姫路市

【兵庫県姫路市】安富町の「かかしの里」は人とかかしがいっしょに暮らす村

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:45都道府県

2021年3月2日更新

19,797view

お気に入り

写真:こごみ

四方を山に囲まれた静かな集落に、「奥播磨かかしの里」はあります。村人と見間違ってしまうくらい、かかしが山郷の風景と一体化しており、気持ちよくのんびりとしたとても美しい場所。自然に溢れた静かな村の人たちと、かかしさんたちの暮らしの中にお邪魔します。

この記事の目次表示

姫路の奥の山深く「かかしの里」はあります

  • 写真:こごみ

姫路市街は新幹線の停車駅でもある大都会。大通りをまっすぐに行くとあの有名な姫路城もありますね。そこから、車で一時間近く走った所に「かかしの里」の住所安富町関地区の集落はあります。

まわりはすべて山、山、山。季節も春を迎え吸い込まれるような緑に囲まれます。これ以上の森林浴はないくらい。標高915mの雪彦山の麓にあり、県道もここで終点というこの集落は住民が十数人という過疎の村。

町おこしとして「ふるさとかかし」を制作されたのは、岡上正人氏。「日本の原風景とかかしたちによって心を癒してもらいたい」という思いが込められています。町おこしといえどもここは観光地ではなく、すごい観光施設があるわけではないので、みなさんが普通に暮らしている所。見学させていただくという気持ちを忘れないようにしなければいけません。

本物の人間と見間違える、等身大のかかし達

  • 写真:こごみ

県道に突然現れるかかしさん。このように関地区が近づくにつれ、県道にちらほらとかかしさんたちの姿が現れはじめます。等身大なので、一見「人?」と思っても無理ない感じです。

  • 写真:こごみ

ふと振り向くと、じいちゃんと孫が虫とり?魚とり?

  • 写真:こごみ

消防団の方々がお仕事中。

  • 写真:こごみ

バスを待つばあちゃんたち。こちらはかかしさん専用のバス停ですが、以前本物のバス停にもいらしたそうで、「まぎらわしい」とバス会社に撤去を言い渡されたのだそうです。このクオリティですもの、無理ないかもしれませんね。

  • 写真:こごみ

この後姿に、声をかけてしまった人がいっぱいいるそうです。

  • 写真:こごみ

会話が聞こえてきそうです。

  • 写真:こごみ

畑仕事をいったん休憩。腰を伸ばして「あー、疲れたあ」。

  • 写真:こごみ

じいちゃんは日陰でお昼寝。ほんと気持ちよさそう!

  • 写真:こごみ

かかしの里には里親制度というものが存在します。他の地域の人がかかしの里親となり、かかしを預かり、店舗や施設で一般公開する制度だそうです。関西を中心に、あっちこっちでかかしさんたち活躍中なのです。

かかしの里で最も人気があるのは「かかしの教室」

  • 写真:こごみ

かかしの里にあるかかし達の人気度をはかる「人気かかしランキング」で、堂々のトップを誇るのが「かかしの教室」のかかし達。かかしの里にある展示の一つですが、あいにくこの日は担当の方が不在だったため窓が開けられておらず、ガラス越しに見るだけでした。

  • 写真:こごみ

筆者が訪れたは日は参観日だったようです。にもかかわらず後ろを向いてしゃべっている子も。あまりにも生き生きした教室の中は、見ている誰もがおもわずほほえんでしまいます。

特別イベントはひなまつり

  • 写真:こごみ

かかしの里では、ひなまつりのシーズン特別イベントが開催されます(2020年は4月5日までの開催)。建物の中に等身大のおひなさまとそれを祝う村のかかしたちのお祝い風景は圧巻です。

  • 写真:こごみ

おひなさまのお祝いをバックに、ばあちゃんたちが談笑中。

  • 写真:こごみ

子供たちもみんなで集まって楽しそうです。

現在この村に住むかかしさんたちは130名いらっしゃるそうですが、この他に、ひな祭りなどのイベント用のかかしさんは85名で、ふだんは倉庫に入っているとか。さらに、この他に里親かかしさんが169名ということで、出張されている人数がかなり多いのですね。

ひたすら美しい山と緑と水と空気

  • 写真:こごみ

かかしさんたちに教わったのは昔どこにでも存在した美しい里山と、緑と水に囲まれた圧倒的に美しい日本の風景。そしてかかしさんたちの姿もどこにでもいる普通の人たち。かかしの里を訪れた後には、この里山が、ただの山でなくなってしまわないようにという思いが芽生えるかもしれません。

奥播磨かかしの里
姫路市 / 町・ストリート / ドライブスポット / 穴場観光スポット / ツーリング
住所:兵庫県姫路市安富町関地区 集落一帯地図で見る
Web:http://www.furusato-kakashi.net/

姫路市の旅行予約はこちら


この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2024】関西の人気観光スポットTOP51!旅行好きが行っている観光地ランキング

京都の清水寺や金閣寺、大阪のUSJなどをはじめとする関西の観光スポットを、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在)が実際に...


【関西】カップル旅行で行きたいおすすめデートスポット44選!

ずらっと並ぶ鳥居が神秘的な伏見稲荷大社に、2人で思いっきり楽しめるUSJ、風情あるお出かけが楽しめる嵐山の渡月橋や竹林の道など、カップル旅行で行きたい関西のおす...

兵庫デートに!カップルにおすすめのデートスポット33選

六甲ガーデンテラスや摩耶山 掬星台などの夜景スポットや、2人で散策するだけでも楽しい北野異人館街、サファリパークに遊園地も併設する姫路セントラルパークなど、カッ...

姫路&神戸1日観光モデルコース「姫路城&神戸北野異人館」を巡る!グルメも♡

姫路と神戸の人気観光スポット「世界遺産・姫路城」と「神戸北野異人館」。効率よく周れば、1日で充分2つのスポットを満喫できます!ランチには、神戸名物ビフカツ(牛カ...

日帰り旅行に!関西のおすすめ観光スポット・エリア33選

奈良公園に北野異人館街、神戸ハーバーランドなどの大人気スポットから、みたらい渓谷に白崎海洋公園、滋賀農業公園ブルーメの丘などの穴場スポットまで、日帰りでの旅行・...

この記事を書いたトラベルライター

旅と本と野球があればしあわせな毎日
興味深いものや謎に満ちたものはいろんな所に存在しています。おいしいものも食べたことないものもまだまだいっぱいある!何気ないものが思いがけない歴史を持っていたり、知らなかったことに驚いたりした時、地球って深いなあと実感する、そんな瞬間を味わいたくてあちこちうろつく日々です。
https://kogomitabi.hatenablog.com/

【岡山】映画『八つ墓村』のロケ地「満奇洞」と「笹畝坑道」めぐりはちょっと怖い

岡山には横溝正史の映画の舞台となった場所がたくさんあります。中でも有名なのが映画『八つ墓村』の洞窟「満奇洞」です。事件のお屋敷になった歴史的価値のある旧家も残さ...


【奈良】定番とはちょっと違う奈良みやげ9選

奈良のおみやげの定番といえば、奈良漬け、柿の葉寿司、三笠など色々と浮かびますが、今回はちょっと定番からはずれた奈良みやげを選んでご紹介。奈良公園周辺で買えるとい...


【和歌山県】みなべ町の道の駅は梅好きにはたまらないスポット!おすすめ梅みやげも

和歌山県のみなべといえば、「梅」の産地です。みなべの梅干しは全国で販売されている梅ブランド。でもみなべの梅製品は梅干しだけではないのです。お菓子、ドリンク、ジャ...

【神戸市】横尾忠則現代美術館は摩訶不思議なアート空間!カフェも楽しい

世界的にも有名な画家「横尾忠則(よこおただのり)」氏の美術館は、神戸市灘区にあります。通りを隔てて動物園と文学館が並ぶ静かな場所にありますが、外の穏やかさとは裏...

【岐阜県】下呂温泉のおいしくて癒されるおみやげ7選

日本三大名泉と言われている温泉の一つ岐阜県「下呂温泉」。お湯を楽しみおいしい食事をいただける温泉街ですが、もう一つの楽しみはおみやげ選びです。温泉の街ならではの...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります