ラトビア
ラトビア
首都リガは”バルト海の真珠”と称される美しさ

★ラトビア・リガ★フォトスポット7選

2018年6月15日更新

171view

お気に入り

ラトビアの首都・リガは、観光地として日本ではあまり知られていませんが、世界遺産に登録されており、バルト海の真珠と呼ばれています。この街のフォトスポットを、筆者が撮った写真と併せてご紹介します。

この記事の目次表示

フォトスポット7選

【1】House of Blackhead(ブラックヘッドハウス)

職人・芸術家の独身男性の組合(ギルド)のためのパーティホールとして使用されていた建物です。正面から撮影すると、彫金の装飾の細かさが伝わる写真を撮ることができます。斜めから撮影すると、聖ペテロ教会も一緒に写すことができます。

ブラックヘッドの会館
ラトビア / 建造物
住所:Rātslaukums 7, Centra rajons, Rīga, LV-1050,
Web:http://www.melngalvjunams.lv/en

【2】Riga Cathedral(リガ大聖堂)

バルト三国で最大で最古の大聖堂です。大聖堂の北側から撮影すると全体を写すことができます。

リガ大聖堂
ラトビア / 社寺・教会
住所:Riga Cathedral

【3】Rozengrāls(ローゼングラールス)

ラトビア郷土料理のレストランです。外観や、道に飾られているタペストリーが中世の雰囲気を醸し出しています。中世の衣装を着た店員さんが外にいて一緒に写真を撮ってくれることもあるそうです。

ローゼングラールス
ラトビア / 洋食・西洋料理
住所:Rozena 1, Rīga, Latvija
Web:http://rozengrals.lv/en/

【4】Laima Clock(ライマの時計)

ライマはラトビアのチョコレートメーカーで、そのライマが作った時計です。レトロでポップな可愛い時計で、待ち合わせスポットとしてもよく使われるとのことです。すぐ近くにライマのチョコレートショップもあるので、併せて行ってみてください。

ライマの時計
ラトビア / その他スポット
住所:Aspazijas bulvāris 20, Centra rajons, Rīga

【5】Art Nouveau District(アールヌーヴォー建築群)

リガには過度に装飾された建物がたくさんあります。これはアールヌーヴォー建築といい、19世紀末から20世紀初頭にかけて建てられたものです。ユニークで、他ではみられないデザインばかりです。場所などの詳細は☆ラトビア・リガ☆アールヌーボー建築を楽しもうにまとめていますので、そちらをご覧ください。

アールヌーヴォー建築群
ラトビア / 建造物
住所:Art Nouveau District

【6】Riga Nativity of Christ Cathedral(救世主生誕大聖堂)

金色のクーポラと縞模様が特徴的なロシア正教会です。正面から撮るのも良いですが、公園の中にあるので、木々の間から覗くように撮るのもおすすめです。

救世主生誕大聖堂
ラトビア / 社寺・教会
住所:救世主生誕大聖堂

【7】Riga Central Market(リガ中央市場)

リガ中央市場は、巨大なドーム4つからなるヨーロッパ最大級の市場で、毎日10万人前後の人が訪れるそうです。中はほんのり薄暗く、異国の雰囲気を感じられる写真を撮ることができます。

ラトビア中央市場
ラトビア / 市場・朝市
住所:Nēģu iela 7, Rīga, LV-1050
Web:https://www.rct.lv/en/

おまけ

リガには風見鶏がいる建物がたくさんあります。そのなかに、「鶏」ではなく、猫・はしごを持った人が紛れています。地図上の猫マークとはしごマークのところにあります。旅行をしていると目線の高さのものをみていることが多いですが、屋根の上にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

リガへの行き方

日本からリガまで飛行機で行く場合

成田国際空港からリガ国際空港への直行便はありません。周辺各国からのアクセスとなります。イタリア・ドイツ・オランダ等から直行便が出ています。リガ国際空港からリトアニアの首都ビリニュスの街までは、バスで35分ほどです。

リトアニアの首都ビリニュスからバスで行く場合

ビリニュスのVilnius Bus StationからリガのRiga Bus Stationまで、バスで約4時間半です。

エストニアの首都タリンからバスで行く場合

タリンのTallinn Bus StationからリガのRiga Bus Stationまで、バスで約4時間15分です。

リガ
ラトビア / 町・ストリート
住所:Riga,Latvia

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月10日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

この記事を書いたトラベルライター

なんにもないおひとりさまトラベラー
2010年に大学を卒業し、どこにでもいるような普通の会社員をしながら、仕事の合間で少しでも休みができると弾丸ひとり旅に出かけていました。

ものすごく英語が喋れるわけでもなく、ものすごくお金があるわけでもなく、ものすごく地理や歴史に詳しいわけでもなく・・・そんな何にもない私ですが、少しの好奇心とエイやっ!の気持ちで数十カ国巡って数え切れないほどの絶景を見てきました。

興味があるのが、建築物・街並み・大自然・植物・飛行機電車など、詳しくないのは食べ物と買い物とビーチリゾートです。

一人海外旅行をやってみたいけどなかなか思い切れない、という人のきっかけになれればと思っています。
https://liberidesign.wixsite.com/liberidesign

★ベトナム・ホイアン★フォトスポット7選

ベトナム中部・世界遺産の街「ホイアン」。かつて貿易で栄えたこの街は、夜になるとランタンの光に包まれます。ウエディングフォトを撮るベトナム人カップルも多くいるこの...

【大阪】北堀江にある穴場お花見スポット、土佐稲荷神社

関西のお花見の名所には、大阪城公園や夙川公園がありますが、いい場所が取れなかったり、あまりに人が多くてゆっくりできなかったりという思い出がある方もいらっしゃるの...

★オランダ・アムステルダム★フォトスポット7選

水の都として知られる、オランダの首都アムステルダム。運河地区は世界遺産に登録されており、中世の街並みがそのまま残っています。日本からヨーロッパ各国を訪れる際に、...

★イタリア・ローマ★フォトスポット7選

イタリアの首都「ローマ」。永遠の都と称されるこの街には、旅行好きでなくても知っているスポットがたくさんあるのではないでしょうか。コロッセオ、トレビの泉、真実の口...

★マレーシア・クアラルンプール市内&近郊★フォトスポット7選

マレーシアの首都「クアラルンプール」。東南アジアのエキゾチックな雰囲気に、近代的な高層ビルが立ち並んでおり、独特な景色が広がります。クアラルンプール市内と近郊の...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?