ルクセンブルク
ルクセンブルク観光
小国ながら魅力に溢れた富裕国

優美で豪奢な昼の顔とハードトランスな夜の顔~ギャップに驚く世界屈指の富裕国ルクセンブルク~

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:183ヶ国

2020年6月19日更新

2,191view

お気に入り

写真:toshel

ルクセンブルク公国はヨーロッパの中心に位置する小国です。小国というのは、面積や人口がそれを指しているためで、1人あたりのGDPは世界一と、経済的には超大国です。中世にタイムスリップしたような街の景観や歩く人々にどこか優雅さを感じさせます。しかし、そんな豪華でエレガントな顔とは裏腹に、夜になると少し違う顔も!今回は、ルクセンブルクの昼と夜の顔のギャップをお楽しみいただきたいと思います。

この記事の目次表示

優美で豪奢な昼の顔

  • 写真:toshel

ルクセンブルクは、ベルギーやフランス、ドイツに隣接する小国です。面積は日本の沖縄程度で、人口は60万人弱と本当に小さく、その国土もほとんど緑に覆われた自然豊かな国です。国としての歴史はそれほど長くはありませんが、古くからこの地に住み着いた周辺国の人々によって街が築かれているため、建物の優美さ、豪華さはフランスのパリを彷彿とさせるものです。

それでは、ルクセンブルク旧市街の昼の顔を散策します。

  • 写真:toshel

ルクセンブルク駅

  • 写真:toshelルクセンブルク駅

ルクセンブルク駅は、ルクセンブルク国内の鉄道交通の拠点であるだけでなく、周辺各国への国際駅でもあります。ルクセンブルク市を流れるペトリュッス川のすぐそばにあり、当時はドイツ連邦の要塞として建てられました。木造だった建物は、ドイツ人建築家により近代風な駅舎に立て替えられ、ネオバロック様式の美しい外観で、往来する人々を見守っています。

ルクセンブルク駅
ルクセンブルク / 駅・空港・ターミナル
住所:luxemburg station地図で見る

それでは旧市街へ向かって歩いて行ってみます。

  • 写真:toshel

ノートルダム大聖堂

  • 写真:toshelノートルダム大聖堂

旧市街の中心に位置するノートルダム大聖堂は、遠くからでも分かるその空に突き刺さるような尖塔が特徴的です。

  • 写真:toshelルクセンブルク市中心部

住人ももちろんのこと、観光客も必ず訪れる静かで壮大な教会です。

  • 写真:toshelノートルダム大聖堂内部
ノートルダム大聖堂
ルクセンブルク / 社寺・教会 / 教会
住所:Rue Notre Dame, 2240 Luxembourg City, Luxembourg地図で見る
電話:352 22 29 70 1
Web:http://www.visitluxembourg.com/fr/adresse/misc/cat...

アルム広場

  • 写真:toshelカルチャーセンター

カルチャーセンター前のアルム広場は、毎日、音楽の催しをしているほか、周りにはレストランやオープンカフェが立ち並んでいるため、常に人々が集まる賑やかな場所です。

  • 写真:toshel
アルム広場
ルクセンブルク / 公園・動植物園 / 広場
住所:2 Rue Genistre, 1623 Luxembourg, ルクセンブルク地図で見る

Chemin de la Corniche

ここは、ルクセンブルク旧市街で一番の見どころです。

  • 写真:toshel

ルクセンブルク旧市街は不思議な地形をしています。街の中心部が突然低地となり、そこを取り巻くように断崖絶壁が聳えているのです。当時の大公はこの地形を利用して砦を築き、強固な城塞都市を実現させたのではないでしょうか。

  • 写真:toshelSchlassbreck

ここからの眺めは、「ヨーロッパで最も美しいバルコニー」と称され、地形的にも他では類を見ません。

  • 写真:toshelSt jean du Grund教会

この低地はGRONN(英語でGround)と呼ばれています。崖の下に降りてみましょう。

シェマン・ドゥラコルニッシュ通りメルホールビスタ
ルクセンブルク / 展望・景観
住所:Chemin de la Corniche, 1449 Luxembourg City, Luxembourg地図で見る

Gronn

  • 写真:toshel

同じ旧市街でも、崖下は車通りが少なく、静かで落ち着いた雰囲気です。

  • 写真:toshel

上から見ると小さく感じるSt Jean教会も、見上げると意外と大きい!

  • 写真:toshel

そして、Gronnを歩いていると、様々な砦を目にすることができます。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

城塞都市だった当時の様子が伺えます。

  • 写真:toshel
Gronn
ルクセンブルク / 町・ストリート
住所:Gronn Luxemburg地図で見る

美しくもハードコアな夜の顔

夜の帳が降りると、ルクセンブルクの街はあちこちがライトアップされ、より一層美しさを増します。

  • 写真:toshel

ノートルダム大聖堂は夜も存在感を放っています。

  • 写真:toshel

搭や橋などあらゆるところがライトアップされます。

  • 写真:toshelMonument de la Solidarite Nationale
  • 写真:toshelCity Sky Liner

日中に見た建物が、どのようにライトアップされているか、記憶を辿って散策するのも楽しいですね!

音につられて降りてみた夜のGronn

あちこち見ながら散策していると、どこからかハードな音楽が聴こえてきました。

  • 写真:toshel

ここは!日中、静かに佇んでいたGronn!?

写真だけ見ると、ライトアップされた美しい崖下の風景ですが、音楽はハードなトランス。このギャップが面白い!

早速、また崖下へ向かいます。

Gronnへ降りるエレベーター「Lift Plateau St.Esprit Grund」

昼間は崖下に続く道を降りましたが、急坂のため夜道は歩いての上り下りには足元が不安です。そこで楽なのがエレベーター!朝の5時から深夜2時まで、このエレベーターが地上とGronnを繋いでます。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshelLift Plateau St.Esprit Grund
Lift Plateau St.Esprit Grund
ルクセンブルク / 乗り物
住所:lift Plateau St.Esprit Grund地図で見る

写真のみでは静謐な感じですが。。。

Gronnへ降りて歩いていくと、爆音は崖下で絶壁に当たり、渦を巻いて轟いています。音は上がると言いますので、このために地上でも大きな音が聞こえていたのですね。

日中に見た橋はそのまま美しく、さらに美しさを増しています。

  • 写真:toshel

Gronnから見上げた地上は、まるで時が止まったよう。

  • 写真:toshel

サイケデリックトランスな夜のGronn

昼間は観光客がチラホラいるだけの静かな場所でしたが、夜になると人もわんさか降りてきます。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

店に入れず(入らず?)、道に溢れる人々は誰彼構わず会話に熱中して楽しそう。音楽の音が大きいので、自然と会話の声も大きくなります。崖下の町が、アンダーグラウンドな総クラブ状態というのはなかなかないので、一見の価値ありです。

  • 写真:toshel

しかし、夜も11時を過ぎるとピタッと音は止み、Gronnに静かな夜がやってきます。

  • 写真:toshel

そのあたりは、きちっとしているルクセンブルクらしいですね。

日本からルクセンブルクへの行き方

日本からルクセンブルクへは、2018/9現在で直行便がありませんので、ヨーロッパ各都市を経由して行きます。ルクセンブルクの周辺国から鉄道もありますので、ヨーロッパの車窓の風景を観ながら向かうのも良いですよ!

ルクセンブルクの旅行予約はこちら

ルクセンブルクのパッケージツアーを探す

ルクセンブルクのホテルを探す

ルクセンブルクの航空券を探す

ルクセンブルクの現地アクティビティを探す

ルクセンブルクのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年9月23日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

行ったことのない国中心の一人旅
行ったことのない国を中心にひとり旅しています。他国の歴史、文化、宗教、遺跡、そしてそこに住む人々の考え方に興味があります。

車の運転が好きなので、海外ではドライブ旅を楽しんでます。普段は会社員です。

これまで訪ねた183ヵ国およそ400都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景、出会う人々との会話など、真の地元を皆様とシェアできればと思います。皆様もご一緒にそこへ旅したように感じてもらえると嬉しいです。

記事は、個人旅行をされる方向けの内容です。

世界屈指の犯罪都市~ホンジュラスの首都テグシガルパ~

世界の治安が悪い国ランキングなどを見ると、毎年必ず上位になってしまうホンジュラス。しかし、手つかずの美しい自然が多く、世界遺産に登録されたマヤ文明のコパン遺跡を...


レバノン観光と言えばここ!ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころと国の背景

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...


ついに観光ビザ解禁!閉ざされていた王国サウジアラビアの珍しい文化と各都市の見どころ

観光での入国が困難だったサウジアラビアが、2019年9月27日に突然、ツーリストビザの発給開始を発表しました。今回は、サウジアラビアに古くからある慣習と文化、そ...

カリブの島はどこがいい?陽気レゲエでちょっぴり危険な「バルバドス」どこまでも静かな「アンティグア」

カリブ海には、大小様々な島がおよそ700あります。そのほとんどは欧米各国の領土で、独立国はわずか13カ国のみ。今回は、その中より対極にある2つの小さな島国をご紹...

世界の危険都市上位?南米ベネズエラの首都カラカス

世界屈指の産油国にしてハイパーインフレーションに陥った南米の国ベネズエラ。かつて、スペイン植民地から独立へと導いた英雄「シモン・ボリバル」の生まれ育った街でもあ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります