宮島
宮島観光
瀬戸内海に立つ大きな鳥居がシンボル

【広島】歴史上の偉人や皇族もご宿泊!?宮島の由緒ある宿「岩惣」

取材・写真・文:

富山在住
訪問エリア:18都道府県

2022年1月6日更新

300view

お気に入り

写真:まなもんさん

広島県・宮島の観光名所の一つ「紅葉谷」。今回は、そちらに建つ宿「岩惣(いわそう)」について、紹介していきます。特に、和や落ち着いた雰囲気が好きな人にオススメしたい宿です。

この記事の目次表示

歴史あり!宮島観光に便利!な宿「岩惣」

  • 写真:まなもんさん
  • 写真:まなもんさん

岩惣は、広島県・宮島の紅葉谷に建つ宿で、江戸末期に創業し、160年以上の歴史があります。なんと、歴史の教科書に載っているような偉人や皇族、著名人が岩惣にご宿泊!知る人ぞ知る、宮島で憧れの宿です。

  • 写真:まなもんさん
  • 写真:まなもんさん

建物は新しくありませんが、格式の高さを感じる宿で、館内の至るところで威厳溢れる骨董品が飾られています。

  • 写真:まなもんさん岩惣の送迎車

岩惣は紅葉谷にある宿なので、フェリー乗降場の「宮島桟橋」から宿まで距離があります。しかし、「宮島口桟橋」からフェリー乗船前に宿に電話を入れておけば、「宮島桟橋」から宿まで送迎してもらえるので安心です。チェックイン前に荷物だけの送迎もしてもらえます。

またチェックアウト後も、宿から宮島桟橋まで送迎(荷物だけの送迎も可)してもらえるので、気軽に宮島観光を楽しめますよ。

※岩惣のお食事処「もみぢ」の改装により、2022年1月11日~2月28日の間、全館休館になるので、宿泊予約をする際はご注意ください。
岩惣公式Webサイト:http://www.iwaso.com/

客室で、自然の音に耳を澄ませてみよう

  • 写真:まなもんさん新館客室

岩惣では、宿泊出来るお部屋のタイプが数種類ありますが、今回は1番リーズナブルな新館客室を紹介していきます。古き良き和室といったお部屋ですが、お風呂場やお手洗いは最新で清潔感があるので、気持ちよく利用出来ます。

エアコンを付ければ、広縁まで暖かく過ごせる点が、他の宿にはありそうで意外とない、良い点です。フリーWi-Fiも完備。

  • 写真:まなもんさん「藤い屋」のもみじまんじゅう

お茶請けには、「藤い屋」のもみじ饅頭が。もみじ饅頭は、明治40年頃に当時の岩惣のおかみさんが発案して作られたものだと、紹介されていました。

  • 写真:まなもんさん岩惣オリジナルのかりんとう

プラス、岩惣オリジナル「ごぼうのかりんとう」、冷たい水、ミネラルウォーターが用意されていました。岩惣オリジナルのかりんとうは4種類あり、売店でも販売されています。

  • 写真:まなもんさん浴衣等
  • 写真:まなもんさん湯上り袋

白地に紺色基調で、紅葉柄が可愛い浴衣。可愛い色味の湯上り袋や足袋は、持ち帰り可能です。

  • 写真:まなもんさん新館客室(広縁)

お部屋からの景色は木々が生い茂っており、季節によって新緑や紅葉が見られます。筆者が訪れた12月はさすがに紅葉は僅かでしたが、葉っぱがひらひらと散る光景が情緒があり、それはそれで素敵でした。

また、テレビ等音がするものをつけなければ、鳥の鳴き声や川の流れる音等、自然のBGMに癒されます。

胃に負担がかかりにくい、優しい料理

岩惣の料理は、夕食が会席で、朝食が御膳になります。全体の印象として、胃に負担がかかりにくい優しい料理で、少食の人でも食べやすいです。

お食事処「もみぢ」の改装後は、新館・本館に宿泊した場合は、夕食・朝食は半個室を備えるレストランでいただくことになります。筆者が訪れたのは改装前でしたので、夕食はお部屋で、朝食はお食事処「もみぢ」でいただきました。また離れに宿泊すると、夕食・朝食ともに、部屋食になります。

以下で、筆者が宿泊した際の夕食・朝食をご紹介します。どちらも2021年12月時点のものです。

夕食

食前酒

  • 写真:まなもんさん【食前酒】みかんの果実酒

この日の食前酒は、みかんの果実酒。

光附

  • 写真:まなもんさん【光附】空也蒸し

光附は、空也蒸し(あなご白焼き、百合根、銀杏、椎茸、青菜、鼈甲餡、山葵)です。

前八寸

  • 写真:まなもんさん【前八寸】

前八寸は、帆立、舞茸、榎木茸、とんぶり、博多海老真薯(柚子味噌)、柚子巻柿、野菜カステラ、燻製サーモン砧巻き、穴子八幡巻き、胡桃飴煮です。

向附

  • 写真:まなもんさん【向附】旬の鮮魚と添え向

向附は、旬の鮮魚(間八、撥鮪、真鯛、吉和山葵、芸州造り醤油)と、添え向(鯖棒寿司、白甘酢生姜)です。

焼物

  • 写真:まなもんさん【焼物】宮島産焼きかき、広島生檸檬添え

焼物は、宮島産焼きかき、広島生檸檬添えです。

強肴

  • 写真:まなもんさん【強肴】和牛焼きシチュー

強肴は、和牛焼きシチュー(茸いろいろ、生クリーム)です。

焜炉

  • 写真:まなもんさん【焜炉】饂飩すき

焜炉は、饂飩すき(雛鶏摘入れ、車麩、芹、人参、牛蒡、九条葱、柚子胡椒、一味)です。

食事・止椀・香の物

  • 写真:まなもんさん【食事】飯器にて【止椀】袱紗味噌仕立て【香の物】安芸むらさき、広島菜、べったら漬け

食事は飯器にて(じゃこ御飯、ゆかり)、止椀は、袱紗味噌仕立て(汲み湯葉、滑子、小葱、粉山椒)で、香の物は、安芸むらさき、広島菜、べったら漬けです。

水菓子

  • 写真:まなもんさん【水菓子】季節の盛り合わせ

水菓子は、季節の盛り合わせ(イチゴ、紅まどんな)

夜食

  • 写真:まなもんさん【夜食】いなり寿司

岩惣では夜食が付いています。この日の夜食は、いなり寿司をいただきました。

朝食

  • 写真:まなもんさん朝食

朝食は和朝食で、他の宿の朝食と比べると、味付けも量も胃に優しいです。食後にコーヒー、又は、紅茶をいただけます。

宮島で数少ない温泉!若宮温泉

  • 写真:まなもんさん

岩惣の温泉は地下にあるので、1階まではエレベーターで向かい、その後は階段で下ることになります。そのため、足腰の悪い人にはハードルが高いかと思われます。足腰に自信のない人や温泉に特にこだわりのない人は、お風呂付きの客室を選ぶと良いでしょう。

  • 写真:まなもんさん
  • 写真:まなもんさん

岩惣は、宮島でも数少ない温泉宿です。明治18年に掘られた井戸水を一部、水まわりに使用していたところ、「肌がつやつやする」と先々代の女将さんが気がつきました。その発言をきっかけに調べてみると、温泉であることが判明し、「若宮温泉」と呼ばれるようになりました。

若宮温泉の泉質は、単純弱放射能冷鉱泉(低張性・中性・冷鉱泉)で、無色透明・無味無臭。体に優しい湯で、化粧ノリが良くなります。

運が良ければ、露天風呂から野生の鹿やタヌキを見ることも出来ますよ。

ぜんざいの「玉善」・かき氷の「玉氷」

  • 写真:まなもんさん楓泉

宿の建物の向かいに、岩惣が運営している和風カフェ「楓泉」があります。

  • 写真:まなもんさん
  • 写真:まなもんさん

10月~4月までがぜんざいを提供している「玉善」として、5月~9月まではかき氷を提供している「玉氷」として、営業しています。

尚、2022年1月12日~2月28日まで、岩惣の工事により玉善も休業するので、ご注意ください。

  • 写真:まなもんさんぜんざい(ミックス) 820円:税込

玉善のぜんざいには、焼き餅が2個入っています。白餅かよもぎ餅、又はミックスから選べます。箸休め付きなので、最後まで美味しく食べられる工夫がされています。

  • 写真:まなもんさんキウイミルク 800円:税込

こちらは玉氷のかき氷。見た目はボリュームがあるように見えますが、意外とペロリとたいらげられます。頭がキーンとすることなく、果肉のごろっとした自家製のフルーツソースがよく合う、美味しいかき氷です。

岩惣 楓泉
宮島 / カフェ・喫茶店 / 甘味処 / かき氷
住所:広島県廿日市市宮島町南町345−1地図で見る
Web:https://www.instagram.com/iwasofusen/?hl=ja

さいごに

  • 写真:まなもんさん

朝食の時間帯前後~チェックアウトの時間まで、弥山から新鮮な空気が下りてくるからか、岩惣周辺はとても空気が澄んでおり、美味しく感じられます。宿泊した際は、ぜひ朝のお散歩をしてみてください。

岩惣
宮島 / ホテル / 温泉旅館
4.8 (570件の口コミ)
料金(目安):32,400円〜51,000円
宿泊時間:15:00〜10:00
住所:広島県廿日市市宮島町345-1地図で見る
電話:0829-44-2233
Web:http://www.iwaso.com/

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
宮島の旅行予約はこちら

宮島のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

宮島のホテルを探す

宮島の航空券を探す

宮島の現地アクティビティを探す

宮島のレンタカーを探す

宮島の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

温泉好き女子
国内旅行(特に温泉)が好きです。

某専門学校 旅行学科・ツアープランナーコース卒業。その為、旅行関係や温泉関連の資格はそこそこ取っていますが、特に温泉では20代であれば詳しいほうかなと思います。

温泉が好きで、女子の特権を活かし「オシャレでかわいく、快適に温泉を楽しみたい」と常に考えています。

実際に考えた温泉コーデや、自分なりにこだわりのある温泉グッズを持って、実際に温泉に足を運んで楽しんでいます。

これからも、どんどん日本各地の観光地や温泉を巡り、その良さを伝えていきます♪
https://ameblo.jp/sea7423

温泉好きが教える♪日帰り温泉で女性が必要な持ち物

日帰り温泉に行く際、皆さんは何を持っていきますか?今回は温泉好きの筆者が、日帰り温泉に行く際に持ち歩くアイテムを、「体や頭を洗う場合」と「湯船に浸かるだけの場合...


高速道路でスタバ!?SA・PAスタバでドライブ旅をもっと楽しく♪

皆さんは高速道路のSA・PA(サービスエリア・パーキングエリア)に、世界的に有名なコーヒーチェーン店「スターバックスコーヒー」があることをご存知ですか?今回はS...


【広島】ポルノグラフィティ聖地巡礼4選!第①弾:因島編

瀬戸内海に浮かぶ島といえば、淡路島や小豆島を思い浮かべる方が多いかと思います。今回紹介する、広島県と愛媛県を結ぶしまなみ海道にある「因島(いんのしま)」は、ポル...

これさえ食べれば大丈夫♪草津温泉のご当地グルメ4選

旅先でどうしても食べたくなるご当地グルメ。食べ逃すと後悔することもあるかと思います。今回は、群馬県で有名な草津温泉のご当地グルメを紹介していきます。紹介するのは...

【広島】ポルノグラフィティ聖地巡礼7選!第②弾:因島・尾道編

広島県尾道市(旧因島市)出身のポルノグラフィティ。特に2018年は、地元の高校の卒業式にサプライズ登場をしたり、9月には尾道でライブが開催される等、因島や尾道に...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります