佐賀
佐賀観光
吉野ケ里遺跡が所在する、陶器の名産地

一生行かないなんてもったいない!知られざる佐賀の魅力16選

取材・写真・文:

佐賀在住

2017年7月25日更新

5,966view

お気に入り

写真:hithit

福岡と長崎に挟まれ「一生行くことがない県」と言われる佐賀。「佐賀県」と聞いて頭に浮かぶのは、大多数の方が「がばいばぁちゃん」や、佐賀県をテーマにした芸人はなわの歌のフレーズ「SAGA(エス・エー・ジー・エー)」でしょうか?(古っ!笑)でも実は歴史的にもすごいポテンシャルを秘めた県なんです。知ってみればきっと「へぇ~。一度行ってみたいな」と思うはず。そんな佐賀県の魅力をたっぷりお伝えしていきたいと思います。今回の記事では、佐賀県の代表的なスポットをご紹介します。

この記事の目次表示

幕末は若き藩主によりどこよりも早く近代化

江戸末期に17歳の若さで第10代肥前国佐賀藩主となった鍋島直正は、長崎で西洋の軍事技術を目の当たりにし、逼迫した財政の改革や、将来的な人材教育を手始めに、日本初の大砲の製造や蒸気船の開発などに着手。まだ火縄銃が主流の時代に、近代化の最先端を行く県でした。

東京の「お台場」という地名はペリーの再来に備え、大砲を置くための台場に由来しています。この時の大砲は佐賀藩が造ったものでした。

①佐賀城本丸歴史館(佐賀市)

鍋島氏の居城だった佐賀城は、明治時代初期に起こった佐賀の乱によりほとんどが焼失。現在残っているのは鯱の門と続櫓のみで、国の重要文化財に指定されています。

佐賀城本丸歴史館は、その佐賀城跡に本丸御殿の一部を忠実に復元した歴史館で、木造復元建物としては日本最大級の2,500平方メートル。

  • 出典:www.photo-ac.com復元された本丸御殿。320畳の大広間はもちろん、廊下も全て畳敷き
佐賀城跡・佐賀城本丸歴史館
佐賀 / 建造物 / 博物館・美術館 / 観光名所
住所:佐賀市城内2-18-1地図で見る
電話:0952-41-7550
Web:http://saga-museum.jp/sagajou/

②世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」三重津海軍所跡(佐賀市)

鍋島直正が大砲の製造と同様、どこよりも早く開発に力を入れたのが蒸気船でした。最近になって佐賀藩の海軍所跡地で洋式船の補修・製造を行った国内最古の施設の遺構が発見されましたが、空気にさらされると風化してしまうため、地中に埋もれたまま。当時の様子は再現したVR(バーチャルリアリティ)で見ることができます。

  • 写真:hithit一見何もありませんが、れっきとした世界文化遺産なんです
三重津海軍所跡
佐賀 / 遺跡・史跡
住所:佐賀県佐賀市川副町大字早津江津地図で見る
電話:0952-25-7253(佐賀県 肥前さが幕末維新博事務局)
Web:http://mietsu-sekaiisan.jp/

そのたたずまいはエキゾチックでダイナミック

佐賀県の象徴とも言える建造物が鹿島市の祐徳稲荷神社と武雄市の武雄温泉楼門です。どちらも朱に近い赤が印象的で、異国情緒を感じさせる雰囲気とひと目見ただけで記憶に残るユニークなフォルムは、時代を超えて愛されています。

③祐徳稲荷神社(鹿島市)

京都の伏見稲荷、茨城の笠間稲荷とともに日本三大稲荷に数えられていますが、そのたたずまいは他の稲荷とは全く違った趣です。豊かな色彩はどことなくエキゾチック、山肌にそびえたつ姿が清水の舞台を彷彿とさせるダイナミックさを持ち合わせたお稲荷さんは、一見の価値ありです。

  • 出典:www.asobo-saga.jp神殿、拝殿、楼門は全て朱色の漆塗りで豪華絢爛。タイ人観光客に大人気
祐徳稲荷神社
佐賀 / 社寺・教会 / 観光名所
住所:佐賀県鹿島市古枝乙1855地図で見る
電話:0954-62-2151
Web:https://www.yutokusan.jp/

④武雄温泉の楼門と新館(武雄市)

佐賀県出身で東京駅舎を手掛けた建築家、辰野金吾の作品。「東京駅構内のなぜか足りない4つの干支のモチーフが、実はこの楼門2階の天井にあった」というミステリーが一時有名になりましたが、ミステリーはそれだけではなく、約100年前の設計図によると、この楼門は当初3つ建てられる計画だったのですが、資金不足でひとつだけになったのだとか。

昔は裏山に遊園地もあったそうで、辰野金吾はきっと竜宮城のようなテーマパークを造ろうとしたのではないか?と噂されています。

敷地内には3つの共同浴場(元湯、蓬莱湯、鷺乃湯)と貸切湯(殿様湯や家老湯など)もあるので、手軽に温泉も楽しめます。

  • 写真:hithit武雄温泉のシンボル楼門。毎週日曜には朝市も開催されます
  • 写真:hithit昔はこの建物の中にも浴場がありました。今は陶芸教室と土産物屋さんがあります
武雄温泉楼門
佐賀 / 観光名所
住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄7425地図で見る
武雄温泉新館
佐賀 / 建造物 / 体験・アクティビティ
住所:武雄市武雄町大字武雄7425番地地図で見る
電話:0954-23-2001
武雄温泉 元湯
佐賀 / 温泉
住所:武雄市武雄町大字武雄7425地図で見る
電話:0954-23-2001
武雄温泉 蓬莱湯
佐賀 / 温泉
住所:武雄市武雄町大字武雄7425地図で見る
電話:0954-23-2001
武雄温泉 鷺乃湯
佐賀 / 温泉
住所:武雄市武雄町武雄7425地図で見る
電話:0954-23-2001

とにかく自然が美しい

あまり知られていないということは、人間に侵されていないということ。地元の人たちにとっては見慣れた当たり前の風景なので「どこが珍しいの?」と不思議がられてしまうのですが、四季折々の美しい景色が県内のあちこちにあります。ここで代表的なものをご紹介します。

⑤大楠(武雄市内)

佐賀県内には大楠をはじめとする巨木がいくつもあって、木自体はもちろん、その木を囲む周辺の街並みにも脈々と受け継がれてきた歴史を感じることができます。武雄の大楠の他に、塚崎や川古にも大楠があり、どれも数千年を生き抜いてきた楠たちの姿は圧巻です。

  • 出典:www.welcomekyushu.jp樹齢推定3000年以上と言われる武雄の大楠は武雄神社のご神木でパワースポットとして有名
武雄の大楠
佐賀 / 自然・景勝地
住所:佐賀県武雄市 武雄町大字武雄5337地図で見る

⑥御船山楽園(武雄市)

元お殿様の庭園だったところで、ミシュランガイドにも掲載された宿泊施設竹林亭が隣接します。

春は桜、初夏にはつつじや藤、夏は竹あかりとプロジェクションマッピング、秋は紅葉、冬は雪景色と、1年を通して楽しむことができる場所になっています。

  • 写真:hithit毎年7月中旬から開催される「納涼竹あかり」とプロジェクションマッピング

2017年は10月上旬までの日程で、「かみさまがすまう森のアート展」と題したイベントが開催されています。

資生堂 presents チームラボ かみさまがすまう森のアート展
2017年7月14日(金)~10月9日(月)
大人1600円、中高生1200円、小学生800円、未就学児無料
https://www.teamlab.art/jp/e/mifuneyama2017/
御船山楽園
佐賀 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:佐賀県武雄市武雄町武雄4100地図で見る
電話:0954-23-3131
Web:http://www.mifuneyamarakuen.jp/

⑦馬場の山桜(武雄市)

小高い山の上にぽつんと立つ、樹齢推定120年の山桜とそれを囲む一面の菜の花はみごとです。近年人気急上昇のスポットの一つ。

  • 写真:hithit入場料など一切ありません。車でしか行けませんが駐車場がないので長居不可
馬場の山桜
佐賀 / 自然・景勝地
住所:〒849-2342 佐賀県武雄市武内町大字真手野 馬場の山桜地図で見る
電話:0954-23-9237(武雄市観光課)

⑧海中鳥居(太良町)

その昔、沖の島に置き去りにされた悪代官が大魚に助けられ生還したという伝説がある「大魚神社」の鳥居。潮の満ち引きによって様々な表情を見せてくれます。

  • 写真:hithit写真:野田尚之氏
海中鳥居
佐賀 / 自然・景勝地
住所:佐賀県藤津郡太良町多良1875−51地図で見る

⑨浜野浦の棚田(玄海町)

泣きたくなるほど美しい夕焼けが棚田に反射するマジックアワーは、狙ってもなかなか見られない貴重な景色。

  • 出典:www.photo-ac.comまるで鏡のように見えるのは田んぼに水がはられた一時期だけ
浜野浦の棚田
佐賀 / 自然・景勝地
住所:佐賀県東松浦郡玄海町浜野浦地図で見る
電話:0955-52-2199

⑩七ツ釜(唐津市)

九州北部の日本海は、想像以上に水が青く澄んでいてとても美しい。遊覧船も運航しています。

  • 出典:www.asobo-saga.jp玄界灘の荒波にさらされ浸食されてできた洞窟が7つあることから七ツ釜
七ツ釜展望所
佐賀 / 展望・景観
住所:佐賀県唐津市屋形石 七ツ釜展望所地図で見る
七ツ釜遊覧船 イカ丸
佐賀 / 乗り物
住所:佐賀県唐津市呼子町呼子4185-27地図で見る
電話:0120-425-194
Web:http://www.marinepal-yobuko.co.jp/

⑪九州佐賀国際空港へ向かう道(佐賀市内県道49号線)

地平線を見渡すことができる一面の田畑の真ん中を、まっすぐどこまでも続く道路は「ここ日本?」と思ってしまうほど。毎年5月下旬には、黄金色の麦秋と青い稲のコントラストが美しい、佐賀ならではの風景が見られます。

  • 写真:hithit
佐賀市内県道49号線
佐賀 / その他スポット
住所:佐賀県佐賀市川副町大字犬井道地図で見る

次のページを読む

夏休みの格安航空券をskyticketで検索

佐賀の旅行予約はこちら

佐賀のパッケージツアーを探す

佐賀のホテルを探す

佐賀の航空券を探す

佐賀の現地アクティビティを探す

佐賀のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

あなたにオススメの記事

最近人気の記事


春の国内旅行におすすめの観光地45選!春がベストシーズンの旅先ガイド

春は桜をはじめとする花が開花し、過ごしやすい気候から野外でのイベントも増えてくる季節。旅行にはもってこいの時期です。春の国内旅行におすすめの観光地を厳選してご紹...


2020年初詣におすすめ!【全国47都道府県別】初詣の人出トップ寺社一覧

全国47都道府県ごとに、もっとも初詣客の多い寺社を一挙にご紹介!2020年の初詣は、たくさんの人が新年の開運祈願に訪れる、人気の寺社へ初詣に出かけてみませんか?

海や湖の中に浮かぶ鳥居が美しい日本の神社10選!

海に浮かぶ鳥居といえば広島県の「厳島神社」の鳥居が有名ですが、日本には他にも水の中に浮かぶ鳥居がたくさんあるんです。海や湖の中に鳥居が浮かぶ、神秘的な光景を見る...

諸説あり!「日本三大稲荷」に数えられる有名稲荷を一挙紹介

日本三大稲荷といえば総本宮の伏見稲荷大社は必ずその1つに挙げられますが、残り2社は諸説あり、比較的知られた説の中だけでもなんと計13もの神社が候補に挙がっていま...

12月のイベント・行事53選!一度は足を運びたい全国のおすすめイベント特集

12月はクリスマスを中心としたイルミネーションイベントや冬の花火大会など、冬の夜を楽しむイベントが各地で盛んに開催される時期です。12月に行われる全国のおすすめ...

この記事を書いたトラベルライター

東京育ちの帰国子女>田舎暮らし満喫中のデザイナー
東京育ちの帰国子女。紆余曲折あってなぜか今は佐賀県在住。小さい頃からどこへでもひとりで出かける冒険家の一面を持つ。海外でも事前に収集した情報をもとに積極的に自力で目的地に向かっていく傾向がある。モットーは「旅先の予定外は想定内、トラブルは学びの種」。絶景はもちろん、面白いこと、文化、グルメまで幅広く欲張りな旅をします。
http://adonoan.info/

【広島】人気の街「尾道」でオススメのお土産10選

昔から坂の町、映画の町として有名な尾道ですが、最近はすっかり猫の町として、またレトロかわいい物に出会えるリノベーションの町として、たくさんの観光客が訪れる人気の...


【佐賀】あの「鍋島」が飲み放題!鹿島の「酒蔵ツーリズム」

佐賀は九州の中でもお米の産地として知られています。収穫量は全国的にはそれほど多くはありませんが、日本穀物検定協会が行っている「米の食味ランキング」で最高ランクの...

【佐賀】陶器市じゃなくても焼き物三昧できちゃう有田の秘密スポット

日本最古の歴史を誇る陶磁器のメッカ有田では、毎年ゴールデンウィークの頃に町全体で陶器市が開催されます。この時期は、日本国内のみならず海外からも大勢の焼物ファンが...

日本のお菓子文化はシュガーロード「長崎街道」から始まった

シルクロードではなく「シュガーロード」って聞いたことがありますか?江戸時代に九州に整備された脇街道で、外国との唯一の貿易港であった長崎から佐賀を通って福岡県の小...

【広島】懐かしいけど新しい!温故知新をおしゃれに仕立てる街「尾道」

映画の舞台として、また猫好きに人気の「猫の細道」でも話題の坂の町「尾道」ですが、ユニークな空き家再生の成功事例としても全国的に注目を集めています。もともと瀬戸内...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

格安航空券を
予約する

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?