リトアニア
リトアニア観光
首都ヴィリニュスの旧市街は東欧最大規模

リトアニアのお土産に!蜂蜜から生まれた酒「ミード」

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:19ヶ国

2019年4月5日更新

2,295view

お気に入り

出典:makimomo.com

ヨーロッパの小国リトアニアは、小さいながらも観光資源が豊富であり、豊かな自然に囲まれているため「森と湖の国」といわれています。そんなリトアニアの名物である、蜂蜜から作ったお酒「ミード」をご紹介します。

この記事の目次表示

森に囲まれた蜂蜜天国「リトアニア」

バルト三国の南に位置するリトアニアは、とても穏やかな雰囲気の小さな国です。国土の大部分が農地と森林に覆われていて、そこには4,000以上もの湖が存在する「森と湖の国」として知られています。

また良質な蜂蜜の産地でもあり、郊外へ行くと養蜂箱を見かけることも多いでしょう。ミツバチは花や草木が茂るきれいな環境でしか生きれませんが、そのミツバチ達もやはりリトアニアはお気に入りなようです。

蜂蜜からできた製品が豊富!

ギフトショップに行くとたくさんのキャンドルを見かけます。これはミツロウキャンドルといって、ミツバチのお腹から出る、蜂の巣と同じ成分でできたロウソクです。それだけでなくミツロウ石鹸なども売られており、環境に優しく見た目も可愛いのでお土産としても最適です。

  • 写真:まきまき

もちろん蜂蜜そのものも種類豊富であり、様々な大きさの瓶が売られています。普段は蜂蜜の味を比べる機会などないと思いますが、リトアニアでは何種類もの味を試すことができます。そのほか蜂蜜ビールに蜂蜜ケーキなどもあり、まさに「蜂蜜天国」となっています。

リトアニアの土産におすすめの蜂蜜酒「ミード」

リトアニアの蜂蜜から作られたものの中で、最もおすすめなのは蜂蜜のリキュール「ミード」です。ミードにはたくさんの種類がありますが、これからご紹介するのはあのエリザベス女王からお墨付きをもらったという、名誉ある銘柄でありリトアニア国家遺産にも指定されているものです。

またリトアニアはミネラルウォーターの採水地でもあるため、美味しい蜂蜜だけでなく、豊富な天然水によってもこのお酒が出来上がっています。

品格漂う2種類のおすすめミード

ご紹介する蜂蜜酒は2種類あり、ひとつはアルコール度数12%の甘口ミードです。これには醸造所のある町の名前が付けられ、スタクリシュケス(Stakliškės)と呼ばれています。

12%というのは一般的なワインの度数とそれほど変わりません。飲み方はロックやストレートでいただいてもまったく問題ないでしょう。蜂蜜風味の甘くてまろやかなテイストなので、女性にはもちろんおすすめです。ラベルもかわいいので贈り物にしても喜ばれるのではないでしょうか。

もうひとつはなんとアルコール度数50%のミードです。こちらはスクティニス(Suktinis)といって、14種のハーブと3種のベリーが配合された、濃厚なテイストになっています。アルコール度数はかなり強いですが、チビチビいくよりショットグラスで、くいッと思い切ってしまう方がいいかもしれません。

スクティニスはリトアニア語で「回る」という意味らしく、リトアニア伝統舞踊にも同じ名前が付けられています。旅の思い出として12%のスタクリシュケスとセットで購入し、家族や友達で飲み比べをしてみてはいかがでしょうか。

蜂蜜酒に関するマメ知識

蜂蜜酒は世界最古のお酒といわれていて、その歴史は紀元前7000年にもなるそうです。酒造りには糖分が必要ですが、砂糖が出回るのはもっと後になってからであり、最も古いものでは蜂蜜に果汁を混ぜて発酵させていたことがわかっています。

また滋養強壮の効果があるため、大昔のヨーロッパでは新婚夫婦は1ヶ月間、室内に閉じこもって蜂蜜酒を飲みながら子作りに励んだ時代があったそうです。その蜜の月「ハニームーン」は現在の「ハネムーン」の語源になったといわれています。

おわりに

リトアニアの蜂蜜製品、そして蜂蜜酒「ミード」をご紹介しましたが、上記のボトル以外にもいろいろな種類があり、アルコール度数も様々です。お酒が好きな方はご自身で楽しむのもいいですし、お土産や話のネタにもなるのではないでしょうか。

一番のおすすめはやはり甘くて飲みやすい、アルコール度数12%のスタクリシュケスです。蜂蜜酒はスーパーマーケットでかんたんに手に入るので、リトアニアに行った際には是非探してみてください。

リトアニアの旅行予約はこちら

リトアニアのパッケージツアーを探す

リトアニアのホテルを探す

リトアニアの航空券を探す

リトアニアの現地アクティビティを探す

リトアニアのWi-Fiレンタルを探す

関連するキーワード

※この記事は2019年4月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

トラベルフォトグラファー
カメラを片手に一人旅をしています。行ったことのある場所を再び訪れても、旅にはふたつとして同じ経験はなく、世界はミラクルの連続です。感動からハプニングまで、様々な出会いの中にたくさんの面白さがあり、出発してから帰るまですべての場所が目的地ですね。

それらを旅好きな仲間達と共有していけたらと思っています。みなさんの旅がHappyでありますように。
http://makimomo.com

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...


スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...


日本三大パワースポット!長野県の分杭峠でゼロ磁場を体感しよう

長野県の分杭峠(ぶんぐいとうげ)は標高1,424mの静かな山の中に位置しています。そこはゼロ磁場と呼ばれる特殊な状態が生み出されていて、世界有数のパワースポット...

のんびり過ごせる冬の沖縄・石垣島の楽しみ方とおすすめ観光

日本を代表する南国の島といえば、沖縄県の石垣島。その素晴らしい光景は、一度訪れたことで虜になる人も多いのではないでしょうか。ただ南国といっても、活動的に過ごすだ...

【2020年】ロシア大使館とビザセンターでのビザ申請方法と注意点

2019年6月3日からロシア大使館でのビザ申請は完全予約制となりました。このような制度は急な変更が付き物ですが、東京の在日ロシア大使館とロシアビザセンターで申請...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?