ロンドン
ロンドン観光
古い建物が残る街並みが美しく交通機関が発達

ロンドン最安値【Megabus/メガバス】で超格安バス観光

取材・写真・文:

トラベルライター

2018年8月20日更新

2,023view

お気に入り

写真:トラベルライター

見どころあふれるロンドンを観光するなら「バス観光」がおすすめです◎ 疲れた足を休めながら観光ができるうえ、なんと今回紹介するツアーは£1~(約140円〜)という超格安。そんな絶対知っておきたい「Megabus/メガバス」のロンドン観光ツアーを紹介します!

この記事の目次表示

イギリスで超格安バスといえば「Megabus/メガバス」

  • 写真:トラベルライターmega bus

片道1ポンド:約140円~(予約手数料50ペンス:約70円は別)」という謳い文句を掲げ、今やイギリスのほぼ全土、さらにロンドン~アムステルダムなどの国外移動において超格安の長距離バスサービスを提供しているのが、イギリスの超格安バスでお馴染みの「Megabus/メガバス」です。

  • 写真:トラベルライターmega bus

そんなメガバスが、2018年4月より「ロンドンバス観光」を新たなサービスとしてスタートさせたのです!もちろん、このロンドンバス観光も「片道1ポンド約:140円~(予約手数料50ペンス:約70円は別)というメガバスならではの謳い文句は共通。まさにロンドン最安値でバス観光をすることができちゃうのです!

実際に、筆者は乗車券1ポンド手数料50ペンスの合計1.5ポンド(約210円)で乗車することができました!とはいえ、1ポンドが対象となる座席数は非常に限られていることと、ラッシュアワー時には適応されないことなどを踏まえて、できるだけ前もって予約するのがおすすめです◎

Megabus/メガバスのロンドンバス観光の特徴&魅力

ロンドンの見どころをすべて制覇できる!

  • 写真:トラベルライターTower bridge

メガバスのロンドンバス観光では、ロンドンを訪れたのなら必ず目にしたい、50ものランドマークを巡ることができます!

絶対に外せないロンドンアイ(London Eye)やビッグベン(Big Ben)、バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)などをはじめ、なんと50ものランドマークを巡ることができるのです。「とにかくロンドンの見どころをすべて制覇したい!」という人も満足できること間違いなしです。

メガバスで巡る50ものランドマーク

  • 1. Tower of London(ロンドン搭)
  • 2. HMS Belfast(巡洋艦ベルファスト記念艦)
  • 3. Victoria Embankment(テムズ河沿い)
  • 4. Cleopatra’s Needle(クレオパトラの針)
  • 5. Houses of Parliament(国会議事堂)
  • 6. Big Ben(ビッグベン)
  • 7. Parliament Square(パーラメントスクエア)
  • 8. Palace of Westminster(ウェストミンスター宮殿)
  • 9. Westminster Abbey(ウェストミンスター寺院 )
  • 10.Whitehall(ホワイトホール)
  • 11.Churchill War Rooms(チャーチル博物館・内閣戦時執務室)
  • 12.The Cenotaph(戦没者記念碑)
  • 13.Downing Street(ダウニング街10番地)
  • 14.Horse Guards(ホース・ガーズ)
  • 15.Trafalgar Square(トラファルガー広場)
  • 16.Nelson’s Column(ネルソン記念柱)
  • 17.Admiralty Arch(アドミラルティ・アーチ)
  • 18.National Gallery(ナショナル・ギャラリー)
  • 19.Regent Street(リージェント・ストリート)
  • 20.Piccadilly Circus(ピカデリーサーカス)
  • 21.The Statue of Eros(エロスの像)
  • 22.Theatre Royal Haymarket(シアターロイヤル ヘイマーケット)
  • 23.St. James’s Palace(セント・ジェームズ宮殿)
  • 24.Green Park(グリーンパーク)
  • 25.The Ritz Hotel, London(ザ リッツ ロンドン)
  • 26.Hyde Park Corner(ハイド・パーク・コーナー)
  • 27.Park Lane(パークレーン)
  • 28.Hyde Park(ハイド・パーク)
  • 29.Speakers’ Corner(スピーカーズ・コーナー)
  • 30.Marble Arch(マーブル・アーチ)
  • 31.Buckingham Palace(バッキンガム宮殿)
  • 32.Westminster Bridge(ウェストミンスター橋)
  • 33.County Hall (London Dungeon, London Aquarium)(ロンドン・カウンティ・ホール)
  • 34.London Eye(ロンドン・アイ)
  • 35.Royal Festival Hall(ロイヤル・フェスティバル・ホール)
  • 36.South Bank(サウス・バンク)
  • 37.BFI IMAX(ロンドンBFI IMAX)
  • 38.Waterloo Bridge(ウォータールー橋)
  • 39.Somerset House(サマセット・ハウス)
  • 40.Aldwych(ワン アルドウイッチ)
  • 41.Royal Courts of Justice(王立裁判所)
  • 42.Fleet Street(フリート・ストリート)
  • 43.St. Paul’s Cathedral(セント・ポール大聖堂)
  • 44.Mansion House, London(マンションハウス)
  • 45.Bank of England(イングランド銀行)
  • 46.Monument to the Great Fire of London(ロンドン大火記念塔)
  • 47.London Bridge(ロンドン橋)
  • 48.The Shard(ザ・シャード)
  • 49.City Hall(シティ・ホール)
  • 50.Tower Bridge(タワーブリッジ)

オープントップの2階建てバスから、パノラマ光景が楽しめる!

  • 写真:トラベルライターthe most biggest cinema in the UK

ロンドン観光で使用されるメガバスのバスは、オープントップの2階建てバス!そのため、天候に恵まれさえすればぜひ2階に座りたいもの◎ 開放感あふれるオープントップの座席から眺めるロンドンの景色は、遮るものがなくパノラマで楽しめて、まさに贅沢そのもの!

次のページを読む

ロンドンの旅行予約はこちら

ロンドンのパッケージツアーを探す

ロンドンのホテルを探す

ロンドンの航空券を探す

ロンドンの現地アクティビティを探す

ロンドンのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月17日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【イギリス】『ハリー・ポッター』ロケ地巡り!ファン必見のロンドン近郊完全版!

本場イギリスの『ハリー・ポッター』のロケ地。フォトジェニックなファン必見の名所を、ロンドン、そしてロンドンからアクセス可能なオックスフォード、コッツウォルズから...


ヨーロッパの人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

ローマのコロッセオやパリのエッフェル塔などのヨーロッパの観光名所の中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行ってい...

ヨーロッパの人気のお城・宮殿TOP30!旅行好きが行っているお城&宮殿ランキング

バッキンガム宮殿やノイシュバンシュタイン城などヨーロッパの城・宮殿の中から、トリップノートの6万3千人の旅好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行って...

【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!第一弾

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...

イギリスの人気観光スポットTOP30!旅行好きが行っている観光地ランキング

バッキンガム宮殿やビッグ・ベンなどをはじめとするイギリスの観光スポットの中で、トリップノートの4万7千人の旅行好きトラベラー会員(2019年10月現在)が実際に...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」でロンドンの音声ガイドを聴く

ロンドンの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります