モンゴル
モンゴル観光
見渡す限りに広がる草原での乗馬や遊牧民との触れ合い

草原の国モンゴル!旅で出会う文化の違いと独自の習慣

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:19ヶ国

2020年4月16日更新

277view

お気に入り

写真:まきまき

あらゆることが日本と異なる未知の国モンゴル。現地ではきっと、たくさんの面白い経験や珍しい発見が訪れる思います。今回はツーリストが実際に出会いそうな、モンゴルの生活や習慣についてまとめました。

この記事の目次表示

宿泊施設に電線も水道管も通ってない

  • 写真:まきまき

大草原には電気やガス、水道などのライフラインはありません。遊牧民はそんな場所にゲルを建てて暮らしていますが、宿泊施設であるツーリストキャンプも同じ環境である場合が多いです。ツーリストキャンプとはゲルで作った宿泊施設のことであり、シャワー・トイレ・レストランなどの設備も含めてそう呼んでいます。

  • 写真:まきまき

ツーリストキャンプでは自家発電機を使っているため、部屋の照明やスマホの充電は可能です。でも場所によっては部屋にコンセントがなかったり、電気が切れるトラブルはときどき起こります。

そしてシャワーは地下水を引いているので、水圧が極端に低かったりパイプが凍って水がでないことも珍しくありません。さらに熱いお湯が出ないこともありますが、モンゴルではこれらを楽しむ気持ちで挑みましょう。

レンタカーにはドライバーが付いてくる

  • 写真:まきまき

モンゴルは果てしない大地が続き、見どころは街から離れていることが多いです。そして各スポットへ行くためのバスなどはないため、観光するには車がどうしても必要です。それならレンタカーがいいのでは?と思うかもしれませんが、実は車両のみのレンタルは不可能です。レンタカーは基本ドライバー付きになるので、完全プライベートでないだけでなく旅費も高くついてしまいます。

理由は郊外の道路はアスファルトが崩れて、陥没している箇所がたくさんあります。そういった場所では徐行するか、くぼみを避けて通らないと大事故につながる恐れがあります。実際にスピードを出したままくぼみにはまり、ひっくり返っている車を見るのも珍しくありません。

  • 写真:まきまき

また草原には標識がなく、場所によってはGPSも機能しません。日が暮れれば真っ暗になり、道に迷ってガス欠になったり雨が降って泥にハマっても、周囲に人がいるとは限りません。そのため慣れない人が運転するのは危険です。そもそも短期滞在の外国人は運転を許可されていないようですが、もしできたとしてもやめた方が良さそうです。

ラムを食べるのは不可

  • 写真:まきまき

モンゴルの食といったら羊料理がメインですが、羊肉に馴染みのない日本人は「羊といったらラムのステーキ」とイメージするかもしれません。ですがモンゴルでは生後1年未満となるラムは食べず、1歳を過ぎたマトンのみを食します。

これは羊に限らずどの家畜も同じですが、子供は殺さないという遊牧民のルールであり、美味しいとわかっていても食べるために屠殺をしたり、出荷することもないそうです。そのため旅行中にラムが食べたいとリクエストしても、出てくることは決してありません。

他人の足を踏んだら握手をする

  • 写真:まきまき

バスの中や人混みで誰かの足を踏んだとき、または肩がぶつかったときには、見知らぬ人同士でも握手をして別れます。これは謝罪の表現であり、言葉だけでなく握手をすることで角が立たなくなるようです。

心の距離が近いモンゴルらしい表現ですが、相手がたとえ外国人であっても同じ対応をしてきます。そのためもしも旅行中に足を踏まれたときは、突然手を握られるかも知れませんが、驚かないで笑顔を向けてみてください。きっと和やかな雰囲気で終われると思います。

敷居につまずき中へ転ぶと金運アップ

モンゴルにも日本と同じで、玄関の敷居を踏んではいけないというマナーがあります。ただ敷居につまずき中へ転ぶと、「金運・財産をもたらす」といって喜ばれます。ゲルには大抵ストーブがあるので、転んだ人に薪をくべってもらうと、その家の運勢は向上するといわれています。

逆に外へ向かって転んだ場合は「金運が逃げる」という意味になり、その場合も運が出ていかないように祈りながら薪をくべります。そのため遊牧民のゲルを訪問するときなどは、その家の運を逃さないよう足元に気をつけた方がいいでしょう。ですが偶然にも中へ向かって転んだならば、縁起がいいと歓迎されるかもしれません。

遠出するときは到着時刻を決めない

  • 写真:まきまき

モンゴル人は遠出をするとき、到着時刻を決めません。決めると不吉なことが起こるといわれているため、「日が暮れるまでには着く」といったような大雑把な予定で行動します。これは自然と共存しながら生きる、遊牧民ならではの発想かもしれません。たださすがにツアーでは、「時間があまりに曖昧で困る」ということはないので大丈夫です。

神聖な山に名前をつけない

  • 写真:まきまき

大自然が広がるモンゴルでは、神と崇められている山がたくさんあります。ですがそれらには名前をつけず、「あの山」などと呼ばれることが多いです。そしてそれらを指差すことは、失礼になるので気をつけましょう。これは人に対しても同じですが、人差し指ではなく手を開いて向けるならばいいそうです。

モンゴルの旅行予約はこちら

モンゴルのパッケージツアーを探す

モンゴルのホテルを探す

モンゴルの航空券を探す

モンゴルの現地アクティビティを探す

モンゴルのWi-Fiレンタルを探す

関連するキーワード

※この記事は2020年4月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


モンゴル(ウランバートル)の天気・気温・服装・旅行のベストシーズン!

モンゴル(ウランバートル)旅行の前に知っておきたい、この先の天気予報と月ごとの平均気温や降水量、気候の特徴、旅行の服装を徹底解説!いつ旅行するかお悩みの方向けに...


モンゴルの国旗・首都・面積・人口・国歌を解説!

モンゴルの国旗の図柄や意味、モンゴルの首都について、またモンゴルの面積や人口と今後の人口予想、そしてスポーツの試合などでたびたび歌われる国歌の成り立ちまで、モン...

知ると旅が面白い!モンゴルの仏教とシャーマニズム

旅先で寺院や教会を訪れる機会は多いと思いますが、異国の宗教観に触れることは、そこに住む人々がどんな思想のもとで、どんな世界を映し出しているのかを感じるきっかけに...

遊牧民と草原の国!空と大地が広がるモンゴルの魅力

日本から約5時間半で行けるモンゴル。そこには広大な自然と独特な文化が存在していて、メジャーな観光地とはひと味った面白さが詰まっています。今回そんなモンゴルの魅力...

ツアーで体験も可能!モンゴルの大草原で生きる遊牧民の暮らし

異国の文化に触れることは旅の醍醐味ですね。普段とは違う世界を見ることで、視野が広がり心が豊かに変わっていくでしょう。今回はモンゴルの大草原に暮らす、遊牧民の疑問...

この記事を書いたトラベルライター

トラベルフォトグラファー
カメラを片手に一人旅をしています。行ったことのある場所を再び訪れても、旅にはふたつとして同じ経験はなく、世界はミラクルの連続です。感動からハプニングまで、様々な出会いの中にたくさんの面白さがあり、出発してから帰るまですべての場所が目的地ですね。

それらを旅好きな仲間達と共有していけたらと思っています。みなさんの旅がHappyでありますように。
http://makimomo.com

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...


スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...


日本三大パワースポット!長野県の分杭峠でゼロ磁場を体感しよう

長野県の分杭峠(ぶんぐいとうげ)は標高1,424mの静かな山の中に位置しています。そこはゼロ磁場と呼ばれる特殊な状態が生み出されていて、世界有数のパワースポット...

のんびり過ごせる冬の沖縄・石垣島の楽しみ方とおすすめ観光

日本を代表する南国の島といえば、沖縄県の石垣島。その素晴らしい光景は、一度訪れたことで虜になる人も多いのではないでしょうか。ただ南国といっても、活動的に過ごすだ...

【2020年】ロシア大使館とビザセンターでのビザ申請方法と注意点

2019年6月3日からロシア大使館でのビザ申請は完全予約制となりました。このような制度は急な変更が付き物ですが、東京の在日ロシア大使館とロシアビザセンターで申請...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?