那智勝浦町(東牟婁郡)

【和歌山】日本三名瀑!那智の滝と世界遺産・熊野古道大門坂を巡る旅

取材・写真・文:

訪問エリア:47都道府県

2021年3月31日更新

13,089view

お気に入り

写真:てっぴい

紀伊半島の南部、和歌山県那智勝浦町にある那智の滝。熊野灘に面する海岸沿いから、およそ5kmほど内陸に入った紀伊山地の深い山の中に位置する滝です。茨城県大子町にある袋田の滝、栃木県日光市にある華厳の滝と並んで日本三名瀑にも数えられるほどの有名な滝ですから、誰しも一度は訪れてみたいもの。今回は、そんな那智の滝と世界遺産にも登録されている熊野古道をお手軽に散策することの出来る大門坂を紹介していきたいと思います。

この記事の目次表示

これが那智の滝だ!

  • 写真:てっぴい那智の滝

落差133m、銚子口の幅13m、滝壺の深さ10m。流れ出る水の量はなんと毎秒1トン程度にも及ぶと言われ、まさに圧倒的なスケールを誇る那智の滝。

国内には落差300mを超す富山県立山町の称名滝など、まだまだ大きな落差を持つ滝は幾つかありますが、一段の落差においては、こちらの那智の滝が日本一の高さ!元々は、周囲にある大小様々な滝を総称して「那智四十八滝」と呼んでいたので、またの名を「一の滝」とも言います。

3本の筋になって流れ落ちた水が、途中で1本の太い滝筋となって力強く流れ落ちるその様子はまさに圧巻の一言!ドドドドドと勢い良く水の流れ落ちる音も相まって、私たちにより一層滝の臨場感や迫力というものを伝えてくれます。

滝そのものがご神体として祀られる那智の滝

圧倒的な迫力で、勢い良く水が流れる様子を私たちに楽しませてくれる那智の滝ですが、冒頭にある写真のように滝を正面から望む場合、飛瀧(ひろう)神社の境内から那智の滝を望むような格好となります。

こちらの飛瀧神社は、世界遺産にも登録されている熊野那智大社の別宮にあたる神社になりますが、本殿や拝殿などと言ったものはなく、こちらの那智の滝そのものをご神体として祀っている神社です。

  • 飛瀧神社の石段

熊野那智大社へと続く県道から、背の高い立派な杉林に囲まれた石段の階段を降りていくと、目の前に突如としてドン!と現れる立派な那智の滝の姿は、古代より滝そのものがご神体として崇められてきた理由が良く分かるような、そんな神秘的な神々しさをも私たちに感じさせてくれるのです。

飛瀧神社
那智勝浦町(東牟婁郡) / 神社 / パワースポット
住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山2地図で見る
那智の滝
那智勝浦町(東牟婁郡) / 自然・景勝地 / 観光名所 / 絶景 / インスタ映え / 滝 / 紅葉 / 女子旅 / 一人旅 / 秋のおすすめ観光スポット / ツーリング / 世界遺産 / サイクリング
住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山地図で見る

那智の滝へと至る熊野古道・大門坂を歩こう

  • 写真:てっぴい熊野古道・大門坂

ド迫力の那智の滝のスケール感を存分に満喫した後、あるいは那智の滝へと向かう前でも良いかもしれませんが、せっかく那智の滝を見に行くなら、あわせておススメしておきたい観光スポットが大門坂です!

熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと至る参詣道として紀伊半島の広いエリアに跨る熊野古道の中でも、往時の雰囲気をとても良く残している場所であると言われています。

  • 写真:てっぴい大門坂の入口

こちらが大門坂へと至る入口付近の様子になります。大門坂を通る熊野古道は、那智の滝や熊野那智大社などへと向かう県道から途中で分かれて最終的に合流するような格好となりますが、県道沿いには無料の駐車場も整備されており、非常にお手軽に世界遺産の雰囲気を楽しめるというのも大門坂の大きな魅力の1つとなっています。

苔むした石畳の階段に、沿道を覆うのは坂の向こうまで果てしなく続く背の高い杉林の道。まるで過去の時代にタイムスリップしたかのような神秘的な熊野古道の雰囲気を存分に味わいながら、大門坂での散策を楽しみましょう!

大門坂
那智勝浦町(東牟婁郡) / 観光名所
住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字那智山地図で見る
電話:0735-52-5311
熊野古道
田辺市 / 観光名所 / 女子旅 / 一人旅 / ハイキング / 世界遺産
住所:和歌山県田辺市 熊野古道地図で見る
Web:http://www.hongu.jp/kumanokodo/

余力があれば海から歩いて熊野那智大社や那智山青岸渡寺へ!

今回の那智の滝と熊野古道・大門坂を巡る旅はいかがでしたでしょうか?

紹介した2つの観光スポットを簡単に回るのであれば、那智の滝の前か大門坂の入口にある駐車場に車を停めて、那智の滝から大門坂、または、大門坂を歩いて登って那智の滝を巡る観光ルートがおススメですが、紹介した大門坂は上の段落でも少し説明した通り、長大な長さを誇る熊野古道のほんの一部。

ですので、もし時間に余裕があれば、海沿いを走るJR紀勢本線の那智駅から出発して、大門坂や那智の滝などを経由し、参詣道の目的地の1つでもある熊野那智大社や那智山青岸渡寺をあわせて観光してみるのもおススメです!

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日本の人気の滝TOP29!旅行好きが行っている全国の滝ランキング

華厳の滝や袋田の滝、白糸の滝などをはじめとする日本の人気の滝を、トリップノートの7万7千人の旅行好きトラベラー会員(2022年5月現在)が実際に行っている順に、...


関西のおすすめドライブスポット・コース55選!日帰りでお出かけしよう

爽快な景色が楽しめるドライブルートに、花や緑が豊かな景勝地、美しい夜景が望める展望スポットなど、日帰りで行ける関西のおすすめドライブスポット・コースをご紹介しま...

日帰り旅行に!関西のおすすめ観光スポット・エリア33選

奈良公園に北野異人館街、神戸ハーバーランドなどの大人気スポットから、みたらい渓谷に白崎海洋公園、滋賀農業公園ブルーメの丘などの穴場スポットまで、日帰りでの旅行・...

感動の景色が待っている!和歌山県のおすすめ絶景スポット18選

海あり・山ありの自然豊かな和歌山県には、ユニークな岩や夕日スポットなど、思わずカメラのシャッターを連写したくなる写真スポットがたくさん!和歌山の絶景スポットを一...

和歌山デートに!カップルにおすすめのデートスポット30選

パンダの飼育数日本一のアドベンチャーワールドに、まるで『天空の城ラピュタ』のような風景が人気の友ヶ島、「和歌山のウユニ塩湖」としてSNSで話題の天神崎など、カッ...

この記事を書いたトラベルライター

日本全国を駆け巡る国内旅行専門の旅ブロガー
どうもみなさまこんばんは。個人で「日本全国旅そうだんBlog」という旅ブログを営んでいるてっぴいと申します。関東在住の20代で、休日や祝日は主にサイクリングやドライブを通じて西へ東へ飛び回っています。学生時代には自転車の荷台にテントや寝袋などの荷物を山ほど積んで、2週間や3週間、長期の旅に出掛けていたこともありました。現在はドライブや旅先でのサイクリングが中心ですが、そんな私が今まで見てきたこと、体験してきたこと全てひっくるめて、国内旅行の魅力について紹介していけたらと思いますので、よろしくお願いします。
http://cyclingtour587.blog.fc2.com/

埼玉県唯一の「日本の滝百選」!丸神の滝の絶景に出会う旅

皆様は「丸神の滝」という滝をご存知でしょうか?埼玉県小鹿野町にある落差76mの滝で、埼玉県では唯一「日本の滝百選」にも選ばれています。両神山の麓、いわゆる秩父の...


“滝の始まり”を見ることが出来る?!奥日光・湯滝の魅力

奥日光にある湯滝。日本三名瀑にも数えられ、言わずと知れた日光・華厳の滝や、鮮やかな紅葉が大変素晴らしい竜頭の滝と並んで、「奥日光三名瀑」に数えられる美しい滝です...


【千葉】南房総絶景夕焼けスポット!多田良海岸&北条海岸

千葉県南房総市にある多田良海岸と館山市の北条海岸。ともに夏の海水浴シーズンには多くの海水浴客で賑わう場所ですが、西側が海に開けた絶好の夕焼けスポットです!今回は...

本州から!九州から!美しい関門橋の景色に感動する関門海峡の旅

本州と九州との間を隔てる関門海峡。最も距離の短い所だとその間わずか700m弱しかありませんが、本州と九州とを結ぶ連絡橋として昭和48年(1973年)11月14日...

伊勢志摩絶景ドライブ!美しい海を感じるパールロードの展望台巡り

三重県伊勢市・鳥羽市・志摩市などに跨る志摩半島。リアス式海岸と呼ばれる複雑な海岸線が、幾つもの小さな入り江のような地形を造っており、美しい海の景色を楽しめる人気...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります