伊勢・二見
伊勢・二見観光
日本の神社の総本山”伊勢神宮”が観光の中心

お伊勢参りと合わせて楽しむ!「おはらい町」おすすめ食べ歩き4選

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:41都道府県

2018年5月1日更新

1,025view

お気に入り

写真:菊地早秋

「一生に一度はお伊勢参り」と語られる伊勢神宮。三重県伊勢市全体の四分の一を占める面積を誇ります。およそ二千年に及ぶ歴史を持ち、天照大御神を祀る内宮と、豊受大御神を祀る外宮には多くの参拝者が訪れます。今回は、伊勢神宮の簡単なご紹介と、かつての伊勢参り客が歩いたとされる街道「おはらい町」でおすすめの、美味しい食べ歩きシリーズを厳選してご紹介します! 

この記事の目次表示

伊勢神宮とは?

伊勢市の四分の一の敷地面積を占める?

伊勢神宮は、三重県伊勢市に5,500ヘクタールの敷地を持ち、その広さはなんと伊勢市の四分の一の広さにあたります。

  • 写真:菊地早秋うっそうと生い茂る緑

伊勢神宮として知られているのは、それぞれが車で20分ほど離れた場所にある、外宮(げくう)と内宮(ないくう)です。正式には伊勢神宮とは、さまざまな神様を祀る125宮社の総称を指します。外宮と内宮の中に125もの社が存在しているのです。

  • 写真:菊地早秋伊勢神宮内宮 宇治橋

外宮、内宮の順番にお参りするのが習わしとなっています。

外宮には食事の神様がいる?

伊勢神宮外宮では、豊受大御神(とようけのおおみかみ)が祀られています。トヨウケの「ケ」は食物を意味しています。文字通り、豊かな食物を司る神様ということですね。

  • 写真:菊地早秋外宮の鳥居

また、衣食住をはじめとした産業全般の守護神としても崇拝されています。

  • 写真:菊地早秋外宮 広々とした空間を歩く

外宮は駅がすぐそばにある立地とは思えないほどの大自然が特徴的で、大きな鳥居も堂々と佇んでおり、まるで参拝者を歓迎してくれているようです。

  • 写真:菊地早秋外宮の敷地内は自然にあふれている

内宮には太陽の神様がいる?

伊勢神宮内宮では、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祀られています。八百万の神々がおられる高天原(たかまのはら)という天上世界では、最高神とされています。

  • 写真:菊地早秋内宮を散策

生命を育む神として知られ、太陽にたとえられることから、日神とも言われます。

  • 写真:菊地早秋内宮の入り口にある鳥居

内宮の敷地はとても広く、自然に囲まれており、森のなかを散策しているような感覚になります。まるでハイキングコースを歩いているようで、ところどころに社が現れる様子もまた神秘的です。

  • 写真:菊地早秋内宮敷地内から眺める透明感あふれる五十鈴川
伊勢神宮外宮
伊勢・二見 / 社寺・教会 / 観光名所
住所:三重県伊勢市豊川町279地図で見る
電話:0596-24-1111
Web:http://www.isejingu.or.jp/
伊勢神宮内宮
伊勢・二見 / 社寺・教会 / 観光名所
住所:三重県伊勢市宇治館町1地図で見る
電話:0596-24-1111
Web:http://www.isejingu.or.jp/

おはらい町&おかげ横丁に行こう!

おはらい町とは800メートルもある通りのこと!

外宮と内宮をたくさん歩くと、お腹がすいてきます。そんな時はぜひ「おはらい町」へ行きましょう!おはらい町とは内宮近くにある、約800メートルにわたって続く、お土産屋さんやレストラン、カフェが立ち並ぶ通りのことです。

  • 写真:菊地早秋おはらい町には伝統的な町並みが残る

かつてお伊勢参りをした旅人が歩いたとされる、旧参宮街道沿いにあります。

  • 写真:菊地早秋おはらい町は栄えている

お買い物が好きな人ならこの通りだけで、半日は時間を使えるほどかわいい雑貨や食べ物が充実しています。ショッピング好きな方は、時間に余裕を持って行くことをおすすめします!

おはらい町
伊勢・二見 / 町・ストリート / 観光名所
住所:三重県伊勢市宇治中之切町、宇治今在家町地図で見る

おかげ横丁はおはらい町の中にある!

おはらい町と揃って訪問をおすすめしたいのが、「おかげ横丁」です。こちらはおはらい町のショッピング通りを歩いていると、自然に現れるので、見落とすことはありません。

  • 写真:菊地早秋おかげ横丁の入り口

江戸から明治期の風情をテーマに、伊勢路の代表的な建築物を移築したスポットとなっています。

  • 写真:菊地早秋おかげ横丁のレトロな雰囲気

おかげ横丁にもたくさんのお土産屋さんが詰まっています。夕方早くに閉店するお店が多いため、時間に余裕を持って訪問するのがおすすめです。

おかげ横丁
伊勢・二見 / 町・ストリート / 観光名所
住所:三重県伊勢市宇治中之切町地図で見る
Web:http://www.okageyokocho.co.jp/

食べ歩きでおすすめのもの4選

ここまで伊勢神宮とおはらい町についてご説明しました。ここからは、おはらい町で食べられる美味しいものをご紹介していきたいと思います! 

おすすめその一 「赤福餅」

赤福といえば伊勢を代表する名物餅。おはらい町には、厳かな木造建築の本店があります。

  • 写真:菊地早秋赤福本店の店構え

柔らかく、とろけそうなお餅の上にはさらっとしたこし餡がたっぷり!こし餡の三本筋は、本店からも眺めることができる、五十鈴川の清流をイメージしたものだとか。

  • 写真:菊地早秋店内で食べる赤福餅

お餅はイートインも可能。冬場だと、おしるこも味わうことができます。夏場には、かき氷も用意されていますので、要チェックです。

  • 写真:菊地早秋赤福おしるこ

おはらい町にはお餅屋さんがたくさんあります。なかでも無添加かつ繊細で、一口食べれば幸せがぱっと広がる赤福餅は、一度はぜひ召し上がって頂きたいおすすめ品です。

  • 写真:菊地早秋いつも賑わう赤福の売店
赤福 本店
伊勢・二見 / スイーツ / お土産
住所:三重県伊勢市宇治中之切町26地図で見る
電話:0596-22-7000
Web:http://www.akafuku.co.jp/tenpo_syousai/?SHOP_ID=1

おすすめそのニ 「こんにゃくようかん」

木の棒に豪快に突き刺してある、甘さ控えめのようかんです。おかげ横丁内にある、美杉郷八知玉屋(みすぎごうやちだまや)で食べられます。

  • 写真:菊地早秋(左)緑茶(右)こし餡

味はこし餡と緑茶が選べます。みずみずしくさっぱりとした味わいと、独特な食感がクセになること間違いなしです!

  • 写真:菊地早秋クセになるこんにゃくようかんの食感

ぷるっとつるっと、本当にこんにゃくとようかんの間のような舌触りに仕上がっています。ここでしか味わえない一品です。

美杉郷八知玉屋
伊勢・二見 / スイーツ
住所:三重県伊勢市宇治中之切町52地図で見る
電話:0596-23-8835
Web:http://www.okageyokocho.co.jp/tenpo.php?no=29

おすすめその三 「伊勢うどん」

伊勢といったら伊勢うどん! 太い麺とふっくら柔らかい食感が特徴のおうどんです。伊勢に行けばあちらこちらで伊勢うどんの看板を見かけます。

伊勢うどんは、なんと麺はあらかじめ1時間もかけて茹でておくそうです。その後、注文ごとにもう一度ゆがいて提供されるため、独特な柔らかさが表現できるのだとか!

  • 写真:菊地早秋本場の伊勢うどん

また、具材はネギのみというお店がほとんどです。シンプルにうどんの味が楽しめます。

つゆは真っ黒なたまり醤油で、うどんの下に少量入っています。現地ではつゆではなく、タレと呼ばれる理由もこれで分かります。 

実際食してみると、柔らかくて、ふわふわした非常に食べやすい麺でした。タレが少量でも気にならないほど、うどん本体が主役となっている食べ物です。

おすすめその四 「甘酒」

ひときわ目立った蔵造りの建物とのれん。伊勢萬(いせまん)内宮前酒造場は、店奥に酒造場を有する造り酒屋です。

  • 写真:菊地早秋甘酒の店頭販売

しぼりたての生原酒も味わうことができます。お酒が苦手な方は本格的な甘酒も賞味することができます! 

  • 写真:菊地早秋伊勢萬の立派な蔵

しっかりとお米の粒感が残っており、天然の麹の甘さが身体にしみ渡ります。飲む点滴とも言われる甘酒ですが、酒屋の甘酒はやはり美味しいです。

  • 写真:菊地早秋優しい甘さの甘酒

コップ一杯でも販売していますよ!

伊勢萬 内宮前酒造場
伊勢・二見 / ドリンク
住所:三重県伊勢市宇治中之切町77−2地図で見る
電話:0120-177-381
Web:http://www.iseman.co.jp/sakagura/about.html

まとめ

伊勢神宮近辺は神聖な雰囲気とともに、活気にあふれた町でもあります。今回おすすめした食べ物以外にも美味しい物がたくさん眠っているので、ぜひぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか? 

伊勢・二見の旅行予約はこちら

伊勢・二見のパッケージツアーを探す

(二見)

(伊勢・伊勢神宮)

伊勢・二見のホテルを探す

伊勢・二見の航空券を探す

(中部国際空港)

(県営名古屋空港)

伊勢・二見の現地アクティビティを探す

伊勢・二見のレンタカーを探す

伊勢・二見の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年12月1日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【三重】伊勢神宮内宮から徒歩圏内「猿田彦神社」で万事良い方向へ!

猿田彦神社は三重県伊勢市宇治浦田にある神社です。境内にある方位石という八角形の石柱から力を頂けると人気で、多くの参拝者を集めています。地元でも有名な「みちひらき...


【東海】JR東海「青空フリーパス」の買い方・使い方&使って行きたい観光地を紹介

「青空フリーパス」はJR東海が販売しているお得な切符です。6つの県にまたがって使用可能で、かなりオトクな価格であることから、東海圏を観光する際にはオススメです。

【三重】電車で伊勢に行くなら必読!神宮参拝に便利な3つの駅を徹底比較!

伊勢神宮に電車で行く場合、下車駅などの候補で挙がってくる駅は3つ。1つはJR・近鉄伊勢市駅、もう1つは近鉄宇治山田駅、もう1つは近鉄五十鈴川駅です。この記事では...

【三重】100年以上ぶりの新商品!4色の赤福「いすず野あそび餅」をGETせよ!

赤福は言わずと知れた伊勢の名物お土産であり、赤福を作っている会社の名称でもあります。そんな赤福が2018年7月15日から抽選販売を始め、現在は先着順となっている...

【三重】月に1度しか味わえない!伊勢神宮朔日参りに行ってみよう

毎月1日の早朝に神社へお参りすることを「朔日(ついたち)参り」と呼びます。伊勢神宮にも多くの人が朔日参りに訪れ、近くにある赤福では、その日限定の「朔日餅」を食べ...

この記事を書いたトラベルライター

自然と地域食に魅せられて
こんにちは。ライターの菊地早秋(きくちさき)と申します。旅が大好きでこれまで訪れた場所は、国内41都道府県、海外は東南アジアを中心に12か国です。取材は必ず自らの足で趣き、見たこと聞いたことを大切に、記事に盛り込むようにしています。読者の方に少しでもへえ~と思ってもらえるような、また、紹介される地域やお店の方々のパッションをできるだけ汲んだ作品をお届けしたいと思います。

【よくある執筆ネタ】
・茨城県
・名水/湧水/ネイチャースポット
・食文化/一次産業/地域で頑張る飲食店

【tripnote外の活動】
・足立区発フリペ「銭湯といえば足立」連載
・「人と地球を守るオルタナフード 株式会社NoblesseOblige」コラム連載

【Awards】
・H30.10 環境保全茨城県民会議主催「いばらき自然環境フォトコンテスト」部門賞
・H31.01 羽田空港主催「私の旅する日本語2018」企業賞

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...


台南に行ったら絶対ゲットしたい!人気の帆布カバン屋さん3選

皆さんは普段カバンを使いますか?台南では、帆布カバンが人気で、お土産にも購入する人が増えています。 帆布カバンとは、使いやすさ、シンプルなデザイン、丈夫さ、そし...

タオルがいっぱい!今治タオル本店でお気に入りの一枚を見つけよう!

皆さんは今治タオルを使ったことはありますか?「今治タオル」とは、愛媛県今治市に集まっている、様々なタオル会社で作られたタオルの「総称ブランド」のこと。今治市は1...

【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!焼き芋「かいつか」本店の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と一口食べれば、誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

築地市場と肩を並べる!「足立市場」ってどんな場所?

東京都内には、東京都が設置した11か所の中央卸売市場が存在します。ニュースなどでよく耳にする築地市場はその一つで、全国から様々なお魚が集まってくる、大きな市場で...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?