ハワイ島
ハワイ島観光
豊かな自然に恵まれたハワイ諸島最大の島

【ハワイ島】神秘の谷底を散策!個人でも行けるワイピオ渓谷トレッキング

取材・写真・文:

アメリカ在住
訪問エリア:24ヶ国

2020年6月12日更新

57view

お気に入り

写真:KatieM

ハワイ島でも有数のパワースポットとされるワイピオ渓谷。谷底まで降りるには4WDのレンタカーを借りるかツアーを利用する必要がありますが、個人で下りるトレッキングもおすすめです。今回は、筆者が実際に経験したハイキングコースをご紹介します♪

この記事の目次表示

全体のコースを知っておこう

手付かずのまま残されているワイピオ渓谷、谷底は道も少なくトレッキングコースも非常にシンプルです。コースは、上の地図A展望台付近から出発し、

  • 北方面にあるビーチ(*地図B)
  • 谷底にある集落(*地図C)

と2つの目的地を目指す、2種類のみ。

3時間程度あれば、谷底のハイキングを充分楽しめます。

  • 写真:KatieM渓谷の中のタロイモ畑

集落の端に広がるタロ芋の畑は、山に囲まれた景観の良い場所として人気のスポット。ここが集落コースの折り返し地点です。あとは同じ道を引き返し、坂道を登って展望台まで戻ります。

レンタカーを使った行き方

  • 写真:KatieM展望台の駐車場の様子

まずはレンタカーを使いホノカアの町を抜け、国道240号線でワイピオ渓谷展望台(*地図A)の駐車場までアクセスします。展望台には専用駐車場がありますが、規模が小さいため満車であることが多いです。

  • 写真:KatieM道脇駐車の様子

もし満車だった場合は、国道240号線に沿って、展望台に近い順から道端に縦列駐車ができます。車を停めて、身支度を整えたら出発です!水や虫除け、ビーチタオルや日差し対策グッズなどを持参しておくと便利ですよ。

ワイピオ渓谷トレッキングのタイムライン

10:40am:展望台からスタート!

  • 写真:KatieM渓谷を見下ろせる展望台

車を停めた場所から国道に沿って渓谷の方向に歩くと、右手奥に展望スポットがあります。まずはここから眼下に広がるワイピオ渓谷の景色を満喫しましょう。

  • 写真:KatieM展望台から見えるワイピオ渓谷

絵葉書でもお馴染みの風景ですが、実際に眺めてみるとその美しさとスケールの大きさに圧倒されますよ。

ワイピオ渓谷展望台
ハワイ島 / 展望・景観
住所:48-5546 Waipio Valley Rd, Waimea, HI 96743地図で見る
電話:8089618311
Web:https://www.hawaiicounty.gov/home

10:50am:車道の脇を歩いて谷底までアクセス

展望台の景色を満喫したらいよいよトレッキング開始!トレッキングの途中はトイレがありません。念の為、展望台にあるトイレを使っておくと安心です。

  • 写真:KatieM

展望台を右手に車道を進むと、そのまま谷底へ降りることができます。この車道は傾斜25度の急な坂道で、4WDの車しか乗り入れができません。交通量はそこまでないため、車道でも安心して歩けますが、安全のためにも道路の右端を歩くようにしましょう。

  • 写真:KatieM徐々に近付いてくる谷底の様子

坂道は距離にして約260メートルほどの距離で、20分ほどで谷底に到達します。展望台から見た美しい渓谷のパノラマが徐々に近付いてくる様子はまさに圧巻!景色を楽しみながら、ゆっくりと降りましょう。

谷底に着いたら、道がふた手に分かれています。右側がビーチ(B)、そのまままっすぐ進むと谷底の集落(C)に続きます

11:20am:海岸まで森の中を抜けるトレイルへ

  • 写真:KatieM谷底の様子

まずはこの道を右折し、渓谷の中を流れるワイピオ川に沿って「ワイピオ・ブラックサンドビーチ(Waipio Black Sand Beach)」に向かいましょう。

  • 写真:KatieM海岸に続くトレイル

谷底の道はどこも、舗装がされておらず足場が悪いため慣れないうちは注意して歩く必要があります。途中に「ヘイアウ」と呼ばれるハワイアンが敬う神聖なスポットも見かけることができます。

  • 写真:KatieMヘイアウと呼ばれる神聖なスポット

ここは森の中を進む道のりで、森林浴にも最適。まさに、渓谷の中の大自然を楽しむコースとしておすすめです。坂道の終わり地点から海岸までの道のりは約10分程度です。

11:30am:海岸到着

  • 写真:KatieM最終地点にあるワイピオ・ブラックサンドビーチ

森を抜ける道の最終地点が、ワイピオ・ブラックサンドビーチ!険しい崖の間に挟まれるように存在するビーチは、観光客にもローカルにも人気のスポットです。

  • 写真:KatieMビーチの様子

両サイドにそびえる急斜面の崖と、黒い砂で覆われたビーチは、ハワイ島ならではの魅力に満ちています。

  • 写真:KatieM波打ち際の様子

ビーチでは泳いだり、波打ち際を散策したり、軽食を取ったりと、思い思いの時間を過ごしましょう。

ワイピオ・ブラックサンドビーチ
ハワイ島 / ビーチ
住所:Island of, Waipio Valley Rd, Honokaa, HI 96727地図で見る

次のページを読む

ハワイ島の旅行予約はこちら

ハワイ島のパッケージツアーを探す

ハワイ島のホテルを探す

ハワイ島の航空券を探す

ハワイ島の現地アクティビティを探す

ハワイ島のWi-Fiレンタルを探す

ハワイ島のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年6月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ハワイ島】神秘の砂浜ブラックサンドとグリーンサンドビーチで遊ぼう!!

ハワイ島の噴火によってできた「ブラックサンドビーチ」と「グリーンサンドビーチ」の紹介です。溶岩からできた黒い砂浜と宝石の一種ペリドットからできた緑色の砂浜、ビー...


ハワイ島の自然美を感じる三大滝を巡ろう!!

ハワイ島の渓谷や滝を満喫するなら絶対に押さえておきたい、ヒイラヴェ滝とアカカ滝、レインボー滝のご紹介です。大自然がおりなす雄大な景色に心が洗われること間違いなし...

ハワイで人気の観光・グルメスポットTOP45!旅行好きが行っている観光地ランキング

ワイキキビーチやウルフギャング・ステーキハウスなどをはじめとするハワイの観光・グルメスポットの中で、トリップノートの4万7千人の旅好きトラベラー会員(2019年...

島まるごとパワースポット!ハワイ島のおすすめ観光スポット&グルメ

ハワイ島はハワイ諸島の中で一番大きな島で、別名「ビッグアイランド」とも呼ばれています。また、地球上でもっともエネルギーの強いスピリチュアルな場所のひとつと言われ...

緑の宝石が敷き詰められたハワイ島の秘境・グリーンサンドビーチで遊ぶ!!

ハワイ州で一番大きな島のハワイ島には、グリーンサンドビーチと呼ばれる緑の砂浜があります。観光バスでは行くことができない、自然がつくり出した美しい秘境。緑色に輝く...

この記事を書いたトラベルライター

旅好きウェブライター
大学留学をきっかけに渡米してはや20+年。州立大学を卒業後ニューヨークで就職。長年に渡るニューヨーク生活を経て現在はサンフランシスコ市内に在住。とにかく旅行が大好き!旅先では主に、カフェ・絶景スポット・世界遺産巡りを楽しんでいます☆
http://sfbliss.com

ハワイ島ならではのお土産が見つかる!こだわりが光るお店8選☆

ハワイ諸島の中でも最も面積が広く、大自然が魅力のハワイ島。ゆったりと何もしない優雅な時間を楽しんだ後は、Made in the Big Islandのこだわりが...


【最新&保存版】メキシコシティおすすめ観光名所9選

1990年代よりはるかに治安が改善し、公共交通機関も発達したメキシコシティ。地下鉄やメトロバスを使うことで簡単に市内の観光が可能です。今回の記事では、メキシコシ...


【テオティワカン遺跡への行き方】メキシコシティからバスで行く半日観光モデルコース

メキシコシティから僅か50kmの距離にあり、日帰り観光に最適なのがテオティワカン遺跡。事前にツアーなどを予約しなくても、北バスターミナルから出るバスを利用すれば...

【ハワイ島】コナコーストをの〜んびり巡る♪おすすめコーヒー園6選

コーヒーが好きな方なら一度は聞いたことのある「コナコーヒー」世界の生産量をみると僅か1%以下という希少価値の高いコーヒーで、少ない酸味と甘い香りが特徴です。ハワ...

【ハワイ島】コナコースト周辺のおすすめレストラン&カフェ10選

大自然を満喫できるハワイ島旅行。アクティビティーはもちろん、ハワイ島ならではのごはんも楽しみのひとつ。今回はコナコースト付近に滞在する際に役立つ、ローカルにも人...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?