北海道
北海道観光
雄大な景色と豊かな海産物が人気の日本最北の島

北海道・子供と行きたい観光スポット47選!子連れ旅行におすすめ

取材・写真・文:

234,288view

お気に入り

出典:tripnote.jp

子連れに優しいリゾート施設・シャトレーゼ ガトーキングダムや、子どもが喜ぶ体験が目白押しのサッポロさとらんどなど、北海道への子連れ旅行におすすめの、子供を連れて行きたい観光スポットをご紹介します。

この記事の目次表示

1.シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ(札幌市)

札幌駅から無料シャトルバスで40分のシャトレーゼガトーキングダム。お菓子メーカーとして有名なシャトレーゼが運営しており、とにかく全てが巨大で、隅々まで子連れに優しいリゾート施設です。

館内にある巨大なプール「水の楽園」は全天候型温水プールで、水深15cmの幼児プール(ケーキの形のすべり台や、ボールプールもあり!)から、全長120mのスライダー(別料金)、大人がリラックスできるジャグジーまで、家族みんなが満足できる空間となっています。

  • 出典:www.flickr.comPhoto by MIKI Yoshihito CC BY-ND 2.0 from flickr

プールの後は、よく温まる強塩泉を湛える温泉でゆっくりするのがおすすめ。また巨大なヤシの木のオブジェが印象的なビュッフェレストラン「ヴィーニュ」では、シャトレーゼの美味しい食事とスイーツを心ゆくまで堪能できます!

シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ
札幌 / レジャー / 日帰り温泉 / プール / 遊び場
住所:札幌市北区東茨戸132番地地図で見る
電話:011-773-3311(プール&温泉直通)
Web:http://www.gateauxkingdom.com/

2.サッポロさとらんど(札幌市)

季節野菜の収穫や、バターやソーセージなどの手作り体験、馬車や引き馬にふれあい牧場など、子どもが喜ぶアクティビティが多数用意されているレジャー施設。

ふれあい牧場にはヤギ、羊、ポニー、牛、うさぎなどがおり、夏期営業期間中(4月28日~11月3日)はヤギと羊にえさをあげることができます。1袋100円でえさが用意されているので、ぜひお子さんと一緒に体験してみてくださいね。

サッポロさとらんど
札幌 / 体験・アクティビティ / 遊び場 / ラベンダー
住所:北海道札幌市東区丘珠町584-2地図で見る
電話:011-787-0223
Web:http://www.satoland.com/

3.白い恋人パーク(札幌市)

北海道を代表する銘菓「白い恋人」でお馴染みの石屋製菓が運営する施設。白い恋人をはじめとしたチョコレート菓子の製造工程を見学できるスポットです。2019年7月には、館内を全面リニューアル!「チョコレートの世界」を体験できるエンタメ施設がオープンするなど、白い恋人に限らず、様々なスイーツの魅力を楽しめます。

子連れにおすすめは、「ガリバータウン・ポッケ」(有料)。子どものための街という設定で、小さなお店やおうちが立ち並ぶエリアです。ドレスなどの衣装に着替えて写真を撮ったり、お店やさんごっこをして遊んだり、乗り物に乗ったりと、素敵な思い出が作れます。

白い恋人パーク
札幌 / テーマパーク / 体験・アクティビティ
住所:北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36地図で見る
電話:011-666-1481(白い恋人パーク総合案内)
Web:http://www.shiroikoibitopark.jp/

4.北海道開拓の村(札幌市)

「北海道開拓の村」は、明治から昭和初期にかけて建てられた道内の歴史的建造物を、移築・復元して展示している野外博物館です。52棟ある建造物は、市街地群・漁村群・農村群・山村群と4つのエリアに分けて展示されており、街並みや内装にいたる細部までを再現しています。

建物は外観だけでなく内部の見学も可能で、資料なども展示されています。体験学習棟では「でんでん太鼓」「ふくろう笛」など伝統遊具づくりのワークショップが開かれているほか、こどもの広場では竹馬など昔ながらの遊びもできるようになっているので、子連れにもおすすめしたい施設です。

なお敷地が広いため、ビジターセンターといくつかの建物群の間は鉄道馬車が行き来しています(冬季は土日祝のみ・馬そりでの運行)。

北海道開拓の村
札幌 / 博物館 / デート / 穴場観光スポット / 遊び場 / 観光名所 / 歴史博物館
住所:北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50-1地図で見る
電話:011-898-2692
Web:http://www.kaitaku.or.jp/

5.札幌芸術の森(札幌市)

自然の中に点在するアートを遊びながら楽しめるスポット。野外美術館では、実際に彫刻に触れたり写真を撮ったりでき、小さなお子さんの美術館デビューにもぴったりです。お弁当を持って森の中でピクニックをすることもできますよ!

また絵本『おおきなかぶ』の挿絵などで知られる佐藤忠良氏のアトリエでは、粘土で彫刻を作ったりお絵描きをしたりと気軽にアートに親しむことも。なお館内にあるビュッフェレストラン「ごちそうキッチン 畑のはる」には、キッズスペースがあります。親が食事をしている間、遊ばせておけるので便利ですよ。

札幌芸術の森
札幌 / 美術館 / 公園 / 紅葉 / 穴場観光スポット / 遊び場
住所:北海道札幌市南区芸術の森2-75地図で見る
電話:011-592-5111
Web:http://www.artpark.or.jp/

6.ノースサファリサッポロ(札幌市)

「日本一怖い動物園」「危険すぎるサファリパーク」としても名を馳せる、体験型の動物テーマパーク。動物との触れ合いもたくさんありますが、トラや全長2メートルもある肉食オオトカゲへのエサやりなど、ドキドキするアクティビティが用意されているのがポイントです。

またウサギやモルモット、プレーリードッグなどの小動物も飼育されているので、大人も子供も一緒に楽しめますよ。

ノースサファリサッポロ
札幌 / 動物園 / デート / 遊び場
住所:北海道札幌市南区豊滝469-1地図で見る
電話:080-1869-6443
Web:http://www.north-safari.com/ver2/index.html

7.大通公園(札幌市)

札幌のど真ん中に位置する、約1.5kmにわたる公園。さっぽろ雪まつりの会場としてもよく知られており、その他季節ごとに様々なイベントが開催されます。のんびり散歩をしたり、ランチしたり、札幌市民の憩いの場であり、まさに都会のオアシス。

西9丁目には、子ども向けの遊具広場もあり、ブランコやコンビネーション遊具のほか、クジラの尾をイメージしたジャンボすべり台「プレイスロープ」が設置されています。また6月~9月には、プレイスロープの隣に遊水路がオープン。楽しく水遊びができますよ!

大通公園
札幌 / 公園 / 観光名所 / 紅葉 / 花畑(5月) / 花畑(6月)
住所:北海道札幌市大通西地図で見る
電話:011-251-0438(大通公園管理事務所)
Web:http://www.sapporo-park.or.jp/odori/

8.札幌市円山動物園(札幌市)

昭和26年(1951年)に開園した、北海道で最も古い動物園です。もともと東京の上野動物園から移動動物園を招いたのが始まりでした。円山動物園といえば見逃せないのはホッキョクグマ。オスの”デナリ”とメスの”ララ”の間には、2000年以降8頭もの子どもが生まれており、その愛らしさが人気を集めています。

また園内の「こども動物園」では、リスザルへのエサやりやモルモットとのふれあいなど、動物を身近に感じられるドキドキ体験も!

札幌市円山動物園
札幌 / デート / 動物園 / 遊び場 / 観光名所
住所:北海道札幌市中央区宮ケ丘3-1地図で見る
電話:011-621-1426
Web:http://www.city.sapporo.jp/zoo/

9.モエレ沼公園(札幌市)

モエレ沼公園は、札幌市街地を公園や緑で囲もうという「環状グリーンベルト構想」における拠点公園として1982年着工、2005年にオープンしました。その構想通り、189haという広大な敷地には、緑の中に噴水やアート作品が設置され、市民の憩いの場にもなっています。公園の基本設計は世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチ氏が手がけました。

  • 出典:tripnote.jp公園のシンボルの一つ、標高62メートルの「モエレ山」

子どもと是非行きたいのは、夏季にオープンする「モエレビーチ」。子どもたちの水遊び場として大人気のエリアです。水深は浅いので安心して水遊びを楽しめますよ。また約1,900本のサクラが植樹されている「サクラの森」には、イサム・ノグチ氏がデザインしたカラフルな遊具が126基もあり、想像力を働かせながら遊べます。

モエレ沼公園
札幌 / デート / 絶景 / 穴場観光スポット / 遊び場 / インスタ映え
住所:北海道札幌市東区モエレ沼公園1−1地図で見る
電話:011-790-1231
Web:http://moerenumapark.jp/

10.国営滝野すずらん丘陵公園(札幌市)

400haもの広大な敷地を有する道内唯一の国営公園。四季を通してそれぞれ違った楽しみ方ができ、特に春から初夏にかけて丘陵を埋め尽くすチューリップや夏のラベンダーは圧巻です。

その中でも子連れに人気は「こどもの谷」。生き物の巣と大地をテーマにした遊具エリアで、直径120センチの赤いビックリボールを転がして遊ぶローンスタジアムや蟻塚をモチーフにしたタワー、ネット遊具のある虹の巣ドーム、大型すべり台や水遊び場など、1日では遊びつくせないほどの充実した施設が整っています。

そして冬季はスノーパークに変身!ファミリースキー場やスノーチューブ、ソリコーナー、スノーシューなど雪で思い切り遊べます。

国営滝野すずらん丘陵公園
札幌 / デート / 絶景 / 公園 / 紅葉 / パワースポット / 穴場観光スポット / 花畑(5月) / 花畑(6月) / 花畑(7月) / 花畑(8月) / 花畑(9月) / 花畑(10月) / 遊び場 / ラベンダー / コキア
住所:北海道札幌市南区滝野247地図で見る
電話:011-592-3333(総合案内)
Web:http://www.takinopark.com

11.雪印メグミルク 酪農と乳の歴史館・札幌工場(札幌市)

北海道を代表する乳業メーカーの一つ・雪印メグミルク。その企業ミュージアムであるこちらの歴史館は、創業50周年記念事業として1977年に開館しました。

館内では、創業当時に使用していた機械類や現在の工場の模型のほか、隣接する工場の製造室で実際に牛乳が作られている様子も見学できます。館内の見学終了後には、牛乳やチーズなどの試食も。館内の見学はガイドツアーへの参加が必須で、前日までの事前予約制です。

雪印メグミルク 酪農と乳の歴史館・札幌工場
札幌 / 工場見学 / 博物館
住所:北海道札幌市東区苗穂町6丁目1番1号地図で見る
電話:011-704-2329
Web:http://www.meg-snow.com/fun/factory/sapporo.html

12.新札幌 サンピアザ水族館(札幌市)

新札幌駅からすぐの場所にある都市型水族館。コンパクトながらもカクレクマノミやクリオネ、 ペンギンやゴマフアザラシなど水族館のアイドルたちが揃っています。ヒトデや巻貝が入っているタッチプールや、ドクターフィッシュ水槽もあり、子どもたちも大喜び!売店で魚のエサを買ってサケの稚魚にあげるのも楽しいです。

新札幌 サンピアザ水族館
札幌 / 水族館
住所:北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7−5地図で見る
電話:011-890-2455
Web:http://www.sunpiazza-aquarium.com/

13.札幌市青少年科学館(札幌市)

宇宙や科学について体験しながら学べる博物館。天文・地球科学コーナーは、直径約20mにも及ぶ大きな地球ドームを中心に宇宙・太陽系・地球・北海道の4つのコーナーに分かれており、宇宙の成り立ちや北海道の歴史を科学的観点から学ぶことができます。そのほか力学、ロボット、水力発電などの仕組みを実際に装置を使って体感することも。

またプラネタリウムやサイエンスショー、工作教室なども人気のアクティビティです。先述のサンピアザ水族館と同じ敷地内にあり、共通券も販売されているので、セットで丸一日過ごしても良いですね。

札幌市青少年科学館
札幌 / 博物館 / プラネタリウム
住所:北海道札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2−20地図で見る
電話:011-892-5001
Web:http://www.ssc.slp.or.jp/

14.札幌市水道記念館(札幌市)

人と水との関わりや自然環境保護の大切さについて楽しみながら学ぶことのできる施設。小学生以上対象の実験や体験型展示なども魅力ですが、人気は未就学児用のキッズスペース。ボールプールやおままごと、木の電車などで遊ぶことができます。

また施設の外には噴水広場があり、夏にはたくさんの子どもたちが水遊びを楽しんでいます。

札幌市水道記念館
札幌 / 水遊び / 博物館
住所:北海道札幌市中央区伏見4丁目6−17地図で見る
電話:011-561-8928
Web:http://www.swsa.jp/museum/

15.ホクレン食と農のふれあいファーム くるるの杜(北広島市)

北海道らしい農作業の一部が体験できる施設。食べ物が畑で生育され、収穫後の調理・加工を経て食卓へ上るまでを体系的に学ぶことができるよう、農産物の調理加工体験プログラムがあるほか、地産地消をコンセプトとしたレストランや農畜産物の直売所などもあります。

子どもにおすすめは、田植えや野菜の収穫体験。単発イベントのほか、ひとつの作物に対して植付けからお世話、収穫と年に3回~5回ほど畑を訪れる「畑の学校」などもあり、子どもの興味に合わせてチョイスできるのが嬉しいですね。

ホクレン食と農のふれあいファーム くるるの杜
北広島市 / 体験・アクティビティ / 遊び場
住所:北広島市大曲377-1地図で見る
電話::011-377-8700
Web:http://www.hokuren-kururu.jp/

16.えこりん村(恵庭市)

自然や動物との触れ合いを楽しめるテーマパーク。約40ヘクタールの敷地の中には、美しい草花が彩る「銀河庭園」、アルパカや羊たちを間近で見られる「みどりの牧場」などがあります。

中でもみどりの牧場では、5頭の羊が一斉に走る「ひつじレース」が行われており、応援する羊が一等になると、エサやり体験ができるという特典が人気。また羊の群れを牧羊犬が移動させる大迫力の「みどりの牧場ショー」も見どころのひとつです。

えこりん村
恵庭市 / テーマパーク / 体験・アクティビティ / 遊び場 / ガーデン
住所:北海道恵庭市牧場277-4地図で見る
電話:0123-34-7800
Web:http://www.ecorinvillage.com/

17.ハローキティ ハッピーフライト(千歳市)

新千歳空港内にある有料ゾーン「ハローキティハッピーフライト」。ヨーロッパやアジア、アメリカなど世界中で待っているサンリオキャラクターを、キャビンアテンダントになったキティちゃんと一緒に訪ねていくアトラクションです。各エリアには可愛いフォトスポットが満載!さまざまなキャラクターと一緒に記念撮影ができます。

ほかにも、キャラクターをモチーフにしたメニューが盛りだくさんのハッピーフライトカフェや、ここでしか買えないアイテムも販売するハッピーフライトショップなどがあるので、サンリオ好きのお子さんをぜひ連れて行ってあげてくださいね。

ハローキティ ハッピーフライト
千歳市 / その他スポット / 子供が喜ぶ
住所:北海道千歳市美々987−22 新千歳空港 連絡施設3F地図で見る
電話:0123-23-0111
Web:http://www.new-chitose-airport.jp/ja/happy-flight/

18.ロイズチョコレートワールド(千歳市)

札幌生まれのチョコレート屋さん「ロイズ」が運営する、チョコレート工場が併設された店舗。新千歳空港の連絡施設3Fにあります。

工場での製造は、ほぼすべてがオートメーション化されており、ガラス越しにその工程を見ることができます。その一方で、最後の仕上げとして職人さんがひとつひとつ手作業でデコレーションをする様子も見られ、驚きと感動でいっぱい!チョコレートに関する道具などを展示したミュージアムもあるほか、店舗では出来立てのチョコレートを購入することができます。

ロイズチョコレートワールド
千歳市 / 工場見学 / 女子旅 / インスタ映え
住所:北海道千歳市美々987−22 新千歳空港 連絡施設3F地図で見る
電話:0120-612-453
Web:http://www.royce.com/contents/world/

19.大空ミュージアム(千歳市)

新千歳空港・国内線3階にある、大空ミュージアム。こちらには、子ども用のパイロットやキャビンアテンダントの制服があり、実際に制服を着て写真撮影をすることができます。

  • 出典:tripnote.jpフライトシミュレーター(100円コース・200円コース)

ほかにもミュージアム内には、本格的なフライトシミュレーターや、実物大の旅客機のタイヤなどがあり、写真におさめておきたい撮影スポットが満載です。お仕事体験ゾーンには実際に使われている道具もあるので、そちらを使っての写真撮影も楽しむのもいいですね。

大空ミュージアム
千歳市 / 博物館 / 子供が喜ぶ
住所:北海道千歳市美々987−22 新千歳空港 国内線ターミナルビル3F地図で見る
電話:0123-23-0111
Web:http://www.new-chitose-airport.jp/ja/spend/enjoy/a...

次のページを読む

北海道の旅行予約はこちら


北海道のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

北海道のホテルを探す

北海道の航空券を探す

北海道の現地アクティビティを探す

北海道のレンタカーを探す

北海道の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


札幌・子供と行きたい観光スポット29選!子連れ旅行におすすめ

遊具広場もある大通公園や、「テレビ父さん」のキャラクターが可愛いさっぽろテレビ塔、冬季にはスノーパークがオープンするさっぽろ羊ヶ丘展望台など、札幌への子連れ旅行...


函館・子供と行きたい観光スポット22選!子連れ旅行におすすめ

シースルーの床の上に立ってドキドキを味わえる五稜郭タワーや、ブロックでも遊べる金森赤レンガ倉庫、展望台の日時計が楽しい函館山ロープウェイなど、函館への子連れ旅行...

小樽・子供と行きたい観光スポット19選!子連れ旅行におすすめ

親子で制作体験ができるお店も多い堺町通りや、線路の上を歩いて散策できる手宮線跡地、船頭さんの話も楽しい小樽運河クルーズなど、小樽への子連れ旅行におすすめの、子供...

【東日本】家族旅行におすすめの観光地24選

海の生物を間近に感じる「横浜・八景島シーパラダイス」や、ライオンにもエサをあげられる「富士サファリパーク」、チョコレート菓子の製造工程を見学できる「白い恋人パー...

日本の歴史に触れる旅へ!家族旅行におすすめの歴史名所13選

世界遺産の構成資産のひとつ「富岡製糸場」や、金山の歴史を学べるテーマパーク「土肥金山」、真っ白な姿に目を奪われる「姫路城」など、日本の歴史に触れられる、家族旅行...

この記事を書いたトラベルライター

こどもと一緒に楽しく旅しよう!
幼稚園児と小学生のこどもと一緒に旅を楽しむ編集部スタッフ。レジャー施設やテーマパークはもちろん、博物館や動物園、プール、遊具たっぷりの公園など、こどもが喜ぶところは一通り行きました。行動範囲は国内・海外問わず広めですが、こども中心の旅でも、しっかり大人も満喫したい!そんなポイントで旅先を決めています。

伊豆・子供と行きたい観光スポット40選!子連れ旅行におすすめ

アクティビティも充実の三島スカイウォークや、子連れの海水浴も快適な熱海サンビーチ、露天風呂に入るカピパラが大人気の伊豆シャボテン公園など、伊豆への子連れ旅行にお...


広島・子供と行きたい観光スポット30選!子連れ旅行におすすめ

兜や鎧を着られる体験コーナーが人気の広島城や、大迫力の戦艦「大和」が見どころの大和ミュージアム、ペンギンとの触れ合いも楽しい宮島水族館みやじマリンなど、広島への...


栃木・子供と行きたい観光スポット35選!子連れ旅行におすすめ

イルミネーションも楽しい、あしかがフラワーパークや、ミニチュアの世界を体感できる東武ワールドスクウェア、約600頭の動物がいる那須どうぶつ王国など、栃木への子連...

神戸・子供と行きたい観光スポット28選!子連れ旅行におすすめ

地上75メートルからのスリルも味わえる神戸ポートタワーや、子ども向けのイベントも多い神戸ハーバーランド、動物との触れ合いが楽しい六甲山牧場など、神戸への子連れ旅...

仙台・子供と行きたい観光スポット20選!子連れ旅行におすすめ

ペンギンとのふれあいもできる仙台うみの杜水族館や、球場見学ツアーもおすすめな楽天生命パーク宮城、「ずんだシェイク」が話題のずんだ茶寮など、仙台への子連れ旅行にお...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります