モンゴル
モンゴル観光
見渡す限りに広がる草原での乗馬や遊牧民との触れ合い

モンゴル帝国の都!世界遺産カラコルム遺跡とオルホン渓谷

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:19ヶ国

2019年4月7日更新

5,341view

お気に入り

写真:まきまき

モンゴルには5つの世界遺産があり、そのうちのひとつがモンゴル帝国の都カラコルムです。広大な自然の中に数多くの遺跡が発見され、ウランバートルから最も訪れやすい世界遺産でもあるため、人気の高い観光地となっています。

この記事の目次表示

世界遺産カラコルム遺跡とは

  • 写真:まきまき

カラコルムは1235年、モンゴル帝国初代皇帝チンギスハーンの命令により、第2代皇帝オゴタイハーンが作ったモンゴル帝国初の都です。モンゴル帝国はかつて世界最大規模であったため、その中心都市であるカラコルムは、同時に世界の中心だったということになるでしょう。

  • 写真:まきまき

周囲にはモンゴルで最も長いオルホン川が流れ、両岸には美しい渓谷が広がっています。そこは遊牧民の暮らしに不可欠な水が豊富で、はるか昔から独自の生活が営まれてきたと考えられています。そしてそれを物語るたくさんの古代遺跡も発見されており、2000年以上も続く遊牧民の歴史の証として、ユネスコの世界遺産に登録されました。

現在の名前はハラホリン

  • 写真:まきまき

カラコルムとは実は古い呼び名で、現在はハラホリンと呼ばれています。ですが観光地として紹介される際には「カラコルム遺跡」と呼ばれることが多いです。カラコルムとは「黒い砂礫(されき)」という意味らしく、砂礫とは砂や小石のことをいいますが、この辺りは火山岩からできた黒っぽい石が多いため、このように名付けられたのだそうです。

カラコルム観光の見どころ

エレデネ・ゾー寺院

  • 写真:まきまき

カラコルム遺跡で最も有名なのは、1586年に建てられたエレデネ・ゾー寺院です。こちらはモンゴルにおけるチベット仏教の最初の寺院となったそうで、後に周囲にいくつかの寺院が建ち、さらに後には108の仏塔が並び、長さ約429mの城壁も建てられました。この敷地内がカラコルム観光のメインとなります。

  • 写真:まきまき

エレデネ・ゾー寺院の中に入ると何体かの仏像を見ることができるのですが、筆者が訪れたのは10月であり、残念ながらすでに冬季閉鎖されていました。モンゴルの観光シーズンは短いので、外観だけでなくくまなく見学したい場合は夏に訪れるのがベストかもしれません。

エルデネ・ゾー
モンゴル / 寺
住所:6R2V+M7 カラコルム, モンゴル地図で見る

カラコルム博物館

様々な文化財が展示されたカラコルム博物館は、なんと日本政府の無償資金援助で設立されたそうです。ですがこちらもタイミング悪く、筆者が訪れたのは休館日でした。ありがたいことに館内の展示物には日本語が添えられているようなので、私たちもモンゴルの歴史を深めることができます。

5月から9月までは無休でオープン(9:00〜18:00)していますが、10月から4月は平日のみ(9:00〜17:00)の営業となるようです。入場料は大人5,000トゥグルグ(約250円)。

カラコルム博物館
モンゴル / 博物館・美術館 / 博物館
住所:Khushuu Tsaidam Rd, Harhorin, モンゴル地図で見る

三角のオボーからは広大なオルホン渓谷の景観も

  • 写真:まきまき

円を描くように囲われた三枚の壁の中心には、三角のオボーが建てられています。オボーとは祈願のために作られたもので、郊外へ行くと道の脇に立っているのをよく見かけます。そしてこのオボーはモンゴル帝国記念碑であり、ここは高台になっているため、エルデネ・ゾー寺院やオルホン渓谷を一望できます。

オルホン川のさらに奥には滝があるようで、規模は小さいですがチャンスがあれば訪れてみてはいかがでしょうか。ただしぬかるんだ道も走行可能な車が必要であり、バスなどの交通手段はありません。そのためご希望の際は、現地旅行会社に相談してみるといいでしょう。

モンゴル帝国記念碑
モンゴル / その他スポット
住所:Монгол Нутаг Дахь Их Гүрнүүдийн Хөшөө цогцолбор Harhorin モンゴル地図で見る

カラコルムへ行くには

  • 写真:まきまき

カラコルムはウランバートルら約370㎞離れていて、アクセス方法は長距離バスか自家用車しかありません。モンゴルでは交通機関が発達しておらず、英語が通じる率も低いので、旅慣れない方や初めて訪れる場合には、ツアーに申し込むことをオススメします。自力で行く際には寺院や博物館の入館日に注意してください。

ウランバートルからの所要時間は約6時間で、カラコルムに着く手前でブルドという場所を通過します。ブルドは砂地でラクダや砂丘も見れるので、できればツーリストキャンプに一泊し、周辺観光とともにカラコルムに向かうと充実したプランになるでしょう。大自然に囲まれたモンゴルの世界遺産を是非訪れてみてください。

ブルド
モンゴル / 町・ストリート
住所:2R28+9H Burd, モンゴル地図で見る
カラコルム遺跡
モンゴル / 遺跡・史跡
住所:6R2V+M7 カラコルム, モンゴル地図で見る

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
モンゴルの旅行予約はこちら

モンゴルのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

モンゴルのホテルを探す

モンゴルの航空券を探す

モンゴルの現地アクティビティを探す

モンゴルのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ゴビのエネルギーが溢れる!モンゴル3大パワースポット

手付かずの自然が広がるモンゴルは、どこへいっても大地の力強さが溢れています。中でも知る人ぞ知るパワースポットが3ヶ所あり、いずれも「ゴビ」と名がつく乾燥地帯に存...


空と大地のパワースポット、モンゴル・東ゴビの祈りの旅

モンゴルの旅といえば草原で乗馬が最もポピュラーなスタイルですが、それだけでなく独特な空気感を漂わせるディープなスポットも多く存在しています。モンゴルの中心から東...

ウランバートル近くのモンゴルのリゾート地!テレルジ観光と周辺施設

モンゴルの魅力はなんといっても郊外にあり、果てしなく続く大地の中に、動物の姿や遊牧民の住居が見えるのが特徴です。首都ウランバートルから比較的近く、なおかつ自然が...

手つかずの大地と感動の景色!モンゴル・ドンドゴビの見どころ

モンゴルのドンドゴビは大地の力強さと美しさが感じられる興味深い場所です。たどり着くまで楽とはいえませんが、貴重な体験となることは間違いないでしょう。今回はそんな...

初めてのモンゴル!旅行前に知っておきたい知識まとめ【基本情報・文化・観光】

大草原が広がるモンゴルは、日本から比較的近い場所にありながら、どんな場所なのか知らない方も多いかもしれません。今回はそんなモンゴルについての情報をまとめました。...

この記事を書いたトラベルライター

トラベルフォトグラファー
カメラを片手に一人旅をしています。行ったことのある場所を再び訪れても、旅にはふたつとして同じ経験はなく、世界はミラクルの連続です。感動からハプニングまで、様々な出会いの中にたくさんの面白さがあり、出発してから帰るまですべての場所が目的地ですね。

それらを旅好きな仲間達と共有していけたらと思っています。みなさんの旅がHappyでありますように。
http://makimomo.com

スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...


スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...


日本三大パワースポット!長野県の分杭峠でゼロ磁場を体感しよう

長野県の分杭峠(ぶんぐいとうげ)は標高1,424mの静かな山の中に位置しています。そこはゼロ磁場と呼ばれる特殊な状態が生み出されていて、世界有数のパワースポット...

【神奈川】みさきまぐろきっぷでお得に!三浦半島日帰り旅行モデルコース

京急線の終点「三崎口」を降りると、都会の景色とは一変したのどかな世界が広がっています。マグロ料理を堪能したり潮風に吹かれたりと、リフレッシュするには最高の場所で...

のんびり過ごせる冬の沖縄・石垣島の楽しみ方とおすすめ観光

日本を代表する南国の島といえば、沖縄県の石垣島。その素晴らしい光景は、一度訪れたことで虜になる人も多いのではないでしょうか。ただ南国といっても、活動的に過ごすだ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります