久慈市

ココが『あまちゃん』舞台の地だ!岩手・小袖海岸で絶景スポット巡り

取材・写真・文:

訪問エリア:47都道府県

2021年10月26日更新

338view

お気に入り

写真:てっぴい

岩手県の久慈市にある小袖海岸。平成25年(2013年)に放送されたNHKの大人気朝ドラ『あまちゃん』の舞台にもなった場所です!海岸沿いには三陸らしい自然の絶景スポットが数多くありますが、今回はその中から3つご紹介します。

この記事の目次表示

1.『あまちゃん』のモデルとなった“北限の海女”がいる「小袖漁港」

  • 写真:てっぴい『あまちゃん』の舞台・小袖漁港

「じぇじぇじぇ」のフレーズで、その年の流行語大賞にも選ばれたNHKの連続テレビドラマ小説(朝ドラ)の『あまちゃん』。三陸の海女として生きていくことを決めた主人公が、ひょんなことからアイドルとして活躍する中で成長していくというユニークな物語で、平成25年(2013年)の上期に放送されたドラマながら数ある朝ドラの中でも未だに根強い人気を誇っています。

そんな『あまちゃん』のメインロケ地にもなったのが、まさに上の写真に写っている小袖漁港です。久慈駅などがある同じ久慈の市街地からは車でおよそ15分ほど。オープニングにも登場した“白い灯台”こと、小袖港の「北防波堤灯台」があるのも、まさにこちらの小袖漁港になります!

  • 写真:てっぴい小袖漁港にある夫婦岩

写真の「夫婦岩」も朝ドラ『あまちゃん』の舞台に登場したロケ地の1つ。同じ小袖漁港内にあるスポットですが、“三陸の海女”の物語は、何も『あまちゃん』の世界の中だけに留まるフィクションの話ではなく、本当に実在しているんです!

そう!こちらの小袖漁港こそが、まさに海女さんが素潜りの漁を今なお行っている北限の地。「北限の海女」として知られる久慈ですがその歴史は古く、なんと明治維新の頃には既に海女さんたちが素潜り漁を行うようになっていたんだとか。

三陸の冷たい海にも負けず、素潜り漁を行う姿は、小袖漁港に併設されている「小袖海女センター」にて実演もされています。『あまちゃん』の思い出とともに、海女さんたちの見事なテクニックにも注目してみてくださいね!

白灯台
久慈市 / 灯台
住所:岩手県久慈市宇部町第24地割地内地図で見る
小袖海女センター
久慈市 / 観光サービス / 観光案内所・ビジターセンター
住所:岩手県久慈市宇部町24-110-2地図で見る
電話:0194-54-2261
Web:http://www.kuji-tourism.jp/ama/amacenter/

2.これぞ三陸の海岸美!「つりがね洞」

  • 写真:てっぴいつりがね洞

こちらの「つりがね洞」は、久慈の市街地から先程紹介した小袖漁港へとちょうど向かう途中にある絶景スポットです。いかにも三陸らしいド迫力の海岸線の造形美に、穴の開いた岩山が非常に特徴的。言うまでもなく小袖海岸を代表する景勝地です。

実はこちらのつりがね洞、以前は穴の開いた部分に釣り鐘型の岩がぶら下がっていたことから、“つりがね”洞と呼ばれるようになったそうなのですが、釣り鐘型の岩は、明治29年(1896年)に発生した明治三陸地震の際の大津波によって流されてしまい、今はありません。

しかしながら、平成23年(2011年)に発生した東日本大震災の津波には、負けじと今の形を留めて今に至ります。夏の間の僅かな期間には、なんと穴の開いた場所から日が昇る神秘的な光景も眺めることが出来ます!是非とも小袖海岸が誇る迫力の絶景スポットで足を止めて、その姿を目に焼き付けておくと良いでしょう。

久慈海岸・つりがね洞
久慈市 / 自然・景勝地 / 絶景 / 奇岩
住所:岩手県久慈市長内町地図で見る

3.えっ?こんなトコロに滝が…!?県道268号線沿いにある「五丈の滝」

  • 写真:てっぴい五丈の滝

最後に紹介するのは、写真の「五丈の滝」です。つりがね洞のように、迫力ある海岸美が魅力だと思われがちの三陸エリアですが、こちらの小袖海岸ではなんと滝まで見ることができます!しかもこちらの五丈の滝、久慈の市街地から小袖漁港へと至る、先程のつりがね洞と同じ海岸線をずっと走っていく県道268号線沿いにあるんです。

ご覧の通り落差はおよそ20mあって、下から見上げると相応な迫力を持った滝であることが良く分かります。そんな迫力とは裏腹に、道端にバス停がポツンと佇むのみの場所にあるので、実際に訪れてみるとビックリしますよ。

荒々しい三陸の海岸線を横目に、駐車スペースにちょっと車を停めて、気軽に立ち寄ってみることをおススメします!

五丈の滝
久慈市 / 自然・景勝地 / 滝
住所:〒028-0041 岩手県久慈市長内町地図で見る
Web:https://www.kuji-kankou.com/kosode
小袖海岸
久慈市 / 自然・景勝地
住所:岩手県久慈市宇部町小袖地図で見る
電話:0194-52-2111(久慈市観光交流課)

久慈市の旅行予約はこちら


この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

日本全国を駆け巡る国内旅行専門の旅ブロガー
どうもみなさまこんばんは。個人で「日本全国旅そうだんBlog」という旅ブログを営んでいるてっぴいと申します。関東在住の20代で、休日や祝日は主にサイクリングやドライブを通じて西へ東へ飛び回っています。学生時代には自転車の荷台にテントや寝袋などの荷物を山ほど積んで、2週間や3週間、長期の旅に出掛けていたこともありました。現在はドライブや旅先でのサイクリングが中心ですが、そんな私が今まで見てきたこと、体験してきたこと全てひっくるめて、国内旅行の魅力について紹介していけたらと思いますので、よろしくお願いします。
http://cyclingtour587.blog.fc2.com/

埼玉県唯一の「日本の滝百選」!丸神の滝の絶景に出会う旅

皆様は「丸神の滝」という滝をご存知でしょうか?埼玉県小鹿野町にある落差76mの滝で、埼玉県では唯一「日本の滝百選」にも選ばれています。両神山の麓、いわゆる秩父の...


“滝の始まり”を見ることが出来る?!奥日光・湯滝の魅力

奥日光にある湯滝。日本三名瀑にも数えられ、言わずと知れた日光・華厳の滝や、鮮やかな紅葉が大変素晴らしい竜頭の滝と並んで、「奥日光三名瀑」に数えられる美しい滝です...


【千葉】南房総絶景夕焼けスポット!多田良海岸&北条海岸

千葉県南房総市にある多田良海岸と館山市の北条海岸。ともに夏の海水浴シーズンには多くの海水浴客で賑わう場所ですが、西側が海に開けた絶好の夕焼けスポットです!今回は...

本州から!九州から!美しい関門橋の景色に感動する関門海峡の旅

本州と九州との間を隔てる関門海峡。最も距離の短い所だとその間わずか700m弱しかありませんが、本州と九州とを結ぶ連絡橋として昭和48年(1973年)11月14日...

【和歌山】日本三名瀑!那智の滝と世界遺産・熊野古道大門坂を巡る旅

紀伊半島の南部、和歌山県那智勝浦町にある那智の滝。熊野灘に面する海岸沿いから、およそ5kmほど内陸に入った紀伊山地の深い山の中に位置する滝です。茨城県大子町にあ...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります