聞こえてきます。エアコンはありませんが、天井にファンがあるので、自然の風を感じながらゆったりと寛げます。

  • 写真:瀬奈

バスルームはとても広く、バスタブの脇はガラス張りになっていて、とても開放感があります。高い塀があり、外からの出入りはできないため、他の人に覗かれてしまう心配はありません。

  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈

シンク周りも素敵なデザインで、とても気持ちの良い空間です。

絵はがきのような庭園を散策

  • 写真:瀬奈

「フォーシーズンズリゾート・チェンマイ」では、沢山のスタッフが庭の手入れをしていて、雑草1本もないのではないかと思うほど美しく管理されています。スタッフは伝統的なタイの農民の格好をしていて、タイらしさが感じられます。

  • 写真:瀬奈

どこを切り取っても絵はがきのように美しいです。

  • 写真:瀬奈

部屋から見えていたライステラスにも、実際に行くことが出来ます。トンボや鳥たちが飛び、稲の良い香りがします。こちらのライステラスでは、田植え体験も可能。日本人には見慣れた風景ですが、なぜか新鮮に感じますし、欧米人にとっては珍しく、貴重な体験になるようです。

  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈

庭の一番奥には、なんと4頭の水牛たちがいるんです!この水牛たちもホテルのスタッフ。朝晩ホテルの敷地内を歩いて、ゲストを歓迎します。水牛には乗ったり、水浴びのお手伝いも体験可能です。

  • 写真:瀬奈

田舎の農家のお家を模した建物では、お米の脱穀や陶芸などのアクティビティもあります。街からやや離れた所にあるホテルですが、楽しいアクティビティがたくさんあり、全く退屈しません。

非日常な体験!田んぼの中のプール

  • 写真:瀬奈

「フォーシーズンズリゾート・チェンマイ」のプールは、庭の中心にあるライステラスの真ん中にあります。プールの隣にはバーやレストランもあり、プールサイドでドリンクやフードもいただけます。

  • 写真:瀬奈

しかしながら、プールと田んぼという組み合わせには驚きです。田んぼの中でプールに入った経験がある人は多くないでしょう。この非日常な体験も新鮮です。

次のページを読む

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
チェンマイの旅行予約はこちら

チェンマイのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

チェンマイのホテルを探す

チェンマイの航空券を探す

チェンマイの現地アクティビティを探す

チェンマイのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【タイ】家族連れで楽しめる!チェンマイ市内の五つ星ホテル「シャングリラ・チェンマイ」

「シャングリラ・チェンマイ」は、観光にもショッピングにも便利なチェンマイ市内にある五つ星ホテル。おいしい食事に、子供も楽しめる大きなプール、贅沢なリラクゼーショ...


【タイ】チェンマイ市内の5つ星「ル・メリディアン・チェンマイ」でホテルステイを満喫

「ル・メリディアン・チェンマイ」は、チェンマイ観光に便利なホテルです。ワンランク上の客室に宿泊すれば、さらに充実したサービスが楽しめます。「ホテルから出るなんて...

【タイ】「フォーシーズンズリゾート・チェンマイ」内のレストラン「カオ(Khao)」で、極上タイ料理を堪能

「カオ(Khao)」は、チェンマイの高級リゾートホテル「フォーシーズンズリゾート・チェンマイ」(Four Seasons Resort Chiang Mai)内...

チェンマイ市内のリゾートホテル「アナンタラ・チェンマイ」に宿泊

世界中から観光客が訪れるタイ北部の古都チェンマイ。多くの人が行き交うナイトバザールのすぐそばに「アナンタラ・チェンマイ」があります。シンプルな外観からは想像がつ...

この記事を書いたトラベルライター

旅はまだまだ終われない☆東南アジア放浪中♪
タイに魅せられ、2015年より夫婦でチェンマイに移住。
チェンマイを拠点に、東南アジアを旅しています。
高級ホテル滞在からバックパッカーまで、幅広いスタイルの旅を楽しんでいます。
日本人にはあまり知られていないレアな情報をお伝えしていきます!

ちょっぴりワイルドなバックパッカー旅!秘境の村ラオス・バンビエン

ラオスの首都ビエンチャンからバスで4時間ほどの所にある秘境の村バンビエン。ここでは手つかずの大自然を生かしたアクティビティーが楽しめます。世界中からバックパッカ...


【タイ】パタヤビーチからすぐ!透き通る海のラン島でビーチを満喫

バンコクから車で1時間半ほどの所にある有名な観光地・パタヤビーチから、さらに船で約40分の所にある小さな島「ラン島」。海の透明度、ビーチの美しさはパタヤビーチと...


【タイ】バンコクで一番高いルーフトップの展望台「マハナコーン・スカイウォーク」

78階建て、地上314メートルの「キングパワー・マハナコーンビル」の最上階にある、タイで一番(2019年時点)高い展望台「マハナコーン・スカイウォ-ク」。見晴ら...

本格フレンチも味わえる!ラオス・ビエンチャンのおいしい洋食店4選

東南アジアの小さな国、ラオスの首都ビエンチャン。意外なことにたくさんの洋食店があるんです。特にフランス人が経営しているフレンチレストランでは、とてもリーズナブル...

【タイ】ランチがお得!マハナコーンタワーの絶景レストラン「マハナコーン・バンコク・スカイバー」

バンコク中心部にそびえる、高さ314メートルの高層ビル・マハナコーンタワー。76階にはニューヨーク出身の有名な料理人がシェフを務める、絶景のレストラン「マハナコ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります