長崎
長崎観光
ハウステンボスやグラバー園など、有名観光スポットが多数

長崎バイオパークでかわいい動物たちに癒される!

取材・写真・文:

佐賀在住
訪問エリア:33都道府県

2021年4月22日更新

136view

お気に入り

写真:hithit

南北に長い長崎県の中央に位置する西海市にある動物園「長崎バイオパーク」。“見ているだけではつまらない!遊んで、学んで、ふれあって。”をコンセプトに、動物たちが自由に暮らす様子を間近で見られることで人気が高い施設です。

この記事の目次表示

数ある九州の動物園の中でも人気が高い「長崎バイオパーク」

九州には鳥類センターも含め、動物園にカテゴライズされる施設が13ありますが、そのうち5つが福岡県内にあり、大分県と長崎県に2つずつ、というように北部九州に集中しています。

その中でも高い人気を誇るのが、今回ご紹介する「長崎バイオパーク」です。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit入り口でアルパカさんがお出迎え

2020年の秋に開園40周年を迎えた「長崎バイオパーク」は、総面積約30万平方メートルの敷地内に約200種の動物たちが飼育されています。できるだけ動物たちの本来の生態系に近づけるために、約1,000種、約30,000点の植物なども生育しています。

最大の特色は檻や柵が少なく、動物たちがのびのびと暮らす様子を間近で観察したり触れ合える生態展示方式になっている点です。

入園料は、大人(19〜59歳)1,700円、中高生(13〜18歳)1,100円、子ども(3歳〜小学生)800円、シニア(60歳以上)1,100円です(2021年4月現在)。

  • 写真:hithit園内の至る所にさりげなく動物がいます

広大な敷地をゆっくり巡って楽しもう!

  • 写真:hithit配布しているMAPより

約30万平方メートルある敷地内は、小高い丘や森、小川、池など様々な地形があって意外と起伏もあります。その中に動物たちが点在していますので、順路に沿ってゆっくり見て回ると2〜3時間はかかります。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit目の前にコウモリが…
  • 写真:hithit

入ってすぐの石段を登ると見えてくるのがフラワードームです。中は蒸し暑く、熱帯の植物が生い茂っていて、コウモリがぶら下がっていたり、美しい蝶が目の前を飛んだりします。

  • 写真:hithitワオキツネザル
  • 写真:hithitアメリカビーバー

フラワードームの裏側、クロキツネザルやワオキツネザル、アメリカビーバーなどを見ながら、さらに奥へ順路を進んで行くと、ミーアキャットがいる山です。

体長約30cmほどの小さな身体で動きがユーモラスなので、ずっと見ていても飽きません。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

いちばん人気はカピバラ

  • 写真:hithitまった〜りお昼寝中
  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

ここのカピバラは、寒い時期は露天風呂に入ったり、ストーブにあたったりする事で有名で、触ったり直接餌をあげたりすることもできるので、大人から子どもまで幅広い人気があります。

触ってみると毛は硬く、たわしのようです。人に慣れているので、足元にスリスリしてきたりして、ほのぼのした雰囲気が何とも言えません。

  • 写真:hithitアカハナグマは食いしん坊で好奇心旺盛
  • 写真:hithitフェネックも人懐こい

他にもたくさんの動物たちをすぐ近くで見たり、触れ合う事ができるので、すっかり時間を忘れて癒されてしまいます。

  • 写真:hithitレッサーパンダはマイペース
  • 写真:hithitカンガルーも触れます

とっておきは、ミーアキャットの赤ちゃん

筆者が訪れた時は、ミーアキャットの赤ちゃんが生まれたばかりで、アライグマの横の飼育小屋にいました。「確実に見られるとは限りません」とのことでしたが、運良く見ることができました。

かわいい赤ちゃんのキュンキュン動画をどうぞ!

立て看板や説明書きも面白い

「長崎バイオパーク」は、動物を間近に見られて触れ合いが楽しめる場所なのですが、それを盛り上げるための演出として、個々の動物の情報提供が非常に工夫されています。

例えば、それぞれの動物についての説明書きがとてもユニークで楽しく書かれているので、親しみやすくて、「これはどの子かな〜?」なんてつい、探して見てしまいます。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

動物の側に餌の自動販売機が設置されているのですが、その注意書きもすごく面白いので、要チェック!

  • 写真:hithit

様々なイベントやショップにも注目

隣接しているPAWでは、犬やうさぎ、モルモット、鳥、爬虫類などの小動物と触れ合えるようになっているので、小さなお子様でも楽しめます(入場料別途かかります)。またラマの餌やり体験や昆虫のクイズラリーなど、季節ごとのイベントを定期的に開催しています。

園内のショップでは、カピバラをはじめ、かわいい動物のぬいぐるみなどオリジナルグッズも充実していて、見るだけでも楽しめますよ。

  • 写真:hithit
  • 写真:hithit

さいごに

かわいい動物たちとの触れ合いは、ちょっとした気分転換には最適です。緑の中をゆっくり歩きながら、動物たちに癒されてストレス解消してみてはいかがでしょう。

長崎バイオパーク
長崎 / 動物園 / 子供が喜ぶ
住所:〒851-3302 長崎県西海市西彼町中山郷2291-1地図で見る
電話:0959-27-1090
Web:http://www.biopark.co.jp/

長崎の旅行予約はこちら

長崎のパッケージツアーを探す

長崎のホテルを探す

長崎の航空券を探す

長崎の現地アクティビティを探す

長崎のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

最近人気の記事


【2021年版】全国の人気遊園地・テーマパークTOP30!みんなが行った遊園地・テーマパークランキング

2021年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた全国の遊園地・テーマパークランキング【2...


【2022】2月の国内おすすめ旅行先40選!冬の旅行にぴったりな観光地特集

2月は北はまだまだ雪深く、この時期ならではの雪や氷のイベントが開催されている一方で、南は梅や早咲きの桜が開花し始める時期です。2月の週末旅行におすすめの国内旅行...

冬の国内旅行におすすめの観光地36選!冬ならではの旅行を楽しもう

雪の季節にしか見られない絶景や冬空に映えるライトアップなど、寒い冬だからこそ楽しめる観光スポットが国内にはたくさんあります!冬の国内旅行におすすめの観光地を厳選...

全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。

【2022最新】日本の人気の島・離島TOP47!トラベラーが行っている島ランキング

広島の宮島や沖縄の古宇利島、山口の角島をはじめとする日本の島の中で、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っている順...

この記事を書いたトラベルライター

東京育ちの帰国子女>田舎暮らし満喫中のデザイナー
東京育ちの帰国子女。紆余曲折あってなぜか今は佐賀県在住。小さい頃からどこへでもひとりで出かける冒険家の一面を持つ。海外でも事前に収集した情報をもとに積極的に自力で目的地に向かっていく傾向がある。モットーは「旅先の予定外は想定内、トラブルは学びの種」。絶景はもちろん、面白いこと、文化、グルメまで幅広く欲張りな旅をします。
http://hithit26.blog.fc2.com/

【広島】人気の街「尾道」でオススメのお土産10選

昔から坂の町、映画の町として有名な尾道ですが、最近はすっかり猫の町として、またレトロかわいい物に出会えるリノベーションの町として、たくさんの観光客が訪れる人気の...


一生行かないなんてもったいない!知られざる佐賀の魅力16選

福岡と長崎に挟まれ「一生行くことがない県」と言われる佐賀。「佐賀県」と聞いて頭に浮かぶのは、大多数の方が「がばいばぁちゃん」や、佐賀県をテーマにした芸人はなわの...


【佐賀】陶器市じゃなくても焼き物三昧できちゃう有田の秘密スポット

日本最古の歴史を誇る陶磁器のメッカ有田では、毎年ゴールデンウィークの頃に町全体で陶器市が開催されます。この時期は、日本国内のみならず海外からも大勢の焼物ファンが...

【佐賀】あの「鍋島」が飲み放題!鹿島の「酒蔵ツーリズム」

佐賀は九州の中でもお米の産地として知られています。収穫量は全国的にはそれほど多くはありませんが、日本穀物検定協会が行っている「米の食味ランキング」で最高ランクの...

【佐賀】春まで待てない!本当は教えたくない桜の名所10選

福岡と長崎にはさまれ、九州の観光コースでは素通りされてしまう佐賀県ですが、その分、手つかずの自然や古くからの物が今なお大事に残されている点が見直され、最近では都...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります