ヨーロッパ

◎バルト三国◎ノスタルジックな雰囲気に浸る!7泊9日おすすめ周遊コース

取材・写真・文:

イギリス在住
訪問エリア:44ヶ国

2018年9月7日更新

4,762view

お気に入り

写真:yosiasu

バルト三国という言葉は聞いたことがあっても、どの国のことなのか、それぞれどんな国なのか知らない方は多いのではないでしょうか?エストニア・ラトビア・リトアニアがバルト三国と呼ばれており、観光資源が多く、物価が安くしかも治安も良い、一人旅や女子旅にぴったりなところです。ですが旅行会社のツアーもあまり種類がないエリアなので、個人旅行に挑戦してみてはいかがでしょうか?筆者のおすすめモデルコースにあわせて、街ごとの見どころや、都市間の移動についてご紹介いたします。

この記事の目次表示

ヨーロッパのおすすめツアー
◆往復直行便利用!\祝!創立100周年/【成田発/KLMオランダ航空利用】コスパ重視!モダンな設備と市内中心部へのアクセスの良さが魅力のスタイリッシュな4つ星ホテルご宿泊!世界遺産の運河とコスモポリタンな雰囲気が人気の街《アムステルダム》7日間
92,800円~317,800円
━♪壮大な自然とケルト文化の国アイルランドへ♪━市内中心部で観光地に近い!スタイリッシュな4つ星ホテルにご宿泊!伝統の街並みとアイリッシュパブが魅力の【ダブリン】7日間【羽田深夜発/カタール航空利用】
89,800円~245,800円
【現地午前中着/成田夜発/滞在時間重視のフライト♪】―*河畔の老舗ホテル泊&イングランド地方2都市&ロンドン鉄道周遊!*―シェイクスピアの故郷、エイヴォン川のほとりの小さな街【ストラトフォード・アポン・エイヴォン】&産業革命の舞台【バーミンガム】宿泊!8日間
107,800円~317,800円

モデルコース

日本からエストニア・ラトビア・リトアニアへの直行便はなく、周辺各国で乗り換えます。今回はフィンランド・ヘルシンキ経由でのルートを例にご紹介します。他には、デンマークやロシアやポーランドを経由していくルートがあります(フライトスケジュールは曜日や季節によって変わる可能性があります)。

  • 写真:yosiasu運が良ければマリメッコ模様のフィンエアー便に乗れます
  • 写真:yosiasu機内で配られる紙コップや紙ナプキンはマリメッコ柄です

バルト三国は、北から順にエストニア・ラトビア・リトアニアと並んでいます。どの国もヨーロッパの中では物価は安い方ですが、この3国の中ではエストニアが一番高く、リトアニアが一番安いです。徐々に物価が下がっていく方が旅行しやすいと思いますので、南下するルートをご紹介します。

  • 1日目:昼の飛行機で日本を出発し、フィンランド・ヘルシンキに到着
  • 2日目:(午前)ヘルシンキから、エストニア・タリンへフェリーで移動/(午後) タリン観光
  • 3日目:(午前)タリン観光/(午後)エストニア・タリンからラトビア・リガへバスで移動
  • 4日目:(終日)リガ観光
  • 5日目:(午前)リガ観光/(午後)ラトビア・リガからリトアニア・ビリニュスへバスで移動
  • 6日目:(終日)ビリニュス観光
  • 7日目:(終日)ビリニュス・トラカイ観光
  • 8日目:午前の飛行機でリトアニア・ビリニュスを出発し、フィンランド・ヘルシンキで乗り換え
  • 9日目:午前に日本に到着

【1日目】日本を出発/午後ヘルシンキに到着

11:55成田空港発のフィンエアー便に乗ります。飛行時間約10時間、15:10にヘルシンキ バンター空港に到着。到着後はヘルシンキ市内を観光したり、北欧雑貨を見て周ったりフィンランド料理を楽しんだりして過ごしましょう。

  • 写真:yosiasuHelsingin Tuomiokirkko(ヘルシンキ大聖堂)
  • 写真:yosiasumarimekkoが何店舗もあります

【2日目・午前】ヘルシンキからエストニア・タリンへフェリーで移動

Helsinki West Harbour(ヘルシンキ西港)からTallinn D-Terminal(タリンDターミナル)までフェリーで約2時間です。朝7:30からだいたい3時間おき、時間によって料金は変わりますが、€27〜€43(3,500〜5,600円)ぐらいです。時間を有効活用するには、ヘルシンキ西港7:30発に乗り、9:30にタリンDターミナルに着くように向かうと良いと思います。フェリーのデッキから見るヘルシンキ湾はとても美しいので、ぜひデッキに出てみてください。

  • 写真:yosiasu
  • 写真:yosiasu
ヘルシンキ西港
フィンランド / 駅・空港・ターミナル
住所:West Harbour Länsisatama 00220 ヘルシンキ地図で見る
タリン港・Dターミナル
エストニア / 駅・空港・ターミナル
住所:10151 タリン エストニア地図で見る

【2〜3日目】エストニア・タリンを観光

タリンは旧市街全体がタリン歴史地区として世界遺産に指定されています。城壁や石畳が残る中世の街並みは、絵本の世界に迷い込んだような錯覚をおぼえます。温かみと素朴さを感じながら、のんびり街歩きを楽しみましょう。旧市街に見どころがまとまっており、それほど広くはないので、1日前後で見て周ることができます。

  • 写真:yosiasuToomkirik(聖母マリア教会)
  • 写真:yosiasuKatariina käik(カタリーナ通り)

展望台から見える、赤やオレンジの屋根の連なりの中に教会の尖塔が目立つ景色は、必見です。

  • 写真:yosiasuKohtuotsa vaateplats(コフトウッツァ展望台)からの景色
  • 写真:yosiasuRaekoja Plats(ラエコヤ広場)
詳しくはこちらをご覧ください。
★エストニア・タリン★フォトスポット7選
タリン旧市街
エストニア / 町・ストリート / 観光名所
住所:City Center, Tallinn, Estonia地図で見る

【3日目・午後】エストニア・タリンからラトビア・リガへバスで移動

Tallinn bus stationからRiga bus stationまで約4時間15分、1日7〜8便、€12〜€18.20(1,560〜2,380円)です。ECOLINEというバスは、車内に無料コーヒーと無料Wi-Fiがあります。座席も比較的広いので、長時間の移動でも快適に過ごすことができます。

  • 写真:yosiasu
タリン・バスステーション
エストニア / 駅・空港・ターミナル
住所:Lastekodu 46, 10144 Tallinn, エストニア地図で見る
リガ・バスステーション
ラトビア / 駅・空港・ターミナル
住所:Prāgas iela 1, Latgales priekšpilsēta, Rīga, LV-1050 ラトビア地図で見る

【4〜5日目】ラトビア・リガ観光

リガもタリン同様、旧市街全体がリガ歴史地区として世界遺産に指定されています。「バルト海の真珠」と表現される美しい街です。ブラックヘッドハウスのような有名な建物の他に、タリンに比べると、遊び心のあふれる建物が多くあります。

  • 写真:yosiasuHouse of Blackhead(ブラックヘッドハウス)

「アール・ヌーボー建築群」と呼ばれる、美しくでもちょっとシュールな装飾が施された建築があったり、屋根の上に風見鶏のようにオブジェが飾られていたり、他の国では目にしないものばかりです。

  • 写真:yosiasuRiga Art Nouveau Museum(リガアールヌーボー美術館)内の階段
  • 写真:yosiasuArt Nouveau District(アールヌーヴォー建築群)
  • 写真:yosiasu屋根にはユニークなオブジェ
リガ
ラトビア / 町・ストリート
住所:Riga,Latvia地図で見る

【5日目・午後】ラトビア・リガからリトアニア・ビリニュスへバスで移動

Riga bus stationからVilnius bus stationまで約4時間、深夜バスも含めて1日6〜7便、€12〜€18.70(1,560〜2,450円)です。こちらも、タリン・リガ間でご紹介したECOLINEというバスが走っています。

ビリニュスバスステーション
リトアニア / 駅・空港・ターミナル
住所:Sodų g. 22, Vilnius 03211 リトアニア地図で見る
Web:http://autobusustotis.lt/

次のページを読む

ヨーロッパの旅行予約はこちら

ヨーロッパのパッケージツアーを探す

ヨーロッパのホテルを探す

ヨーロッパの航空券を探す

ヨーロッパの現地アクティビティを探す

ヨーロッパのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年9月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...


【イギリス】コッツウォルズおすすめの可愛い村完全ガイド!8つの村の見所とアクセス方法!

路線バスと列車で巡る「コッツウォルズ」周遊の旅!定番のバイブリーやボートン・オン・ザ・ウォーター、『ハリー・ポッター』ロケ地のレイコックなど、8つの村を訪れるモ...

【イギリス】『ハリー・ポッター』ロケ地巡り!ファン必見のロンドン近郊完全版!

本場イギリスの『ハリー・ポッター』のロケ地。フォトジェニックなファン必見の名所を、ロンドン、そしてロンドンからアクセス可能なオックスフォード、コッツウォルズから...

【ポルトガル】女子旅にぴったり!ポルト観光おすすめ1日コース〜あの『魔女の宅急便』のモデルになった街〜

リスボンに次ぐ第二の都市ポルト。実はここポルトも『魔女の宅急便』のモデルとなったと言われているんです。それも納得、ドロウ川沿いの丘に立ち並ぶカラフルな家々は映画...

【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!

この記事を書いたトラベルライター

なんにもないおひとりさまトラベラー
<!!ロンドンに引っ越しました!!>

2010年に大学を卒業し、どこにでもいるような普通の会社員をしながら、仕事の合間で少しでも休みができると弾丸ひとり旅に出かけていました。

ものすごく英語が喋れるわけでもなく、ものすごくお金があるわけでもなく、ものすごく地理や歴史に詳しいわけでもなく・・・そんななんの特徴もないわたしですが、少しの好奇心とエイやっ!の気持ちで数十カ国巡って数え切れないほどの絶景を見てきました。

興味があるのが、建築物・街並み・大自然・植物・飛行機電車・ビール・ワインなど、詳しくないのは食べ物と買い物とビーチリゾートと南米大陸とアフリカ大陸です。

特に好きな国は、アイスランド・イタリア・リトアニア・カンボジア・カナダです。

一人海外旅行をやってみたいけどなかなか思い切れない、という人のきっかけになれればと思っています。
https://liberitravel.com

【大阪】中崎町の雑貨&アクセサリーショップ7選

大阪といえば食べ歩きのイメージが強いと思いますが、ここ中崎町はおしゃれなカフェや雑貨屋が集まるエリアとして人気があります。大阪駅から歩いて行けるエリアなので、百...


◎ポルトガル◎初めての個人旅行に!ポルトガルの7泊9日周遊コース

治安が良く物価も安い、歴史的な街並みやのどかな自然が魅力的なポルトガル。ツアーだとコースが決められてしまいますが、個人旅行なら行きたいところだけに時間を使うこと...

☆スペイン・バルセロナ☆ピンチョス・タパス食べ歩きにおすすめのバル5選

サグラダ・ファミリア聖堂やカサ・バトリョ等、アント二・ガウディの作品で有名な観光地・バルセロナ。美食の街としても知られており、ピンチョスやタパスの食べ歩きを楽し...

★ベトナム・ホイアン★フォトスポット7選

ベトナム中部・世界遺産の街「ホイアン」。かつて貿易で栄えたこの街は、夜になるとランタンの光に包まれます。ウエディングフォトを撮るベトナム人カップルも多くいるこの...

【大阪】北堀江にある穴場お花見スポット、土佐稲荷神社

関西のお花見の名所には、大阪城公園や夙川公園がありますが、いい場所が取れなかったり、あまりに人が多くてゆっくりできなかったりという思い出がある方もいらっしゃるの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?