ニュージーランド
ニュージーランド観光
都市型の北島と大自然を楽しむ南島からなる

【ニュージーランド】絶対行きたい!話題のホビトン、徹底攻略!

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:13ヶ国

2019年3月15日更新

7,381view

お気に入り

写真:cobhcmayu

ニュージーランドを訪れる人は、大自然に魅了され、空の青さに惹かれ、美味しいお料理を食べたいなど様々な理由があると思います。中でもマタマタにある映画『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』の撮影セット「ホビトン」は映画好きにはもちろん、そうでなくても楽しめる、絶対外せないスポットです。国内外問わず多くの映画ファンや観光客が集まります。ニュージーランドへ今すぐ行きたくなる、または映画を見たくなってしまうような、映画中にあった!ここ見た事ある!!なスポットや豆知識を含め、ご紹介したいと思います。

この記事の目次表示

ホビトンへの行き方

日本からニュージーランドへ向かう便は、今の所ニュージーランド航空だけ。ANAもありますが結局ニュージーランド航空との共同便となっております。

直行便で約10時間程で、ニュージーランドの玄関口、オークランドへ到着します。ニュージーランドの他の都市への旅行は、そこから各方面へ向けて飛行機を乗り継ぐというスタイルです。

  • 写真:cobhcmayu

オークランド市内からホビトンへ向かう手段として、車があげられます。日本と同じ左側通行なので、国際運転免許証をもって行き、車を借りればすぐに運転できてしまいます。オークランドから約2時間で到着します。

ですがホビトンへの入場は予約制なので、現地にコンタクトをする必要があります。他にもしないといけない事が沢山あるのに面倒くさい、という方にホテルからDoor to Doorでいけるツアーがおススメです。

  • 写真:cobhcmayuいってらっしゃーい、羊に癒されます

実際、ホビトンの公式サイトでも様々なツアー会社を紹介しています。出発地にもよりますが、多くはホビトン+αのツアーで、色々目移りしてしまいます。

ツアーを探していてツアー料金が高い?と思われるかもしれませんが、ホビトンへの入場料自体が約80NZDと、お高めなので、プラマイ計算するとレンタカーを借りて、食事代と、とするのと大差ないと思います。運転する必要ないので、緑竜館でビールも飲めますよ。個人的にとてもおススメです。

ちなみに筆者は、オークランド発のホビトン見学と土ボタルの洞窟のツアーを選びました。

いざ、映画の世界へ

入場券(79NZD:日本円で約6,200円)には、ガイドさん付のツアーが必ずついてきます。ここでのガイドさんは英語オンリーですが、もしホビトンへ行くツアーを日本の会社で予約すれば、日本語のガイドさんが一緒に同行などの選択もできるので、英語力がなくても楽しめます。説明なんてそっちのけで、写真を撮りまくってしまうのは間違いないのですが。

  • 写真:cobhcmayu非現実が待っています。

もともとは牧場だった土地を借りて作られたセット、なのでキチンと管理されています。休憩所兼管理所から順番に他の参加者さんたちとマイクロバスに乗り込み、村の入り口までいきます。牧場地帯の一角にあるので、羊が道中わらわらいます。まさしくニュージーランドという景色を眺めながらワクワクしましょう。

ホビット村探索

スタートしてからすぐにみえる石垣、そうです、『ホビット』の冒頭でビルボが冒険へ出発する時に駆け抜けた道です。(写真撮り忘れてしまいました。)

そこを抜けると目の前に広がるのは、映画でみた可愛い、丸いドアが付いた家々、手入れの行き届いた草花たち、まさしくホビット村(小人族の村)です。この感動は写真だけではなかなか伝わらないと思いますが、映画に出てくる主人公たちが住んでいるのではないかと錯覚してしまいそうです。

  • 写真:cobhcmayu

ガイドさんの後を追いながら、写真を撮りながら、大忙しです。ですがメインスポットを押さえておけば、他はウロウロしながらこの家はどんなホビットの設定なんだろう、と寄り道しながらついて行けば大丈夫です。

大事なのは、映画の主人公であるフロド&ビルボのお家、その友人のサムのお家、ビルボのお誕生日パーティーをする会場、緑竜館の4つでしょうか。その他にも、細かい映画のシーンはガイドさんが説明してくれます。

  • 写真:cobhcmayu

4つの押さえどころ

1:フロド&ビルボのお家

そう、ホビトンといえばここ!という一枚が撮れること間違いなしです。ポストカードのような1枚が撮れます。

  • 写真:cobhcmayu

2:ビルボのお誕生日パーティーをする会場

『ロード・オブ・ザ・リング』でメリーとピピンが悪戯する、あのシーンを思い出します。会場のセットはまだパーティーの準備をする最初の段階、という感じで竹馬があったり、ちょっとした遊び場になっています。そこからの景色がまたきれいなのでおススメです。

  • 写真:cobhcmayu

3:サムのお家

『ロード・オブ・ザ・リング』でのサムの役どころといったら、とても忠誠心が強くついホロリとしてしまいます。そんな彼が彼女と住んでいるお家もあります。ちなみにサムの家、映画を何度も見ている人にはわかるらしく、2つあるらしいですよ。探してみてくださいね。

  • 写真:cobhcmayu

4:緑竜館

あのパブの楽しそうなシーン、本当に映画そのままです。可愛くってワクワクが止まりません。ツアーに含まれる1ドリンクを黒ビール(そこで作っている)、ジンジャービール、アップルサイダーから選び、頂くことができます。

  • 写真:cobhcmayu
  • 写真:cobhcmayu

写真で見る豆知識

このセットで撮られた映画は、小人族のホビットと魔法使いのガンダルフの共演シーン。もちろんガンダルフを演じる役者が大きい人な訳ではなく、ホビットを演じる役者が小さい訳でもないです。そのため、ここにある家々は大小様々、これをホビット用、人間用と使い分け、遠近法を駆使して作られています。

  • 写真:cobhcmayuこのベンチに座ると・・・。
  • 写真:cobhcmayuおっきい人間の出来上がり。
  • 写真:cobhcmayuお洗濯ものも小さくて可愛い

生き生きとした緑にも秘密があります。それもそのはず、ここにある草花は全て自然のもので、今でも4~5人の従業員が毎日お手入れをしているんです。野菜も当然本物ですよ。そんな村に唯一人工の緑があります。そうです、袋小路にあるフロドとビルボの家の丘の上に生えている一本の木。

この木は全部人工で、時々葉っぱを取り換える作業をしないといけないんだそう。まったく気づきませんでした。村に踏み入れて一番最初に見える景色のアクセントがまさか人工とは。他の木々と比べても全く見分けが付きません。

  • 写真:cobhcmayuちょうど真ん中に見える木が人工です
  • 写真:cobhcmayuこんな風に葉っぱをメンテします

また、各お家のセットには色々な家具や、小道具が。そこから推測して、そこに住んでいるであろうホビットの職業がわかりますよ。ホントに細かいところまで、リアルに作り込まれているので、楽しいの一言です。時間の許す限り、色々みて発見してもらえたらと思います。

  • 写真:cobhcmayuチーズやさん
  • 写真:cobhcmayuこっちはパンやさん
  • 写真:cobhcmayu燻製やさん

最後に

いかがでしたでしょうか、駆け足でご紹介しましたがホビトンには、まだまだご紹介しきれない魅力がいっぱいです。自分の目でみたほうが早いと思いますので、機会があればぜひ訪れてみてください。

ホビトン
ニュージーランド / テーマパーク・レジャー
住所:501 Buckland Road Hinuera Matamata 3472 New Zealand地図で見る
Web:http://www.hobbitontours.com/en/

ニュージーランドの旅行予約はこちら

ニュージーランドのパッケージツアーを探す

ニュージーランドのホテルを探す

ニュージーランドの航空券を探す

ニュージーランドの現地アクティビティを探す

ニュージーランドのWi-Fiレンタルを探す

ニュージーランドのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月31日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


一度は訪れてみたい憧れの場所!世界の有名映画ロケ地8選

大好きな映画のロケ地を訪れてみたい!一度はそんな風に考えたことのある人は多いのでは。今回は世界で愛されている有名映画のロケ地となったスポットをご紹介します。さあ...


【NZ】星空を世界遺産に!テカポ湖を訪れる前に確認しておきたいポイントまとめ

その美しさゆえ「星空世界遺産」とも言われ、実際に世界遺産登録に向けた取り組みも見られるニュージーランドのテカポ湖。満点の星空が見られることで知られる絶景スポット...

ニュージーランドの人気観光スポットTOP20!旅行好きが行っている観光地ランキング

テカポ湖やミルフォード・サウンドをはじめとするニュージーランドの観光スポットの中で、トリップノートの4万人の旅行好きトラベラー会員(2019年7月現在)が実際に...

『ナルニア国物語』のロケ地としても有名!自然の魅力あふれる、ニュージーランド・コロマンデル半島の絶景スポット3選

ニュージーランドのローカルの人にも大人気のコロマンデル半島は、温帯林が広がる北島の東海岸線に位置します。大自然や青く透き通った海に囲まれているコロマンデルは、映...

年末年始の海外旅行におすすめの国・都市16選!お正月は海外で年越ししよう

お正月休みに海外旅行へ出かけたいという方に、冬にベストシーズンを迎える国や、年越しのカウントダウンイベントが魅力の旅行先など、年末年始の海外旅行におすすめの国・...

この記事を書いたトラベルライター

ビールと甘いものが大好き!社会人トラベルライター
神奈川県の山奥出身、社会人メタラートラベルライターです。
私のお気に入りスポットが皆さんのお気に入りになるようにと、国内外問わず拙いながらも投稿させていただきますので、よろしくお願いします。

学生の時の留学でオーストラリアに恋をし、その後2年間ワーキングホリデービザで滞在していました。根っからのオーストラリア愛好家です。ベジマイトを美味しく頂くために日々研究しています。

訪問したことのある国:ハワイ、ニュージーランド、オーストラリア、イタリア、バチカン市国、イギリス、フィリピン、インドネシア、マレーシア、タイ、韓国、アメリカ(カリフォルニア)、メキシコ、カナダ
現在カナダにワーキングホリデービザで滞在中。

【シドニー】の秋・冬に渡豪するべき5つの理由

日本とは季節がほぼ反対のオーストラリア。3月〜5月が秋、6月〜8月が冬の季節にあたります。オペラハウスの白い屋根に太陽が反射して、眩しい!なんていう夏のオースト...


【長野・豊丘村】ジブリファン必見!福島てっぺん公園で空飛ぶ魔女になる?!

魔女のようにほうきで空を飛んでみたい!と、子供の頃に一度は夢に思ったことはありませんか?長野県豊丘村には、あのジブリ映画の有名なシーンのように、空飛ぶ魔女になれ...


【シドニー】ナイトアウト時の基礎知識と、初心者でも行きやすいおすすめスポット!

海外へ旅行へ行ったなら少しくらい夜遊び(ナイトアウト)を楽しみたい、と思っている方も少なくないと思います。筆者は居酒屋の多い日本ではなかなか味わえない、パブ文化...

【オーストラリア】死ぬまでに見たい!世界一有名な一枚岩~アボリジニの聖地・ウルル~

オーストラリアにある世界遺産の中でも、ひと際有名なウルル=カタ・ジュタ国立公園。「地球のおへそ」とも呼ばれるウルル(エアーズロック)ですが、みなさん一度は見たり...

【ロンドン】インスタ映えを狙い打ち、トランジット内で巡る必勝ルート!

海外旅行に必ずと言っていいほどついて回るトランジット(乗継)。どのように過ごすのがいいのか、悩んでしまいますよね。まして、初めての土地とあれば土地勘もないでしょ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります