鎌倉
鎌倉観光
古都の町並みが美しい日本を代表する観光地のひとつ

穴場なのに何度でも行きたくなる!鎌倉「花の寺」光則寺

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2018年9月6日更新

2,073view

お気に入り

鎌倉にある「光則寺」は、数々の自然美をあわせもつ鎌倉寺院の中でも、境内の草木の種類が他の寺院よりも圧倒的に多く(約200種類超え)、「花の寺」と呼ばれています。季節ごとに彩りの異なる花が咲き、通年を通して趣深い景色を楽しめるので、鎌倉通は何度もリピートしている魅力的なお寺です。境内には美しい花々だけでなく、日蓮の弟子が幽閉された牢や、関わる人々の記録を伝える石碑が残り、鎌倉の歴史をしっかり学べるお寺でもあります。光則寺の自然美の見どころと、歴史をご案内します。

この記事の目次表示

鎌倉でも代表的な「花の寺」

光則寺は数々の自然美をあわせもつ鎌倉の寺院の中でも、境内の草木の種類が圧倒的に多く、「花の寺」と呼ばれています。

特に、200種類を超える花々や、鎌倉市の天然記念物のカイドウの古木をお目当てに、季節のうつろいを花とともに楽しみたい参拝客が訪れます。

光則寺は全体的に境内の雰囲気がとっても明るく、いつどんな気分で行ってもリフレッシュできるお寺なんです。

その秘密は、光則寺が山に面していて、周囲に比べて小高い場所にあるから。空からの陽光がまっすぐに降りそそいで、鎌倉の他の寺院よりも境内の草木にパワーを与えている印象があります。訪れた参拝客も、そんな草木を眺めて自然と朗らかな気分になり、パワーをもらえる場所です。

そんな光則寺、「さぞ訪れる人が多いんだろうなあ」と想像してしまいますが、心配はご無用!

幸か不幸か、この付近を訪れる観光客のほとんどは、光則寺の近くにある鎌倉大仏で有名な高徳院や、広大な境内を持つ長谷寺に行ってしまいます。一般のガイドブックでも、なかなか紙面の都合上かじっくり取り上げられることが少ないので、光則寺をご存じない方も多いのです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto静かな光則寺

つまり光則寺は、多彩な草木が春夏秋冬を彩る魅力的なお寺でありながら、人混みを気にせずのんびりと静かな時間を過ごすことができる穴場スポットなんですよ。

さて、ここまで読むと「美しい草花に囲まれた穏やかなお寺」というイメージですが、実は光則寺の歴史の中では幽閉の地として使われていたこともあり、境内にはその形跡も残っていることから、歴史的見どころも備えたお寺でもあります。

それではさっそく、鎌倉を代表すべき花の寺「光則寺」を散策してみましょう。

山門と藤

こちらが光則寺の入り口、山門です。落ち着いた厳かな鎌倉のお寺という気配です。さっそく山門をくぐり、境内の中に入りたいところですが、そこはグッとこらえて!

実は山門の前から、既に光則寺が誇る自然美のお出迎えが始まっているんですよ。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto山門

山門前には立派な藤棚があり、毎年4月下旬から5月にかけて、頭上から艶やかに覆いかぶさる藤が楽しめるんです。

真下に入って眺めてみると、真上から降り注ぐ陽光がやわらかに藤色に染まって、一瞬で別世界に来たような気分になってきます。目に映る光景だけでなく、藤の爽やかで甘い香りが全身を包んで、ずーっとここに居たくなってしまうほど。

ぜひぜひ、光則寺の山門をくぐる前に、藤のシャンデリアを楽しんでくださいね。

十分藤を堪能した後は、いよいよ山門をくぐって境内に入ります。

山野草と茶花マップ

山門をくぐって、すぐ正面にはぜひゲットして欲しいマップが置かれています。

境内には非常に多くの草花が植えられています。その圧倒的な種類にびっくりするのが、こちらの「山野草と茶花マップ」。光則寺に入ったらぜひゲットしましょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto山野草と茶花マップ

参拝客にお花を楽しんでもらいたいという、花のお寺としての細やかな配慮が伝わってきますね。

このマップを見ながら境内を巡っていきます。丁寧に作りこまれているこちらのマップですが、あまりの種類の多さにびっくり。正直な感想として「多すぎてどこに何があるのやら!」と、嬉しいため息が出てしまうお寺です。

このマップを見ながら、鮮やかな花々を楽しみます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto境内の花

当然季節ごとにお花の種類は変わるわけですから、一度行った人はコンプリートするために、何度でも足を運びたくなるお寺になるのです。

ところで、マップを見て何かお気づきになりませんか?ヒントはレイアウトです。

参拝客に自然を楽しんでもらうためか、光則寺は普通のお寺とは、境内のレイアウトが少し異なっているのです。

普通のお寺は山門をくぐると、境内の中心部に向かって参道がまっすぐ通っているものですが、光則寺ではお寺の中心となる建物までの間に石碑が置かれ、木々が植えられています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto光則寺境内

つまり、参拝客は中心部まで、余計に距離を歩くことになるんですね。お寺の中心となる建物も、石碑や草木に隠されて、あえて見えません。この配慮おわかりですか?

参拝客は通常のレイアウトより長い距離を、草花に集中して歩けるんです。なかなか考えらえた趣のあるレイアウトなんですね。

本堂とカイドウ

じっくり境内を迂回すると、お寺の中心的な建物である本堂に到着。

本堂前にはカイドウの古木があります。光則寺ではこのカイドウの木が一番有名なのではないでしょうか。毎年4月頃には、桜のようなピンクのお花が艶やかに咲きます。

こちらのカイドウの樹齢は、200年以上。鎌倉市の天然記念物として指定されています。

もしカイドウの季節に光則寺を訪れることができたなら、このカイドウのお花をじっくり見てみてください。

カイドウは、遠くから見ると桜によく似たピンクのお花ですが、近くで見ると、真っ白い花びらに、ピンクの絵の具をやんわり流し込んだかのようなまだら模様なのです。

花びらに表情があるとしたら、お酒を飲んで頬がホンノリ染まっているようですね。

なぜ「お酒を飲んだよう」と書いたかというと、カイドウにまつわるこのお話をご紹介したかったからです。

カイドウは、中国から日本に渡ってきました。実は中国では、カイドウは美人の代名詞なんです。中国で美人といえば、楊貴妃が有名ですね。

楊貴妃がお酒を飲んだ翌朝、突然皇帝に呼ばれます。普段はきっちり身なりを整えて人前に出る楊貴妃ですが、その時は急だったので髪も乱れたままでした。前日お酒を飲んだことを知っていた皇帝は、「カイドウの花は眠りが足りないなようであるな」と楊貴妃をカイドウに喩えたといいます。

このことからカイドウ=美人として使われるようになりました。

本堂も、このカイドウに彩られるようにほんのりピンク色に染まって春色の様相です。気のせいではなく、白い壁には周囲の色が反射して写りやすいんですよ。

次のページを読む

夏休みの格安航空券をskyticketで検索

鎌倉の旅行予約はこちら

鎌倉のパッケージツアーを探す

鎌倉のホテルを探す

鎌倉の航空券を探す

鎌倉の現地アクティビティを探す

鎌倉のレンタカーを探す

鎌倉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年4月27日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【関東】夏のおすすめ花畑42選!初夏〜真夏に見頃を迎える花の名所ガイド

初夏〜真夏は、春バラにあじさい、ハナショウブ、ラベンダーにひまわりなどの花々が見頃を迎える季節。しっとりした梅雨空やまぶしい夏空の下に広がる花畑の光景は、まさに...


本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...

【鎌倉】SNS映えにピッタリ!江ノ電・長谷駅周辺のスポット10選

東京からのアクセスに便利な古都・鎌倉。中でも江ノ島電鉄・長谷駅周辺では鎌倉大仏をはじめ、季節の花の名所「長谷寺」など、歴史的なスポットやおしゃれなレストランなど...

全国の神社・お寺の人気ランキングTOP50!旅行好きが行っている寺社ランキング

全国各地に数多ある神社・お寺の中から、トリップノートの4万人の旅行好きトラベラー会員(2019年7月現在)が実際に行った全国の人気寺社ランキングTOP50をご紹...

半日で楽しむ鎌倉さんぽ!鶴岡八幡宮~長谷モデルコース♪

四季折々の魅力にあふれる神奈川・鎌倉。とにかく見所がたくさんあって、楽しむには丸一日かかるイメージがある人も多いのでは?いえいえ、そんなことはありません!アクセ...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...

どメジャーなのに謎だらけ?鎌倉大仏の謎に迫る旅

「鎌倉」と言えば多くの人が連想するのが、青銅色の巨大な大仏様ではないでしょうか?そんな鎌倉のシンボル的な存在でありながら、実はいつ誰が何のために建造したものなの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」で鎌倉の音声ガイドを聴く

鎌倉の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?