チェンマイ
チェンマイ観光
”北方のバラ”と称される美しい古都

寒さが人気!?チェンマイの高原モンジェムを満喫!

取材・写真・文:

タイ在住
訪問エリア:9ヶ国

2019年1月14日更新

202view

お気に入り

写真:瀬奈

タイは1年中暖かいことで知られていますが、チェンマイ北部の高原モンジェムには、寒さを求めてタイ全土から観光客が訪れます。名物は"テント泊”。南国での短い冬の楽しみ方をご紹介します。

この記事の目次表示

モンジェムの見どころ

モンジェムは、チェンマイ市内から40キロ、車で1時間ほど北に進んだ所にある高原です。山の上には少数民族のモン族の村があります。市内からも気軽に行くことができるので、タイ人にも外国人にも人気の観光地です。

モン族の市場

  • 写真:瀬奈

駐車場から山頂に向かう道沿いには、モン族の人たちが開いているお店がずらりと並んでいます。

  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈

民族柄の生地を使った小物や、地元で採れた野菜や果物などが売られています。カップに入ったフルーツや焼き芋、焼バナナなどをつまみながら歩くのも楽しいです。

高原ならではの景色

  • 写真:瀬奈

ほとんどが平地なタイですが、モンジェム山頂に到着すると、いつも見上げている雲が目線の高さになります。空気もひんやりしていてとても気持ちが良いです。

  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈

山の上では咲いている花も下界とは違います。コスモスなどタイの他の場所ではなかなか見ることの出来ない花が咲いています。畑の中での撮影は20バーツ(約70円)。また近年はイチゴの栽培も盛んで、イチゴ摘み体験もできます。

木製手作りカート

  • 写真:瀬奈

ここでは面白い乗り物が楽しめます。木製の手作りカートです。タイヤと手動のブレーキしかついておらず、向きは足で前輪を動かす仕組み。1人乗りから3人乗りまであります。2人乗りで80バーツ(約280円)です。

  • 写真:瀬奈

まずは車で人とカートを坂の上まで運びます。かなりの急こう配を上るので安全に下りて来れるかどうかドキドキです。

  • 写真:瀬奈

簡単なレクチャーを受けたあと、坂道を利用してみんなで一気に下ります。砂利道の振動とけたたましい車輪の音、風を全身に受けてストレス解消です!ブレーキもしっかり効くので思ったほど怖くはありませんが、運転手は足の力が必要です。

夜はテントに宿泊

モンジェム周辺の山々の頂には、驚くほどの数のテントが並んでいます。それぞれの施設ごとに工夫を凝らしたテントやサービスがあります。筆者はタイの友人が予約してくれた「モンインダオ」というところに宿泊しました。

  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈

テント内は柔らかいマットレスが敷かれていて、掛布団とまくらが用意されています。2人用テントは700バーツ(約2,380円)。筆者は毛布を用意して行きました。マットの下からの冷気が寒かったので敷いて使用できて丁度よかったです。

みんなでワイワイ、楽しい夕食

「モンインダオ」では、タイ式七輪の貸し出しがあります。自分たちで食材を用意して行けば、楽しいバーベキューができます。食材はレセプションでオーダーすることもできますし、近くには商店もあるので安心です。また、近くにはカフェや食堂もあります。

  • 写真:瀬奈

現在、タイで大ブームのムーガタを楽しみました。ムーガタとは、焼肉と鍋が一緒になったような料理です。

  • 写真:瀬奈

筆者は日本のおもちを持参。ぷくっと膨れるおもちが楽しいと大人気でした。

モンインダオ
チェンマイ
住所:ชม.4051, Tambon Mae Raem, Amphoe Mae Rim, Chang Wat Chiang Mai 50180地図で見る
Web:http://moningdao.com/index.html

見どころいっぱいの観光地モンジェム

気になる寒さですが、12月末で15℃ほどまで下がりました。凍えるほど寒いわけではありませんが、タイの友人たちは下界ではほとんど使うことがないダウンジャケットやニット帽などを着込んで、寒さを楽しんでいました。筆者もフリースを着て防寒しました。

  • 写真:瀬奈Onsen @ Moncham
  • 写真:瀬奈Pongyang Jungle Coaster & Zipline

ご紹介した以外にも、モンジェムには温泉やジップラインなど楽しい観光スポットがたくさんあります。また、モンジェムに向かう道中のメーリム地区も人気の観光地です。レンタカー、もしくは赤のソンテウをチャーターして行くのがおすすめです。モンジェムの寒さを楽しんでアクティブな旅に挑戦してみるのはいかがでしょうか?

モンジェム
チェンマイ / 町・ストリート
住所:Tambon Mae Raem, Amphoe Mae Rim, Chang Wat Chiang Mai 50180地図で見る

チェンマイの旅行予約はこちら

チェンマイのパッケージツアーを探す

チェンマイのホテルを探す

チェンマイの航空券を探す

チェンマイの現地アクティビティを探す

チェンマイのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月14日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【タイ】寝台列車で行く首都「バンコク」⇒古都「チェンマイ」への旅

東南アジアで人気の旅行先と言えば、微笑みの国と言われる「タイ」。特に首都のバンコクは、観光地化が進んでいるためかなり居心地がよく、何週間も居座ってしまう旅行者も...

5戒を破るとこうなる!チェンマイの地獄寺「ワット・メーゲットノーイ」がまさに地獄絵図、でもこの力作は僧侶からの強いメッセージだった

国民の9割以上が仏教徒であるタイ。実は寺院の数だけを比べると日本の方が圧倒的に多い(タイ:約3万、日本:約7万6千)のですが、信仰心の厚さや、あらゆる場所が観光...


【チェンマイ観光】オススメ度No.1!タイガーキングダムで大迫力の虎と2ショットを撮ろう!

タイガーキングダムは、本物の虎やライオンと触れ合いながら、写真が撮れるオススメ度No.1の穴場スポット。大迫力の虎との2ショットはインスタ映え間違いなし!チェン...

【タイ】チェンマイの象の保護センターで象と一緒に水浴びをしよう!

タイの北部の街チェンマイには、人間に過酷な労働をさせられた象や孤児の象などを保護する象の保護センターが数カ所あります。その中でもチェンマイ市内から車で約一時間く...


【チェンマイ】絶対おすすめ♪BEDホテルで贅沢朝ごはん&快適ステイ♡

バンコク北部にある山あいの街、チェンマイは旧市街やたくさんの寺院があり観光客に人気のスポットです。ここでは近年ホステルだけでなく小さなブティックホテルが次々とオ...

この記事を書いたトラベルライター

旅はまだまだ終われない☆東南アジア放浪中♪
タイに魅せられ、2015年より夫婦でチェンマイに移住。
チェンマイを拠点に、東南アジアを旅しています。
高級ホテル滞在からバックパッカーまで、幅広いスタイルの旅を楽しんでいます。
日本人にはあまり知られていないレアな情報をお伝えしていきます!

ちょっぴりワイルドなバックパッカー旅!秘境の村ラオス・バンビエン

ラオスの首都ビエンチャンからバスで4時間ほどの所にある秘境の村バンビエン。ここでは手つかずの大自然を生かしたアクティビティーが楽しめます。世界中からバックパッカ...

【タイ】チェンマイ郊外の絶景カフェ「プーフィン・ドイ」

チェンマイ郊外、ハーンドン地区にある「プーフィン・ドイ」をご紹介します。小高い丘の上にあり、遠くの町まで見渡すことが出来ます。お店の裏には廃材を利用した展望台も...


本格フレンチも味わえる!ラオス・ビエンチャンのおいしい洋食店4選

東南アジアの小さな国、ラオスの首都ビエンチャン。意外なことにたくさんの洋食店があるんです。特にフランス人が経営しているフレンチレストランでは、とてもリーズナブル...

温泉好き必見!チェンマイで源泉100%の温泉リゾート「シッパ・ホットスプリング」

チェンマイで有名な温泉地にある、Sippa Hotspring(シッパ・ホットスプリング)をご紹介します。公共のサンカムペーン温泉ほど広くはないですが、深い緑の...


見どころいっぱい!タイ北部の高原の街パーイ

チェンマイから車で3時間ほどの所にある、欧米人や中国人観光客に人気の街パーイ。日本人にはあまり知られていませんが、自然が豊かで数々の絶景に出会えます。また温泉が...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?