世界自然遺産の「知床」で自然の魅力を満喫しよう!

479

view
   2017年8月28日更新

2005年7月に世界自然遺産に登録された、北海道「知床半島」。約60kmの半島は1,500m級の山々が連なる「知床連山」が中央に伸び、周りはオホーツク海と太平洋に囲まれた、厳しい自然環境にある為、今なお豊かな自然に満ち溢れ、また独自の生態系も維持されています。そんな「知床半島」はまさに「大自然」の一言がぴったり!一度訪れたら魅了される事間違いなしです!今回はそんな「知床半島」の魅力をご紹介します。

「知床」の風景を楽しむ

知床峠

  • 羅臼岳

知床半島を横断する唯一の峠です。知床横断道路が整備されており、標高738mの地点にはパーキングも設けられています。パーキングの展望所からは知床連山最高峰の羅臼岳が間近に見える他、知床半島の樹海も一望できる、まさに絶景オススメスポットです。

知床横断道路は、冬季通行止めとなるため初夏から秋口までの僅かな期間のみ通行可能です。

  • 知床峠
  • 知床峠より望む羅臼岳
知床峠

北海道 / 自然・景勝地

 

住所:北海道目梨郡羅臼町

電話:0152-22-2125(知床斜里町観光協会)

Web:http://www.shiretoko.asia/shiretoko_touge.html

知床連山

  • 知床連山

最高峰羅臼岳(日本百名山)を筆頭に、1,500m超えの山々が連なる知床連山。羅臼町と斜里町を分断するように半島の中央を貫き、今も手付かずの自然がそのまま残るまさに大自然エリアです。その雄姿は知床のあらゆる角度から眺める事ができます。

  • 羅臼岳
  • 知床連山
知床連山

北海道 / 自然・景勝地

 

住所:北海道斜里郡斜里町など

羅臼岳

北海道 / 自然・景勝地

 

住所:北海道目梨郡羅臼町

電話:(0153)87-2828(知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター)

Web:http://rausu-vc.jp/mt_rausu/

知床五湖

  • 知床五湖

知床観光では外せない観光スポットです。文字通り湿地帯に5つの湖沼が鑑賞できます。一湖までは高架木道が整備されており、自由散策が楽しめます。五湖を回る遊歩道も整備されていますが、ヒグマが頻繁に出没する5月上旬から7月下旬の「ヒグマ活動期」には、手続きやレクチャーの受講、引率ガイドの同行が必要となります。五湖からは知床連山が一望でき、その眺望はまさに息を吞む美しさです。

  • 知床五湖
  • 知床五湖(高架木道)
知床五湖

北海道 / 自然・景勝地 / 観光名所

 

住所:北海道斜里町

Web:http://www.goko.go.jp/

「知床」の滝を眺める

オシンコシンの滝

  • オシンコシンの滝

オホーツク海側の国道に面しており、知床観光の立ち寄りスポットとして人気の滝です。落差50m幅30mの滝は白い簾のように岩肌を流れ落ちており、周りの木々の緑と空の青さとのコントラストが素敵です。「日本の滝百選」にも選ばれています。

  • オシンコシンの滝
  • オシンコシンの滝
オシンコシンの滝

北海道 / 自然・景勝地

 

住所:北海道斜里郡斜里町ウトロ西

電話:0152-22-2125(知床斜里町観光協会)

Web:http://www.shiretoko.asia/oshinkoshin.html

カムイワッカ湯の滝

  • カムイワッカ湯の滝

温泉が川に流れ込み、お湯が岩肌を流れる落ちる文字通り「湯の滝」です。温泉が流れている天然の滝は国内でも非常に珍しく、知床を代表する観光地。マイカーの通行規制などもありますので、出向く際には事前に情報を調べておくと良いでしょう。

  • カムイワッカ湯の滝
カムイワッカ湯の滝

北海道 / 温泉

 

住所:北海道斜里郡斜里町ウトロ

電話:0152-22-2125(知床斜里町観光協会)

Web:http://www.shiretoko.asia/kamuiwakka.html

フレぺの滝

  • フレペの滝

知床自然センターから遊歩道を20分程、木々の間を抜け草原地帯を歩いていくと、垂直に切り立った約100mの断崖からオホーツク海に流れ落ちるフレペの滝に到着します。途中の草原地帯では、エゾジカの群れがよく目撃されます。

  • フレペの滝
  • フレペの滝展望所より望むオホーツク海
フレペの滝

北海道 / 自然・景勝地

 

住所:北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩宇別

電話:0152-22-2125(知床斜里町観光協会)

Web:http://www.shiretoko.asia/furepe.html

他にもクルーズ船からのみ鑑賞できる滝など、知床では多くの滝を眺める事ができます。

「知床」の自然を学ぶ

知床に生息する生き物たち

  • エゾジカ

世界自然遺産に認定された大きな理由として、知床ならではの生態系が上げられます。その生態系の頂点に位置するのは、やはり体の大きなヒグマでしょう。知床ではヒグマやエゾジカ、キタキツネなどの地上生物を始め、多くの野鳥や海の生物など、身近に様々な生き物達を感じる事ができます。

いろいろ学べる情報センター

知床半島内には「羅臼ビジターセンター」、「知床自然センター」、「知床世界遺産センター」など様々な情報センターが点在しており、知床の観光情報、知床の四季の紹介、ヒグマやエゾジカなど知床に生息するの生き物たちについても学ぶ事ができます。食事やお土産品の販売をしている施設もあるので有効に利用しましょう。

住所:北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町6-27

電話:0153-87-2828

Web:http://rausu-vc.jp/

知床自然センター

北海道 / 観光サービス

 

住所:北海道斜里郡 斜里町遠音別村岩宇別531

電話:0152-24-2114

Web:http://center.shiretoko.or.jp/

知床世界遺産センター

北海道 / 博物館・美術館

 

住所:北海道斜里郡斜里町ウトロ西186-10

電話:0152-24-3255

Web:http://shiretoko-whc.jp/whc/

「知床」の温泉に浸かる

岩尾別温泉

  • 岩尾別温泉

知床五胡とウトロを結ぶ道から山側に脇道を入った所にある、緑に囲まれた露天風呂です。本来は無色透明のお湯ですが、日によっては美しいエメラルドグリーンに見える事も。木々に囲まれた野趣満天の露天風呂では、森林浴を楽しみながら入浴ができます。

  • 岩尾別温泉
  • 岩尾別温泉
岩尾別温泉

北海道 / 町・ストリート

 

住所:北海道斜里郡斜里町遠音別村岩尾別

熊の湯温泉

  • 熊の湯温泉

羅臼の町中から知床峠へと向かう、知床横断道路沿いの山中にある露天風呂です。乳白色のお湯は硫黄の香りが漂い、秘湯気分を演出してくれます。川のせせらぎを聴きながら入れる自然溢れる露天風呂です。

  • 熊の湯温泉
熊の湯温泉

北海道 / 温泉

 

住所:北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町

電話:0153-87-2126

Web:http://www.rausu-shiretoko.com/sightseeing/sightse...

セセキ温泉

  • セセキ温泉

岩礁から湧き出る温泉は満潮時には海に沈んでしまう、まさに野趣満天の波打ち際の露天風呂です。脱衣所も無い混浴の露天風呂ですが、水着着用はOKでした。夏の干潮時のみ入浴でき、青い空と海とのロケーション抜群の海辺の温泉です。

  • セセキ温泉
セセキ温泉

北海道 / 温泉

 

住所:北海道目梨郡 羅臼町瀬石

電話:0153-89-2654(夏季以外は 0153-88-2384)

Web:http://www.seseki-onsen.com/

相泊温泉

  • 相泊温泉

道道87号線を行き止まりまで北上した地点にある、日本最東端の温泉です。湯船の底の砂利の中からブクブク湧いてくるお湯が体を芯から温めてくれます。夏季期間はベニヤ板とブルーシートで男女別に区切られており、女性にはセセキ温泉よりは利用しやすいでしょう。

  • 相泊温泉
  • 相泊温泉
相泊温泉

北海道 / 温泉

 

住所:北海道目梨郡 羅臼町相泊

電話:0153-87-2126

Web:https://www.facebook.com/aidomarionsen/

まとめ

知床はまさに手付かずの自然が残り、独自の生態系を感じれる日本屈指のエリアです。その風景・眺望は心を癒してくれる事でしょう。是非一度知床の自然を感じに足を運んでみてはいかがでしょうか!野趣溢れる温泉(露天風呂)や、おいしい海の幸も知床を訪れた時の楽しみです!

  • うに・いくら丼

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2014年7月9日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
自由きままな国内旅行

みなさまこんにちは!休日の時間を利用して日本国内を旅行しています。ここでは実際に行って感じた魅力を中心にメジャーな観光地から、実際に足を運んで得たローカルな情報などを発信していきますので、ぜひ国内旅行をされる際の参考にしていただければ幸いです。

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!