三浦市

海なのにハイキング?【三浦・岩礁のみち】でゴジラの背中道を歩いてみよう!

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2021年6月13日更新

1,747view

お気に入り

写真:えいぶゆう/TossyPhoto

三浦半島の南端にある「三浦・岩礁のみち」をご存知ですか?釣り客も多い海沿いでありながら、なんとハイキングコースがあるんです。そしてその道は奇岩だらけ!まるでゴジラの背中のように道を歩いていきます!

この記事の目次表示

スタートは京急・三浦海岸駅から

まずは最寄り駅にアクセス。今回ご紹介するコースでは、京急三浦海岸駅からスタートします。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto京急 三浦海岸駅

駅前のバス乗り場の2番線から、「剱崎(つるぎざき)」行きのバスに乗車します。「剱崎」行きのバスは1時間に1本から3本と、本数は多くないので事前のチェックをお忘れなく!!

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto駅前のバス停(2番乗り場)

さて、バスにのんびり揺られながら20分ほどで「松輪」というバス停に到着。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto松輪バス停

さてさて、ここからすぐに海沿いの道にでるわけではありません。ここで今回の全貌をご紹介しましょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto今回のコース

これが神奈川県にある三浦半島の全貌です。上の「三浦海岸駅」からバスに乗り、「松輪」バス停で下車しました。松輪バス停から海岸線まで少し距離があることが、おわかりいただけるかと思います。

岩礁のみちは三浦半島の南端に横たわる、比較的広範囲なエリアです。ということで、まずは海岸線に向かわなければいけませんが、「松輪バス停」の風景からおわかりいただけるように、周囲は畑や緑が豊かで、海岸線に続く気配はありません。

バス停からくまなく、いろんな方向をキョロキョロしてみると、ありました!案内が。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto地面にある案内表示

畑と道路の境目にある縁石に、ペタッとはりつけてありました。これは、目線の下にありすぎて気づかない人も多いかも。思わず笑ってしまう表示ですが、この表示にそって歩いていきましょう!

三浦海岸駅
三浦市 / 駅
住所:神奈川県三浦市南下浦町上宮田1497地図で見る
松輪バス停
三浦市 / バス停
住所:神奈川県三浦市松輪1368-4地図で見る

キャベツ畑を通過

案内表示から10メートルほど先には、コンビニエンスストアもあります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoコンビニ

なお、岩礁のみちに入ってしまうと、一般道から離れますので、飲料水、食べ物などの補給ポイントはありません。(一部一般道にでますが、自動販売機が数か所あるのみです)ですので、ここでしっかり飲み物、おやつ、ご飯など購入しておきましょう。

しばらくキャベツ畑に囲まれた道を歩いていきます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoキャベツ畑

ちなみに三浦半島はキャベツが有名。鮮やかな色と食感に優れた、早春~春キャベツに特化したエリア。寒い時期からキャベツが育つのは、三浦半島の気候が温暖なおかげなんです。

キャベツ畑の中を歩いていきますが、こんな風にちょこちょこ案内板が設置されているので、まず迷う心配はありません。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto案内板

この案内板では、まずは「間口漁港へ」と書かれています。案内にそってキャベツ畑の道を歩いていくと・・・

間口漁港

こちらが間口漁港の入り口です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto間口漁港入り口

青い看板の奥に、岩礁のみちの案内版もあります。ここまでしっかりルート表示されていると安心ですね。

さて、漁港に入っていくのですが、たまに「立入禁止」と書かれた看板があります。これは一般車両や関係者以外に対する警告で、岩礁のみちを歩くハイカーは含まれませんのでご安心を。その証拠に、「立入禁止」の奥に、岩礁のみちの案内である茶色い四角柱が建っています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto一般車両立入禁止と岩礁のみちの案内板

同じく、黄色で関係者以外立入禁止!とかかれた階段が登場。この先からが「岩礁のみち」です。階段を越えると・・・

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto堤防を越える
  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto岩礁のみちスタート!

テトラポットに囲まれた細い道があらわれました。こんな細い道をいくの・・・?と少々不安になりますが、10メートルほど歩けば、

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoこれぞ岩礁のみち!

これです!これ!この岩々しい景色が岩礁のみちの特徴なんです。

ちなみに、立入禁止に突入してしまったのでは?とご心配された方もいるかもしれません。大丈夫です。この岩々しい中に、茶色い案内板がしっかりと建っているのです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto海岸沿いにも案内板が
間口漁港
三浦市 / 漁港
住所:神奈川県三浦市南下浦町松輪地図で見る

剱崎

さて、目の前には灯台が見えてきました。これは剱崎灯台(つるぎさきとうだい)です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto灯台

こじんまりした灯台ですが、なかかの歴史をもつ灯台。なんと江戸時代に幕府が建設した灯台!1866年に、アメリカ、イギリス、フランス、オランダの4か国と結んだ条約のなかで、灯台を作ることがもりこまれていたんです。現在のものは、関東大震災の後に再建された2代目です。

このあたりを歩いていると、小さな石碑を見つけます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto剱崎の石碑

「剱崎」と彫られています。この辺り一帯を「剱崎」と呼ぶわけですが、なかなか面白い逸話があります。

江戸時代に、徳川幕府に献上する材木を積んだ船が、この近辺で難破してしまいました。そこで神社の神主さんが、神様の怒りを鎮めようと海へ剣を投げ入れます。すると、それまでの暴風は嘘のように静まり、難破して沈んでいた船は、そのまま浮かび上がってきて、無事に岸に運ばれました。剣を投げ入れたことに由来して、「剱崎」という地名となりました。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto剱崎付近の景色

この辺りの景色はこんな感じで荒々しさ満載!昔の人が難破したこともわかる気がします。

一旦一般道へ

さて、荒々しい景色のなかに、たまに人工物があったりします。例えばこんな橋など、海沿いなので潮の満ち引きで通路が埋まってしまうようなところには、こういった橋がかけられています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto

またもこのような荒々しい風景を、えっちらおっちらと歩いていくと、

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto荒々しい景色

今度の案内表示では「江奈湾(松輪海岸バス停へ)」という表示があります。ここから一旦一般道に出ます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto湾へ

急に一般道に出ると、平らすぎる地面に足が慣れないのか、若干体がついていかないまま、ひたすら歩いていきます。ここからしばらく舗装路を歩くことになります。なお、一般道のあとまた海岸の道に戻りますが、コンビニ等はありませんので、やはり事前に準備しておくほうがいいでしょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto一旦一般道へ出る

江奈湾(えなわん)の干潟

しばらく歩くと、「江奈湾(えなわん)の干潟」の案内があります。干潟は遠浅の浜のことで、引き潮のときに海底が広くあらわれる箇所をいいます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto干潟の案内

これから潮が満ちてくる時間で、手前の方では海底が露出しています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto干潟
江奈湾干潟
三浦市 / 自然・景勝地
住所:〒238-0104 神奈川県三浦市南下浦町松輪 県道 215 号線地図で見る

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2022最新】日本の人気の島・離島TOP47!トラベラーが行っている島ランキング

広島の宮島や沖縄の古宇利島、山口の角島をはじめとする日本の島の中で、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っている順...


三浦半島の人気観光スポットTOP18!旅行好きが行っている観光地ランキング

記念艦三笠や猿島など三浦半島の逗子・葉山・三浦・横須賀エリアの観光スポットを、トリップノートの7万7千人の旅行好きトラベラー会員(2022年4月現在)が実際に行...

【三崎口】夏休みも利用OK♪「みさきまぐろきっぷ」を使い倒す観光プラン2パターン!

東京・横浜方面から三崎口までの京急線往復電車代と、三浦半島周辺のレジャー&グルメがセットになった「みさきまぐろきっぷ」。割引率がとても高く、オトクな企画きっぷで...

海の景色が魅力的!日帰り観光&デートにおすすめの神奈川の島6選

海の景色だけでも心がはずみますが、島というと余計にワクワクしませんか?神奈川には手軽に行ける島がいくつかあり、日帰り観光やデートにもおすすめです。そんな神奈川の...

海の観光はここ!都心から2時間以内の日帰りで行ける神奈川の島3選

東京湾と相模湾に面している神奈川は、海が楽しめる人気エリアが多く存在しています。中でも東京から2時間以内でたどり着き、さらに観光が充実している島を3つピックアッ...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...


絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...

【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

天下の難所・箱根旧街道をちょっとズルしてハイキング【神奈川・箱根】

箱根といえば日本でも有数の温泉地です。平日・休日問わず、多くの観光客が訪れます。日本の温泉地ランキングでは、常に上位に挙がるほど人気で定番ともいえるエリア。その...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります