千葉
千葉観光
東京ディズニーリゾートで有名な海に囲まれた県

【千葉・流山市】上野から40分♪レトロかわいいローカル線「流鉄流山線」でめぐる半日旅

取材・写真・文:

千葉在住

2019年1月14日更新

389view

お気に入り

写真:にじねこMii

流山市を走る「流鉄流山線」は、都心から手軽にいける千葉のローカル鉄道。知名度はそんなに高くありませんが、ゴトゴトと走る愛らしい電車に乗ってプチ旅気分が味わえます。発着駅の流山駅周辺では、古きよき時代の面影を残したレトロな町並みをのんびりと散策するのがおすすめ。さくら号にあるかわいい仕掛けもぜひ見つけてみてくださいね♡

この記事の目次表示

「流鉄流山線」を楽しもう♪

「流鉄流山線」ってどんな鉄道?

  • 写真:にじねこMii流山線の起点となる馬橋駅はどこかノスタルジック

流鉄流山線(以下、流山線)は流山駅と松戸市の馬橋駅を結ぶ全長5.7kmのローカル線です。流山線は1916年の営業開始以来、100年以上にわたって沿線住民の足として親しまれてきました。この鉄道はもともと地元流山の人たちが出資しあって設立したものだったため、「町民鉄道」と呼ばれていたそうです。

起点となる馬橋駅はJR常磐線と接続しており、上野からはおよそ40分です。そして馬橋~流山間にある駅はたった6駅。最初から最後まで乗っても、なんと11分で着いちゃうんです!

  • 写真:にじねこMii6駅だけの小さなローカル線

首都圏では珍しい単線

流山線を走るのは2両編成のかわいらしい電車。駅は自動改札ではなく、SuicaやPASMOなども使えないので乗車券を買いましょう。目一杯沿線を満喫したい方には「流鉄流山線一日フリー乗車券(500円)」もおすすめ!

流山線は単線のため、途中の小金城趾駅にだけホームが2つあり、この駅で上りと下りの列車交換が行われます。入れ替えの瞬間を見るのも貴重でなかなか楽しいですよ♪

  • 写真:にじねこMii向こうから電車が向かってきたかと思うと
  • 写真:にじねこMii・・反対側のホームへ滑り込む

ベンチのレトロな座布団にほっこり♡

  • 写真:にじねこMiiひとつずつ模様が違うのが愛らしい@鰭ヶ崎駅

途中の駅のベンチにはかわいい手編みらしき座布団が置いてありました。上の写真は鰭ヶ崎駅で撮影したものですが、鰭ヶ崎駅以外の駅でも見かけることができる可能性もあるようです。寒い冬でもこんなうれしい心遣いに気持ちがあったかくなります。都心から近い場所にありながら、なんだかノスタルジックな旅気分に浸れちゃうんです。

幸せ祈願?!探すは「さくら号」のハートのつり輪!

  • 写真:にじねこMii

流山線の車両は各編成ごとにカラーが違い、それぞれに名前がついています。その中でぜひおすすめしたいのは、2018年8月にデビューしたさくら号。名前の通りキュートなピンク色の車体が女子心をくすぐります。そしてこのさくら号には実はちょっとした仕掛けが・・。それは各車両に一つずつあるという、ハート形のつり輪

あかぎ号若葉号なども運行している中、さくら号に出合えるかどうかは運次第!もしさくら号に運よく巡り合えたら、幸せ祈願にぜひハート形のつり輪を探してみては? 筆者ももちろん・・探し出しましたよ♡

  • 写真:にじねこMii一両にひとつだけ♡
流鉄流山線について詳しくはこちらのHP
流鉄流山線
千葉 / 乗り物
住所:千葉県流山市流山1丁目264地図で見る
電話:04-7158-0117
Web:http://ryutetsu.jp/

流山ってどんなところ?

流山線がある流山市は、千葉県北西部にあり、江戸川沿いに位置しています。実は流山は白みりんの醸造で栄えた街でした。江戸時代中頃までは関西で作られる色の濃いみりんが主流でしたが、流山で淡く澄んだ白みりんが開発され、秋元家による天晴(あっぱれ)みりんと堀切家による万上(まんじょう)みりんの2つのブランドが有名になりました。

現在はみりんは料理に使うものというイメージですが、江戸時代は甘い飲み物として、お酒の苦手な人や江戸の女性たちの間で人気だったんだそうです。みりん醸造は江戸川の水運を利用した江戸との行来によって、流山に大きな繁栄をもたらしました。

江戸川沿いにある流山本町地域は、歴史的な史跡や神社仏閣のほか、明治時代に建築された老舗や土蔵造りの家屋が残り、現在リノベーションによって当時の面影を残したギャラリーやカフェなどに生まれ変わっています。


流山のおすすめスポット

鰭ヶ崎(ひれがさき)駅周辺:Osteria Sära(オステリア・シャーラ)

  • 写真:にじねこMiiSäraの重厚感あふれる玄関
  • 写真:にじねこMii2階から見た吹き抜け

「Sära」は地元の方にとても人気のあるイタリアンレストランです。店内に入ると天井が吹き抜けになっており、解放感に包まれます。雰囲気もとっても高級感があって、一瞬どこかの迎賓館にでも来たのかと思ってしまうほど!ランチでも贅沢な気分が味わえるので、大切な人と特別な時間を過ごしたい方にもおすすめですよ♪

  • 写真:にじねこMiiビーフシチューにはパンもしくはライス、デザート、エスプレッソがついてきます(税込1,700円)
  • 写真:にじねこMiiデザートのケーキには栗のスライスが挟んでありました
オステリア・シャーラ
千葉 / 洋食・西洋料理
住所:千葉県流山市鰭ケ崎1579-5地図で見る
電話:04-7159-2418
Web:https://www.osteria-sara.com/

平和台駅周辺

赤城神社

  • 写真:にじねこMii

山頂に赤城神社が祀られた赤城山は、ちょうどお椀を伏せたような小山になっています。実はここは流山市の名前の由来になったといわれる場所なんです。その昔、上州(群馬)の赤城山が噴火し、その土塊がこの場所に流れ着いて海抜15mの赤城山になったんだとか。この赤城神社の本殿は市指定有形文化財に指定されており、10月には大祭が行われます。

また、赤城神社の鳥居にある大しめ縄は、毎年氏子や地元の方たちが協力して一日で造り上げるもので、重さはなんと約500kgもあるんだそうです。これほどの重さのものが鳥居に取り付けられているなんて驚きですね!

  • 写真:にじねこMii重さ500㎏の立派な大しめ縄
赤城神社
千葉 / 社寺・教会
住所:千葉県流山市流山6-649,赤城神社地図で見る

一茶双樹(いっさそうじゅ)記念館

  • 写真:にじねこMii

一茶双樹記念館は天晴みりんで財を成した秋元家の住まいだったところです。天晴みりんの開発者の一人といわれる秋元三左衛門は、双樹(そうじゅ)という名前で俳句をたしなみ、小林一茶とも深い親交があったため、それを記念して一茶双樹記念館が造られました。

一茶双樹記念館
千葉 / 博物館・美術館
住所:千葉県流山市流山6-670-1地図で見る
電話:04-7150-5750
Web:http://www.issasoju-leimei.com/issa/issa_index.htm...

次のページを読む

千葉の旅行予約はこちら

千葉のホテルを探す

千葉の航空券を探す

(成田空港)

千葉のパッケージツアーを探す

千葉の現地アクティビティを探す

千葉のレンタカーを探す

千葉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月9日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

水郷佐原おすすめ観光10選〜水郷の町であやめ咲く風景と小江戸情緒を味わおう

埼玉県の川越市、栃木県の栃木市と並んで関東三大小江戸と言われる佐原。町には小野川が流れ、川の上にはゆらゆらサッパ舟が浮かび、川沿いには江戸風情を感じる建物が軒を...

1位はパンダバウム!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2018年12月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介!2018年12月の1位はトリップノートライター阿佐子さ...


140円の鉄道旅・大回り乗車で楽しむ東京〜千葉・絶品の駅そば巡り

大回り乗車をご存じでしょうか。JR各社の大都市近郊区間内の特例として、運賃上正式な乗車ルートではない路線を利用し、遠回りして目的地に行く乗車方法のことです。この...

千葉に行きたくなる!感動の絶景スポット11選

ぐるりと海に囲まれ自然がいっぱいの千葉県には、海沿いの絶景や、なんだか気になる絶景スポットがたくさんあります。この記事では、SNSでも話題が沸騰している絶景スポ...


観光もグルメも絶景も網羅!千葉・日帰りドライブコースはこれで決まり!

日帰りで観光となるとやっぱりドライブ!となる人が多いのではないでしょうか。今回は、観光から絶景まで網羅した、千葉県の日帰りドライブコースを紹介します。千葉県の観...

この記事を書いたトラベルライター

元バックパッカー、今はママライター。たくさんの楽しいを見つけたい!
独身時代はニュージーランドでのワーキングホリデーを経て、ヨーロッパを半年間放浪していました。それでも飽き足らず、その後は住み込みの派遣の仕事をしながら国内を転々としましたが、現在は2児の母。

今はもっぱら子どもたちとの国内旅とスキマ時間にいく日帰り一人旅が多いです。

山やアウトドア、キャンプも好きだけど、最近は近場の街で穴場を発見するおもしろさにも目覚めた私。千葉・東京を中心に、意外と知られていないおすすめのスポットをみなさんにご紹介していきたいと思います♪

夢は子どもたちとのバックパッカー旅。世界はまだまだ出会ったことのないもので溢れてる!


【好きなもの、興味のあるもの】
🌸世界各国の料理
🌸日本各地のご当地グルメ
🌸江戸の庶民文化

ブログも日々更新中♪

記事の執筆依頼お受けします。
https://cmiyumiyu.hateblo.jp

チンチン電車でゆく!【東京】下町駄菓子屋もんじゃ「こどもの家きくや」と王子稲荷神社

東京の粉もんといえばもんじゃ焼きが有名ですよね。実は昭和40年代位まで、もんじゃ焼きは下町の子どもたちが駄菓子屋で食べていたおやつだったんです!そして都電荒川線...

【埼玉・飯能】3か月限定!おすすめは「チームラボ 森と湖の光の祭」×「メッツァビレッジ」でよくばりに楽しむ一日♪

埼玉にある、北欧をテーマにしたスポット「メッツァビレッジ」では、2018年12月1日から「チームラボ 森と湖の光の祭」が開催されています。実はこちら3か月間だけ...


【東京】アンテナショップは美味しいもの天国!ご当地グルメとローカルおすすめの地元愛されお菓子をみつけよう♪

東京都内には、全国各地の個性豊かなアンテナショップがたくさんあります。それぞれのお店には自慢の名産品や特産物が所狭しと並んでいて、どれを選べばいいのかついつい迷...

【山形】神々の地「出羽三山神社」から日本海に沈む夕日まで〜心も身体もキレイになれるオトナ女子のための癒しスポット5選

旅といえば、日常から離れて心と身体をリセットすることも目的のひとつですよね。今回は山形・庄内地方から、パワースポットとして知られる「出羽三山神社」を始め、ちょっ...


「矢切の渡し」に乗って東京・柴又散策~松戸・戸定邸見学を楽しもう!

気持ちのよい川風に吹かれながら、柴又~松戸へと渡る渡し舟の旅はいかがですか?東京・柴又から少し足を延ばすと「矢切の渡し」で千葉・松戸へ行くことができるんです。柴...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?