ニューヨーク
ニューヨーク観光
24時間眠らない、世界一の大都会

ニューヨークの実力派ビール!ブルックリン・ブリュワリーでビール三昧

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:18ヶ国

2018年3月1日更新

1,375view

お気に入り

この記事の目次表示

ニューヨークのおすすめツアー
[先着50名様限定価格]《女子旅におすすめ4ッ星ホテル★》【N.Y.3泊xラスベガス2泊周遊7日間】グラマシーパーク徒歩圏内のブティックホテル『フリーハンド・ニューヨーク』&2018年リニューアル!立地抜群『パークMGM』
132,800円~342,800円
…━.+☆摩天楼のN.Y.&大注目アナハイム☆+.━…《ニューヨーク2泊×アナハイム2泊6日間》立地もサービスも人気の「ダブルツリーバイヒルトンメトロポリタン」&パークへは徒歩5分♪「トロピカーナイン&スイーツ」|航空会社未定
131,000円~276,000円
【羽田発着】★期間限定フラッシュセール★━♪スーペリアホテル♪━★駅チカ(51st.)×シンプルで機能的なヒルトン系列のホテル★《DoubletreeHotelMetropolitan(ダブルツリー・メトロポリタン)》に泊まる5日間│航空会社未定
108,500円~275,500円

大混雑?!でもそれが楽しい♪

  • 写真:まき子

土日は12:00からオープンしているので、オープン直後に行くと空いているのですが、1〜2時間もすると多くの人で賑わい、夕方になると立ちながら飲む人も。でも、こんな雰囲気こそ、このテイスティングルームの醍醐味。

  • 写真:まき子

隣に座った初対面の人とも気軽に話せるようなワイワイした雰囲気で、一期一会を楽しむのも、なかなか良いものです。

見学ツアーに参加しちゃおう!

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

金土日であれば、テイスティングルームで飲むTOKENを買った人は無料で予約なしに見学ツアーに参加できます。見学ツアーは30分おきに開催されているので、その時飲んでいるビールを片手に、気軽に参加してみましょう!

  • 写真:まき子

説明してくれるスタッフもビールを片手に一緒に飲みながら…というスタイルがなんともステキです(笑)。金土日のツアー所要時間は30分なので、醸造スペースをサクッと見学する程度ですが、平日限定の要予約ツアーは1時間かけてもっと内部まで見せてくれるそうです。


ブルックリン・ブリュワリーが「革命を起こした」と言われるワケ

  • 写真:まき子

ブルックリン・ブリュワリーが創業した1980年代、10社以上のクラフトビール企業がニューヨークで商売を始めようとしたのですが、なかなかうまくいかなかったんだそう。そんな中、なぜブルックリン・ブリュワリーは成功したのでしょうか?

もちろん「ニューヨークのような大都市でも、こんな美味しいビールが造れるんだ!」と注目が集まったのもありますが、一番の理由は「コミュニティー」を大切にしたこと、と言われています。

  • 業者に頼らず、マーケティングから配送まで自分たちの手で行ったこと
  • 地元ブルックリンでのアートや音楽のイベントにビールを無料で提供したこと

また、一度目にしたら印象に残る「B」のロゴマークは、「I ❤︎ NY」のロゴをデザインしたミルトン・グレイザー氏によるデザインです。

ブルックリンブリュワリーの営業時間・料金について

【月曜〜木曜】
■SMALL BATCH TOURS( スモール・バッチ・ツアー)
17:00〜18:00
$18(約1,980円)
要予約です。>>> HPより予約可能

【金曜】
■THE TASTING ROOM (テイスティングルーム)
18:00〜23:00
1杯 $5(約550円),5杯まとめ買い $20(約2,200円)

■無料見学ツアー 
19:00,20:00

【土曜】
■THE TASTING ROOM (テイスティングルーム)
12:00〜20:00
1杯 $5(約550円),5杯まとめ買い $20(約2,200円)

■無料見学ツアー
12:30〜18:00の間30分単位

【日曜】
■THE TASTING ROOM (テイスティングルーム)
12:00〜18:00
1杯 $5(約550円),5杯まとめ買い $20(約2,200円)

■無料見学ツアー 
12:30〜16:00の間30分単位

最後に…

最後に、少し面白いエピソードをご紹介します。

今アメリカで人気のクラフトビールは、もともとホームブリュワー(自分ちでビールを造っていた人たち)であったのが多いんだとか。

要するに「趣味が高じてビール醸造家を始めた」と言う感じ?!ブルックリン・ブリュワリーの創設者も言ってみれば、そんな「ビールオタク」だったんです。

創設者は2人、AP通信記者「スティーヴ・ヒンディ」と、銀行員「トム・ポッター」です。通信記者に銀行員…醸造家とはかけ離れていますね(笑)。

特にスティーヴは、記者時代の楽しみは「原稿締め切り後のビール!!」だったとか。しかし1978年に中東へ特派員として赴任することに…ショックだったろうと思います。ご存知、イスラム教はお酒はご法度。

そこで「買えないなら自分で造って飲む!!」と、ホームブリューイングを始めたそうで、この頃から自家醸造の楽しみにどんどんハマっていったのですね。

1984年にブルックリンに戻っても、記事を書くより、ホップや麦の割合を合わせることの方が楽しい!とAP通信を退社、その頃、同じ建物に住んでいたトム・ポッター(彼もまた銀行員を退職)と共同で、ブルックリンにビール醸造場を1988年に設立した…というわけです。

日本では「酒造免許」がないと、たとえ自宅であってもお酒を造ると逮捕されてしまいますが、アメリカではそのような規制がないので、ホームブリュワーだけではなく、レストランが自らクラフトビールを造っているところもあります。

そのような人たちを総じて見ると、みんなBEER LOVEなのですね!

「とりあえず最初の一杯」なんて飲むのはもったいない!ぜひ、美味しいクラフトビールの奥深い世界を楽しんでみてください♪

ブルックリン・ブリュワリー
ニューヨーク / 工場・施設見学
住所:79 N 11th St. Brooklyn, NY 11249地図で見る
電話:718-485-7422
Web:http://brooklynbrewery.com

※記事内のドルから日本円への換算は1ドル=約110円で計算しています。

ニューヨークの旅行予約はこちら

ニューヨークのパッケージツアーを探す

ニューヨークのホテルを探す

ニューヨークの航空券を探す

ニューヨークの現地アクティビティを探す

ニューヨークのWi-Fiレンタルを探す

ニューヨークのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月1日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じキーワードの記事

NY・ブルックリンの廃墟倉庫がショッピングスポットに!「エンパイア・ ストアーズ」

NY・ブルックリンのダンボ地区にオープンした「エンパイア・ ストアーズ」(Empire Stores)は、廃墟になっていた倉庫から大規模リノベーションされた大注...

ブルックリン土産ならこれ!日本未上陸ブランドでハイセンスなTシャツを♪

NY・ブルックリン発祥のストリートファッションブランド「ブルックリン・インダストリーズ」。ブルックリン住民は知らない人はいない?!と言われるこのブランド、元々は...


NY・ブルックリンでお散歩しながら楽しめる素敵フォトスポット4選!

「ニューヨークを訪れたら、マンハッタンの美しい摩天楼やNYらしい独特な風景を撮影したい!」というカメラ好きな方におすすめのエリアがあります。それは、ブルックリン...

ニューヨーカーに人気のビアホール&ワインバー♪ブルックリン流・夜の過ごし方!

ブルックリンのウィリアムズバーグには、美味しいお酒とお料理で、気の知れた友人や恋人とゆったり夜の時間を過ごせる人気のビアホールや、NY産ワインが味わえるワイナリ...


この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...


グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...

ワシントンDCは政治の街だけじゃない!【ナショナルモール】の魅力

ワシントンDCの街の光景は、日本でもニュースや映画などでよく目にするので、馴染みがあるかもしれません。しかし、1つ1つ実際に見ると、その威厳ある佇まいや規模の大...


【アメリカ】野生の動物を観るのも醍醐味!「イエローストーン国立公園」

“世界で一番最初にできた国立公園”としても有名で、日本でもよく耳にする「イエローストーン国立公園」は間欠泉やプールといった大自然も素晴らしいですが、そこで生きる...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?