鎌倉
鎌倉観光
古都の町並みが美しい日本を代表する観光地のひとつ

穴場なのに何度でも行きたくなる!鎌倉「花の寺」光則寺

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:48都道府県

2018年9月6日更新

1,465view

お気に入り

この記事の目次表示

日朗が幽閉された土の牢

土牢に続く道

花のお寺として穏やかな雰囲気の光則寺ですが、境内の奥には歴史に揉まれた人々の痕跡を残すように土牢があります。

山門側から見て、境内の右奥にある石段を進んでいきます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto石段

石段を登っていくと、先ほどまで花を愛でていた本堂の高さをぐんぐんと追い越し、すっかり本堂の屋根が見える高さまで登ります。土牢は光則寺の裏山にあるという感じで、しばらく登って振り返ると、完全に光則寺の庭園が見渡せてしまいます。

階段を登りきると「日朗」が幽閉されていたと言われる土の牢が現れます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto土牢

非常に大きな牢です。土というより岩をくり抜いたような牢で、がっしりとした太い角材でその入り口をふさいでいます。土牢の中は、ところどころ壁面がくずれたのか、床に砕けた石が転がっていて、荒れた雰囲気です。

土牢の歴史

この荒涼とした牢に閉じ込められていたのは「日朗」という人でした。

日郎は、日蓮宗を興した「日蓮」の弟子でした。幽閉されたきっかけは、日郎本人の非によるものではなく、日蓮に端を発する事件からでした。

日蓮は、鎌倉時代に「立正安国論」という書をかきあげます。当時幕府で働いていた「宿屋光則」という人に、この書を渡し、幕府を動かしていた北条時頼に「ぜひ渡してほしい」とお願いします。

しかし、この書がきっかけで、日蓮と日朗の不幸が始まります。実は立正安国論は、この時代に既に浸透していた浄土教を批判したもので、これが世間の怒りを買ってしまうのです。

世間の怒りをかった日蓮は、とらえられ島流しとなりました。日蓮から「書を北条時頼に渡して」と頼まれた宿屋光則が、監視役として日朗の身をあずかることになりました。

その時に、日朗を幽閉したのがこの土牢です。土牢に日朗を幽閉し監視するという立場の宿屋光則でしたが、日朗と交流を深めるうちに、日朗を慕うようになりました。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto土牢内部

時がたち日朗が許されると、宿屋光則は自分の土地に寺を建立し、日朗を迎えいれました。それがここ光則寺です。

宿屋光則が建立したから「光則寺」なのですね。ちなみにこの辺一帯のことを「宿屋」とも言います。宿屋光則の当時のこの地における影響力がうかがい知れますね。

宿屋光則と石碑群

それでは土牢を後にして、来た道を戻りましょう。途中には宿谷光則のお墓もあります。戻りつつ、このお寺を興した宿谷光則にも手をあわせていきましょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto宿谷光則墓

山門の前には、光則寺が宿屋光則の家であったことを示す石碑が建っているんですよ。お帰りの際にぜひ見てみてくださいね。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto山門前の石碑

こんなふうに光則寺は、過去の出来事を石碑として随所に残しているのも特徴です。

土牢の傍らには、日蓮が日朗に送ったといわれる手紙「土牢御書」の石碑が建てられています。離れていても弟子を思いやる、日蓮の気持ちが伝わってきますよ。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto土牢御書の石碑

本堂前には、立正安国論を北条時頼に渡したとされる経緯が記された石碑も立っています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto立正安国論の石碑

参拝客に花を愛でるだけでなく、この光則寺に刻まれた歴史もしっかりと知ってほしい-と言う気持ちが伝わってきますね。

庭園と池

土牢の歴史を学んだあとは、もう一度光則寺の自然を楽しんで、この旅を締めるとしましょう。

土牢から境内に戻ると、庭園と池のあるエリアがあります。

景観美にこだわる光則寺では、池がよく眺められるように、池をぐるりと囲んだ小道が作られています。しかも、奥に従って高くなっているので、いろんな高さから楽しめるんですよ。本当にどこまでもこだわりを感じさせる庭園づくりに感動してしまいます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto庭園と池

池のまわりの小道を歩いていると、ところどころ自らの季節を終えた花びら達が、足元に散っているのが見えます。こんなところも花の寺ならではという感じの風情で、やっぱりまた来たい!と思ってしまいます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto本堂と池

足元だけではなく頭上では、土牢のある裏山の木々と、光則寺の草木に誘われて、鎌倉の鳥たちが青い空の中を軽やかに飛んでいく姿も見えます。なんだか贅沢な時間だなあ~と唸る景色を満喫できますよ。

おわりに

いかがでしたか?鎌倉の花の寺「光則寺」。

落ち着いた所にあるので、一人でゆっくり静かな時間を楽しむも良し。とっても多くのお花があるので、お花好きの方を誘って季節を楽しむのも良し。

自分にあった楽しみ方で光則寺を散策してみてくださいね。

光則寺
鎌倉 / 社寺・教会
住所:神奈川県鎌倉市長谷3-9-7地図で見る
電話:0467-22-2077

鎌倉の旅行予約はこちら

鎌倉のパッケージツアーを探す

鎌倉のホテルを探す

鎌倉の航空券を探す

鎌倉の現地アクティビティを探す

鎌倉のレンタカーを探す

鎌倉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年4月27日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...

【関東】6月のおすすめ花畑29選!6月に見頃を迎える花の名所ガイド

6月は、春バラにあじさい、ハナショウブ、ラベンダーに蓮などの花々が見頃を迎える季節。しっとりした梅雨空の下に広がる花畑の光景を見に出かけませんか。6月に見頃を迎...


【鎌倉】SNS映えにピッタリ!江ノ電・長谷駅周辺のスポット10選

東京からのアクセスに便利な古都・鎌倉。中でも江ノ島電鉄・長谷駅周辺では鎌倉大仏をはじめ、季節の花の名所「長谷寺」など、歴史的なスポットやおしゃれなレストランなど...

半日で楽しむ鎌倉さんぽ!鶴岡八幡宮~長谷モデルコース♪

四季折々の魅力にあふれる神奈川・鎌倉。とにかく見所がたくさんあって、楽しむには丸一日かかるイメージがある人も多いのでは?いえいえ、そんなことはありません!アクセ...


【関東】夏のおすすめ花畑42選!初夏〜真夏に見頃を迎える花の名所ガイド

初夏〜真夏は、春バラにあじさい、ハナショウブ、ラベンダーにひまわりなどの花々が見頃を迎える季節。しっとりした梅雨空やまぶしい夏空の下に広がる花畑の光景は、まさに...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...

【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...


【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...


鎌倉の恋の神様にご縁を願おう「葛原岡神社」

鎌倉の縁結びの神様として女性参拝者に人気なのが、「葛原岡神社」。縁結びのご利益を持つ神様はたくさんいらっしゃいますが、女性に人気なのは、至る所に女子力を高めてく...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」で鎌倉の音声ガイドを聴く

鎌倉の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?