北九州
北九州観光
門司港や小倉がある九州の玄関口

本州から!九州から!美しい関門橋の景色に感動する関門海峡の旅

取材・写真・文:

訪問エリア:47都道府県

2018年4月20日更新

1,795view

お気に入り

本州と九州との間を隔てる関門海峡。最も距離の短い所だとその間わずか700m弱しかありませんが、本州と九州とを結ぶ連絡橋として昭和48年(1973年)11月14日に開通したのが長さ1,068mの関門橋です。完成当時は東洋一の長さを誇った橋というだけあって、その様子は本州側と九州側のどちらから見ても、とってもダイナミックで圧巻の光景!今回はそんな美しい関門橋を望むことの出来る絶好のビューポイントを、本州側と九州側からそれぞれ1つずつ紹介していこうと思います。

和布刈(めかり)公園から望む関門橋の絶景と門司港の街並み!

正面に迫り来るダイナミックな関門橋と、その向こうに広がるのは、本州最西端に位置する下関の街並み。まず紹介したいのは、九州側から望む関門橋のベストビュースポット!レトロ街としても有名な門司港エリアにある和布刈(めかり)公園から眺める絶景です。

  • 関門橋と下関の街並み

冒頭にも少し触れましたが、こちらはまさに関門海峡の中でも最も距離の短い壇ノ浦~和布刈間の高台に位置する公園で、対岸に見える下関の街まではその間なんとわずかに700m弱しかありません。

山頂には、平知盛(たいらのとももり)が築城を命じたとされる門司城の城跡なども残る和布刈公園ですが、上の写真のように迫力ある関門橋の様子を眺めるのであれば、公園の山腹にある第二展望台からの景色が断然おススメ!

関門橋に突き出た木製のデッキテラスが整備されているこちらの第二展望台からの眺めは、まさに写真にあるとおり。正面にはド迫力の関門橋と、それから目前に広がる美しい下関の街の大パノラマの両方を、一度に楽しむことが出来ます。

  • 写真:てっぴい和布刈第二展望台から見る門司の街並み

またこの第二展望台からは、角度を変えて眺めると、南方に広がる門司港の街並みも良く見渡すことが出来て、こちらもおススメです。

このほか、ここ関門海峡が、源平の合戦として有名な壇ノ浦の戦いの舞台になったことにちなんで、有田焼の陶板およそ1,400枚からなる巨大な壁画「源平壇之浦合戦絵巻」などもありますので、素晴らしい景色とあわせてこちらもぜひ見てみると良いでしょう。

和布刈第二展望台
北九州 / 展望・景観
住所:福岡県北九州市門司区旧門司2丁目地図で見る
和布刈公園
北九州 / 公園・動植物園
住所:福岡県北九州市門司区旧門司2丁目地図で見る
Web:http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kensetu/file_0302...

壇ノ浦の戦いの舞台になったことでも有名!本州から見る関門橋

  • 写真:てっぴい朝焼けの壇ノ浦古戦場跡

関門海峡を渡って反対側に位置する本州から見る、おススメの関門橋ビュースポットはこちら!壇ノ浦の戦いの古戦場跡があることでも有名な、下関市のみもすそ川公園です。

公園内には、壇ノ浦の戦いの古戦場跡があることにちなんで、躍動して互いに向き合う源義経と平知盛の2体の銅像が設置されている他、幕末に起こった下関戦争で活用されたとされる長州藩の砲台のレプリカなどが置かれています。

  • 写真:てっぴい真下から見る関門橋

そんな、みもすそ川公園から国道9号線に沿って海沿いを下関の中心街の方に向かって少し下って行くと、ちょうど橋の真下から関門橋を眺めることが出来て、こちらも圧巻のスケールで、関門橋の様子を楽しむことが出来ます!

また、この辺りは関門海峡の中でも「早鞆(はやとも)の瀬戸」と言われるほど潮流の早い場所としても有名です。潮の流れは公園や国道沿いから見ただけでも時間帯によって行ったり来たりしている様子が分かるほどですので、ダイナミックな関門橋の様子とともに、そういった部分も良く観察してみると面白いかと思います。

壇之浦古戦場跡
山口 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:山口県下関市みもすそ川町1番地図で見る
電話:083-231-1933(下関市公園緑地課)
Web:http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/gen...

九州と本州の行き来はトンネルをくぐって徒歩で移動出来る?!

今回の美しい関門橋の景色を巡る旅はいかがでしたでしょうか?開通からすでに40年以上の時が経つ関門橋は、開通当初から関門自動車道として高速道路の一部になっている為、徒歩で橋を渡ることは不可能ですが、実はこの関門橋のすぐ地下には、関門トンネルと言う国道2号線のトンネルがあります。

なんとそのトンネルの真下に人道が通されていて、歩いて九州と本州とを行き来することが出来るんです!

  • 写真:てっぴい関門トンネル人道の途中にある県境

こちらがちょうど関門トンネル人道地下の福岡県と山口県との県境を示す中間地点。特に本州側の入口は、先程紹介したみもすそ川公園のすぐ近くにありますので、海底にあるトンネルをくぐって、ぜひ旅の記念に歩いて関門海峡を渡ってみるのもおススメですよ!

関門トンネル人道
北九州 / その他スポット
住所:山口県下関市~福岡県北九州市地図で見る
Web:http://www.kanmon.gr.jp/areamap/cross/c_02.php
関門橋
北九州 / 観光名所
住所:福岡県北九州市門司区地図で見る

北九州の旅行予約はこちら

北九州のホテルを探す

北九州の航空券を探す

(福岡空港)

(北九州空港)

北九州のパッケージツアーを探す

北九州の現地アクティビティを探す

北九州のレンタカーを探す

北九州の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年2月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【関門海峡】まるで宝石「門司港」の夜のオススメ観光スポット3箇所

北九州の目玉観光地とも言える門司港。日中でもたくさんのお店や歴史ある建物で賑わっていますが、おすすめは夜景のきれいな夜の時間帯!この記事では、門司港を含む関門海...

福岡の定番・観光スポットならココ!21選

博多ラーメンやもつ鍋、水炊き、明太子とおいしいグルメの宝庫、福岡県。グルメだけではなく、太宰府天満宮や門司港レトロ、新日本三大夜景のひとつである皿倉山展望台など...


槍も通さない!?福岡・甲宗八幡宮のおしゃれな小倉織「災難除け」守り

2016年12月より販売が開始されたばかりの、小倉織の御守。福岡県北九州市にある甲宗八幡宮(こうそうはちまんぐう)から、地元の織物の企業に依頼があり作られたそう...

門司港&下関のレトロな街と海を楽しむスポット7選

福岡県北九州市の門司港と山口県の下関は、明治時代に貿易港として発展し、当時の様子が今に残るレトロなエリアです。歴史が深く芸術的な面からも魅力的な街並みや、港町な...


海風を浴びながら絶景&名所巡り!下関サイクリング

下関は高杉晋作をはじめとする志士たちが活躍した歴史ある街。市内各地に見どころが点在するこの街を巡るには、レンタサイクルがおすすめです。対岸に九州を望む海辺の道を...

この記事を書いたトラベルライター

日本全国を駆け巡る国内旅行専門の旅ブロガー
どうもみなさまこんばんは。個人で「日本全国旅そうだんBlog」という旅ブログを営んでいるてっぴいと申します。関東在住の20代で、休日や祝日は主にサイクリングやドライブを通じて西へ東へ飛び回っています。学生時代には自転車の荷台にテントや寝袋などの荷物を山ほど積んで、2週間や3週間、長期の旅に出掛けていたこともありました。現在はドライブや旅先でのサイクリングが中心ですが、そんな私が今まで見てきたこと、体験してきたこと全てひっくるめて、国内旅行の魅力について紹介していけたらと思いますので、よろしくお願いします。
http://cyclingtour587.blog.fc2.com/

手ぶらでラクラク日帰りサイクリング!房総半島南端の街・館山で楽しむ海の絶景

千葉県にある房総半島南端の街・館山市。例年1月~3月上旬頃にかけて沿道に菜の花が咲き乱れる房総フラワーラインや『南総里見八犬伝』で知られる里見氏の居城・館山城な...

埼玉県唯一の「日本の滝百選」!丸神の滝の絶景に出会う旅

皆様は「丸神の滝」という滝をご存知でしょうか?埼玉県小鹿野町にある落差76mの滝で、埼玉県では唯一「日本の滝百選」にも選ばれています。両神山の麓、いわゆる秩父の...


伊勢志摩絶景ドライブ!美しい海を感じるパールロードの展望台巡り

三重県伊勢市・鳥羽市・志摩市などに跨る志摩半島。リアス式海岸と呼ばれる複雑な海岸線が、幾つもの小さな入り江のような地形を造っており、美しい海の景色を楽しめる人気...

【愛知】知多半島の美しい海の景色を巡る絶景ドライブの旅!

愛知県にある知多半島。対岸に位置する渥美半島とともに、三方を海に囲まれた風光明媚な観光名所でもあります。名古屋などの大都市圏からも近くアクセス良好で、気軽に日帰...


茨城県にある人気の紅葉スポット!花貫渓谷徹底散策ガイド

茨城県高萩市にある花貫渓谷。同じ県北エリアにある大子町の袋田の滝や、常陸太田市にある竜神大吊橋、そして県南部の筑波山と並んで、茨城県を代表する人気の紅葉スポット...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?