メルボルン
メルボルン観光
”世界一住みやすい街”トップの常連

【オーストラリア】コーヒーなくしてメルボルンを語れず!

取材・写真・文:

宮城在住
訪問エリア:35ヶ国

2017年7月14日更新

1,322view

お気に入り

写真:dory

オーストラリア・メルボルン。ここ数年で日本からの直行便が出来て、さらに行きやすくなったオーストラリア第二の都市。メルボルンと言われてまず何を思い浮かべますか?実はこの街、世界屈指のカフェ激戦区。コーヒーが生活に根付いたこの街でこれを語らずにして終わることはできません!おすすめのカフェでカスタマイズして自分のコーヒーを頼んでみませんか?

この記事の目次表示

メルボルンってどんな街?

移民の多い国として知られるオーストラリアですが、イタリア系移民がエスプレッソを持ち込んだことで大きく普及、コーヒーを飲む文化が根付き、今日まで民衆に広く親しまれるようになりました。

生活に根付くコーヒー文化

人気店がひしめくメルボルンは特に舌の肥えた人たちがたくさん。朝早くから行列の出来る店も少なくありません。

通勤途中に立ち寄っていつもの場所でいつものコーヒーを頼み、歩きながら職場や学校へと向かいます。人によっては一日に何杯も飲むので、朝はここでラテ、食後はここでブラック、などと決めている人もいるくらいなんです。

手の届く範囲あるに至福のひと時

住宅街や駅にも、コーヒーがすぐに飲める環境が整っているこの街。しかも、相場が$3.5~$4(290円~330円)と日本に比べてリーズナブル。

確かに日本ではコンビニで100円でコーヒーが簡単に購入できますし、チェーン店なら日本でも同じくらいの値段で楽しめます。しかし、本格なエスプレッソスタイルのコーヒーを飲もうと思ったら、500~800円くらいかかってしまいますよね?クオリティの高いコーヒーが毎回気軽に楽しめるのもいいところです。

Australian Style Coffee

オーストラリアでポピュラーなコーヒーの飲み方

店によって若干の違いはありますが、エスプレッソベースの飲み方が主流。

  • Long Black(ロングブラック)
  • Short Black (ショートブラック)
  • Latte(ラテ)
  • Cappuccino(カプチーノ)
  • Flat White(フラットホワイト)
  • Mocha(モカ)

Long Blackは日本人がイメージするミルクなしのブラックコーヒーで、Short BlackはEspressoのショットのことです。この中で、オーストラリア独特のものと言えばFlat Whiteです。Latteよりも泡の分量が少ないのが特徴です。

  • 写真:doryFlat Whiteはマグカップで提供されるところが多い

カスタムオーダーしてみよう!

低脂肪乳、豆乳、ノンカフェインのコーヒー豆から砂糖の種類まで様々あるので、ほとんどの人が自分のオーダーをカスタマイズして注文します。

例えば、「Double shot cappuccino, one sugar without cocoa powder on top」(エスプレッソを2ショット入れたカプチーノに、砂糖1杯と上のココアパウダーはなしで)とか。もはや呪文のよう。

おすすめカフェ3選

「Brother Baba Budan」-日本ではありえない!内装がすごいカフェ-

メルボルン中心街(CBD)内にある有名店。本当に狭い店内は数席あるだけで、座るのは難しいのでほとんどの場合テイクアウトになります。

混雑時のスタッフの動きは目が離せないほどの早業ですので注目です。ここではコーヒーを買って、飲みながら街歩きを楽しむのがおすすめです。

  • 写真:doryテイクアウトのカップにもロゴがスタンプされています。Latte$3.8(315円)

ひとたび注文で店内に入ると天井にはなんと無数の椅子が釣り下がっている!地震大国日本では絶対にありえない内装が楽しめます。不動の人気SEVEN SEEDSの豆を使って、複数名のバリスタが狭い空間で完全分業で、それぞれの行程を丁寧にかつ素早く入れてくれます。

  • 写真:dory天井から無数の椅子が釣り下がる特徴的な内装の店内
ブラザー・ババ・バダン
メルボルン / ドリンク / カフェ・喫茶店
住所:359 Little Bourke St, Melbourne VIC 3000, Australia地図で見る
電話:+61 3 9606 0449
Web:https://twitter.com/brotherbudan

「Degraves Espresso Bar」-メルボルンの街を眺める。人間観察しながらひと休み-

メルボルンのシンボルであるフリンダースストリート駅。そこから一本入るとカフェがところ狭しと立ち並びます。これだけあるとどこがいいのか選べないですが、おすすめは通りの名前と同じ「Degraves Espresso Bar」。

店内も趣があっていいですが、テラス席なら行き交う人々を見ながら、ちょっとひと休みに使うのもいいです。

  • 写真:dory小さな通りにいくつものカフェが立ち並ぶ

ミルクに負けないガツンとした豆の味、はっきりとした味の一杯をシンプルに楽しめます。コーヒーが得意ではない方はアイスクリームがのったオーストラリアスタイルのアイスコーヒーもおすすめです。

ちなみにオーダー時に注意したいのはアイスコーヒーと注文すると、日本のイメージのアイスコーヒーではなくこちらが出てくる可能性が高いです。もし、日本のアイスコーヒーを注文したい人はIced long blackとオーダーしてみてください。

  • 写真:dory冷たい牛乳とエスプレッソ、バニラアイスとホイップクリームがのったアイスコーヒー。Iced latte(クリーム抜き)$4.5(375円)

「Pavlov's Duck」-おしゃれなSmith Street沿いにあるイチオシカフェ-

86番トラムでCBDから10分くらい、Smith Streetにある「Pavlov's Duck(旧:Tucci Brown)」。前出のカフェに比べてスペースも広く、フードメニューも充実しています。

  • 写真:dory開放感のある店内。スリランカ料理を楽しむことも出来る珍しいカフェ。

ファンも多いPadreのコーヒー豆を使用し、適度な苦みにコクとキレ、存在感のあるコーヒーを提供してくれます。ゆったりとしたスペースでカップに注がれたFlat Whiteを飲みながら、旅の計画を再確認したり、おしゃべりしたりするのにピッタリです。

  • 写真:doryチョコレートブラウニーなどのデザートやフードも充実しています。Flat White$4(330円)、Brownie$4(330円)
パブロフズ・ダック
メルボルン / カフェ・喫茶店
住所:401 Smith St, Fitzroy VIC地図で見る
Web:http://www.pavlovsduck.com.au/

おわりに

コーヒーの好みは人それぞれですし星の数ほどカフェがあるので、今回は観光中に行きやすくて、美味いコーヒーと、一緒に内装なども楽しめるところを選んでみました。

メルボルンの街歩きにコーヒーは必須です!ローカルのように自分流のカスタマイズに挑戦し、また違った楽しみ方をするのもいいですね。テイクアウトにして芝生でゴロゴロしながら、一味違う旅にしてみてはいかがでしょうか。

  • 日本円の表記は、2017年6月現在のレートによるものです

メルボルンの旅行予約はこちら

メルボルンのパッケージツアーを探す

メルボルンのホテルを探す

メルボルンの航空券を探す

メルボルンの現地アクティビティを探す

メルボルンのWi-Fiレンタルを探す

メルボルンのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月27日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


コーヒー好きにはたまらない!カフェの街メルボルンで地元の人も通うおすすめカフェ5選!

オーストラリア第2の都市メルボルン。「世界で最も住みやすい都市」とも言われ、歴史ある建造物と近代的なビルが融合した美しい街並みが広がっています。そんなメルボルン...


【オーストラリア・メルボルン】バリスタも行きたくなる!本格カフェ9選

オーストラリアの中でもカフェ文化が栄えている都市メルボルン!今回は、コーヒーは好きだけど知識は素人な筆者が、日本でバリスタをしている友人と共に''味わうカフェ巡...

メルボルンの行列ができるカフェ【ハードウェア・ソシエテ】

カフェの街としてオーストラリア有数のバリスタが集まる街「メルボルン」。美味しいカフェがひしめく中でも行列ができる「Hardware Société(ハードウェア...

【オーストラリア】メルボルンで食べたいパンケーキがあるカフェ3選

パンケーキブームの火付け役の一つと言えば、オーストラリアにある「bills(ビルズ)」のリコッタチーズのパンケーキ。世界一の朝食としても有名ですね。日常的にパン...

キレイな透き通る海が大人気!オーストラリア、モーニントン半島

モーニントン半島は、オーストラリアのメルボルンから車で約1時間ほど南東に向かった場所にある半島です。海に囲まれたこの地域は、港町が点在しています。青くて透き通っ...

この記事を書いたトラベルライター

まだ知らないイロドリミドリな世界へ
学生時代からふつふつとしていた旅欲を満たすため、年々フットワークが軽くなり国内外問わずあちらこちらにすぐ顔出します!元海外在住、元外資系豪華客船員が学んだ旅のこと、食べ物のこと、アートのこと、景色のこと、楽しく旅するノウハウをお伝えします!
http://irodorimidori.blogspot.jp

【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...


見たい!行きたい!世界のグラフィティ・アートスポット7選

グラフィティ・アートをご存知ですか?路地裏や建物などの外壁にスプレーやペンキで書かれているストリートアートです。落書き、イタズラのように受け取られがちですが、お...


【オーストラリア】ぜ~んぶ無料のメルボルン観光スポット10

物価の高いオーストラリア。ツアーや旅行中の食事でもう既に予算がない!なんてことも。そんなときに助かる無料で楽しめるスポットがたくさんあるんです。これを見れば貧乏...

【モロッコ】人気上昇中の旅先で絶対に食べたい絶品モロッコ料理BEST5

今、女子旅人気急上昇の旅先であるモロッコは、どこを切り取ってもフォトジェニックな異文化の香り漂うエキゾチックな国です。そんなモロッコで食べられる本場のモロッコ料...

【仙台】お土産に迷ったらコレ!老舗揃いの仙台銘菓5選

東京から新幹線でたったの1時間半で行ける仙台。旅行や出張で来たら買って帰りたい手土産ですが、思い浮かぶのはやはり「萩の月」でしょうか?いやいや、仙台には歴史ある...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?