チェンマイ
チェンマイ観光
”北方のバラ”と称される美しい古都

【タイ】キャノピーウォークも楽しめる!チェンマイ・シリキット王妃植物園

取材・写真・文:

タイ在住
訪問エリア:9ヶ国

2019年3月6日更新

80view

お気に入り

写真:瀬奈

チェンマイ北部の観光地メーリム地区にある国営の植物園。1,000ヘクタールもある広大な敷地には、数々の珍しい植物が展示されています。森林の上を散策できるキャノピーウォークもあり、いつもとは違った角度で森林浴が楽しめます。

この記事の目次表示

シリキット王妃植物園観光のポイント

シリキット王妃植物園があるメーリム地区は、チェンマイ市内から30キロほど北部に位置する人気の観光エリアです。自然豊かな地域で、近くにはエレファントキャンプ、ラン植物園、少数民族の村の他、自然を生かしたアトラクションを楽しむことが出来るスポットなどが点在しています。このようなスポットと組み合わせて観光するのがおすすめです。

  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈

シリキット王妃植物園は広大な敷地に、見どころとなるエリアが点在しています。高低差もあるため、徒歩での散策はできません。園内を巡回するトロリーバスを利用することが出来ます。入園料金は外国人100バーツ(約340円)です。

今回は園内のキャノピーウォークと温室をご紹介します。

キャノピーウォークで森林を楽しむ

  • 写真:瀬奈

園内には、森林の上を歩くことが出来るキャノピーウォークがあります。

  • 写真:瀬奈

キャノピーウォークは全長約400メートル、高さ20メートルの所に設置された遊歩道です。

  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈

足元も金網になっていて、ちょっぴりスリリング。また山の斜面に立てられているため、所々に高低差がありますので、歩きやすい靴で行った方が良いかと思います。

  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈

キャノピーウォークのシンボルマークになっているように、この森林にはトビトカゲが生息していて、タイミングが良ければ見ることが出来るようです。残念ながら筆者はトビトカゲを見ることはできませんでしたが、かわいいリスに出会うことが出来ました。

  • 写真:瀬奈

キャノピーウォークの途中にはQRコードが付いた立て札があり、スマートフォンなどをかざすと3Dで外国人にも分かりやすい説明が現れます。

  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈

いつも下から見上げている樹木を上から見下ろすことが出来たり、さらに高い樹木の中を歩いたり、新鮮な気持ちで森林浴を楽しめます。また、遠くの山々を望むこともできます。


熱帯植物豊富なガラスの温室群

  • 写真:瀬奈

次はキャノピーウォークからトローリーバスで移動して、ガラスの温室が数棟並んだエリアを訪れましょう。各温室ごとにテーマが分かれています。

世界にはタイよりもっと暑い国がある!多肉植物ゾーン

  • 写真:瀬奈

一番初めの温室は、タイよりさらに熱帯の国の植物のためのものです。

  • 写真:瀬奈

幾何学に近い形の多肉植物が多数展示されていて、まるでどこかの星にいるような気分になります。

  • 写真:瀬奈

温室の外には、作り物のような面白い形の実も!世界にはまだまだ知らない植物があるんだな、と実感させられます。

巨大な滝に負けない大きさの熱帯植物エリア

  • 写真:瀬奈

こちらの温室はチェンマイよりも湿度が高く保たれていて、巨大な滝の周りに植えられた熱帯植物も温室内とは思えない大きさに成長しています。

  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈

タイの植物の展示も豊富

  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈

タイといえばイメージする蘭や蓮の展示も豊富です。その他にも、タイで採れる野菜や薬草(ハーブ)の展示などもあります。


様々な角度で植物を楽しめるおすすめのスポット

  • 写真:瀬奈

シリキット王妃植物園は、シンプルなお花だけではなく、森林や観葉植物、多肉植物など、様々な角度から植物が楽しめる、植物好きな筆者にも大満足な植物園でした。チェンマイ観光の際にはぜひ訪れてみてほしいです。

シリキット王妃植物園
チェンマイ / 公園・動植物園
住所:ซอย หมู่ 1ซอย 9 Mae Raem, Amphoe Mae Rim, Chang Wat Chiang Mai 50180地図で見る
Web:http://www.qsbg.org/

チェンマイの旅行予約はこちら

チェンマイのパッケージツアーを探す

チェンマイのホテルを探す

チェンマイの航空券を探す

チェンマイの現地アクティビティを探す

チェンマイのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年3月6日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

5戒を破るとこうなる!チェンマイの地獄寺「ワット・メーゲットノーイ」がまさに地獄絵図、でもこの力作は僧侶からの強いメッセージだった

国民の9割以上が仏教徒であるタイ。実は寺院の数だけを比べると日本の方が圧倒的に多い(タイ:約3万、日本:約7万6千)のですが、信仰心の厚さや、あらゆる場所が観光...

【タイ】寝台列車で行く首都「バンコク」⇒古都「チェンマイ」への旅

東南アジアで人気の旅行先と言えば、微笑みの国と言われる「タイ」。特に首都のバンコクは、観光地化が進んでいるためかなり居心地がよく、何週間も居座ってしまう旅行者も...


【タイ】チェンマイの象の保護センターで象と一緒に水浴びをしよう!

タイの北部の街チェンマイには、人間に過酷な労働をさせられた象や孤児の象などを保護する象の保護センターが数カ所あります。その中でもチェンマイ市内から車で約一時間く...

【タイ】ラプンツェルの世界!タイのコムローイ祭りに参加しよう

世界最大のランタン祭り・コムローイ祭りをご存知ですか?映画『塔の上のラプンツェル』の1シーンのモデルとも言われるこのお祭りは、毎年11月にタイで開催されています...


【チェンマイ観光】オススメ度No.1!タイガーキングダムで大迫力の虎と2ショットを撮ろう!

タイガーキングダムは、本物の虎やライオンと触れ合いながら、写真が撮れるオススメ度No.1の穴場スポット。大迫力の虎との2ショットはインスタ映え間違いなし!チェン...

この記事を書いたトラベルライター

旅はまだまだ終われない☆東南アジア放浪中♪
タイに魅せられ、2015年より夫婦でチェンマイに移住。
チェンマイを拠点に、東南アジアを旅しています。
高級ホテル滞在からバックパッカーまで、幅広いスタイルの旅を楽しんでいます。
日本人にはあまり知られていないレアな情報をお伝えしていきます!

ちょっぴりワイルドなバックパッカー旅!秘境の村ラオス・バンビエン

ラオスの首都ビエンチャンからバスで4時間ほどの所にある秘境の村バンビエン。ここでは手つかずの大自然を生かしたアクティビティーが楽しめます。世界中からバックパッカ...

【タイ】チェンマイ郊外の絶景カフェ「プーフィン・ドイ」

チェンマイ郊外、ハーンドン地区にある「プーフィン・ドイ」をご紹介します。小高い丘の上にあり、遠くの町まで見渡すことが出来ます。お店の裏には廃材を利用した展望台も...


本格フレンチも味わえる!ラオス・ビエンチャンのおいしい洋食店4選

東南アジアの小さな国、ラオスの首都ビエンチャン。意外なことにたくさんの洋食店があるんです。特にフランス人が経営しているフレンチレストランでは、とてもリーズナブル...

温泉好き必見!チェンマイで源泉100%の温泉リゾート「シッパ・ホットスプリング」

チェンマイで有名な温泉地にある、Sippa Hotspring(シッパ・ホットスプリング)をご紹介します。公共のサンカムペーン温泉ほど広くはないですが、深い緑の...


【ラオス】クラウンプラザ・ビエンチャン☆サービス豊富なクラブフロアに宿泊

近年、旅行先として注目が高まっているラオス。まだまだ快適なホテルが少ないビエンチャンに大型外資系ホテル「クラウンプラザ・ビエンチャン」が誕生しました。サービス豊...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?