シドニー
シドニー観光
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

【シドニー】ナイトアウト時の基礎知識と、初心者でも行きやすいおすすめスポット!

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:13ヶ国

2018年4月24日更新

7,535view

お気に入り

写真:cobhcmayu

海外へ旅行へ行ったなら少しくらい夜遊び(ナイトアウト)を楽しみたい、と思っている方も少なくないと思います。筆者は居酒屋の多い日本ではなかなか味わえない、パブ文化を味わうことも、現地の文化を学ぶよい機会になるのではないかと信じています。そこで今回はシドニーでのナイトアウト時の基礎知識と、おススメのお店、さらにはお夜食のおススメをご紹介したいと思います。

この記事の目次表示

パブとバーの違い

まずはパブ、バーとの違いをご紹介させていただきます。一概にとは言えませんが、ご参考になればと思います。

パブとは

Public house の略で、昔は「社交の場」としての位置付けでした。そのため古いパブには広いホールがあったり、会議室的な部屋があったりもします。中には宿泊施設が備わっているなんてお店もあります。ドリンクはビール、ワイン、ウイスキーなどを主に提供し、食事も割とお腹にたまるきちんとしたものを出すところが多いです。

  • 写真:cobhcmayu

バーとは

「お酒をだす場」としてしっとりと、ホテルの上階やひっそりしたような場所にあります。パブで提供されるようなドリンクもだしながら、ジンやウォッカなどアルコールの強いお酒をベースとしたカクテルを出すところが多いです。

同じレストラン内にあったとしても、カウンターが作られたりしているお店もあります。フードはフィンガーフードと呼ばれる、手で簡単に食べられるものがよく揃えられています。

  • 写真:cobhcmayu

ナイトアウト時に気を付けたいこと

①ロックアウト

シドニーに限ったことではなく、海外で夜遊びする場合注意したいのが、ラストドリンクやロックアウトの制度。どちらも英語の通り、ドリンクがその時間以降買えなくなってしまう「ラストドリンク」、その時間以降の入場(再入場含む)ができなくなる「ロックアウト」のことです。シドニー対象エリアでは2018年3月現在、1:30am以降のパブ、バー、クラブへの入場禁止、酒類の販売は3:00am以降できなくなっています。

一方で対象エリアを外れれば、もう少し遅くまでやっていたりするので、移動するか、24時間営業のカジノへいくのが定番です。ロックアウト対象エリアはCBD、Kings Cross、Cockle Bay、Darlinghurst、Rocks、Surry Hills、といったような、セントラル駅から向こう全体といったイメージです。

  • 写真:cobhcmayu

②服装

パブではあまり問題になっている場を見かけたことがありませんが、バーやクラブ、またはカジノへの入店の際に特に気を付けたいのが服装です。ドレスコードにひっかかると、セキュリティに止められてしまいます。

多くのお店が掲げているスマートカジュアルは「少しきちんとした身なり」という曖昧な意味。なので女性はあまり気にしなくても問題ないかと思いますが、男性の場合はチノパンにシャツくらいがいいと思います。短パンやサンダルは避け、女性もビーチサンダルはNGという認識程度で平気でしょう。

③ID

忘れてはいけないのがID、必ず入場の際チェックがありますので、セキュリティのお兄さんに見せましょう。みんなが入れても、持っていなければそこでアウトです。旅行中であればパスポートの携帯は義務ですし、忘れないようにしましょう。お酒をリカーショップで買う際も、IDを尋ねられる場合がありますので注意してください。

④私物の管理

荷物を軽くしていくのは大事なポイント。カード社会のシドニーでは極論をいうと、ケータイとカード一枚で済んでしまいます。大きな荷物はクロークに預けたりして、極力スリや盗難への不安を少なくしましょう。女性はクラッチバックなど、常に携帯できるものがおススメです。

ドリンクも自分の管理下です。少し席をはずす際は、友達にドリンクをみていてもらうように頼んだり、自分でドリンクを持ち歩いたりするのは当たり前のことです。目を離したすきに何か盛られるなんてことも起こり得ます。他人事だと思って何かあってから後悔するよりも、少しの警戒心を持ちましょう。

  • 写真:cobhcmayu

筆者厳選のパブ・バー・クラブ

ここでは数多くある中で、私が初心者向けであると判断したパブ、バー、クラブを1つずつご紹介します。シドニーにはホントに沢山のお店があるので、目的別に使い分けるのがキーです。

パブ部門:オールハンズ・ブリューイングハウス(All Hands Brewing House)

ダーリンハーバーにある、ビール醸造設備のあるパブです。水際ですので晴れた日の屋外もおススメできる、素敵なパブです。ビアタンクを目の前にして飲む、出来たての地ビールが◎

  • 写真:cobhcmayu
オールハンズ・ブリューイングハウス
シドニー / 居酒屋・バー
住所:22 The Promenade, Sydney NSW 2000 オーストラリア地図で見る
Web:https://www.allhandsbrewinghouse.com.au/

バー部門:ザ・バクスターイン(The Baxter Inn)

世界のベストバー50にランクインしている有名なバーです。カクテル、スタッフの質、雰囲気、どれをとっても文句なしのお洒落バー。シドニーにきたら一度は訪ねて頂きたいバーです。

  • 写真:cobhcmayu
ザ・バクスターイン
シドニー / 居酒屋・バー
住所:152-156 Clarence St, Sydney NSW 2000 オーストラリア地図で見る
Web:http://thebaxterinn.com/

クラブ部門:ザ・アーガイル(The Argyle)

クラブは人によって好みが分かれると思いますが、旅行者からローカルまで多くの人で週末は盛り上がるという点で選出。お気に入りの理由は、ソファからハイチェアまで多くの席を設けているところ。

また、高級日本食レストランsakeダイニングで食事後にアーガイルへ抜けると、入場するのに並ぶ長い列をスキップすることもできます。

  • 写真:cobhcmayu
ザ・アーガイル
シドニー / 居酒屋・バー
住所:18 Argyle St, The Rocks NSW 2000 オーストラリア地図で見る
Web:http://www.theargylerocks.com/

お夜食のススメ

夜もふけてくると、小腹もすいてきます。帰り道にパクッとなにか食べたい!そんな時におススメのお夜食がこちらです。

パイフェイス(Pie face)

日本にも上陸済みのミートパイショップ、本場オーストラリアではもちろん種類も多く、さらにピットストリート店は朝5時まで営業しています。レギュラーサイズ(AUD4.9ドル~/約400円~)やミニサイズ(AUD3ドル~/約250円~)などがあり、ポイっと口にいれたい時にぴったりです。

  • 写真:cobhcmayu
パイフェイス ピットストリート店
シドニー / ファーストフード
住所:109 Pitt St, Sydney NSW 2000 オーストラリア地図で見る
Web:https://pieface.com.au

ミスタークラックルズ(Mr.crackles)

オーストラリアでは豚の皮がカリッカリになったものを、クラックルズと呼びます。なぜそう呼ぶのか、擬音語なのか真意は定かではありませんが。そのクラックルを思う存分楽しめるサンドを、朝の4:30まで売っているのがこのお店です(金土曜日のみ延長営業)。

クラシックロール(AUD14.5ドル/約1,100円)がおススメですが、期間限定ものもあるので是非トライしてみてください。

  • 写真:cobhcmayu
  • 写真:cobhcmayu
ミスタークラックルズ
シドニー / その他グルメ
住所:155 Oxford St, Darlinghurst NSW 2010 オーストラリア地図で見る

最後に

いかがでしたでしょうか。海外で夜遊びなんて危なそう、と思われる方もいらっしゃると思いますが、気を付けるポイントさえ押さえれば、楽しいひと時が過ごせるのではという思いから、まとめさせていただきました。少しでもご参考になればと思います。

シドニーの旅行予約はこちら

シドニーのパッケージツアーを探す

シドニーのホテルを探す

シドニーの航空券を探す

シドニーの現地アクティビティを探す

シドニーのWi-Fiレンタルを探す

シドニーのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月14日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日本とシドニーの時差は「1時間」!シドニーへの飛行時間は?

シドニー旅行に出かける前に知っておきたい、日本とシドニーの時差や、サマータイム、日本からシドニーへの飛行時間について解説します。


シドニーの天気・気温・服装・旅行のベストシーズン!

シドニー旅行の前に知っておきたい、この先の天気予報と月ごとの平均気温や降水量、気候の特徴、旅行の服装を徹底解説!いつ旅行するかお悩みの方向けに、シドニー旅行のベ...

南半球最大級の光の祭典!ビビッドシドニーの徹底ガイド

毎年5月下旬から6月中旬までの初冬に開催される光の祭典ビビッドシドニー。シドニーの至る所で行われるプロジェクションマッピングやクリエイティブな光のアートは人々を...

【シドニー】の秋・冬に渡豪するべき5つの理由

日本とは季節がほぼ反対のオーストラリア。3月〜5月が秋、6月〜8月が冬の季節にあたります。オペラハウスの白い屋根に太陽が反射して、眩しい!なんていう夏のオースト...

シドニーの絶景を360°味わえるバーHenry Deane

シドニーに訪れたら美味しいフードやワインと併せて絶景も楽しみたいですよね。ウォルシュ・ベイにある「ヘンリー・ディーン」はシドニー・ハーバーやハーバー・ブリッジな...

この記事を書いたトラベルライター

ビールと甘いものが大好き!社会人トラベルライター
神奈川県の山奥出身、社会人メタラートラベルライターです。
私のお気に入りスポットが皆さんのお気に入りになるようにと、国内外問わず拙いながらも投稿させていただきますので、よろしくお願いします。

学生の時の留学でオーストラリアに恋をし、その後2年間ワーキングホリデービザで滞在していました。根っからのオーストラリア愛好家です。ベジマイトを美味しく頂くために日々研究しています。

訪問したことのある国:ハワイ、ニュージーランド、オーストラリア、イタリア、バチカン市国、イギリス、フィリピン、インドネシア、マレーシア、タイ、韓国、アメリカ(カリフォルニア)、メキシコ、カナダ
現在カナダにワーキングホリデービザで滞在中。

【シドニー】の秋・冬に渡豪するべき5つの理由

日本とは季節がほぼ反対のオーストラリア。3月〜5月が秋、6月〜8月が冬の季節にあたります。オペラハウスの白い屋根に太陽が反射して、眩しい!なんていう夏のオースト...


【長野・豊丘村】ジブリファン必見!福島てっぺん公園で空飛ぶ魔女になる?!

魔女のようにほうきで空を飛んでみたい!と、子供の頃に一度は夢に思ったことはありませんか?長野県豊丘村には、あのジブリ映画の有名なシーンのように、空飛ぶ魔女になれ...


【ニュージーランド】絶対行きたい!話題のホビトン、徹底攻略!

ニュージーランドを訪れる人は、大自然に魅了され、空の青さに惹かれ、美味しいお料理を食べたいなど様々な理由があると思います。中でもマタマタにある映画『ロード・オブ...

【ロンドン】インスタ映えを狙い打ち、トランジット内で巡る必勝ルート!

海外旅行に必ずと言っていいほどついて回るトランジット(乗継)。どのように過ごすのがいいのか、悩んでしまいますよね。まして、初めての土地とあれば土地勘もないでしょ...

【オーストラリア】死ぬまでに見たい!世界一有名な一枚岩~アボリジニの聖地・ウルル~

オーストラリアにある世界遺産の中でも、ひと際有名なウルル=カタ・ジュタ国立公園。「地球のおへそ」とも呼ばれるウルル(エアーズロック)ですが、みなさん一度は見たり...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?