イスタンブール
イスタンブール観光
ヨーロッパとアジアにまたがるトルコ最大の都市

実は見どころ満載!ユスキュダルでアジア側のイスタンブールを大満喫

取材・写真・文:

訪問エリア:17ヶ国

2018年4月24日更新

7,087view

お気に入り

写真:Zon

トルコ イスタンブールは、ボスポラス海峡を挟んでヨーロッパとアジアに分かれる街です。有名な観光スポットの多くはヨーロッパ側にあるため、アジア側は観光客はなかなか足を運ばないエリア。しかし、ユスキュダルというエリアはアジア側に位置しながらも、イスタンブールの良さを十分に楽しむことができ、なおかつ物価も観光スポットよりも低め!というのが嬉しいスポットなのです!今回はユスキュダルのおすすめスポットを3つご紹介します。

この記事の目次表示

イスタンブールのおすすめツアー
~*トルコ式風呂“ハマム”でゆったり癒しの時間を*~ 東西文化の架け橋イスタンブール/世界遺産の旧市街モダンな4つ星ホテル「レヴニホテル&スパ」宿泊 送迎付き2泊5日間【成田夜発/航空会社未定プラン】
99,800円~239,800円
…*■東西文化の架け橋 魅惑の古都イスタンブール■*… 旧市街/スルタンアフメット地区 併設レストランでオスマントルコの宮廷料理に舌鼓♪ 安心の専用車送迎付き 2泊5日間【成田夜発/航空会社未定プラン】
99,800円~239,800円
\旅のベテランへの第一歩!/ ◆夜行バスで行く!トルコ2大世界遺産◆ カッパドキア《憧れの洞窟ホテル宿泊》&イスタンブール《立地絶好の旧市街ホテル宿泊》空港~ホテル間送迎付き3泊6日間【成田夜発/ターキッシュエアラインズ利用】
109,800円~309,800円

ユスキュダル

Üsküdar(ユスキュダル)はトルコ イスタンブールのアジア側に位置するエリアです。ボスポラス海峡沿いにある埠頭からは多くの船が出ていて、観光のみならず地元の人たちの通勤の足となっています。

ヨーロッパ側からのアクセスもとても簡単で、船であればエミノニュ、ベシクタシュなど多くの埠頭からアクセスすることができます。また、ヨーロッパ側とアジア側を結ぶMarmarayマルマライという近郊列車を利用することもできます。

  • 写真:Zonユスキュダルの埠頭 たくさんの連絡船が停まっている

ヨーロッパ側の観光スポットの多いエリアとは違い、ユスキュダルは観光客もそれほど多くない分、地元の空気感が漂う、飾らない魅力たっぷりのエリアです。そんなユスキュダルで、特におすすめのスポットを3つご紹介します。

その1☆乙女の塔

実は悲しい伝説をもつ塔

トルコ語でKız Kulesi(クズ・クレスィ)という乙女の塔は、ボスポラス海峡にポツンと浮かぶ、まるで童話の世界に出てくるような塔です。

  • 写真:Zon船から見た乙女の塔

様々な言い伝えがありますが、"乙女"という名前がついたのはある悲しい伝説によるものです。

昔、「お前の娘は18歳の誕生日に蛇に噛まれて死ぬだろう」と占い師に言われた王様は、愛娘をこの塔に閉じ込めて育てました。ボスポラスに浮かぶこの塔なら蛇に襲われる心配がなかったからです。娘の18歳の誕生日、王様は果物をいっぱいに詰めた籠を塔にいる娘の元へ持っていきます。しかしこの籠の中に毒蛇が隠れており、予言通り娘は死んでしまった、という言い伝えです。

連絡船で渡ってみよう!

乙女の塔は船の中からも見ることができますが、ユスキュダルでは海峡沿いの歩道を歩いていると、どんどん間近に見ることができます。塔の背景に見える、旧市街のトプカプ宮殿やアヤソフィア博物館などの世界遺産たちにも注目です!

  • 写真:Zonユスキュダルの海峡沿いを歩くと見えてくる乙女の塔

また、ユスキュダルからは乙女の塔への連絡船も出ているので、実際に塔に行くこともできるのです!

  • 写真:Zonユスキュダルからは乙女の塔行きの連絡船が出ている(大人20TL/580円)

乙女の塔の近くの埠頭にチケットブースがあります。チケットを買ったら、塔から連絡船が戻ってくるのを待ちましょう!

  • 写真:Zonこの船に乗って乙女の塔へ

かつて灯台として使われていたこの塔は、いまではレストランとして利用されています。また、上の階は展望スペースになっているので、まるで海の上からイスタンブールを見渡している、そんな特別な体験ができます。

  • 写真:Zon乙女の塔

実際に上陸して見上げてみると、なかなかの迫力です。塔への入場料は特にないので展望階へも無料で上がることができます。

  • 写真:Zon乙女の塔の展望階からの景色

ヨーロッパとアジアの境目、ボスポラス海峡のど真ん中からイスタンブールを一望できる素晴らしい塔。上の写真の右に見える街がユスキュダル、海峡を挟んで左に見えるのがヨーロッパ側の新市街です。

  • 写真:Zon海の上からイスタンブールを一望

新市街のランドマーク的存在、ガラタ塔まで見渡すことができます。天気のよい日はもちろん、夕暮れ時には旧市街の世界遺産の向こうに沈んでいく夕陽を見ることができるので、何回でも足を運びたくなる、そんなスポットです。

乙女の塔
イスタンブール / 建造物
住所:Salacak Mahallesi Üsküdar Salacak Mevkii 34668 Üsküdar/İstanbul地図で見る

その2☆ミフリマー・スルタン・ジャーミィ

建築家はミマール・スィナン!

ユスキュダルの埠頭を降りるとすぐに目に入ってくるのが、Mihrimah Sultan Camii(ミフリマー・スルタン・ジャーミィ)です。

  • 写真:ZonMihrimah Sultan Camii

このモスクは、オスマン帝国時代の栄華を築き上げたスレイマン大帝の娘、ミフリマー皇女のために建てられたもので、1548年に完成しました。トルコの大建築家、ミマール・スィナンによって設計されたものという点も見どころのひとつです。

モスクの外の様子

埠頭のすぐ近くにあるので、モスクの外はとても賑わった雰囲気で、ユスキュダルの地元の人たちで溢れています。

  • 写真:Zonミフリマー・スルタン・ジャーミィから見たユスキュダル埠頭付近

しかし、モスクの敷地内は、外部の喧騒が嘘のように神聖な雰囲気です。地元の人たちもお祈りのために集っています。

  • 写真:Zonミフリマー・スルタン・ジャーミィ 地元の人がたくさん

女性らしさを感じるモスク内部

ムスリム(イスラム教徒)でない場合も、モスク内では女性は頭にスカーフを被り、露出を控えなければなりません。こちらのモスクでは入口の左側にスカーフなどの貸し出しの用意があるので、持参していない場合は使わせてもらいましょう。

  • 写真:Zonミフリマー・スルタン・ジャーミィ 入口付近

準備が整ったらモスク内部を見学です。ミマール・スィナンはミフリマーに密かに恋心を抱いていたという説もあり、その気持ちの表れなのか、内装はほかのモスクに比べて華やかで、柔らかな女性らしさを感じさせます。

  • 写真:Zonミフリマー・スルタン・ジャーミィ 内部

華やかな色合いのステンドグラスから注ぎこまれる太陽の光がモスク内部を柔らかく照らす空間に、必ずや魅了されるでしょう。

  • 写真:Zonミフリマー・スルタン・ジャーミィ 内部

淡い緑や青など様々な色が使われているのに統一感があるのは、まさにミマール・スィナン!と言わずにはいられないモスクです。

ミフリマー・スルタン・ジャーミィ(ユスキュダル)
イスタンブール / 社寺・教会
住所:Mimar Sinan Mahallesi 34664 Üsküdar/İstanbul地図で見る

次のページを読む

イスタンブールの旅行予約はこちら

イスタンブールのパッケージツアーを探す

イスタンブールのホテルを探す

イスタンブールの航空券を探す

イスタンブールの現地アクティビティを探す

イスタンブールのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月24日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【トルコ】イスタンブール名物!サバサンドの屋台船「Derya Balık Ekmek」

トルコ・イスタンブール名物グルメ、サバサンド。中でも有名な、ガラタ橋やエミノニュ広場の近くにあるサバサンドの屋台船「Derya Balık Ekmek」の詳細を...


イスタンブールで巡る『オスマン帝国外伝』関連スポット7選

2017年夏にシーズン1が放送されて以来人気を博したテレビドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~』のシーズン2が、2018年7月に放送されます。舞台となっ...

王道プラン!イスタンブール旧市街を一日で観光する満喫コース

世界で唯一ヨーロッパとアジアにまたがる街、トルコ イスタンブールには一日では観光しきれない魅力的なスポットがたくさんあります。今回はイスタンブールの旧市街を効率...

知らなきゃ損!ミュージアムパスを利用してイスタンブールをかしこく周ろう!

トルコ イスタンブールの博物館をお得に見学することができるミュージアムパスをご存知ですか?長い歴史を持つ街 イスタンブールには、ビザンツ帝国時代の建造物を利用し...

ガイドブックに載らないイスタンブールの魅力!カドゥキョイでしたいこと4選

トルコ イスタンブールの主要観光スポットは、ヨーロッパ側に集中しています。しかしアジア側のKadıköy(カドゥキョイ)も、トルコらしさ、イスタンブールらしさを...

この記事を書いたトラベルライター

トルコの魅力を発信中
トルコ、特にイスタンブールの魅力を発信中!
ガイドブックには載らないけれど魅力なスポット、現地の人と実際に触れ合うからこそ発見できるような場所、もちろん定番の観光スポットや食べ物もご紹介していきます。

ロシアへの留学を含め、訪問した国は17ヶ国
海が見える場所、モスク、バクラヴァ、カフェ、飛行機が大好き。
https://ameblo.jp/zonistanbul

欧州のエアライン王者!ターキッシュエアラインズで飛ぶ快適な空の旅

みなさんはターキッシュエアラインズに搭乗されたことがありますか?トルコの国営航空会社であるターキッシュエアラインズは、どの航空会社よりも多くの国に運航していて、...


イスタンブール新空港⇔市内のアクセスならエアポートバス「Havaist」がおすすめ

2019年4月に本格的に始動したトルコ最大の国際空港、イスタンブール空港(イスタンブール新空港)。空港⇔市内間をバスでアクセスする方法や料金、所要時間などをご紹...

絶対に喜ばれるトルコ土産!ロクムの老舗ハジュ・ベキル

みなさんはトルコのお土産と聞くと何を想像しますか?色とりどりのトルコランプや繊細な模様が美しいトルコ絨毯、それともエキゾチックな香り漂う香辛料?選ぶのも迷ってし...

エキゾチックがとまらない!トルコで買いたいお土産5選☆

トルコと聞いて、思い浮かぶお土産はなんですか?見ているだけでも楽しくなる異国情緒たっぷりの雑貨が多いトルコでは、お土産選びも楽しみのひとつ。空港でもある程度買う...

実際に買いました!おすすめのトルコ土産4選

トルコ イスタンブールには定番以外にも魅力的なお土産がたくさんあります。自分用にも友達用にも会社用にも、イスタンブールマニアの筆者が実際に買って「よかった!」と...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?