ポルトガル
ポルトガル観光
ユーラシア大陸最西端の国で見たい美しい町並み

【ポルトガル】女子旅にぴったり!ポルト観光おすすめ1日コース〜あの『魔女の宅急便』のモデルになった街〜

取材・写真・文:

訪問エリア:28ヶ国

2019年2月17日更新

20,340view

お気に入り

写真:Emmy

リスボンに次ぐ第二の都市ポルト。実はここポルトも『魔女の宅急便』のモデルとなったと言われているんです。それも納得、ドロウ川沿いの丘に立ち並ぶカラフルな家々は映画の世界そのもの。旧市街の歴史地区は世界遺産にも登録されており、どこか懐かしさを感じる風情ある街並みに出会えます。女子にはたまらない、心ときめくスポットがたくさん!見所が密集しているので、効率よく周れば1日で周れちゃいます。そんなポルト街歩きのおすすめコースをご紹介します。

この記事の目次表示

ポルト観光のタイムスケジュール

今回は、夜にポルトに到着してホテルで一泊。翌日の1日を観光にあて、その日の夕方には違う都市へ移動するという設定です。個人の計画によってスケジュールは異なると思いますが、ここだけは外せないという観光スポットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

  • 写真:Emmy飛行機から見下ろすポルトの街並み
  • 08:30 ポルトの街並みを見渡す絶景スポット2か所
  • 10:00 回廊が美しい「ポルト大聖堂」
  • 11:30 金泥細工が素晴らしい「サン・フランシスコ教会」
  • 12:30 ドウロ川沿い「カイス・ダ・リベイラ」でランチ&散策
  • 15:00 世界一美しい本屋さん「レロ・エ・イルマオン」
  • 16:30 ポルトガルグルメで小休憩 
  • 17:30 フォトジェニックなスポットへ
  • 18:30 アズレージョが美しい「サン・ベント駅」

8:30 まずはポルトを見渡す絶景スポットへ

ドン・ルイス一世橋を渡る 

ポルト観光の始まりは、ポルトの街並みを眺めなくては始まりません。まずはドン・ルイス一世橋を渡りに向かいます。

ドン・ルイス一世橋は、エッフェルの弟子によって1886年に設計されたポルトのシンボル的な存在です。旧市街から対岸のヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアに向かって、ドウロ川上に架かっています。橋は二重構造になっており、上層が路面電車と歩行者用、下層が車道と歩道になっています。

  • 写真:Emmy

まずは上層を渡ってみましょう。柵もないすれすれの所を路面電車が通ったり、395メートルの高さから下を眺めるのはスリル満点。

宝石のような街を眺める

そんなドキドキの橋を渡り終えたら、橋に向かって左側の場所へ立ちましょう。街全体が芸術作品のような、美しいポルトの旧市街を一望できます。

  • 写真:Emmy

特に朝焼けの時間帯には、陽射しがオレンジの屋根にキラキラと当たり、まるで宝石のように輝く街並みを見ることができます。感動で胸がいっぱいになりなかなか離れられなくなる、そんな場所です。

ドン・ルイス1世橋
ポルトガル / 建造物 / 観光名所
住所:Ponte Dom Luís I, Porto, Portogal地図で見る

『魔女の宅急便』の舞台が見えるセーラ・ド・ピラール修道院

続いて、橋からさらに高台にあるセーラ・ド・ピラール修道院にも行ってみましょう。修道院の入り口までは少し歩きますが、敷地内にある広場からは橋も入るアングルで街並みを見下ろすことができます。

  • 写真:Emmy修道院の前の広場が展望スポットになっている

こちらも絶景です。この眺めを見ると、ドン・ルイス一世橋があってのポルトだと実感します。本当にキキが飛んでいそうな、わくわくする眺めです。

  • 写真:Emmy
セーラ・ド・ピラール修道院
ポルトガル / 社寺・教会
住所:Largo de Avis 4430-329 Vila Nova de Gaia Porto Portugal地図で見る
Web:https://www.visitportugal.com/de/content/mosteiro-...

10:00 ポルト大聖堂へ

アズレージョで飾られた回廊

もう一度ドン・ルイス一世橋を渡って旧市街に戻りましょう。橋を渡り終えると左手に、ポルト大聖堂が見えてきます。もとは要塞として12世紀に建てられたもので、17~18世紀に改修されました。こちらの回廊が素敵で、18世紀のアズレージョ(装飾タイル)が見所です。

  • 写真:Emmy

アズレージョとはポルトガルの伝統的な装飾タイルのことで、建物の内壁や外壁に使われ、街の至る所で見ることができます。

展望スポットからは迫力満点の趣ある家々

大聖堂は丘の上に建っており、展望スポットにもなっています。ここからはまた違った角度でポルトの街並みを眺めることができます。

  • 写真:Emmy

ぎゅうぎゅうに並んだ、趣のある家々が迫力満点です。洗濯物が並んでいたり、古いアズレージョの外壁が、ポルトらしい下町の雰囲気を感じさせます。

開園時間:
[4〜6月、10月]9:00‐12:30、14:30‐19:00[7〜9月]9:00‐19:00 
回廊と宝物館は9:00‐12:15、14:30‐17:30[4〜10月]9:00‐18:30
入場料:大聖堂は無料、回廊と宝物館3€(約370円)

ポルト大聖堂
ポルトガル / 社寺・教会
住所:Terreiro da Sé, 4050-573 Porto, ポルトガル地図で見る

11:30 サン・フランシスコ教会

豪華な金泥細工に驚き

サン・ベント駅に出て、お店が並ぶ賑やかな坂道を下っていきましょう。ドウロ川に出る手前にあるのが、サン・フランシスコ教会。14世紀に建造されたゴシック様式の教会です。

  • 写真:Emmy

外観が質素なので通り過ぎてしまいそうになりますが、中に入ると装いは一変。目に入る全てが金一色!ターリャ・ドゥラーダと呼ばれる木彫りの彫刻に、200キロとも400キロとも言われる金箔が使われています。彫刻は実に密で、なんと完成までに一世紀以上もかかったとのこと。その豪華さが、ポルトガル大航海時代の繁栄を物語っています。

そしてこの教会は日本にも縁があります。1597年、長崎での26聖人殉教の処刑の場面(彫刻ではフランシスコ会に所属していた8名)が描かれた彫刻もあるので、ぜひ探してみて下さい。

地下墓地も必見

教会の左側の建物は美術館になっていて、この地下にはカタコンべと呼ばれる大規模なキリスト教の墓地があります。教会に関する人々の遺骨が25,000体も納められているそう。ちょっと独特の空間になっているので、予備知識がないと驚いてしまうかも。

  • 写真:Emmy

奥まで進むと床下が透明になっている部分があり、無数の人骨が敷き詰められている様子を覗けるようになっていたりします。

開園時間:
[3〜10月]9:00‐19:00[5、6月]‐19:30[7〜9月]‐20:00[11〜2月]9:00‐18:00
入場料:博物館とセット 4,5€(約560円)
※教会内は撮影禁止

サン・フランシスコ教会 (ポルト)
ポルトガル / 社寺・教会
住所:Igreja de São Francisco, Port地図で見る

12:30 ポルト歴史地区の人気スポットへ

カイス・ダ・リベイラ

教会を見たあとは、すぐ傍のドウロ川沿いに出ましょう。ポルト観光の中心地、カイス・ダ・リベイラと呼ばれるエリアです。

  • 写真:Emmyドン・ルイス一世橋から見下ろすカイス・ダ・リベイラ

ここでは、綺麗に並んだカラフルな建物が目をひきます。レトロ感溢れる雰囲気がたまりません。

  • 写真:Emmy

ドウロ川沿いの風景もまた素敵です。

  • 写真:Emmy
カイス・ダ・リベイラ
ポルトガル / 町・ストリート
住所:Cais da Ribeira, Porto, ポルトガル地図で見る

人気店シェ・ラパン(Chez Lapin)でランチ

川沿いにはレストランやカフェ、バーが並び、オープンテラスになっています。お昼時は大変賑わいます。そろそろお腹も空いてきたところ、ランチはこの辺りがおすすめです。

  • 写真:Emmy

たくさんあってどこがいいか悩んでしまいますが、今回はガイドブックにも載っているシェ・ラパンに入ってみましょう。穴倉のような雰囲気で、カイス・ダ・リベイラの人気店となっています。

  • 写真:Emmy

タコのオーブン焼きやウサギ料理が有名ですが、筆者が頼んだのはこちら。白魚のグリル。

  • 写真:Emmy

身がふっくらしていて、塩味とレモンがマッチして予想以上のおいしさです。お魚の新鮮さが伝わりました。ポルトガルは魚料理が豊富で、どこのレストランでも日本人にも馴染みのある魚を楽しめることができます。ポートワインと一緒に、優雅なランチを楽しんでください。

  • 写真:Emmy

食後は気持ちが良い川沿いをのんびり歩きましょう。露店も出ているので、楽しく散策できますよ。

シェ・ラパン
ポルトガル / 洋食・西洋料理
住所:Chez Lapin, Rua dos Canastreiros 40/42, 4050-149 Porto地図で見る

次のページを読む

ポルトガルの旅行予約はこちら

ポルトガルのホテルを探す

ポルトガルの航空券を探す

ポルトガルのパッケージツアーを探す

ポルトガルの現地アクティビティを探す

ポルトガルのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

一度は歩いてみたい!世界の心躍るカラフルな家と街並み23選

実際にこんなにカラフルな街並みが存在するなんてと驚くばかり!日本ではどこかのテーマパークぐらいでしかお目にかかれないような、色とりどりの建物が連なる光景。世界に...

これぞ世界遺産!景観の美しいヨーロッパの街並み10選

ヨーロッパの旧市街は、中世の美しい街並みを保持しているところが多く、世界遺産に登録されている地区も多数あります。今回は、景観の美しいヨーロッパの世界遺産の街を厳...


◎ポルトガル◎初めての個人旅行に!ポルトガルの7泊9日周遊コース

治安が良く物価も安い、歴史的な街並みやのどかな自然が魅力的なポルトガル。ツアーだとコースが決められてしまいますが、個人旅行なら行きたいところだけに時間を使うこと...

女子旅に人気のポルトガル!オススメ観光スポットとスイーツ

ポルトガルは街並みが個性的で可愛らしく、物価も安めなので過ごしやすい国のひとつです。また景観だけでなく数々の美味しいスイーツが楽しめるなど、近年女性に人気の観光...


【厳選】女子旅にオススメ♡心ときめく世界の可愛い村と街12選!

インスタ映え間違いなし!まるで童話の世界のような可愛い家や、中世の面影残る美しい街並み。一度は行きたいとっておきの村や街を、可愛いものに目がない筆者が厳選してご...

この記事を書いたトラベルライター

✿ かわいいと不思議と古いものが好き ✿
——— 2018年 “審査員特別賞“ を頂きました ———

旅が人生のモチベーション。年々好奇心だけが向上していく30代。

一人旅の魅力を知ってから、国内外問わず旅に出ています。念入りな下調べ、計画は欠かせない慎重派。宿を決めない自由旅は憧れ。

メジャーな場所より、あまり人が行かないスポットに惹かれます。

可愛い街並みはもちろんのこと、
摩訶不思議な光景、大自然、秘境、
古い建築物、遺跡、お城やお寺 etc…

訪れた国は現在28ヶ国、国内は38都道府県。
海外も好きだけど日本も好き。

主に一人旅やフリーの旅人を意識して、詳しく正確な記事を心掛けています。

【イギリス】『ハリー・ポッター』ロケ地巡り!ファン必見のロンドン近郊完全版!

本場イギリスの『ハリー・ポッター』のロケ地。フォトジェニックなファン必見の名所を、ロンドン、そしてロンドンからアクセス可能なオックスフォード、コッツウォルズから...

【イギリス】ロンドン土産はこれで決まり!老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)のオリジナル商品がプチプラでおしゃれ♡

ロンドン旅行者必見のおすすめお土産!イギリスを代表する老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)のオリジナル商品は、おしゃれで品質も良くロンドンっ子や女性観光客...


奄美大島から20分!天国のように美しい「加計呂麻島」の魅力とアクセス方法

奄美観光の超おすすめ穴場スポット「加計呂麻島」。息を飲むほどに美しい海はもちろんのこと、総面積の95%が山林という大自然が残る秘境です。時間が止まったような日本...

【京都】絶品抹茶スイーツ5選!話題のとろける抹茶ティラミスも!

抹茶好き必見!インスタ映え「抹茶館」の抹茶ティラミスや絶品抹茶チーズケーキ、祇園の町家カフェのスイーツなど、抹茶好きの筆者がおすすめする、京都で味わえる5つの絶...


可愛すぎるバルト雑貨♡おとぎの国「バルト三国」の手作り雑貨とお土産大特集!民芸品やウール製品の宝庫!

北欧雑貨やロシア雑貨が好きな人におすすめ!素朴で可愛い「バルト雑貨」が今大注目です。あまり馴染みのないバルト三国ですが、手作りの愛らしい民芸品や丁寧に編まれたウ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でポルトガルの音声ガイドを聴く

ポルトガルの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?