ポルトガル
ポルトガル観光
ユーラシア大陸最西端の国で見たい美しい町並み

子どもも大人も癒される注目のポルトガル最南端リゾート「ファロ」

取材・写真・文:

イギリス在住

2017年3月26日更新

3,566view

お気に入り

写真:Kisa

日常の喧噪から離れてゆったりと贅沢な時間を過ごしてみませんか?そんな人にぜひ注目してもらいたいのが、ポルトガル最南端にあるリゾート地「ファロ」です。プライベートな時間をのんびりと過ごしたい人から、小さなお子様を連れての家族旅行まで、訪れる人々の心を癒してくれる景色が広がっています。見どころである旧市街では、イスラム統治時代の雰囲気を感じられる町歩きを。そんな旧市街ならではの白壁の景色に映える、美しいブルーラグーンでは思い思いの時間を。青と白のコントラストが美しい町ファロの魅力をご紹介します。

この記事の目次表示

ポルトガルのおすすめツアー
【現地午前中着/成田夜発/滞在時間重視のフライト♪】~ユーラシア大陸最果ての地~どこか懐かしさ漂うポルトガルへ 列車で巡るリスボンとポルトの周遊 7日間
92,800円~266,800円
◇最新機材とサービスが人気のエミレーツ航空◇ アーティスティックな4つ星ホテル『HotelFlorida/ベストウエスタンホテルフロリダ』指定 7つの丘の街*リスボン 5日間 【成田夜発】
101,800円~326,800円
【祝!新規就航】【成田夜発】南ヨーロッパ人気の2ヶ国周遊 バルセロナ&リスボン 6日間 <価格重視で行く>
103,800円~231,800円

のどかなリゾート地ファロ

ポルトガル最南端にあるアルガルヴェ地方の県都であるファロ。県都とはいえ、小さくてのどかな雰囲気を楽しめる町であるファロは、小さな子ども連れの家族にもおすすめのリゾート地です。特に夏になると、ヨーロッパをはじめ国際的なリゾートとして多くの旅行者で賑わいます。

  • 写真:Kisa水平線も美しい

イスラム統治時代の過去を持つファロの歴史

現在こそのどかなリゾート地として人気のファロですが、1249年にポルトガル王アフォンソ3世によって再征服されるまで実に500年間ものあいだイスラム教徒支配下にあり、ポルトガルにおけるイスラム勢力終焉の地としての歴史を持つ町でもあるのです。

そのため、ファロの見どころである旧市街を歩けば、イスラム統治時代の雰囲気や名残りをひしひしと感じられる城壁に囲まれた景色を楽しむことができます。

  • 写真:Kisa旧市街地への入口

また、イスラム統治時代の城壁をはじめ白基調の美しい町並みは、グラデーションを描くかのように広がる美しいブルーラグーンとの青と白のコントラストでさらに美しく映え、ずっと眺めていたくなってしまうほど訪れる人々の心を癒してくれるのです。

  • 写真:Kisa青と白のコントラスはずっと眺めていたいほど

子どもも大人も癒されるリゾート地

ヨーロッパでは子連れの家族旅行でもリゾート地を選び、家族みんなで休暇を過ごすのが一般的です。とはいえ、日本ではリゾート地というと大人がゆったりと余暇を過ごすイメージが強く、子連れではちょっと…と諦めてしまいがちです。

でも小さくてのどかな雰囲気が魅力のファロは、実際に筆者の場合は2歳半の娘を連れて行きましたが、まさに子どもも大人も癒される注目すべきポルトガル最南端リゾートだと言えます。

  • 写真:Kisa子連れ旅でもゆったりと癒されるファロ

ファミリーフレンドリーなおすすめのホテル

ただし、子連れ旅行にはホテル選びがポイントです。筆者がファロを訪れたのは1月であったため、昼間は暖かいとはいえブルーラグーンや多くのホテルに併設されている屋外プールで泳ぐにはまだまだ寒い時季でもあります。そのためベストシーズンである6~9月以外に訪れる方は、室内プールのあるホテルを選ぶとより一層楽しめるはずです。

そこでおすすめしたいのが、「Monica Isabel Beach Club(モニカ イザベル ビーチクラブ)」です。

  • 写真:KisaMonica Isabel Beach Club

3泊以上の場合には、食事スタイルを数種類のなかから選ぶことができます。

アパートメントに完備されている簡易キッチンで自炊をしたり、ホテル内外のレストランで自由に食事をする「セルフケータリング」はもちろん、朝食と夕食が付いている「ハーフボード」、3食の食事にプラスして、種類は限定されるもののアルコールやスナックなども付いている「オールインクルーシブ」から選ぶことができるのです。

客室は、簡易キッチンや冷蔵庫なども完備された1ベッドルームのアパートメントタイプで、プライベートの空間でゆったりと過ごしたいという人はもちろん、小さなお子様連れの家族旅行にもぴったりです。

屋外プールをはじめ、小さいながらもスポーツジムやインドアプール、ビリヤードなどが置いてあるゲームルームなど、小さなファロの町だからこそリゾート内でゆったりと過ごせる施設があるのも嬉しいポイントです。

  • 写真:Kisaリゾート内からも眺められる美しいブルーラグーン

また、キッズプログラムとして毎日夜8時からは日替わりのエンターテイメントが行われており、子どもたちも楽しめるような工夫がなされています。また、美しいブルーラグーンまでは徒歩2分と、とにかく美しいファロのビーチを満喫できる立地も魅力です。ファロでは、日本ではあまり味わえないほど贅沢な時間を過ごせること間違いなしです!

絶対に訪れたい旧市街までの送迎もあり!

また、毎日数回ホテルのシャトルバスで、旧市街までの送迎が用意されています。ビーチ沿いを歩いていっても徒歩15分ほどで旧市街へいけるため、ぜひイスラム支配時代の雰囲気を感じる町歩きに出掛けましょう。

  • 写真:Kisaイスラム支配時代の名残りを残す旧市街地

もちろん、旧市街の前にも美しいブルーラグーンが広がっており、綺麗な景色を眺めながら食事のできるレストランやカフェもたくさんあるのでおすすめです。

  • 写真:Kisa自然に囲まれて癒しの時間を
モニカ イザベル ビーチクラブ
ポルトガル / ホテル
住所:Forte Sao Joao | Areias de Sao Joao, Albufeira 8200-325, Portugal地図で見る
電話:289 599 200
Web:http://monica-isabel-albufeira.h-rez.com

ファロの楽しみ方

ファロの見どころが旧市街であるとはいえ、半日もあれば周れてしまうほど小さな町であるため、忙しく観光するよりも、歴史を感じながら美しい景色を眺めてのんびりと過ごしたいという人におすすめです。

  • 写真:Kisa旧市街地から眺めるビーチ

ポルトガルにおけるイスラム勢力終焉の地であるファロが、リゾート地として新たな輝きを放つ姿は、青と白のコントラストを魅せながら何か感じさせるものを与えてくれます。ぜひ、子どもも大人も楽しめるポルトガル最南端リゾート「ファロ」で、贅沢なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

  • 写真:Kisa白壁+ブルーラグーンのコントラスが美しい
ファロ
ポルトガル / 町・ストリート
住所:ファロ、ポルトガル地図で見る

ポルトガル旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばポルトガルのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でポルトガルのすべてのツアーをみる>>

ポルトガルの旅行予約はこちら

ポルトガルのパッケージツアーを探す

ポルトガルのホテルを探す

ポルトガルの航空券を探す

ポルトガルの現地アクティビティを探す

ポルトガルのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月26日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ポルトガル】女子旅にぴったり!ポルト観光おすすめ1日コース〜あの『魔女の宅急便』のモデルになった街〜

リスボンに次ぐ第二の都市ポルト。実はここポルトも『魔女の宅急便』のモデルとなったと言われているんです。それも納得、ドロウ川沿いの丘に立ち並ぶカラフルな家々は映画...


◎ポルトガル◎初めての個人旅行に!ポルトガルの7泊9日周遊コース

治安が良く物価も安い、歴史的な街並みやのどかな自然が魅力的なポルトガル。ツアーだとコースが決められてしまいますが、個人旅行なら行きたいところだけに時間を使うこと...

ヨーロッパ・世界遺産の美しい街並み10選!

ヨーロッパの旧市街は、中世の美しい街並みを保持しているところが多く、世界遺産に登録されている地区も多数あります。今回は、美しいヨーロッパの世界遺産の街を厳選して...

世界のカラフルな街並み23選!インスタ映え間違いなしのフォトジェニックな街を歩こう

世界には、フォトジェニックでかわいい街並みがたくさん!アルゼンチンやポルトガル、エストニアにフランスといった世界各国から、インスタ映え間違いなしのカラフルな街並...

ポルトガルの運河の街アヴェイロと近くのおすすめスポット

世界には運河が街中を流れ、それが観光地となっている場所が多くあります。そのような街を「〜のヴェニス」と呼ぶことがありますが、「ポルトガルのヴェニス」と呼ばれてい...

この記事を書いたトラベルライター

イギリス在住。ママになっても一生トラベラー
イギリスにて子育て中のフリーライター。
沖縄1人旅からはじまり、現在約50ヵ国を旅するトラベラー。
1本バスを乗り違えただけでストーリが変わる1人旅の魅力にはまり、もっぱら1人旅が大好きだったときに、現在では主人であるイギリス人の彼と出会い2人旅に目覚める。
遠距離歴6年、現地集合・現地解散で2人で世界を旅する。
そして3人家族となった今も、さらに旅欲は増すばかり。
娘に見せたい景色、肌で感じてもらいたい文化、人の温かさはまさに無限。
母・娘2人旅もモロッコはマラケシュにてデビューを果たし、2歳の娘も現在10ヵ国を訪れた立派な旅人。
いつでも・どこでも自分で楽しみ方を見つけて全身で遊ぶ娘に学ぶ日々。

【ビルド・ア・ベア ワークショップ】で世界に1つだけのぬいぐるみ作り〜世界各地で体験できる!〜

世界に1つだけのぬいぐるみ作りができる「ビルド・ア・ベア ワークショップ」は、ユーモア&可愛いがあふれるお店。残念ながら日本店舗は撤退してしまったため、アメリカ...


子連れに嬉しいエリアも!ロンドンヒースロー空港ターミナル2の魅力

2014年6月にリニューアルオープンした、ロンドン・ヒースロー空港ターミナル2(T2)。スターアライアンス各社の便が発着するため、全日空(ANA)直行便や韓国の...

タイタニックの世界へタイムスリップ!イギリス/サウサンプトンにある「SeaCity博物館」

イギリス南部の街「サウサンプトン」。実はここ、映画でも知られる「タイタニック号」の母港がある街なのです。そんなサウサンプトンを訪れたのなら必ず足を運びたいのが、...

イギリス国民的アニメ【ペッパーピグ】の世界へ誘うPeppa Pig World

イギリスで国民的アニメーションといえば、「Peppa Pig(ペッパーピグ)」。約180もの国々で放送されており、今やイギリスだけでなく世界各国にファンがいるほ...

意外と快適!【中国・鉄道旅】香港〜上海片道19時間の寝台列車へ

時間があれば憧れる、のんびりと時間をかけて進む鉄道の旅。異国なら、なおさら冒険心が掻き立てられませんか?そんな人にこそ挑戦してもらいたいのが、香港~上海の寝台列...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でポルトガルの音声ガイドを聴く

ポルトガルの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?