奈良
奈良
世界遺産が日本一多く、鹿のゆるキャラが人気

【奈良】椿・紫陽花・萩…花の寺「白毫寺」から奈良盆地を一望!

2018年7月13日更新

185view

お気に入り

「白毫寺(びゃくごうじ)」は奈良県奈良市東部、高円山の西麓にある真言律宗の寺院です。市内を一望できる境内には椿や萩・紫陽花などが植えられており、時期になると美しい花々によって彩られます。

この記事の目次表示

白毫寺の基礎情報

  • 境内

白毫寺は奈良県奈良市東部、若草山・春日山に続いて南に連なる高円山にある真言律宗の寺院です。標高150メートル以上ある境内から奈良盆地を一望でき、市内の有名な観光名所「興福寺」などを見下ろすことができます!

白毫寺の歴史

創建後静かな時代を経て、鎌倉時代に西大寺で真言律宗をおこした叡尊(えいそん)によって再興されたと言われています。その後室町時代に戦乱によって境内の建物のほとんどが燃えてしまうという苦難の後、江戸時代から昭和後期にかけて改めてじっくりと再興が行われました。


白毫寺の魅力・見どころ

四季折々の花々や紅葉

五色椿(4月上旬~中旬)

  • 五色椿

白毫寺には樹齢約400年と言われる椿の木が存在します。赤や白だけでなく紅白斑模様になった椿など、色とりどりの美しい椿が境内を彩ります。この「五色椿」は、東大寺開山堂の「糊こぼし」伝香寺の「武士椿」と並んで「奈良三名椿」と呼ばれています。

紫陽花(6月中旬~下旬)

  • 境内

梅雨前の時期には紫陽花が咲き誇ります。紫陽花に特化している寺院と比べるとさすがに劣りますが、梅雨の薄暗い時期に咲く青紫・赤紫の紫陽花は参拝者の心を癒やしてくれます。

萩(9月中旬~下旬)

  • 萩の花

山門から境内に続く長い階段の両脇に咲くのが萩の花です。小さいですが、赤紫や白など可愛らしい花を咲かせます。椿や紫陽花はメジャーな花で色々な寺社で見ることが出来ますが、萩の花が見られるお寺はなかなかありませんので貴重です!

寒桜(10月下旬~12月上旬、3月中旬~下旬)

  • 寒桜

一般的な桜よりも早い時期に咲く桜の仲間です。日本全国が桜で盛り上がる前に、一足先にお花見気分を楽しんじゃいましょう!

紅葉(11月下旬~12月上旬)

秋と言えばの紅葉です。この時期の境内では、眼下には奈良盆地、見上げると紅葉というとても贅沢な景観を楽しむことができます!

3つのお堂と数々の寺宝

本堂

  • 本堂

本尊「阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)」をはじめ、脇侍(わきじ)を安置するお堂で、建物は奈良市の指定文化財にも指定されています。

御影堂

  • 境内

本堂の北東に位置する小さなお堂で、「関西花の寺 十八番霊場」という掛札がかけられています。堂内には江戸時代白毫寺を再興したとされる、「空慶上人(こうけいしょうにん)」の坐像が安置されています。

宝蔵

  • 宝蔵

過去境内に存在していた「閻魔堂(えんまどう)」の御本尊である「木造閻魔王坐像(もくぞうえんまおうざぞう)」を始め、「木造太山王坐像(- たいざんおうざぞう)」「木造司命半跏像(- しめいはんかぞう)」「木造司録半跏像(- しろくはんかぞう)」などの重要文化財が安置されています。

境内からの景色

  • 奈良盆地
  • 近鉄奈良駅・興福寺

高さ150メートル以上の場所に存在している白毫寺からは、奈良市のある奈良盆地を一望できます。遥か遠くには大阪府との県境である生駒山を、手前には平城京跡興福寺五重塔などを望むことが出来ます。


拝観案内

  • 大人 500円 / 高校生・中学生 300円 / 小学生 200円

アクセス

  • 境内

「白毫寺」というバス停がありますが、バスの本数が少ないため時間が上手く噛み合わないと利用しにくいです。その場合は「高畑町」「高畑住宅」バス停から歩くことで歩行距離を最低限に抑えることが出来ます。

  • 奈良交通「白毫寺」から 徒歩10分
  • 奈良交通「高畑住宅」から 徒歩15分
  • 奈良交通「高畑町」から 徒歩20分
  • 新薬師寺から 徒歩10分

まとめ

「白毫寺」はいかがでしたか?花や景色はもちろん、お寺の歴史や寺宝なども目を見張るものがある面白い寺院です。花の時期に奈良観光をされる際はぜひ訪問を検討してみてください!

白毫寺
奈良 / 社寺・教会
住所:奈良県奈良市白毫寺町392
電話:0742-26-3392
Web:http://www.byakugouji.jp/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月1日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...

【奈良】穴場あり!地元民がおすすめする桜の名所8選

奈良県には、吉野をはじめとする桜の名所がたくさんありますが、今回はその中から、奈良在住の筆者が選んだお花見スポットを8か所ご紹介します。多くの人が訪れる有名なス...

いにしえの都・奈良を散策しよう!おすすめスポット・お店10選

古代日本の中心として多くの寺社仏閣が集まる奈良。世界文化遺産に登録された東大寺をはじめ、鹿に会える奈良公園、さらにおしゃれなお店が集まる「ならまち」など、見どこ...

【奈良】長谷寺で、観音様の御足に触れて祈れる特別体験を!

奈良県桜井市にある長谷寺は、全399段もあるトンネル状の登廊(のぼりろう)や、舞台造りの本堂など見どころの多いお寺です。中でも、身の丈約10メートル。木造として...

古代史跡の宝庫!奈良・明日香村で訪れたいスポット9選

7世紀、日本の政治の中心地であった奈良・明日香村。現在はのどかな田園風景が広がるこの場所には、当時の面影を残した史跡が数多く残っています。不思議な形をした巨石や...



この記事を書いたトラベルライター

ドラクエⅪで号泣する男
旅行は一人か二人でがほとんどです。旅行先で見つけたオススメの場所や、地元の一押しスポットを紹介していきます。

【三重】伊勢神宮の混雑回避!静かで荘厳な早朝参拝のススメ!

古来鎌倉時代から参拝客が訪れたという歴史のある伊勢神宮。現在でも人気は衰えず、最近では2013年に式年遷宮、2016年には伊勢志摩サミット参加のために来日した各...

【京都】絢爛なる彫刻・治癒の名水、伏見「御香宮神社」に参拝!

「御香宮神社(ごこうぐうじんじゃ)」は京都府京都市伏見区にある神社です。拝殿の彫刻が非常に美しく、境内には名水百選にも選出された「御香水(ごこうすい)」という水...

【大阪】天王寺駅徒歩5分「ファーストキャビンステーションあべの荘」の魅力を紹介!

「ファーストキャビン」は、飛行機のファーストクラスをイメージして作られたコンパクトホテルです。今回はそんなファーストキャビングループの中でも少しコンセプトの違う...

【近畿】2府3県をお得に旅行「近鉄週末フリーパス」の買い方・使い方

「近鉄週末フリーパス」は近畿日本鉄道が販売している、金・土・日か土・日・月の3日連続で近鉄が乗り放題になるお得な切符です。この切符を使って、近鉄でお得に旅行する...

【三重】駅・伊勢神宮から徒歩5分!外宮の別宮「月夜見宮」を紹介!

「月夜見宮(つきよみのみや)」は、三重県伊勢市宮後町にある伊勢神宮外宮の別宮です。外宮から徒歩5分かつ駅からも徒歩5分という好立地でありながら、周辺は静かで雰囲...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?