石川
石川観光
輪島塗や加賀友禅、金沢の金箔と伝統工芸が盛ん

石川の定番・観光スポットならココ!22選

2018年7月11日更新

2,579view

お気に入り

ひがし茶屋街や長町武家屋敷など風情のある街並みが楽しめる金沢、朝ドラ『まれ』の舞台となり海の絶景が楽しめる能登、そして加賀温泉郷で知られる加賀と、国内旅行先として人気の高い石川県。この記事では、石川県を旅行するならココ!という定番のスポットをご紹介しています。石川県を観光する際にはぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事の目次表示

【1】ひがし茶屋街

そぞろ歩きが楽しい、江戸時代の面影をいまに伝えるストリート

金沢にある三つの茶屋街のひとつ。石畳に沿って殻格子のお茶屋さんが並ぶ風情のある通りで、江戸時代の面影をいまに伝えます。

茶屋を利用したカフェや、金沢土産の定番である金箔や伝統工芸のお店が並び、とくに週末には多くの観光客で賑わいます。

「ひがし茶屋街休憩館」では無料で町家を見学でき、またトイレもあるので休憩に立ち寄るにもおすすめです。

ひがし茶屋街
金沢 / 町・ストリート / 観光名所
住所:石川県金沢市東山1
電話:076-232-5555(金沢市観光協会)
Web:http://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/spot_searc...

【2】兼六園

金沢随一の観光名所!季節ごとに違った表情を魅せる百万石前田家の庭園

百万石前田家の庭園としてつくられ、岡山市の後楽園、水戸市の偕楽園とならんで日本三名園のひとつに数えられます。

ミシュランの観光版では最高ランクの三つ星を獲得し、昭和60年(1985年)には国の特別名勝にも指定。東京ドーム2倍以上の11万4千㎡の広さを誇り、園内のいたるところで美しい景観を楽しむことができます。

兼六園では季節ごとにライトアップをする「四季物語」を実施しており、幻想的な園内は一軒の価値あり。ぜひライトアップ期間にあわせて訪れてみてくださいね。

兼六園
金沢 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:石川県金沢市兼六町1
電話:076-234-3800(石川県金沢城・兼六園管理事務所)
Web:http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

【3】山代温泉

明治時代の共同浴場を復元した公衆浴場「古総湯」がシンボル

1300年の歴史を誇る「山代温泉」では、”湯の曲輪(ゆのがわ)”という風情のある町並みが今なお残されています。共同浴場を中心に温泉宿が建ち並び町がつくられていった江戸時代の温泉場、その共同浴場を”総湯”とよび、”総湯”を中心とした周りの町並みを”湯の曲輪(ゆのがわ)”と呼びます。

現在”総湯”と”古総湯”のふたつの公衆浴場があり、平成22年にオープンした明治時代の共同浴場を復元した公衆浴場”古総湯”は、外観や内装だけではなく”湯あみ”という温泉に浸かって楽しむだけの当時の入浴方法も再現しています。

山代温泉
石川 / 町・ストリート / 観光名所
住所:石川県加賀市山代温泉
電話:0761-77-1144(山代温泉観光協会)
Web:http://www.yamashiro-spa.or.jp/

【4】長町武家屋敷跡

繁華街から一歩裏をはいれば広がる、タイムスリップしたような街並み

かつて加賀藩士が住んでいた屋敷跡で、現在も市民生活が営まれています。石畳の道沿いにつづく黄土色の土塀や用水、武士窓のある長屋門など、藩政時代の面影がのこる風情のある町並みは、ぶらりと歩くだけでも楽しめますが、せっかくなら一般公開している屋敷の見学もいかがでしょうか。また金沢土産に人気の和菓子店もあり、お土産さがしも楽しい。

長町武家屋敷跡
金沢 / 町・ストリート / 観光名所
住所:石川県金沢市長町1-3-32
電話:076-232-5555(金沢市観光協会)
Web:http://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/spot_searc...

【5】山中温泉

松尾芭蕉も愛した名湯!美しい景観が楽しめる緑豊かな温泉地

自然豊かな温泉地で、鶴仙渓(かくせんけい)に沿って温泉旅館が立ち並びます。鶴仙渓には観光名所になっている橋がかかり、総ひのきづくりの「こおろぎ橋」に、S字型のユニークな紅紫色の橋は「あやとりはし」。この「あやとりはし」から眺める鶴仙渓は絶景です。

そして温泉街にはそぞろ歩きが楽しい「ゆげ街道」や共同浴場「菊の湯」、山中節などが楽しめる「山中座」、九谷焼や山中漆器の蒔絵体験など、観光地らしい施設が並びます。

山中温泉
石川 / 町・ストリート / 観光名所
住所:石川県加賀市山中温泉東町
電話:0761-78-0330(山中温泉観光協会・山中温泉旅館協同組合)
Web:https://www.yamanaka-spa.or.jp/

【6】金沢21世紀美術館

無料で入場できるスペースも充実!スタイリッシュな現代アート美術館

兼六園のすぐ隣に建つ現代アートの美術館。ガラス張りの円盤形の建物の前に広がる開放的な芝生スペースは、金沢市民の憩いの場となっています。

「金沢21世紀美術館」といえば、服を着たままプールにはいっているように見えるアート「スイミング・プール」がよく知られています。訪れたら思わず写真を撮りたくなりますよ。展覧会ゾーン以外は無料なので、常設展示を楽しんだり、カフェやミュージアムショップを利用する際に気軽に立ち寄ることができます。

金沢21世紀美術館
金沢 / 博物館・美術館 / 観光名所
住所:石川県金沢市広坂1-2-1
電話:076-220-2800
Web:https://www.kanazawa21.jp/

【7】あめの俵屋 本店

金沢土産の定番「じろあめ」は、米と大麦でつくられた自然の甘さ

創業天保元年、百七十余年の伝統を誇る金沢で一番古いあめ屋さん。本店はその店構えにも趣があり、俵屋のあめを買うならデパートや百番街ではなく、せっかくなら本店を訪れたいですね。

”じろあめ”は、水あめ状のやわらかいあめ。砂糖は使わず良質の米と大麦でつくられた穀物のみの甘さが特徴的で、赤ちゃんの哺育用や妊産婦・病人の体力回復に用いられてきたこのあめは、最近では純粋な自然食としても人気があります。

あめの俵屋 本店
金沢 / スイーツ
住所:石川県金沢市小橋町2−4
電話:076-252-2079
Web:http://www.ame-tawaraya.co.jp/

【8】箔一 東山店

インパクト大の煌びやかな”金箔ソフト”が人気の金箔専門店

ひがし茶屋街にある金箔専門店。長く親しまれてきた銭湯を改装した店舗で、銭湯の風情を残したまま、紅殻色や格子をあしらった店内は金沢らしさを感じます。

金箔をつかったコスメは女性への金沢土産に人気。またSNSでも話題の「金箔ソフト」は、10cm四方の金箔一枚が贅沢に乗ったもの。見た目のインパクトもさることながら、味もまろやかです。

箔一 東山店
金沢 / お土産
住所:石川県金沢市東山 1-15-4
電話:076-253-0891
Web:https://kanazawa.hakuichi.co.jp/shop/higashiyama.p...

【9】金沢百番街あんと

金沢駅構内にあって便利!定番の金沢土産が揃います

金沢の方言「あんやと(ありがとう)」からきている「あんと」は、定番の金沢土産が揃っており、お土産を買うならとにかく「あんと」にくれば間違いなし。

不室屋の「宝の麩」、丸八製茶場の「献上加賀棒茶」、金澤福うさぎの「銘菓 福うさぎ」、金沢うら田の「加賀八幡起上もなか」・・・もちろんその他にも様々な名店が集っています。

金沢駅構内にあるので、新幹線や電車で帰る方は、旅の最後に「あんと」でお土産を購入してみては。

金沢百番街あんと
金沢 / お土産
住所:金沢市木ノ新保町1-1
電話:076-260-3700(代表)
Web:http://www.100bangai.co.jp/floorinfo-anto/

【10】近江町市場

威勢のいい売り子さんの声が響く活気ある市場で海鮮グルメを味わう

金沢市民の台所で、日本海でとれた新鮮な魚や青果などの食材から生活用品まで約180以上が並び、威勢のいい売り子さんの声がひびきます。お土産の購入のほか、観光客に人気があるのは新鮮な海の幸をつかったお料理。とにく豪華な海鮮丼が人気で、SNSにも数多くの写真が投稿されています。

人気の店舗は、休日のランチタイムとなると軒並み長い行列ができるので、なるべくゆっくり食事をしたい時は「近江町いちば館」2階のレストラン街へも足を運んでみて。

近江町市場
金沢 / 市場・朝市 / 観光名所
住所:石川県金沢市上近江町50
電話:076-231-1462(近江町市場商店街振興組合)
Web:http://ohmicho-ichiba.com/

【11】千里浜なぎさドライブウェイ

日本でココだけ!砂浜を車で爽快にドライブしよう

日本で唯一、砂浜を車で走ることができる約8キロメートルの観光道路です。車だけでなく、バスやバイク、自転車もOK!車で砂浜を走れる理由は、砂のきめ細やかさにあります。一粒一粒の砂が海水を吸って硬く引き締まるから、道路のように走行が可能なのです。

ちなみに夏は一部が海水浴場になり大勢の海水浴客でにぎわいます。

千里浜なぎさドライブウェイ
石川 / ビーチ / 観光名所
住所:石川県羽咋郡宝達志水町今浜〜羽咋市千里浜町
電話:0767-22-1118(羽咋市役所商工観光課)
Web:http://www.city.hakui.lg.jp/sypher/www/section/det...

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月9日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

観光もグルメも!しっとり金沢女子旅のおすすめスポット22選

情緒ある茶屋街に歴史を感じる町並み、センスに溢れたお洒落なスポット、インスタに載せたくなる最新スイーツまで、金沢は女子が楽しめるポイントがいっぱい!見どころはた...

金沢から車で約1時間!実は近い?足を延ばして行きたい観光名所3選

北陸の真ん中に位置する石川県。新幹線も開通し、金沢に行かれる方は多いと思いますが、金沢からさらに車で約1時間走ると、実はこんなところまで行くことができるんです。...


鼓門だけじゃない!金沢駅の隠れ名所5選

金沢駅といえば鼓門(つづみもん)が有名ですが、実は他にも見どころがたくさんあるんです。記念撮影におすすめのスポットや素敵な出会いの予感がする場所、穴場トイレ情報...

金沢の定番・観光スポットならココ!21選

かつて”世界で最も美しい駅”の6位に選ばれた金沢駅からはじまる金沢の旅。金沢には風情のある街並みが残る3つの茶屋街や、日本三大庭園のひとつ兼六園をはじめとする見...


金沢に行ったら絶対飲みたい!食べたい!買いたい!おすすめ10選

2015年、東京~金沢間の北陸新幹線が開通して以来、ますますアクセスが便利となり、観光地として人気を集めている石川県金沢市。兼六園や金沢21世紀美術館など金沢市...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

6月・7月・8月の夏旅におすすめの国内旅先23選!夏休みの旅行先にも

夏(6月・7月・8月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!夏休みやお盆休みなどの家族旅行や、カップルでのお出かけにもぴ...

シンガポール旅行の人気お土産「アーユルベーダ石鹸」徹底ガイド

シンガポールのお土産として、女性に大人気なアーユルベーダ石鹸(せっけん)。アーユルヴェーダというインドの伝統医学をもとに作られている100%植物性の石鹸で、お肌...


秋の旅行に!9月・10月・11月の秋旅におすすめな国内旅先16選

9月、10月、11月の秋の時期におすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!家族で、カップルでのお出かけが楽しい秋。紅葉はもちろん、この時期ならではの美しい景...

女性に喜ばれる!女子向けにおすすめのシンガポールお土産7選

シンガポールで女性ウケするお土産選びに悩んだら必見!バラまき土産としても便利なアーユルヴェーダ石鹸やリップなどの手頃なコスメ系から、上質な紅茶にスイーツまで、女...


間違いない!サンフランシスコのおすすめお土産12選

旅行の楽しみのひとつで、悩みの種でもある「お土産」。旅行中にお土産を探す時間があまりない方や「もう明日帰国!!」という方でも迷わず購入できる、サンフランシスコの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?