マレーシア
マレーシア観光
歴史的な町並みと近代的な建物にビーチリゾートも満喫

【マレーシア】ごはんが丸い?マラッカ名物「チキンライスボール」は徒歩1分圏内で名店揃い

取材・写真・文:

東京在住

2018年5月10日更新

1,228view

お気に入り

写真:すみ子

日本でも専門店があるほどに人気のある東南アジアの料理チキンライス。茹でた鶏肉と、その出汁で炊いたごはんが絶妙なおいしさを醸し出します。しかし、同じチキンライスでも、マレーシア・マラッカ名物のチキンライスは、その様相がちょっと違います。「チキンライスボール」という、ごはんを丸く握ったチキンライスなのです。まるでおにぎりのようなかわいらしい形。日本では食べることができない、マラッカならではのチキンライスボール人気店を巡ってみましょう。今回ご紹介する3店舗は、なんと徒歩1分圏内で回れちゃいます。

世界遺産の街マラッカ

  • 出典:allabout.co.jp観光名所のひとつ「オランダ広場」 撮影:古川音さん

マレーシア南西岸に位置するマラッカ州の州都。ヨーロッパとアジアを結ぶ貿易の地として繁栄し、ポルトガル、オランダ、イギリスから支配下された影響から、今もその面影を残す建造物や文化が残っています。2008年に「マラッカ海峡の歴史都市群」としてペナン島ジョージタウンと共に、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。

  • 写真:すみ子毎週金曜日はジョンカーストリートがナイトマーケットになる

街の中心地にあるチャイナタウン。中華系移民の子孫であるプラナカン文化が色濃く残り、ショップハウスと呼ばれる1階が店舗、2階が住居の間口の狭い奥行きある建物が印象的です。目抜き通りのジョンカーストリートには、飲食店や雑貨店が軒を連ねています。

チキンライスボールってなに?

  • 写真:すみ子いびつな形も手作業のご愛敬

一般的なチキンライスは、お皿に盛られたごはんに茹で鶏が載っているスタイル。しかし、マラッカのごはんは、おにぎりのように直径3cmほどの大きさに丸められています。ギュッと強く握られていて米粒がつぶれるほど。小さいながらも重量感があります。日本のおにぎりならば空気を含ませながらふんわり握りますが、これは全然ちがう!

この形は、その昔、天秤棒を担いで街でチキンライスを売り歩いていた頃の名残といわれています。労働者が作業途中でも食べやすいようにごはんを丸くしていたとか。

しかし、時代と共に天秤棒スタイルが消滅。チキンライス専門店では、手間のかかる丸型から皿盛りや茶碗盛りへと変化。ただ、マラッカではその形をあえて残したか否か、ライスボールが定着し名物となっています。


おすすめのチキンライスボール店

チキンライスボール店の目印は、「Chicken Rice Ball」、「鶏飯粒」、「鶏飯團」などの表記をチェックしてみてください。街の至る所に店舗があり、どの店にしようか迷ってしまうほどです。そんな時におすすめの3軒がこちら!

中華茶室(KEDIA KOPI CHUNG WAH)

ジョンカーストリート入り口にいつも行列が絶えない人気店があります。狙い目は朝の9~10時くらい。11時にはあっという間に行列です。

  • 写真:すみ子店内入ってすぐに厨房が。 店主の包丁さばきがお見事!

店内は昔ながらのコーヒーショップという感じで、シンプルなつくりになっています。旅慣れない人ならば、入るのに勇気がいるかもしれませんが、この雰囲気がアジアっぽくてそそられるんです。

  • 写真:すみ子半身サイズ RM22.30(620円)、ライスボール1個 RM0.40(11円)*画像は2人前相当の量
  • 写真:すみ子ライスボールを崩しながらチキン、チリソースと共に

ライスボールは鶏の出汁が効いています。多少の米粒を残しつつ、しっかりまとまったその形は圧巻。これを手作業でする労力に頭が下がります。

ゴマ油の香りを漂わせたチキンは、皮の黄色味が強い新鮮なマラッカ産の鶏肉。身が締まっていてうま味が凝縮されています。メニューは基本、鶏肉半身サイズか1羽サイズ。人数に合わせて相当サイズを店員さんが運んできてくれます。

平日は午後3時までの営業なので、早めの来店がおすすめです。

中華茶室
マレーシア / アジア料理
住所:18, Jalan Hang Jebat, Melaka地図で見る

和記鶏飯團(HOE KEE CHICKEN RICE)

中華茶室からジョンカーストリートに入って、歩くこと15秒。店頭にある屋台風の厨房が目印です。

  • 写真:すみ子3軒分もの間口がある店舗

趣のある古民家のような佇まい。中に入ると奥行きのある広さに驚かされます。その中央部分は中庭になっていて気持ちの良い自然光が差し込んできます。多くの建物には中庭があり、これは中国の生活に密接な風水に基づいて建てられたものです。

  • 写真:すみ子2人前: RM18(500円)
  • 写真:すみ子チリソースと中国黒醤油をライスボールにかけて食べても美味

ライスボールは比較的米粒が残っていて、中華茶室よりもふんわりとした仕上がりです。フォークで崩してチキンと一緒に食べましょう。

艶やかなチキンは肉質が柔らかめ。骨が除かれていて食べやすい点も魅力的です。チキンライスに欠かせないチリソースと、甘めな中国黒醤油をかけていただきましょう。

こちらの店もランチ時には行列になるので、ピーク時をずらしての訪問をおすすめします。

和記鶏飯團
マレーシア / アジア料理
住所:4 Jalan Hang Jebat, Melaka地図で見る
Web:https://www.facebook.com/HoeKeeChickenRice

古城鶏飯粒(FAMOSA CHICKEN RICE BALL)

和記からさらにジョンカーストリートを進むこと1分。マラッカだけでも4店舗あるチェーン店です。

  • 写真:すみ子歩いていても、ひと際目立つ店舗

店内は130席以上もあり、観光ツアー客も多く訪れます。サイドメニューが豊富に揃っていて、プラナカン文化の食の象徴であるニョニャ料理が楽しめます。

ぜひ店内を回ってみてください。100年以上も前に造られたという建物内は、まるで中国映画のワンシーンのような富裕層の生活が垣間見える空間です。

  • 写真:すみ子店内奥にあるライスボールマシーン

なんと一日に5,000個以上も作られているというライスボール。手作業ではなく機械で作られていました。米粒感はほぼなく、ご紹介した2軒よりもさらにねっとりとした重みがあります。これは食べ比べをしてみる価値がありそうです。

  • 写真:すみ子地産のカンポンチキン1/4サイズ RM13(360円)、ライスボール1個RM0.40(11円)

中華茶室同様に、地産の鶏肉は新鮮さを表す黄色味がかったもの。上品な肉質で自家製チリソースとの相性は抜群です。チキンライスは茹でたものが基本ですが、ローストしたチキンもあります。

午後9時まで営業しているので、ランチだけでなくディナーでの利用も便利です。

古城鶏飯粒
マレーシア / アジア料理
住所:21, Jalan Hang Jebat, Melaka,地図で見る
Web:http://www.melaka.net/famosa/

おわりに

チキンライスボールは、ねっとりとした重みのある食感。なじみのない食感に戸惑うかもしれませんが、天秤棒を担いで売り歩いた頃の面影を感じられるかもしれません。そんな情緒が似合うマラッカでチキンライスボールを食べてみませんか?

マレーシアの旅行予約はこちら

マレーシアのホテルを探す

マレーシアの航空券を探す

マレーシアのパッケージツアーを探す

マレーシアの現地アクティビティを探す

(チケット)

(現地ツアー&体験)

マレーシアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月7日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

4泊5日♪これが王道?!シンガポール女子旅モデルスケジュール!

人気の海外旅行先であるシンガポール。初めてシンガポールへ行かれる女性の方へ、平日仕事終わりに出発する4泊5日のシンガポール女子旅モデルコースをご紹介します!穴場...

クアラルンプール国際空港「KLIA2」で乗り継ぎまでの過ごし方〜マレーシアグルメから定番お土産、休憩場所まで〜

エアアジアユーザー必見!東南アジアをLCCで旅する場合、アジアのハブ空港であるクアラルンプール国際空港KLIA2(LCC専用ターミナル)でトランジットする人が多...


マレーシアで食べたい!ローカルフード・カタログ27選

マレーシアは多民族国家。人種が違えば食べものの文化も違います。ここでは現地で食べられているローカルフードをご紹介。マレーシアに来ただけで、マレー料理・ニョニャ料...

【マレーシア】世界遺産の街マラッカが、楽しい!可愛い!美味しい!

マレーシアの首都クアラルンプールから、南へバスで2時間半ほどの世界遺産にも登録されている古都「マラッカ」。16世紀のオランダ、17世紀のポルトガル、18世紀のイ...


クアラルンプールで必見!カワイイ&おいしい店5選

多民族国家マレーシアの首都クアラルンプール。イスラム教モスクや東南アジアらしいストリートの中でひっそり輝く、可愛い内装や美味しいごはん、カフェを楽しめるお店を紹...

この記事を書いたトラベルライター

食べることで頭がいっぱいなアジアントラベラー
アジアを中心にふらりとおいしいモノ探しの旅へ。
トレンドも追っかけるけれど、マニアックな食べ物の方が得意かも。
食べるだけじゃなく、そこに使われている食材や調味料、その背景にある歴史とかを探求するのが好きです。

海外の主な渡航先は東アジア、東南アジアへ。
特にシンガポールが恋しくて、日本でも名物のチキンライスを食べ続けています。

東南アジア好きな仲間とごはん食べ比べ探Qユニット「アジアごはんズ」を結成し、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアのごはんを探求中。
https://ameblo.jp/next-asianfood

シンガポール土産の新定番!塩卵の「ソルテッドエッグポテトチップス」は即ゲットすべし

旅行の楽しみといえばお土産選びもそのひとつ。せっかくならばインパクトのあるもので勝負しませんか?シンガポールで話題沸騰中なのが、ソルテッドエッグポテトチップス(...

【マレーシア、シンガポール】空港ラウンジはパラダイス!LCCやエコノミーでも利用したくなるラウンジ攻略旅

旅の玄関口である国際空港。買い物、食事、リラクゼーションなど、搭乗までの過ごし方は人それぞれですが、より快適に過ごすためにラウンジを利用してみてはいかがでしょう...


シンガポールのニューウェイブ!ザ・ココナッツクラブで食べる絶品「ナシレマッ」は観光客もリピート間違いなし

多民族国家であるシンガポールやマレーシアで食べられている、マレー系民族の定番朝食といえば「ナシレマッ」。ココナッツミルクで炊いたご飯に、煮干しのイカンビリスや辛...

【シンガポール】インスタ映え、お土産映えする「プラナカンタイル」のカフェ&ギャラリー

シンガポールにある、色鮮やかなスイーツ・クエやプラナカンタイルがかわいらしい、女子必見のカフェ&ギャラリーに潜入!麗しきプラナカンタイルのカラフルな色彩が、イン...


【シンガポール】激戦区で食べ歩き!チキンライスは天天だけじゃない!

シンガポール名物のチキンライス。どこに行ってもおいしいチキンライスを食べることができますが、実は発祥地といえる激戦区があるのをご存知ですか?思わず食べ比べしたく...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?