ヨーロッパ

ヨーロッパ 幻想的で美しすぎる 観光におすすめの図書館5選

2017年12月15日更新

859view

お気に入り

みなさんは図書館と聞いて、どんなイメージを持ちますか?本を読むところ?調べ物をするところ?しかし、ヨーロッパにはそれだけにとどまらない存在意義を持った、図書館があるんです。今回はそんな美しすぎる幻想的なヨーロッパの図書館を5つご紹介します。

ヨーロッパの図書館を観光の目的地の1つに

日本では図書館というと、「本を読みに行く場所」「調べ物をしに行く場所」といったイメージが一般的です。しかしヨーロッパの図書館は、長い歴史を持つものや、建造物として価値が高いものが多く、観光地としても人気があります。

中には、現在は一般利用ができず、本の所蔵と観光が目的になっている図書館まで。今回はそんなヨーロッパの美しい図書館を5つ厳選してご紹介します。

【1】ストラホフ修道院図書館(チェコ プラハ)

こちらは、現在は一般利用はされておらず、本の所蔵と観光がメインの図書館です。「哲学の間」と「神学の間」の2つの部屋を見学することが可能です。

「哲学の間」は、天井まで伸びる本棚と天井のフレスコ画がマッチして荘厳な美しい雰囲気です。一方「神学の間」は、白を基調とした半円状の天井にバロック式の美しい装飾が施され、まるで異空間をのぞいているような幻想的な雰囲気。

雰囲気の違う2つの間があるこちらの図書館は一見の価値有り。入場料は、80kc(約400円)、写真を撮る場合は50kc(約250円)を受付で払い、フォトパーミッションをもらう必要があります。

ストラホフ修道院図書館
チェコ / 建造物
住所:Strahovské nádvoří 1/132, 118 00 Praha 1
Web:https://www.strahovskyklaster.cz/

【2】オーストリア国立図書館 (オーストリア ウィーン)

オーストリアの首都ウィーンの旧王宮敷地内にある図書館です。特に見所なのが、中央の丸天井に描かれた宮廷画家ダニエル・グランの華麗なフレスコ画。360度に渡って描かれた絵画と、壁一面の2階建ての重厚な本棚が調和した姿は圧巻の一言です。

こちらの図書館も現在一般へ本の貸し出しは行われておらず、見学には入場料が必要です。入場料は、7ユーロ(約940円)です。

オーストリア国立図書館
オーストリア / 建造物
住所:Josefsplatz 1 , 1010 Wien
Web:https://www.onb.ac.at/en/

【3】ストックホルム市立図書館 (スウェーデン ストックホルム)

360度本に包まれる吹き抜けの中央ホールはとっても素敵。本棚で周りを囲まれたその空間は、穏やかな光と木の温もりが調和して、温かくて居心地の良い雰囲気です。

こちらの図書館は、北欧モダンデザインの巨匠エリック・グンナール・アスプルンドが設計したもので、話題の北欧デザインが随所に散りばめられています。

公立の図書館なので、ストックホルム市民が仕事帰りや、学校帰りに立ち寄っている姿も。こんな素敵な場所で勉強したり、本を借りたり。ストックホルム市民を羨ましく思わずにはいられない、素敵な図書館です。

ストックホルム市立図書館
スウェーデン / その他スポット
住所:Odengatan 73, 113 50 Stockholm, Sweden
電話:+46 8 508 311 00
Web:https://biblioteket.stockholm.se/

【4】フィンランド国立図書館 (フィンランド ヘルシンキ)

こちらは大きな吹き抜けの広間を囲うようにして、柱の奥にそびえ立つ2階建ての本棚が印象的です。実際に、2階に登って本棚にある本を手に取ることもできます。

また中央のホールも吹き抜けになっており、螺旋階段を登って各階へアクセスできます。各階の窓際には小さな机とランプが置いてあり、そこでゆっくり本を読んだり、勉強したりと素敵な時間が過ごせそう。

こちらの図書館は外からの眺めも壮大。図書館とは思えない荘厳な作りで、建物を見学するだけでも十分に価値のある図書館といえるでしょう。

フィンランド国立図書館
フィンランド / その他スポット
住所:Unioninkatu 36, 00170 Helsinki,
Web:https://www.kansalliskirjasto.fi/

【5】大英図書館(イギリス ロンドン)

図書館としての蔵書や機能もさることながら、マグナカルタが見れたり、ビートルズ直筆の楽譜、レオナルド・ダヴィンチのノートなど貴重な資料が保存されていたりと見所も多いのがこの図書館の特徴です。

また数多くのロンドン市民がいたるところでmacbookや参考書を広げて勉強しており、そんな姿に刺激をもらえる図書館でもあります。中にはカフェやレストラン、ショップもあって、いつまでも居られる図書館になっています。

大英図書館
ロンドン / その他スポット
住所:96 Euston Rd, Kings Cross, London NW1 2DB
Web:https://www.bl.uk/

まとめ

ヨーロッパにある素敵な図書館を5つに絞ってご紹介しました。

それぞれの図書館が、本を借りたり、調べ物をするという機能以上の魅力があって、観光スポットとして楽しめます。ヨーロッパには他にもたくさんの素敵な図書館があります。皆さんも、この記事を参考にヨーロッパ観光に図書館へ行くという行程を加えてみてはいかがでしょうか?

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年11月9日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

1位は御船山楽園ホテル!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2018年9月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介。2018年9月の1位はトリップノートトラベラーTomm...

バルセロナのおすすめ観光スポット&体験したいコト12選

街のどこを切り取っても絵になり、アートに食にと、魅力的なスポットやアクティビティがいっぱいのバルセロナ。おすすめを挙げればキリがありませんが、初めて訪れるなら絶...


プーさんマニアの聖地・イギリスのハートフィールドってこんなトコ!

イギリス・ロンドンから電車で1時間ほど離れた場所に「ハートフィールド」という森があるのをご存知ですか? 実はこの森、プーさんマニアなら知らない人はいないプーさん...

ベルギーのおすすめ観光スポット16選&観光都市5選!

中世の面影を残す美しい建築や、ルーベンスを始めとした宗教絵画など、小さい国なのに見どころがいっぱいのベルギー。そんな魅力がぎゅっと詰まったベルギーの中でもおすす...


日本人の99%が一生行かないかもしれない国!?ベラルーシを徹底解剖!

皆さんは、ベラルーシという国をご存知ですか?世界で最後の共産主義国家といわれている、ロシア大好き!な国です。日本人には全くと言っていいほど知られていないのですが...

この記事を書いたトラベルライター

旅と日常の文筆家
「旅と日常の文筆家」

「南の島研究家」

として、フリーランスとしてライティング中心に仕事をしております。


経歴をザクッと書くと、
・中学校の先生→夫婦で世界一周→旅するフリーランス

となりました。


「ワクワクに素直に生きる」がモットーです

顔が南の島っぽいです。

ライティングのお仕事受け付けております。詳しいことは、ホームページからご確認くださいませ。
https://www.teriyaki44.com

【NY】ランチに絶対訪れたい!おすすめのお店5選

世界中から多くの観光客と多数のグルメが集まるNY。観光に訪れたはいいけど、選択肢が多すぎてどこのレストランでランチをすればいいかわからず困った経験がある方も多い...

バンコクから足を伸ばして行ける海 サメット島のおすすめビーチ3選

タイの観光地といえば、首都バンコク。世界中から多くの人が訪れる超人気旅スポットですね。そんなバンコクから一番手軽に行ける楽園、サメット島を皆さんはご存知ですか?...


【NY】あふれるパストラミ!カッツデリカテッセンの魅力と注文方法

日々美味しいものが産み出され、世界中から絶品グルメが集まるNY。そんな場所に1888年創業、今も人気が衰えない老舗があることをご存知でしょうか?その名も「カッツ...

【ドイツ・ミュンヘン】本場オクトーバーフェストの楽しみ方と準備を徹底解説

毎年9月下旬から10月初旬にかけて、ドイツのミュンヘンで開催されるビール祭り「オクトーバーフェスト」。今回は、オクトーバーフェストに参加してみたいけど、どんな準...


ヨガの聖地 インドのリシケシでヨガ体験する方法と町の魅力

日本のみならず、世界中で大ブームのヨガ。そんなヨガの聖地がインドにあるのを、みなさんご存知ですか?そこにはかつて、ビートルズやスティーブ・ジョブズなどもお忍びで...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?