愛媛
愛媛
道後温泉・しまなみ街道が有名な、柑橘類の一大産地

【愛媛県】築城名手・藤堂高虎が手掛けた現存天守「宇和島城」の見どころ

2017年9月28日更新

358view

お気に入り

愛媛県宇和島市にある宇和島城は、数多くの城の築城に関わり築城名手とうたわれる藤堂高虎(とうどうたかとら)が手掛けた城として、また日本に12箇所だけ残る現存天守(江戸時代、またはそれ以前に建設され現在まで保存されている天守)としても貴重なお城です。標高74mの山頂に建つ天守からは宇和海が見え、山や海といった自然を取り入れた城であることがよく分かります。今回は、そんな宇和島城の見どころをご紹介します。

宇和島城ってどんな城?

宇和島城は、1596年から6年間かけて藤堂高虎(とうどうたかとら)によって築城されました。現在、城周辺は埋め立てられているので海から隔てられていますが、築城当時は城周りの約半分が海に面していました。

海と山、自然を効率的に使ったその外周は五角形の形をしており、一説には敵から逃走経路を見にくくするためにこのような縄張り設計をしたとも言われています。

  • 天守最上階からは西側に宇和島湾を一望できます

藤堂高虎の後、冨田氏、そして伊達政宗の息子である伊達秀宗が入城し、その後明治時代まで伊達家の居城となりました。

現在残る天守は1666年に再築された2代目で、石垣や櫓なども伊達家により修築されてはいますが、基本的な城構えは築城当時のものが踏襲され今に残っています。

築城名手 藤堂高虎とは?

1556年近江国に生まれた高虎。足軽として浅井氏に仕えたのを最初に、その後織田家、豊臣家、徳川家など次々と仕官先を変え、最終的には足軽から伊勢32万石の大名へと上りつめました。

  • 宇和島城ののち建築された今治城(天守は再建)と藤堂高虎像

築城技術にたけ、宇和島城をはじめ今治城、伊予大洲城の築城、また江戸城、伊賀上野城、大阪城の修復など、数々の城建築に携わっています。これだけ多くの築城に携わっていたことからも、権力者にその技術が認められていたことがよく分かります。


見どころ1:貴重な武家屋敷門を通って城内へ

宇和島城天守のある城山への登城口は南側と東側の二箇所です。それぞれの入口は多少離れてはいますが、いずれの登城口にも貴重な遺構である門が置かれていますので、行きと帰り違う登城口を使っていただきたいです。

南側 上り立ち門

  • 南側に位置する「上り立ち門」

城山南側に位置する「上り立ち門」は、天守同様江戸時代から現存しています。かつては、南側から天守まで7つの門が存在していたようですが、現在残っているのはこの上り立ち門のみ。

武家の正門とされる藥井門(やくいど)形式で、現存する藥井門では最大クラス。またそれだけでなく、創建時代が藤堂高虎時代まで遡るとも言われ、日本最古の藥井門の可能性がある貴重な門です。

東側 藩老桑折(はんろうこおり)氏武家屋敷門

  • 東北側の登り口にある「長屋門」

東側には、藩老桑折氏の屋敷地に残されていた門があります。昭和27年に譲渡され、現在の場所に移築されました。宇和島市内では、貴重な武家屋敷の建造物となっています。

見どころ2:多彩な植物が生い茂る城山

天守は、標高約74mの山頂にあります。登り口である「上り立ち門」、「武家屋敷門」いずれからも、天守までは約15分~20分ほど歩いて登らなければなりません。

  • 上り立ち門を入ると、すぐに草木に覆われた階段があります
  • 東側上り立ち門から天守へと続く道

城山には450種もの草木が生い茂り、石垣や階段が苔むした姿は自然と一体になった美しさを備えています。視界の開けない草木の中を歩いていると、まるで城を攻める武将気分。ただし、苔の生えた階段は非常に滑りやすくなっているため、足元には充分ご注意を!


見どころ3:約350年前の姿をとどめる現存天守

現在の天守は、築城当初のものではなく伊達家二代目宗利が3重3階に再建し、1671年に完成したものです。1860年と1960年(昭和35年)に改修を行っていますが、往時の姿をとどめており、日本に現存する12天守の一つに数えられ国の重要文化財にも指定されています。

天守内部は、角度が急な階段や木組みの柱など、現存天守ならではの当時の姿を間近で見ることができます。

見どころ4:藤堂高虎特有の高石垣

宇和島城は、高虎が初期に手掛けた城です。高虎の築城の特徴として、高い石垣が上げられますが、これは宇和島城から始まったもの。

石垣一つ一つの石は小さいですが、細かく積み上げられた様を目の前にすると、力強さと守りの固さを感じることができます。

宇和島城
愛媛 / 建造物 / 観光名所
住所:愛媛県宇和島市丸之内1
電話:0895-22-2832
Web:http://www.city.uwajima.ehime.jp/site/uwajima-jo/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月26日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

この記事を書いたトラベルライター

文武両道 目指してます
歴史が大好きで、史跡巡りを中心に日本国内旅しています。
100名城制覇、四国八十八箇所結願が目標。
ランニングも趣味なので、年に数回フルマラソンに出場。
旅行がてら全国のマラソン大会に出るラン旅もおすすめです。
欲しいのは、女子力より知力と体力。
http://ameblo.jp/fm59

日本で体験できない。アメリカ「ユニバーサル・オーランド・リゾート」のおすすめアトラクション8選

アメリカのフロリダ州オーランドにある「ユニーバーサル・オーランド・リゾート」には、「ユニバーサル・スタジオ・フロリダ」と「アイランズ・オブ・アドベンチャー」2つ...

願いを込めて大空へ!台湾・十分でランタンを飛ばそう!

台湾の台北郊外にある十分では、毎年元宵節(中国・台湾の祝日)に「平渓天燈節」が開催されています。このお祭りでは願いが書かれた1,000個以上のランタンが空に飛び...

札幌から一足伸ばして行ける!おすすめスポット3選

旅行先として、大人気の北海道札幌市。市街には多数の観光地やグルメスポットがあり、何度でも訪れたくなる街です。ですが、札幌市街から一足伸ばせば自然豊かなスポットが...

世界三大墳墓の一つ【大阪】仁徳天皇陵古墳の楽しみ方あれこれ教えます

エジプトのピラミッド、中国の始皇帝陵と並び世界三大墳墓の一つとされている場所が日本にあるってご存知ですか?それが大阪の堺市にある仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょ...

【リゾートしらかみ】に乗って行こう!青森・十二湖散策スポット9選

青森県にある「十二湖」は、33の湖沼とブナ林が点在するエリア。中でも真っ青に透き通る「青池」は絶景スポットとして人気です。そんな十二湖へは、2017年4月1日に...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?