ポーランド
ポーランド観光
首都ワルシャワは中世の町並みを復元し世界遺産に

お家で楽しむ海外旅行気分♪ポーランドの伝統料理「ビゴス」と「ピエロギ」レシピ

取材・写真・文:

訪問エリア:25ヶ国

2020年5月3日更新

296view

お気に入り

写真:まや

ポーランド料理の特徴は、ザワークラフトやライ麦の酵母、チーズなどの程よい酸味があることです。漬物や酢飯を食べる習慣がある日本人にとっては、馴染みやすい味となっております。外出や海外旅行ができない場合には、是非お家でポーランドの家庭の味を楽しんでください!

この記事の目次表示

ポーランドの家庭の味!煮込み料理「ビゴス」のレシピ

  • 写真:まや写真右上がビゴス

ビゴスは、ポーランドの家庭料理で、日本の肉じゃがのような煮込み料理です。家庭によって味が異なる点も、肉じゃがと似ています。火を入れた後、冷めていく過程で味が染み込み、より奥深い味わいになります。煮込み始めてから3日目頃が一番おいしい料理となっています。

下記は筆者の友人のお父さんのレシピ。正解はありませんので、皆さんもお気に入りのビゴスの味を探求してみて下さい!

ビゴスの材料

  • 野菜(人参、セロリ、パセリ)適量 
  • ザワークラフト 1瓶
  • 豚肩ロース 200~300g程
  • ベーコン 50~100g程
  • ソーセージ 1袋
  • ベイリーフ 3枚程
  • オールスパイス 適量
  • 塩 適量
  • 胡椒 適量
  • 干しプラム 5~10個
  • 干しキノコ(ポルチーニ)5切れ程
  • トマトピューレ 大さじ3程
  • はちみつ 適量

ビゴスの作り方

  • 写真:まやビゴス

①野菜(人参、セロリ、パセリ)をザクザクと乱切りにし、全体が浸る程度の水量で軽く煮込みながら、野菜の出汁を取ります。

②ザワークラフトをボールに出し、水で軽くゆすいで少し酸味を落とします。①の野菜を捨て、鍋に水気を切ったザワークラフトを入れて30分くらい煮込みます。

③肉類を少し多めの油で揚げ焼きしてから、②に加えます。肉類を揚げた際の油も入れます。

④ベイリーフ、オールスパイス、塩、胡椒で味を調え、ポルチーニを水で戻してから②の鍋に加えます。干しプラムも小さく刻んで入れてください。

⑤ここからは気長に煮込んでいきます。時々鍋の中をかき混ぜながら、ザワークラフトが薄い茶色から濃い茶色に変わるまで、じっくりと煮込んでください。全ての材料がしんなりし、くたくたになるまで煮込むのがポイントです。

⑥最後にトマトピューレを少し入れ、お好みではちみつも入れてください。トマトピューレが他の具材に馴染むよう、さらに煮込みます。

⑦トマトピューレが馴染んだら完成!温かいまま食べたり、バゲットやクラッカーにのせて食べても美味しいです。残ったビゴスはしっかりと冷ましてから冷蔵庫へ。冷めてもとても美味しいです!

★ポイント★
ビゴスは3日目頃が食べ頃です。火を入れて冷める時に味が染み込みますので、毎日、火を入れては冷まして冷蔵庫に入れる、という手順を繰り返し、少しずつ食べながら変化を楽しんでください!

シルクロードをたどって伝わったポーランド風餃子「ピエロギ」のレシピ

  • 写真:まやクリスマスにはサンタクロースがピエロギを売っています♪

ピエロギは、シルクロードをたどって中国から餃子が伝わったのがルーツと言われている料理で、見た目も非常に餃子に似ています。ポーランドでは家庭で生地から作るのが主流ですが(スーパーにはピエロギの皮は売っていないそう)、日本では餃子の皮を使えば、簡単に作ることが出来ます。

  • 写真:まや茹でピエロギ(ワルシャワのレストランにて)
  • 写真:まや焼きピエロギ(クラクフのレストランにて)

ピエロギの中身は多種多様。ちなみに、下記レシピはカッテージチーズを使用しておりますが、本来は欧州や中近東で「ホワイトチーズ」と呼ばれる、酸味の強いチーズを使用します。

残念ながら、筆者は日本ではまだこのホワイトチーズに出会ったことがありませんが、色々試した結果、カッテージチーズが一番近い味になりました。

  • 写真:まやピエロギ入りビーツのスープ(筆者友人宅)

ポーランドでは、お肉入りやザワークラフト入り、クリームチーズとジャムなどデザート系もあります。皆さんもお気に入りのピエロギレシピを考案してみて下さい♪

ピエロギの材料

  • ジャガイモ
  • カッテージチーズ
  • 餃子の皮(大判)
  • 胡椒

ピエロギの作り方

  • 写真:まや焼きピエロギ

①ジャガイモをマッシュポテトにします。

②①にカッテージチーズを加えてください。そして、塩と胡椒で味を調えます。

③餃子の皮に包みます。この時、皮の真ん中に②を置き、周りに水を指でつけて皮を二つに折って皮のふちをフォークでギザギザにすると開きにくくなります。

④細かくカットしたベーコンを少量の油を敷いたフライパンで揚げ、火が通ったらフライパンから取り出します。

⑤④のフライパンで③のピエロギを焼いてください。茹でても美味しいです。

⑥美味しそうな焼き目が付いたらお皿に盛り付け、④の揚げベーコンを振りかけて完成です。

その他筆者おすすめのポーランド料理3選!

家で作ることができる料理もありますが、以下ではポーランドに行ったときにしか味わえない、おすすめの料理を紹介します。

その1:ひつじのチーズ

  • 写真:まやひつじのチーズ

シンプルにグリルしただけの料理ですが、独特な香りとクランベリーのソースがとってもマッチします。筆者は、クラクフ中央広場のクリスマスマーケットで食べることができましたが、日本ではなかなか手に入らないチーズなので、ポーランドへ行った際には是非食べてみてほしい一品です!

クラクフ中央広場のクリスマスマーケット
ポーランド / 市場・朝市
住所:Rynek Główny, 31-422 Kraków, ポーランド地図で見る

その2:ザピエカンキ

  • 写真:まやザピエカンキ 看板
  • 写真:まやスモールサイズ(7ズウォティ~)

フランスパンとコッペパンの間くらいの硬さのパンに、野菜やキノコ、お肉など様々な具材をのせた料理です。「ザピエカンキ レジオナルネ 」は、店内や看板に施された花柄の装飾が、何ともポーランドらしく可愛らしいお店です。

ザピエカンキ レジオナルネ
ポーランド / 洋食・西洋料理
住所:Chmielna 2, Warszawa, ポーランド地図で見る

その3:ヴェデルのホットチョコレート

  • 写真:まやヴェデル カフェの様子
  • 写真:まやホットチョコレート

老舗チョコレートメーカーヴェデルのホットチョコレートです。ココアではなく飲むチョコレートで、濃厚なチョコレートが身体を中から温めてくれます。

特にクリスマスのシーズンになると、街中にあるカフェの店内にクリスマスの装飾が施され、より心温まる空間に。極寒の冬の観光の休憩やデザートにおすすめのドリンクです!

ヴェデル チョコレートカフェ
ポーランド / カフェ・喫茶店
住所:Szpitalna 8, 05-800 Warszawa, ポーランド地図で見る
電話:22 827 29 16
Web:https://www.wedelpijalnie.pl/pl

さいごに

今回は、なかなか旅行に行けない際に、お家で海外旅行気分を楽しむ方法を提案する記事を執筆させて頂きました。

お出かけができない時はストレスがたまることもあるかと思いますが、食卓で海外旅行気分を楽しむのも、新しい海外旅行の形だと思います。是非、挑戦してみて下さい!

ポーランドの旅行予約はこちら

ポーランドのパッケージツアーを探す

ポーランドのホテルを探す

ポーランドの航空券を探す

ポーランドの現地アクティビティを探す

ポーランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年5月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


一度は行きたい!世界の美しいカフェ&絶景レストラン10選!

女子必見!世界一豪華なカフェと言われるブダペストのニューヨークカフェを始め、可愛いカフェや絶景が見えるレストランなど、一度は行きたい世界のカフェやレストランを集...


【ポーランド】週末が狙い目!?美しい世界遺産ワルシャワの街歩き

ポーランドの首都ワルシャワは、日本からの直行便もあるアクセスしやすいヨーロッパ都市のひとつ。そんなワルシャワの街歩きと、観光するなら週末がちょっとお得なポイント...

【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!第二弾

大好評「女子ひとり旅シリーズ」の第二弾!女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさ...

絶対食べたい!チェコ・ポーランド・リトアニアの代表料理

旅先で地元料理を楽しむことは、優先順位が高いという人も多いのではないでしょうか。今回はチェコ、ポーランド、リトアニアで親しまれている、人気の定番料理をご紹介しま...

【ポーランド】陶器の街ボレスワヴィエツで絵付け体験と街散策!

ポーランドの西部シロンスク地方、ドイツとの国境近くに位置する小さな街、ボレスワヴィエツ。ここでは、ポーリッシュポタリーと呼ばれる陶器の生産が盛んです。可愛らしい...

この記事を書いたトラベルライター

原動力は好奇心!中東欧に魅了された旅っ子♪
茨城県生まれ田舎育ち。大学では国際文化を学び、マネージャーとしてラクロス部に所属。趣味は陶器鑑賞と、居心地のいいカフェや雑貨屋さんを見つけること♪大学で出会った中東欧の文化に惹かれ、学生時代にはチェコへの1年間留学を経て、現在は憧れの職業で奮闘中。“興味を持ったら何でも挑戦”をモットーに好奇心旺盛に生きています!

スロバキアの小さな首都ブラチスラバに“かわいい”を探しに行こう!

1993年にチェコスロバキアが解体し、独立したスロバキア共和国。東京からはるか9,000kmも離れた小さな新しい国ですが、実はスロバキアには日本人女子の心をくす...


小人の街ヴロツワフでポーランドの歴史と文化に触れるスポット7選

街中に散りばめられた250体もの小人の銅像がなんとも可愛らしく、街を歩くだけで心がほっこりと温かくなるポーランドの街、ヴロツワフ。小人の街として有名で、お土産屋...


いつもとはちょっと変わった年越しを!ポーランドで過ごす年末年始!

ワルシャワを首都とするポーランド。最近は、日本でもポーリッシュポタリー(ポーランド食器)やポーランド映画が注目されていますが、まだまだ日本人にとってマイナーな国...

【ポーランド】陶器の街ボレスワヴィエツで絵付け体験と街散策!

ポーランドの西部シロンスク地方、ドイツとの国境近くに位置する小さな街、ボレスワヴィエツ。ここでは、ポーリッシュポタリーと呼ばれる陶器の生産が盛んです。可愛らしい...

伝統工芸品の生産も盛んなハンガリーの活気溢れる市場に潜入しよう!

「中欧のパリ」「ドナウ河の真珠」などと比喩され、街並みや夜景が美しいハンガリーの首都、ブダペスト。景観が素晴らしく、街歩きが楽しい街ですが、刺繍や藍染などの伝統...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります