インド
インド観光
活気ある国で数々の遺跡やインド文化を体感

南インドの至宝!インドの中の別世界・豪華絢爛なマイソール宮殿巡り

取材・写真・文:

埼玉在住
訪問エリア:23ヶ国

2018年5月8日更新

1,898view

お気に入り

写真:ある通訳案内士

インドというと、どうしても「汚い」と日本人には思われがちですよね・・その常識を少しでも覆すべくご紹介するのが、南インド・カルナータカ州マイソールにあるマイソール宮殿。マイソールは、「インドのシリコンバレー」として知られるベンガルールから電車で2時間の距離に位置する、同州第2の都市であり、古都です。そんなマイソールが誇るマイソール宮殿は、まるでヨーロッパの由緒ある宮殿なのではないかと思わせる、壮麗さをたたえています。さあ、インドの中の別世界を覗いてみましょう! 

この記事の目次表示

いざマイソール宮殿へ

マイソール駅からオートリキシャに乗って15分ほど揺られると、長く続く宮殿の敷地を囲う壁が見えてきます。宮殿内へと続く門はいくつかありますが、入場は決まったゲートからしましょう。

  • 写真:ある通訳案内士マイソール宮殿入場料

50ルピー(90円)で中へ。広大な宮殿の敷地が広がります。

  • 写真:ある通訳案内士ゲートをくぐると宮殿が

宮殿の入り口で靴を預け(有料:2ルピー、3.8円)、いざ宮殿の内部へ! 

  • 写真:ある通訳案内士観光客で賑わう

観光客が多く、列をなして入っていきます。比較的身なりの良いインドの人が多い印象です。

豪華絢爛な宮殿内部   

しばらく通路を歩いて行くと、八角形状の巨大な広間にたどり着きます。

  • 写真:ある通訳案内士祝い事が行われた広間

落ち着いた茶系の色を基調としつつ、金と青による色の組み合わせの美しい柱が、彩りを添えています。ここでは、統治者であるマハラジャたちの、結婚式や誕生日のお祝いが行われていたそうです。

  • 写真:ある通訳案内士往時の情景を偲ばせる絵

この広間を取り囲む壁には、往時を偲ばせる、美しい絵が多数描かれています。広間がいかに豪華絢爛であっても、それだけを観ていては勿体無いような、インドと西洋の文化の融合を、数々の絵から見て取ることができます。なんと贅沢な空間なのでしょう!

その広間を抜けると、貴人たちの西洋絵画が飾られている部屋へ。西洋絵画の中にサリーを着た女性がいるのは、なかなか新鮮です。

  • 写真:ある通訳案内士男性の絵が背後に見える絵

絵が素晴らしかったのもありますが、まるで集合写真の欠席者のように、絵の上部にちょこんと描かれている人物には何かの意図があるのではないかと、まじまじと見入ってしまいました。

  • 写真:ある通訳案内士この空間にいれることが幸せ

そして、先ほどとはまた違った趣の柱の間へ。この全体の色合い、柱のデザイン、シンメトリーな空間、全てがこの宮殿、そして宮殿の住人たちの気品さを物語っているようです。

  • 写真:ある通訳案内士柱もさることながらシャンデリアも美しい

さらに、もう一つの豪華絢爛な広間へ。こちらは、柱もさることながら、シャンデリアも美しいです。

  • 写真:ある通訳案内士マハラジャになった気分で宮殿前広場を眺める

先ほどの広間を抜けると、王宮前の広間が見渡せます。かつてはマハラジャや家臣たちが、群衆をここから眺めていたのでしょう。往時にしばし思いを馳せてみます。

宮殿近くの資料館

宮殿を出るとすぐ、敷地内に資料館があります。こちらは外国人料金で一人285ルピー(513円)です。料金にはオーディオガイドが含まれています。

  • 写真:ある通訳案内士オーディオガイドには残念ながら日本語なし

オーディオガイドを使用するには、デポジットとして、身分証か2,000ルピー(3,600円)を預けることになります。オーディオガイドは20項目に分かれており、歴史や文化に興味のある人には、充実した内容となっています。

音声も聴き取りやすいです。宮殿を楽しんだ後は、是非、オーディオガイド片手に、のんびり資料館を巡ってみましょう。多くのことを学ぶことができます。ただし、内部は撮影禁止です。

終わりに

今回は、豪華絢爛な南インドの至宝、マイソール宮殿の紹介でした!インド観光といえば、北インドのデリー・アグラ・ジャイプールのゴールデントライアングルが人気ですが、南インドも見所がたくさんあります! 

  • 写真:ある通訳案内士マイソール宮殿の威容 

特にマイソール宮殿は、タージ・マハルよりも良かったという人がいるほど、知る人ぞ知る名所なのです。日曜・祝日に行われる宮殿のライトアップは、特にオススメされています。インド独特のカオスさに疲れてインドが嫌いになる前に、または、インドのカオスさに疲れてしまった心を癒すために、豪華絢爛なマイソール宮殿に足を運んでみてはいかがでしょうか??

マイソール宮殿
インド / 建造物
住所:Mysore Palace地図で見る
電話:0821 242 1051
Web:http://www.mysorepalace.gov.in/

※記事内のルピーから日本円への換算は1ルピー=1.8円で計算しています。

インドの旅行予約はこちら

インドのパッケージツアーを探す

インドのホテルを探す

インドの航空券を探す

(ムンバイ(ボンベイ))

(デリー)

インドの現地アクティビティを探す

インドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


世界の青い街5選!モロッコ・インド・スペイン・ギリシャ・チュニジアのブルーシティまとめ

世界には、びっくりするような青に染まったブルーシティが各地にあります。とくに有名なモロッコのシャウエンをはじめ、一度は訪れたい、モロッコ・インド・スペイン・ギリ...


年末年始の海外旅行におすすめの国・都市16選!お正月は海外で年越ししよう

お正月休みに海外旅行へ出かけたいという方に、冬にベストシーズンを迎える国や、年越しのカウントダウンイベントが魅力の旅行先など、年末年始の海外旅行におすすめの国・...

【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来ると...

【ポート・ブレア】最も遠いインド!アンダマン・ニコバル諸島中心地の観光見どころ6選

インド本国からはるか東、ミャンマーの南方に位置するのが、アンダマン諸島とニコバル諸島です。外国人は入域を制限されている、知る人ぞ知るリゾート地となっています。今...

元駐在員が紹介!南インドの玄関口・チェンナイから直行便で行ける観光地10選

ANAが成田からの直行便就航を2019年秋に予定し、今後益々日本との関係が深まりそうな南インドの玄関口・チェンナイ。筆者のように駐在する人や、南インド観光の拠点...

この記事を書いたトラベルライター

インドでIT企業に勤めていたバックパッカー
タイのバンコク留学や、インドのチェンナイ駐在を経験した通訳案内士登録者です。
自分が行って良かった場所について書いてます!

ASEANは全10カ国に行きました!
それぞれの国の魅力、語れます😃
https://zipanger777.com

観光地ではない【真の中華街】池袋北口を1時間で手軽に散策!

日本の中華街(チャイナタウン)と言えば、日本三大中華街の、①横浜中華街、②神戸南京町、③長崎新地中華街、が有名ですよね? こちら、もちろんれっきとした中華街なの...


【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来ると...


バンコクから2時間!日帰り旅行OKなカンチャナブリで外せない3つのこと

カンチャナブリという街をご存知でしょうか? タイ・バンコクから西へ車で2~3時間の、中規模の街です。タイで最も美しいと評判の滝や、第二次世界大戦中に旧日本軍がタ...

真の理想郷??南インド・オーロヴィルで人生観が変わるかも

「理想郷」と聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか? 「理想郷」での暮らしは喜びに満ち溢れ、毎日幸せな日々を送ることができそうですね。そんな「理想郷」と呼ば...

【オマーン】まるでディズニーシー!?な街並みのマスカット見所5選

あなたは「オマーン」と聞いて、どこにあるかピンときますか??オマーンはオイルマネーで潤うアラビア半島の南東に位置します。そのオマーンの首都がマスカットであり、都...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります